« 横浜市港北区女性介護士殺害事件 | トップページ | 岡山市北区女性バラバラ事件 »

2011/10/10

神奈川県平塚市バラバラ事件

10月9日午前9時10分ごろ、神奈川県平塚市撫子原(なでしこはら)の空き地の草むらで、草刈りをしていた男性作業員(35)が異臭のするバッグが落ちているのを見つけ、同僚を通じて県警平塚署に通報する事件が起きている。

駆け付けた署員が調べたところ、手提げバッグの中からポリ袋に入った人の頭部が見つかった。

県警によると、遺体の頭髪は白髪交じりで薄く、年配の男性とみられるという。首は刃物のような物で切断されたらしい。県警は身元の確認を急ぐとともに、10日午前から司法解剖をして死因を調べるとの事。

バッグが見つかったのは、神奈川中央交通の路線バスの折り返し所に隣接した空き地らしい。
発見した男性によると、この日は午前8時過ぎから草刈りを始め、同40分ごろにクリーム色のバッグが草むらの中央付近にあるのに気付いたらしい。
中にあった白いポリ袋から黒っぽい物が透けて見え、袋の口は固く結ばれていたが、生ゴミが腐ったような臭いがしたという。「袋の中を見るのが怖かったので、一緒にいた作業員に通報を頼んだとの事。
1カ月半から2カ月前に作業をしたときはバッグはなかった」と戸惑った様子で話しているらしい。

現場は、JR平塚駅から南西に約2キロの住宅街の一角。

別の報道では
クリーム色の手提げバッグの中にレジ袋に入った男性の頭部が見つかり、警察は死体遺棄事件として捜査しています。
第一発見者:「トートバッグに白いビニール袋、中が見えないようになっていた。最初はネコの死骸かと思った。異臭がしたので見るのも怖く、警察に連絡した」

さてと、発見されたのは「頭部のみ」で、バッグに入っていたと・・・
幸い、最初に発見されたのが頭部だったおかげで被害者の身元が判明するのも時間の問題だろう。

私が犯人の行動として注目しているのは「なぜ頭部だけをバッグにいれて遺棄したのか?」と言う点です。

いつもの事ですが、犯人にはそうしなければならない理由があったのだと考えています。

続報を待ちましょう。

|

« 横浜市港北区女性介護士殺害事件 | トップページ | 岡山市北区女性バラバラ事件 »

コメント

平塚市では色んな事件が多発しています。
平和な平塚の街になって欲しいです。
今後この様な事件が無いようにして欲しいです。

投稿: 沼尻利和 | 2011/10/13 06:19

 平塚市内で切断された男性の頭部などの遺体が相次いで発見された死体損壊・遺棄事件で、同市内で12日に発見された両脚が、以前に見つかっていた頭部や胴体と同一人物であることが18日、平塚署捜査本部の調べで分かった。また男性の身長は約176センチで、血液型はB型であることも判明した。

 県警によると、司法解剖の結果、大腿骨部分と骨盤の接合部が一致したことから、同一人物と断定できるという。また両脚と同じ12日に同市代官町の公園内に遺棄されていた肉片は現時点で、人のものと判断できないという。

 男性の遺体は、9日朝に同市撫子原(なでしこはら)の空き地で頭部が手提げバッグの中から発見された。続いて、11日に同市夕陽ケ丘の駐車場で胴体と腰部分、12日には同所の神社境内で両脚が見つかっていた。男性は50~70歳くらい、死後1~2カ月程度経過しているという。

投稿: ASKA | 2011/10/21 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜市港北区女性介護士殺害事件 | トップページ | 岡山市北区女性バラバラ事件 »