« 和歌山市乳児虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市同僚殺害事件 »

2011/11/20

埼玉県新座市障害児虐待死事件

埼玉県新座市で7月、脳性まひで車いす生活を送る当時9歳の男児を自宅のベッドに投げつけて死亡させたとして、埼玉県警は11月16日午前、父親の同市西堀、男性容疑者(29)を傷害致死容疑で逮捕する事件が起きている。

捜査関係者によると、容疑者は7月16日夜、長男の歩行訓練をしていた際、言うことを聞かないことに腹を立て、長男をベッドに投げつけ、急性硬膜下血腫で死亡させた疑い。

容疑者はその後、長男を放置したまま、風呂に入っていた。妻が長男の様子がおかしいことに気づき、同日深夜に119番したらしい。長男は病院に搬送され、翌17日未明に死亡が確認されたらしい。

容疑者は任意の事情聴取に「カッとなってやってしまった。度が過ぎた」などと話し、長男を投げたことを認めているらしい。

親子にかかわった県所沢児童相談所は「虐待はない」と判断してきたらしい。相談所の所長は会見で「いろいろな関係機関が動きながら守り切れなかった。申し訳ない」と残念がった。

所沢児相によると、長男が生後3カ月だった02年9月、医療機関から「頭に外傷があり、虐待の可能性がある」と通報があったらしい。

長男はこのけがで、最重度の身体障害と知的障害を負ったとの事。
しかし両親は「入浴時に洗面台に誤ってぶつけた」と説明したとの事。
児相は児童面接や家庭訪問の結果、04年1月に「虐待の疑いはない」と判断したとの事。その後も現在まで、虐待があったとの認識はないという。

一方、長男が通っていた県立和光特別支援学校によると、09年5月から10年7月までに、長男の体に、あざや傷などを計7回確認したらしい。
母親に理由を尋ねたり、関係機関と会議を開いたりした。その後はあざなどが見られず、様子を見守っていたという。

親子は今年3月に、朝霞市から新座市に転入した。朝霞市は長男の障害が重く、両親が若いことなどから、見守る必要がある「要保護児童」として在宅支援などをしてきたとの事。
新座市も要保護児童と認定したが、転入後、市が親子と会えず、支援内容を決められないうちに事件が起きたらしい。
新座市子ども家庭応援室の室長は「転入時に事件が起き重く受け止めている。転入ケースの家庭訪問の改善など再発防止に努めたい」と話したとの事。

危ないと思っていても事件が防げない、もし転入後、市が親子と会えていたら状況は変わったのかな?

|

« 和歌山市乳児虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市同僚殺害事件 »

コメント

埼玉県新座市の自宅で昨年7月、脳と四肢に障害のある長男=当時(9)=を畳の上に落とすなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた同市西堀、会社員、男性被告(30)の裁判員裁判の初公判が7月9日、さいたま地裁で開かれた。罪状認否で被告は「リハビリをしていただけで暴行はしていない」と起訴内容を否認したらしい。

起訴状などによると、被告は昨年7月16日ごろ、自宅で、長男を両手で持ち上げ畳の上に落とし、近くに置いてあったクッションの上にほうり投げるなど暴行し、急性硬膜下血腫により搬送先の病院で死亡させたとされる。

検察側は冒頭陳述で、長男が障害のため自力で立てず、頭部に衝撃を受けると命にかかわる恐れがあると知りながら、被告が畳の上に落とすなどしたと指摘したとの事。「前夜の妻との口論や、泣き続けてリハビリをしない長男にイライラして暴行を加えた」と述べたらしい。

一方、弁護側は「長男に対していつもと同じリハビリをしようとしただけで、暴行ではない」と主張したらしい。

よくある事かもしれないが、逮捕時の証言と法廷での証言が180度食い違っているみたいな印象ですね。
判決を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2012/07/09 21:22

判決は懲役2年の実刑でした。
これまでの裁判で、被告は「障害のある長男のリハビリをしていただけで、暴行ではない」と起訴内容を否認し、無罪を主張していましたが7月17日の裁判で、さいたま地裁は「被害者は将来の無限の可能性を奪われ、結果は取り返しのつかないもの」と指摘し、懲役2年の実刑判決を言い渡したとの事。

結局、無罪の主張は退けられたと言う事ですね。
障害のある子供の方が障害の無い子供に比べて虐待される可能性が高いと言う報告もあったと思います。

事件当時29歳、障害のある子供で色々と大変だったと思います。だから虐待して良いと言うわけではありませんが、虐待の兆候は掴んでいたのですから、子供はもちろん、両親の方もケアできていれば結果は違っていたのかな?と思います。

投稿: ASKA | 2012/07/17 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山市乳児虐待事件 | トップページ | 神奈川県横浜市同僚殺害事件 »