« 東京都八王子市スーパー警備員刺殺事件 | トップページ | 北海道札幌市覚せい剤売春強要事件 »

2011/09/29

熊本県長洲町除霊殺人事件

熊本・長洲町の宗教施設で8月、除霊と称していすに縛りつけた女子中学生の顔に水をかけて窒息死させたとして、父親と僧侶を逮捕する事件が起きている。

2人はこれまで、この女子中学生に同じような行為を100回以上繰り返していた。
滝のように流れ落ちる水。
「お滝場」と呼ばれる宗教施設で事件は起きた。
除霊と称した滝行で窒息死したのは、熊本市の女子中学2年生(13)。

傷害致死の容疑で逮捕されたのは、女子中学生に除霊を行った熊本・長洲町の宗教施設の僧侶・男性容疑者(56)と、女子中学生の父親・男性容疑者(50)の2人。
近所の人は「『痛い、痛い、いやー、いやー』っていう叫び声は聞こえましたけどね」と話しているらしい。

地下水をポンプでくみ上げ、およそ2.5メートルの高さから落とすというお滝場。
8月27日午後9時すぎ、僧侶と父親の2人は、女子中学生をいすにベルトやビニールテープで固定するよう縛り上げ、除霊と称し、およそ5分間にわたって顔に水を浴びせたらしい。

僧侶がお経を唱える中、女子中学生をいすに押さえつけた父親。
女子中学生は、心身の病気で2011年3月ごろからこの施設に通い始め、100回以上このような除霊を受けていたらしい。

僧侶の妻は「(女子中学生の)お父さんと主人で人工呼吸をやってて。(亡くなったのは)もう残念でたまらないということだけです」と話したようだ。
僧侶は、「いすに縛りつけたり、水を浴びせる行為は暴行ではない」と容疑を否認しているとの事。

父親も否認しているが、娘を何とかしたかったという話には涙を流すこともあり、「亡くなったことは申し訳ない」と話しているらしい。

一方、僧侶が属する宗教団体の大本山は、「滝行には除霊の効果はなく、手足を縛るような指導はしていない。僧侶については、破門も視野に、今週中に処分を決める」とコメントしているらしい。

警察は、2人がともみさんの病気を治したいとの思いから、無理やり拘束し、水を浴びせたとみて調べを進めているとの事。

痛ましい事件です。
だけど、数年に1度はこんな悲劇が起きています。
憑き物殺人事件
成田ミイラ事件
最近では2006年の娘はなぜ死んだのか?

とかだね、憑き物殺人事件でも書いていますが、この手の事件では加害者側に悪意がありません。被害者を救おうとして善意で行っている事で被害者を死なせてしまう事になります。
この現代にそんな事が起こるのか?と思う人も多いだろうけど、現実に起きているからね。

極端な話をすれば余命宣告をされたような場合に現代医学がダメなら他の方法にすがりたくなるのが人情と言うもんじゃないかな。
なので非科学的とか根拠が無いと言う事でも信じたくなる人は居ると思います。

上の例は宗教とは違います。宗教も社会的には役割があると思います。
私は宗教は否定しません。宗教で救われる人も居ると思います。

だけど、外から見えない所で独善的に行為が行われる時、間違った指導者による間違った行動が行われれば間違った結果になる事もあります。
なので、外から見える形で活動内容をチェックできるようにするべきだと思います。
特に組織と権力が結びついた場合に宗教以外でも危険な方向に進んでしまう事がありますからね。

ただ、外から「それは間違っている」と言われた時にそれを聞き入れる事ができるか?できないか?と言うのもありますけどね。

自分自身は他人の意見を聞き入れる事ができているか?なんて第三者の目で時々自分自身を見つめてみることも必要だと思います。

|

« 東京都八王子市スーパー警備員刺殺事件 | トップページ | 北海道札幌市覚せい剤売春強要事件 »

コメント

僧侶の男性容疑者が「除霊のための滝行は初めてだった」と供述していることが28日わかった。

また、司法解剖の結果、娘の肺には大量の水が入っていた。県警は、高さ約2・5メートルの位置にある蛇口から毎分40リットルの強い勢いで水を浴びせられ、水が口から気管に入るなどして息ができなくなったとみている。

投稿: ASKA | 2011/10/01 19:39

7月6日午後1時半、裁判員裁判による父の男性被告の初公判が開かれた。
起訴事実について、被告は「自分のやった行いは事実だと思うが、傷害致死にあたるかどうかは、自分ではわからない」と、はっきりした口調で述べた。
検察側は、被告の被害者への行為を「人の生命・身体を侵害する危険な行為」だったとして、傷害致死罪が成立すると指摘した。
一方、弁護側は、被告の行為などの事実関係は争わず、被害者の病気を治したい一心で、精神的に追い詰められた被告が、宗教的な振る舞いを繰り返す教祖の被告を信じ込んでしまうようになったと主張した。
そのうえで、子どもの病気を治すために親が働いた行為が傷害致死にあたるのかと反論し、過失致死罪が相当と主張したらしい。
判決は、7月17日の予定。

典型的な善意で行われた事件です。被告(父親)にしてみれば、これで救われるはずの娘がどうして死んでしまったのか?それも自分自身の行いでと・・・自責と後悔の念で一杯でしょうね。
そのあたりを考えると酌量の余地はあるのかな?と思うけど、とは言え、罪が無かったか?と言うと現実に娘が死んでいるわけですから、まったく罪が無かったとは言えないと思います。

投稿: ASKA | 2012/07/06 19:25

熊本地裁は、父親に懲役3年、執行猶予5年を言い渡したとの事。
2011年8月、元僧侶の男と共謀し、「除霊の滝行」と称して、次女(当時13)の顔に大量の水を浴びせ死亡させたとして、傷害致死の罪に問われている父親の男性被告(51)。
被告は、9日の被告人質問で「見えないものを信じてのめり込み、最悪の結果となってしまった」と述べていたらしい。
11日の証人尋問では、被告の長女が「父は、妹のことを真面目に考えていた。できるだけ軽い処分を望みます」と、情状酌量を訴えたらしい。
この裁判で争点となっているのは、被告が行った「滝行」が、傷害致死にあたるのかどうか。
検察は、「児童虐待は明らかで、危険で執拗(しつよう)」などと、傷害致死罪が成立するとして、懲役3年を求刑したらしい。
一方、弁護側は、被告は当時、娘の病気を治すために追い詰められていたことを考慮し、過失致死が相当と主張した。
17日午後3時半、熊本地裁で下された判決は、懲役3年、執行猶予5年だった。
裁判長は、「次女を拘束し、水を顔に当てる行為は、命を奪う可能性のある危険性の高い行為」と、傷害致死罪を認めた一方で、「犯行への関与が従属的」として、執行猶予付きの有罪判決を言い渡したとの事。

妥当な判決かもしれませんね。
この事件の教訓は誰でも非科学的な事にしがみつきたくなる時はあると言う事でしょうね。
しかし、それでも、正しい判断はしなければならない。
少なくとも、家族や自分の生命が危険にさらされたり、家族が不幸になるような事はしてはいけないと言う当たり前の事をそういった追い詰められた時でもできなければならない、できるようにしておかなければならないと言う事ですよね。

本文でも書いていますが、冷静になってみれば、「これは呼吸ができないよね」って分かったと思うんですよ。
それが、できなかったのは僧侶による娘の救済を信じたからなんでしょうが、「これで治る」と言われても「自分の頭で考えて」危険なら止めさせる、止めると言う事が必要なんだと思います。

投稿: ASKA | 2012/07/17 21:01

傷害致死罪に問われた「中山身語正宗(なかやましんごしょうしゅう)」の元僧侶、男性被告(57)=長洲町=の裁判員裁判が3月11日、熊本地裁で始まった。
弁護側は「正当行為で被害者の両親の同意もあった」と無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で「両親の同意があったとしても、拘束して約5分間水をかける行為は違法」と主張。
被告は「水が顔に当たったのは数十秒だった」と述べ、弁護側は女子中学生の統合失調症を治すための「善意で行った宗教行為」と反論したらしい。

いよいよ僧侶の公判ですね。
無罪を主張しているようですね。
今の所の主張は
A)両親の同意があった。
B)顔に水が当たったのは数十秒だった。

と言う事らしいです。
私としては両親の同意があったとしても、治療効果が期待できない滝行を行う事は違法なんじゃないの?と思いますが・・・どうなんでしょう?

問題は本人がこの滝行で統合失調症を治療できるとか、除霊できると考えたいたのか?と言う所になると思うのですが・・・
最初から治療できると思っていたなら他の人間にも行っていたと思うのと、大本山が滝行に除霊の効果は無いしそんな指導はしていないと証言しているのならば、やはり被告人は効果が無い事を知りながら行った可能性がでてきますよね。

それから、短時間だから許されるって事も無いと思うわけです。結局その短時間に肺に大量の水が入り呼吸できずに窒息してしまったわけですからね。

公判の行方に注目です。

投稿: ASKA | 2013/03/11 21:22


裁判員裁判は3月18日、熊本地裁で論告求刑公判があった。検察側は「執拗(しつよう)で危険な行為。反省もしていない」として懲役4年を求刑した。判決は22日。

検察側は、被害者(当時13歳)が約5分間水を当てられたことを「思慮を欠いていた。危険性を省みれたはず」と非難。統合失調症を治そうとしていた半面「信者から感謝されたい」という意図もあったと動機を指摘したらしい。

弁護側は「何とかしたいという一心だった」として宗教行為としての正当性を主張。最終意見陳述に立った被告は「大変重大な事件を起こした。どれほど謝っても(被害者は)帰ってこない。申し訳ない」と述べたらしい。

いよいよ大詰め、判決は22日です。
判決に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2013/03/20 01:37

熊本地裁は22日、傷害致死の罪に問われている元僧侶・男性被告(57)に対し、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡したとの事。

被告は11年8月、運営していた長洲町の宗教施設で、女子中学生を椅子に縛りつけて水を浴びせ、死亡させたとして、傷害致死の罪に問われている。

熊本地裁・裁判長は22日、「拘束して顔面に水を浴びせる行為は、被告が所属していた宗教団体でも認められておらず、危険性が高く、正当な宗教行為とはいえない」とした上で、「他人に責任を転嫁するような言動を繰り返し、真摯(しんし)に反省していない」として、懲役4年の求刑に対して懲役3年6か月の実刑判決を言い渡したとの事。

別の報道では
裁判長は、水を浴びせた方法は危険性が非常に高く「被害者が死のふちにあって感じた肉体的、精神的苦痛は大きかった」と指摘。「宗教行為であることを理由に正当化されない」と断じたとの事。

もともとが傷害致死の罪ですから、妥当な判決だと思います。
現場にいた父親は従属的な立場だったしなにしろ、娘の救済を信じていたんですから、執行猶予が妥当でしょうし、この元僧侶は滝行を主導した現場の総責任者ですからね、その上で死亡させたわけですから、実刑は当然だと思います。(滝行の方法も背中を打たせていれば、娘は死ななかったはずですからね。)

ただ、もし罪を認めて真摯に謝罪していれば量刑は変わったかもしれませんね。

とにかく、この事件の教訓は「自分の頭で自分で考える事」が大切と言う事ですよね。

投稿: ASKA | 2013/03/23 18:46

傷害致死である以上死刑にできないのは仕方がないでしょう。しかし、それは加害者の立場に立った場合であって、被害者にとっては、毎日のように嬲られた上に殺されたわけですから、通り魔に刺された以上の被害だったわけで、到底納得は出来ないと思います。特に父親は言い訳を繰り返して執行猶予で釈放されていますからね。娘の救済を信じていたとか、そういう言い訳はどうでもいいですね。あなたが被害者だったら、そういう言い訳で納得できますか?

投稿: | 2014/07/06 15:36

名無しさん、こんばんは
人が人を裁く裁判と言うシステムの限界かもしれませんね。父親の証言が嘘なのか本当なのか?それは父親本人にしかわかりません。
裁判長も裁判員も自分で見た物、感じた物を頼りに判決を出しているわけです。
だから、この裁判では父親の証言は本当だと判断されたのだと思います。

遺族の一人の長女(被害者の姉)も情状酌量を裁判で訴えていますね。
もし、この証言が違っていたら結果は違っていたかもしれません。

被害者だったらどう思うか?これも難しい所です。
被虐待児の中にも、親を恨んでいない子供もいますからね。(正確には虐待されても、親が好きと言う事ですね)その一方で恨んでいる人もいますよね。このあたりの感情はかなり複雑なんだろうと思います。

私には詳細はわかりませんが、特にこの事件の場合は虐待では無いと思います。(結果的に虐待になりますが)この除霊行為以外で日常的に虐待されていたのでなければ、当たり前の事ですが、父親はわが子に愛情を持って接していたと思います。

何か日常的に虐待されていたと言う情報があるのでしょうか?

死亡した本人の話は聞けませんが、生前に周囲に父が憎いとか話していたのでしょうか?

投稿: ASKA | 2014/07/07 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都八王子市スーパー警備員刺殺事件 | トップページ | 北海道札幌市覚せい剤売春強要事件 »