« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その33(意外な手がかり?) | トップページ | 東京都日野市ツルハシ心中事件 »

2011/10/30

静岡県浜松市居候殺害事件

10月28日浜松中央署は浜松市中区葵西6、建設作業員、男性容疑者(27)を傷害致死容疑で緊急逮捕する事件が起きている。

逮捕容疑は同日午後7時半ごろ、容疑者の自宅で、居候をしていた無職、男性(21)の顔をハンマーで殴り、腹部を蹴るなどの暴行を加えて死亡させたとの事。

居合わせた知人男性(26)が119番通報し発覚した。
同署によると、容疑者は約1カ月前から居候をしていた被害者について、「態度に腹が立った」と供述しているらしい。

ちょっと、事件の背景が知りたいですね。
容疑者と被害者はどんな関係だったのか?
どうして、被害者は居候する事になったのか?

このあたりが分からないとちょっとこの事件の全体像が見えないような気がします。

普通に考えて、居候の態度が気に入らないなら殺す前に「出て行け!」と追い出せば良い話ですよね。
酒にでも酔っていたのかな?

続報を待ちましょう。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その33(意外な手がかり?) | トップページ | 東京都日野市ツルハシ心中事件 »

コメント

>「出て行け!」と追い出せば良い話ですよね。

それが一度居候させてしまうと出て行かせたくても出て行ってくれないときもあるようです。
知り合いが友達が困っていたので居候させたところその友達メンタルにかなり問題があったようで暴れたりするので出て行ってもらおうと警察を呼んだのですが「自分で許可して居候させたのなら強制的に追い出すことは出来ない」と言われたと言っていました。結局はその後話し合ってその友達は出て行ったようですが、居候させるにも良く考えたほうが良いですね。
今回の件とは関係ないかもしれませんが・・。

投稿: Y | 2011/11/04 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その33(意外な手がかり?) | トップページ | 東京都日野市ツルハシ心中事件 »