« 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その3(遺留品) | トップページ | 静岡県浜松市天竜川転覆事故 »

2011/08/19

大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その5(一斗缶の理由)

一斗缶の目的について考えてみたい。まずは続報です。
1)左足首が入っていた缶の側面に、「重酒石酸(じゅうしゅせきさん)コリン」という薬品名と、富山市の医薬品の原薬製造会社名が記されたラベルが貼られていたことがわかった。
「重酒石酸コリン」は肝機能を高める薬の原料として使われますが、個人向けには販売されていないらしい。

この薬品の国内流通量は極めて少なく、同社は数年前に製造を中止していた。

府警によると、左足首が入っていた缶は、マンションのゴミ置き場前の路上に放置され、5日に大阪市が回収していた。

製造会社などによると、関西を含め数十業者に一斗缶入りの薬品を出荷していたが、2005年頃に製造を中止。07年頃には出荷も終了したらしい。

2)遺体の一部が06年発行の産業情報専門紙に包まれていたことがわかった。
この産業情報専門紙の定期購読者は、法人や企業経営者が中心で、一般家庭は少ないという。

捜査関係者によると、一斗缶の遺体は新聞紙やポリ袋に包まれていた。このうち、天王寺区の東高津公園で見つかり、頭部や右足首が入っていた缶に、産業情報専門紙が使われていた。発行年は06年と古かったという。

この産業情報専門紙は企業や産業界の情報に特化した全国紙。主要な駅の売店やコンビニで一部、取り扱っているところはあるが、定期購読するのは企業が多く、一般家庭は限られているらしい。

3)背骨の乾燥がかなり進んでいる一方、頭部などの一部は腐敗していた。(遺体の状況が異なる)

4)捜査関係者によると、緩衝材は、5日にマンションのゴミ置き場前の路上から市が回収していた一斗缶に、左足首とともに入っていた。クッション状の空気のかたまりが連なる「気泡緩衝材」のシートで、気泡は、一般家庭で荷物の梱包に使われるものより大きいらしい。

大手メーカーによると、気泡緩衝材のうち、最も広く普及している製品の気泡の直径は約1センチ。10センチ以上のものもあるが、6センチを超えれば、デスクトップパソコンなどの精密機械や工芸品の梱包用に、製造元や運送業者に直接卸しており、市販はしていないらしい。

さてと、一斗缶(遺体)が冷凍保存されていた可能性があるようだ。
もし、一斗缶(遺体)が冷凍保存されていたのならば、一斗缶の目的は遺棄する為ではなく、冷凍保存する為だったと言う事なんだろうね。

つまり、犯人の当初の目的は「遺棄」ではなく「保管」だったのではないか?
遺体を遺棄して発見されれば事件が発覚するのは誰にでも予想できる。
それなら、遺体を自分の管理下で保管しておけば遺体が発見される事もなく、事件が発覚する事もない。

もし、そうならば、一斗缶には指紋など重要な証拠が残っている可能性があるね。
なにしろ、遺棄する予定の物ではなかったのだから。

冷凍保存する方法は他にもあっただろうな。例えば遺体をそのまま冷凍保存する、
あるいは、冷蔵庫に入らないなら解体もありだけど、ビニール袋に入れたままでも問題は無かったはずだ。
しかし、一斗缶に入れた方が犯人にとって都合が良い事があったんだろうね。

当初、保管する方針だった物がそれに反して遺棄されたのは犯人を取り巻く環境や状況、あるいは心境が変化したからじゃないのかな?

時々、信じられない状況で遺体が発見される事がある。
引越し後の空き家の冷蔵庫から遺体が発見されたりとかね。
そのまま、冷蔵庫ごと遺体も引っ越せば発見されなかったのに、なぜか犯人は遺体を置いていってしまった。遺体がある事を忘れてしまったように。

とは言え、今回の遺棄事件はそんな類の行動ではなく、もっと積極的な行動に思えるんだよね。ただ、それが犯人の意志とは限らないけどさ。

参考リンク

大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その4(梱包の順番)
大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その6(容疑者逮捕)

|

« 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その3(遺留品) | トップページ | 静岡県浜松市天竜川転覆事故 »

コメント

引っ越し後の空き家に遺体入り冷蔵庫ですか。。。
そんな怖い事件もあったんですね。。。

勝手な妄想ですが、この犯人は、企業や会社等の特種な大型冷蔵庫とかにこのバラバラにした遺体を隠し保存していた所、例えばその冷蔵庫が急に撤去とか使われなくなるとかで、遺体と自身の犯行の発覚を恐れて慌てて遺棄したとかではないですかね??

被害者が二人にも関わらず、未だどちらの身元も判明しないのも不思議です。
ここらへんからも、最近殺害されたとか居なくなった人達とかではないんだろうな‥とか、色々考えてますが、いかんせん謎が多い事件だなと思います。

投稿: 旧ウサギ | 2011/08/19 22:36

 ひょっとして、計画停電のために冷凍が継続できず、汁が漏れて悪臭がしてきたので、仕方なく大阪まで移動して捨てたりして。だとすると、犯人は東電管内?まさかね。

投稿: あすな郎 | 2011/08/19 23:12

わざわざ発見しやすい場所に捨てる目的は、
犯人の自己主張の表れで、警察に対する挑戦だと考えます
特殊な缶や、古新聞は、捜査攪乱のアイテム。
重要なのは、目撃情報だと思います。
白いバン、中年女性、30代男性、作業服の男

投稿: | 2011/08/20 09:49

島田紳助が気になるがこの事件の犯人も捕まったって??

投稿: ながぴー | 2011/08/23 21:40

逮捕されたのは現場近くのマンションの男性。
となると、白いバンは無関係?

投稿: カラスアゲハ | 2011/08/23 23:08

捕まった。
ほっ。

動機が知りたいですね。

投稿: 迷探偵 | 2011/08/24 07:10

目撃されたのは廃品回収業者かもね。

その2で当て推量で書いたことが半分くらい当たっていた。

投稿: アヒル | 2011/08/24 17:12

 報道の情報とかけ離れていたこともあり、意外な感じの結末。一斗缶も、元製薬会社勤務でつながりそうだし。缶を遺棄した理由が何なのか?被疑者の精神状態も気になるところです。なんだか悪い人には見えないです。

投稿: 明智困五郎 | 2011/08/24 22:07

でも、一斗缶で遺棄できるのは身内だけだよね…

投稿: アヒル | 2011/08/25 02:20

なせ一斗缶だと家族だけなんですか?
被害者の二人がどこかで殺されて、わざわざ薬品用の一斗缶に詰めて運んでこられることもあり得るのかと思いました。

投稿: 明智困五郎 | 2011/08/25 07:44

アヒル殿の推理は当たってましたね。当初街中に遺棄してることから車を持たぬ近隣の人の犯行といわれました

投稿: | 2011/08/25 20:04

一斗缶はかつて勤務していた会社に由来するものだそうで。

投稿: アヒル | 2011/08/25 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その3(遺留品) | トップページ | 静岡県浜松市天竜川転覆事故 »