« 北海道滝上町女性不明事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その6(容疑者逮捕) »

2011/08/22

千葉県市川市男児熱湯虐待事件

8月22日、妻の連れ子である当時2歳の男児(3)に熱湯をかけてやけどを負わせたとして、千葉県警行徳署は同県市川市欠真間(かけまま)2のアルバイト、男性容疑者(24)を傷害容疑で逮捕する事件が起きている。

逮捕容疑は、昨年10月29日、自宅で男児の背中や手に熱湯をかけ、全治約1カ月半のやけどを負わせたとしている。「頭にきて、風呂場でシャワーの熱湯を背中にかけた」と容疑を認めているらしい。

行徳署や市川児童相談所によると、容疑者は妻(28)と3人の子の5人暮らし。
容疑者は男児を自ら病院に連れて行ったが、不審に思った医師が警察や児相に通報したらしい。
児相が男児を保護するとともに、今年7月に刑事告発したとの事。

容疑者は当初、病院や児相に対し、やけどの理由を「レンジで温めたご飯茶わんを触ってしまった」などと説明していたらしい。

児相によると、男児は昨年5月にも顔や手に殴られたようなあざがあるとして3週間保護されたらしい。

事件の中には時々、熱湯とか火を使った虐待、暴行が行われる時があるんだけど、火や熱湯を使う側のメンタルに問題が無いのか?と疑いたくなります。

3歳の子供を叱るのに熱湯は必要ないでしょう。
3歳の子供を叱るのに熱湯を使おうと思う、自分自身に問題がないのか?と自問してほしいです。

|

« 北海道滝上町女性不明事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その6(容疑者逮捕) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道滝上町女性不明事件 | トップページ | 大阪市天王寺区東高津公園バラバラ事件その6(容疑者逮捕) »