« 愛知県女子大生モデル殺害事件 | トップページ | 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その2(情報の整理) »

2011/08/15

大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件

8月14日午前7時半頃、大阪市天王寺区東高津町の東高津公園で、清掃中の近所の男性から「一斗缶の中に人の足のようなものがある」と110番通報する事件が起きている。

発表では、一斗缶は公園北東の植え込みに置かれていたらしい。

現場は近鉄大阪上本町駅の北約300メートルの閑静な住宅街。

黒色ポリ袋の中に、人間の頭部と、右足首から先の部分二つが入れられているのを確認した。
足先の一つに刃物で切断されたような跡があり、大阪府警捜査1課は死体損壊、同遺棄事件として同署に捜査本部を設置した。
少なくとも2人が殺害された疑いが強いとみて、身元の確認を急いでいるとの事。

発表や目撃者によると、一斗缶は縦横が24センチ、高さ35センチで、公園北東の植え込みに放置され、ふたの上から粘着テープが何重も巻かれていた。「3~4日前からあった」との証言もある。

頭部や右足先二つはいずれもかなり腐敗していた。性別や年齢は不明だが、足先はそれぞれ大きさが異なっているという。

14日午後になって、現場の公園から西へ約100メートル離れたコインパーキングでも、無造作に置かれた異臭のする一斗缶が見つかった。

捜査本部などによると、新たに見つかった一斗缶には、人の左右の手首のほか、肩甲骨(けんこうこつ)や骨盤の一部、大腿骨(だいたいこつ)、肋骨(ろっこつ)、背骨などが入っていたらしい。

手首は同一人物のものとみられ、肉が付いていたが、骨には肉は付着していなかったらしい。
背骨や肋骨は複数に刻まれており、一部の骨には鋭利な刃物で切られたような痕跡があった。

14日午後1時半ごろ、近所の女性が付近にいた警察官に「においがする缶がある」と申告したらしい。
缶はさびており、最初に見つかった缶と同様に、当初はふたがされテープで密封されていたとみられるが、発見時はふたははがれていたという。

とこんな事件ですね。情報を整理しましょう。
まず、場所はこちら現場周辺の航空写真、都市部の一角の公園と言う感じです。
1)公園に放置された一斗缶(縦横が24センチ、高さ35センチ)と近くのコインパーキングに放置された一斗缶から人の体の一部が発見された。l

2)遺体は2人分と思われる。

3)一斗缶は蓋の部分が粘着テープで何重にも巻かれて密閉されていた。

4)発見された遺体の一部は頭部と、右足首から先の部分二つ、人の左右の手首のほか、肩甲骨(けんこうこつ)や骨盤の一部、大腿骨(だいたいこつ)、肋骨(ろっこつ)、背骨など

とこんなところですね。
3)の密封していた事から少なくとも犯人は遺体が腐敗して異臭を放つ事を予測できていた。この点では正常な判断力を持っていたと思えますね。
ところが、そんな犯人がこの都市部の公園に遺体を放置しているのは、ここが犯人とって遺棄するのに都合のよい理由があったんだろうね。

そしてもう一つが遺棄に一斗缶(縦横が24センチ、高さ35センチ)を使用している点です。
メリットは密封できる事、運搬が比較的楽な事、見た目で遺体が入っているとは思えない事ぐらいでしょうか?
反面、デメリットは、「サイズ、容積に制約がある事」ですよね。

なので、犯人は最初に遺体の遺棄方法を選択しなければならかったはずです。
解体せずに遺棄する方法もあったはずですが、犯人は時間をかけて解体する方法を選んでいる。それはつまり、解体せずに遺棄する事ができない理由があったからだと思います。

それから、発見された部位は殆どが骨の部分で内臓など肉の部分が発見されていません。別の場所に遺棄したのかもしれませんね。

いずれにしても、捜査は遺体の身元が判明すればかなり進むでしょうね。
問題はタイミング的にお盆休みで帰省していて周辺住民から話が聞き難いといった事が障害になるかもしれません。

続報を待ちましょう。

参考リンク
大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その2(3個目の一斗缶)

|

« 愛知県女子大生モデル殺害事件 | トップページ | 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その2(情報の整理) »

コメント

東高津一斗缶バラバラ殺人事件のことなんですが少し話してよろしいでしょうか?

投稿: マッサン | 2011/09/10 01:15

マッサンさん、おはようございます。
どうぞ、書いてください。

投稿: ASKA | 2011/09/10 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知県女子大生モデル殺害事件 | トップページ | 広島市お好み焼き店夫婦殺害事件その2(情報の整理) »