« 京都府木津川市女性殺害事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件 »

2011/08/12

愛知県女子大生モデル殺害事件

8月11日午前4時45分ごろ、愛知県犬山市の県警犬山署に血の付いた刃物を持った男が訪れ「女性を殺した」と自首する事件が起きている。

署員が同署駐車場に止めてあった男の軽乗用車の助手席で女性の遺体を発見。県警一宮署は同県一宮市時之島新田東、自称派遣社員、男性容疑者(45)を殺人容疑で逮捕した。

容疑は10日午後3時ごろ、自宅で名古屋市西区に住む愛知淑徳大の女子学生(21)の首をナイフで刺して殺害した疑い。一宮署によると、容疑者は「騒がれ警察に行かれると思い殺した」と容疑を認めているという。

女子学生は名古屋市内の会社を通じて写真撮影の出張モデルとして、容疑者宅に派遣された。わいせつ行為をしようとしたが、抵抗されたため殺害したとみて調べている。女子学生は首や腹に刺し傷が数カ所あり、全裸でバスタオルがかぶせられていたらしい。

容疑者は「写真撮影の出張モデルで、裸になるように言ったら抵抗したので、カッとなって刺した」と話しているらしい。

容疑者は10日夜、家族に「死にたい」と告げて行方が分からなくなり、姉が容疑者の自宅を訪れたところ室内で血痕を見つけ、家族が家出人として届け出ていたらしい。

同署によると、被害者はモデル派遣会社にモデルとして登録。同署は、容疑者が企業を名乗って派遣会社に連絡、被害者を写真モデルとして呼び出したとみて調べている。
同署によると、容疑者は11日午前4時45分ごろ、犬山署に「女性を殺した」と言って出頭。「この人です」と被害者の学生証を署員に示した。血の付いたナイフも所持していた。
供述に基づいて同署が捜索した結果、岐阜県多治見市の山中から被害者のかばんが見つかったらしい。 

逮捕された男は、女子大学生の所属事務所に、「マッサージ店を開くので、イメージモデルの撮影をしたい」と派遣を依頼していたらしい。

被害者の所属事務所によると、容疑者は8月初め、カイロプラクティックの会社を名乗ったうえで、「マッサージの店舗をオープンする。メニュー表を作るため、イメージモデルの撮影をしたい」と派遣を依頼してきたらしい。
被害者のブログには、事件の2時間ほど前に「お仕事行ってきます わくわく」と、撮影の仕事を楽しみにしている様子の書き込みがあったようだ。
愛知県警の調べによると、容疑者の自宅には撮影機材はそろっておらず、容疑者が、最初から撮影の意思がなく、わいせつ目的で呼び出し、抵抗されたため、殺害した可能性が高いとみて調べているとの事。

さてと、どうも計画的な犯行だったように見えますね。
性的暴行を目的にしたけど、結局、うまく行かずに殺害、そして自首ですか・・・・
計画段階では問題なく目的を果たせたんだろうけど、現実はもっと複雑で想定外の事が起きる。
問題はそこじゃないけどね。
邪な妄想を暴力で実現しようとする所が問題なんだよね。
とは言え、本能に近い部分であるかもしれない。
だからと言って、それが許されるわけが無い、やはり防ぐには教育しかないのかな?

つまり、そんな邪な妄想を抱かないような人間に育てるしかないんだろうね。

続報を待ちましょう。

2011/08/15追記
被害者が所属したモデル事務所」(東京都)の名古屋事業部によると、容疑者は8月初旬、事務所に電話して「自宅にカイロプラクティック店舗をつくる」とうそをつき「フェースマッサージ用のメニュー表の写真を撮りたい」とモデル派遣を依頼した。事務所が所属モデルの写真を載せた資料を郵送したところ、丹羽容疑者は被害者を指名した。容疑者と被害者は10日午後2時半にJR尾張一宮駅前で落ち合う約束だったという。

容疑者は6月と7月にも東京都と甲信越地方の別のモデル事務所に「整体院を経営している。施術の写真を撮りたい」などと言い、女性モデル派遣を依頼。両事務所は容疑者が第三者の立ち会いに難色を示したことなどから不審に思い依頼を断ったという。

この意味では被害者の事務所はこの第三者立会いの件を不審に思わなかったと言う事なんでしょうね。

2011/08/17追記
容疑者(46)が県警の調べに対し「雑誌でモデル派遣があることを知り(モデルを派遣してもらおうと)思いついた」と供述していることが16日分かった。

容疑者が自首した際に乗ってきた車から、被害者の財布が見つかっていたという。

容疑者(46)が、愛知県警の調べに対し、遺体を遺棄するため、車に乗せて自宅から約20キロ離れた岐阜県多治見市の山中まで行ったと供述していることが分かった。

県警は、容疑者が、被害者の所属モデル事務所に本名や自宅住所を伝えていたため、すぐに発覚すると考え、途中で遺棄を取りやめ、自首したとみている。多治見市の山中からは、容疑者の供述に基づき、被害者のバッグが捨てられているのが見つかった。

2011/08/20追記
被害者が所属していた事務所を含む76社が加盟する「日本モデルエージェンシー協会」(東京都)は19日、殺人容疑で愛知県警に逮捕された容疑者(46)=同県一宮市=とみられる男が、県外を含む12の事務所にモデルの派遣を依頼していたと明らかにした。

協会によると、6月中旬から事件前の今月上旬にかけ東京、大阪、愛知、長野の4都府県の事務所に、容疑者と同じ名前や住所を名乗る男から電話があった。整体院の名を挙げて女児や成人女性の派遣を依頼してきたという。男が第三者の撮影立ち会いを拒否したりしたことなどから派遣を拒否したという。

被害者の所属事務所(名古屋市中区)は丹羽容疑者が新規の顧客であるにもかかわらず、経営実態を確認せず被害者を派遣していたといい、日本モデルエージェンシー協会は同事務所を除名処分にする方針との事。

|

« 京都府木津川市女性殺害事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件 »

コメント

このモデルを派遣したモデル事務所の責任はどうなるの?派遣だけしたら、後はモデル個人の責任で事務所は知らないでいいの?あれだけいろいろ騒ぐワイドショーもこの事件に関して、モデル事務所のことについては何も報道しないですね。新聞やニュース番組でもモデル事務所については何も報道が無いですね。よっぽどマスコミに影響力のある事務所なのでしょうね。

投稿: | 2011/08/13 00:23

とんでもないやつ

投稿: 翔 | 2011/08/13 21:41

フジテレビ系列が事件現場の報道でテコンドー教室の看板にモザイクをかけたので問題になった事件ですね^^;
ネット上では「韓国籍だ」といってますが、信頼できるソースがないので何ともいえませんね

モデル派遣の会社では、このような形態の派遣は良くあるということでしたが、やっぱり性善説では心もとないですね。日本も物騒になったものだ

投稿: さすらい | 2011/08/14 19:14

殺人事件でも、韓国・中国の人や部落出身者の人が容疑者あるいは犯人の場合、警察は動きが鈍くなるし
マスコミは取り上げなくなる傾向が強い。
差別問題にすり替えられてしまうから。

投稿: | 2011/08/14 21:02

この事件の詳細は不明ですが、在日に関わる事件が多い気がするのは私だけでしょうか。市橋容疑者、世田谷事件の奥さんなど元外国人など帰化人の関わる事件が被害者、被疑者共に目立ってますよね。差別や偏見では無く疑問に思います。

投稿: ウエンズデームーン | 2011/08/14 23:51

中国人の絡む事件では、これまで日本での通名で報道されるケースが多かったため、日本人が起こした事件だと思われているものは多いです。
昔から在日が起こす事件は多かったのです。
性犯罪や、カッとなって暴れるとか刃物を振り回す類が多いです。
日中記者協定に照らし合わせ「中国を敵視する行為」にあたりそうだからと考えて
日本側が自重してきた結果でしょう。
帰化していないのなら、きちんと本名で報道すべきだと思います。

投稿: | 2011/08/17 03:20

どこの世界にハエとゴキブリの皮をかぶった派遣社員がいるんだ。強姦するなら毒毛虫とやるんだな

法務大臣と事務所がこれに気付いたら生きたまま火葬して納骨堂送りだな

生きる希望がほしいならドブネズミかゲジゲジに生まれ変わるんだな

投稿: 激怒大蛇 | 2011/08/20 23:39

裁判員裁判の判決公判が15日、名古屋地裁であった。裁判長は「落ち度のない被害者の命が奪われた結果は極めて重大」として懲役27年(求刑・無期懲役)を言い渡した。
判決によると、被告は「整体院で使う小顔矯正のためのイメージ写真を撮る」との名目でモデル事務所に派遣を依頼。11年8月10日午後3時ごろ、派遣された被害者の両腕を、わいせつ行為をするため縛った。抵抗されたため、解放すると警察に通報されると考え、折りたたみ式ナイフで首を刺して殺害。遺体を岐阜県多治見市の山中に遺棄した。

弁護側は公判で「腕を縛ったのは背骨の矯正が目的」とわいせつ目的を否定。「痛いのでほどいてください」と大声で抵抗したために驚いてとっさに刺したとして、強い殺意はなかったと主張し、懲役18年を求めていた。

判決は、被告が
・縛ったひもをほどかなかった
・複数の会社にモデルの派遣依頼を繰り返した際に付き添いを拒否した

などから、わいせつ目的と認定したとの事。一方、有期刑にした理由について、刺したのが1回だったことから「強い殺意はなかった」とし「犯行から14時間以内に自首した」とも述べたらしい。

業界の関係者は再発防止に努めて欲しいですね。

投稿: ASKA | 2012/10/16 00:11

愛知県一宮市で2011年8月、モデル事務所から派遣された先で男(殺人罪などで懲役27年の判決が確定)に殺害された女性(当時21歳、名古屋市西区)について、国の労働保険審査会が遺族補償などの不支給決定を取り消し、労働災害と認める裁決をしていたとの事。

弁護団によると、遺族は12年11月、労働基準監督署に遺族補償などの支給を申請したが、「モデルは所属事務所の指揮監督が及ばない個人事業主にあたる」などとして支給されず、その後の不服申し立ても棄却されたとの事。

遺族の再審査請求を受けた同審査会は、被害者が事務所の指示でモデル以外にもイベントの受付など様々な仕事に派遣されていた点を重視し、事務所に従属する「労働者」に該当すると判断。今年1月、労基署の不支給決定を取り消したという。弁護団は「実際の就労状況などを総合的にとらえ、遺族の思いに応える裁決が出た」と評価したとの事。

関連して遺族が所属事務所に約1億円の損害賠償などを求めた訴訟も21日、名古屋地裁で和解した。弁護団によると、事務所が和解金を支払い、モデルの安全確保の取り組みを強化することなどで合意したとの事。

そんな事があったんですね。
しかし、もし、モデルの仕事しかしていなかったら、労災にならなかったって事なんでしょうね。

しかし、そんな事を言うと、芸能人の場合はどうなの?
と言う疑問が浮かぶけどね。

投稿: ASKA | 2015/07/21 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都府木津川市女性殺害事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件 »