« 大阪府茨木市男児虐待事件 | トップページ | 埼玉県新座市障害児虐待死事件 »

2011/11/19

和歌山市乳児虐待事件

和歌山市で生後7か月の長男の足を骨折させたとして父親の男性容疑者(24)が逮捕される事件が起きている。
10月8日、長男が泣きやまないことに腹を立て、右足を踏みつけて全治1か月の大けがをさせたらしい。

長男は7月にも頭を強く打ち、病院に運ばれましたが、児童相談所は警察に通報していなかったとの事。

容疑者は「うっとうしいので踏みつけた」と容疑を認めているらしい。

こんな事件ですが…子育てをしていればイライラすることもあるでしょう。まして24歳の男性だとそれまで乳児に触る事も殆んどなかったと思います。

だからといって罪もない子供に怪我をさせるなんて事が許されるはずもありませんね。

そこまで追い詰められてしまった?
でも状況がよくわかりませんね。
どうして父親が虐待してしまったのか?
10月8日は土曜日ですよね。子供と2人きりだった?母親は不在だったのか?

母親は不在だったんだろうね。母親がいれば子供は母親に押し付けていただろうな。

子育てが大変な事は20歳ぐらいになれば、誰でも感じるようになると思います。
だけど、他人の子育てなんて簡単そうに見えるのかもしれないね。

生きる事、生活する事、子供をそだてる事が大変な事だと言う事を成人するまでにきちんと教え必要が有るのかもしれないね。

|

« 大阪府茨木市男児虐待事件 | トップページ | 埼玉県新座市障害児虐待死事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府茨木市男児虐待事件 | トップページ | 埼玉県新座市障害児虐待死事件 »