« 青森市浜館6歳長男虐待死事件 | トップページ | 愛知県名古屋市乳児睡眠薬心中未遂事件 »

2011/12/16

東京都江東区1歳長男投げ落とし事件

12月15日午前9時ごろ、東京都江東区のマンション10階の自宅で、長男の首を両手で絞めたうえ、寝室の窓から地上に落として殺害しようとしたとして父親(37)が殺人未遂容疑で逮捕される事件が起きている。

警察によると、関係者は容疑者について「社内で異動したことに悩んでいた」と話しているらしい。
同署は長男と2人きりになった際に投げ落としたとみて経緯を調べているらしい。

容疑者は事件直後、自分で「息子を殺した」と110番したらしい。
長男はマンション周囲にある膝上ほどの高さの植え込みがクッションになったとみられ、けがはなかったらしい。

深川署によると、容疑者は4人暮らし。事件当時、妻(38)と長女(4)は外出し、妻の母親も買い物に出ていたらしい。

マンションは大手ゼネコン「鹿島建設」(東京都港区)の社宅で、容疑者も社員らしい。
容疑者は「仕事上の悩みがあった」と供述しているらしい。
家族らの同署への説明によると、容疑者は精神的に不安定な状態で、同署は刑事責任能力の有無も調べるとの事。

奇跡と言うのはこういう事なのかな。
容疑者は息子を殺す事にはならなかったし、大きな怪我もなかった。
不幸中の幸いと言う事だね。

容疑者はメンタルに問題がありそうですが、回復すれば、元の家族に戻る事もできるでしょう。

しかし、そこまで、悩んでいた、病んでいたと言ってもよいかもしれない容疑者に周囲の人間は誰も気づかなかったのかな?
このぐらいになれば、表情や雰囲気はもちろん、仕事ぶりにも影響がでるだろう?
同僚、上司、家族は異変に気づかなかったのかな?

続報を待ちましょう。

|

« 青森市浜館6歳長男虐待死事件 | トップページ | 愛知県名古屋市乳児睡眠薬心中未遂事件 »

コメント

家族は容疑者が精神的に不安定なのはわかっていたようですよ
妻の母親や容疑者の母親が交代で泊まりに来ていたそうです

投稿: 2児の母 | 2011/12/16 21:56

お久しぶりです。
本当に奇跡ですね。
植木があって子供が助かったという話は、今回初めて聞いた話ではなく、稀ではあるけれど数回ニュースや奇跡的な事件を特集したテレビ番組で耳にします。

マンションなどの周りには、万が一のために、クッションとなり得る植木ができるだけあったほうがいいですね。今回のような場合のためにというと前提が悲しいですが、不慮の事故もありますよね。それもけっこう頻繁に。

ワンパクな子供たちの行動は本当に、いつ何が起こるか読めないものなので、万が一のためにも、そして環境や景観のためにも、植木ってとても良いなと思いました。
ファミリータイプの間取の建物は特に…。

今回の事故は本当に辛いです。
会社で辛いことも多々あるだろうし、メンタルを病むのも非常に辛いだろうけど、子供には何の罪もないですよね。
もっと前もって危機的な状況が誰かに伝わっていれば、もっと違ったかもしれない。

長々と失礼致しました。

投稿: りさりん | 2011/12/17 00:08

東京都江東区の社宅の10階から1歳の長男を投げ落としたとして、殺人未遂罪に問われた大手ゼネコン元社員の男(38)の裁判員裁判で、東京地裁は12月18日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。

裁判長は「男は仕事上のストレスから善悪の判断能力が低下していた。家族も実刑を望んでいない」などと執行猶予を付けた理由を述べたとの事。

判決によると、男は出向先の大学院で研究に行き詰まり、「死刑になれば全てから逃げ出せる」と思い込み、長男殺害を決意したらしい。昨年12月、長男の首を絞めた上、社宅の窓から投げ落としたが、長男は植え込みに落ち、ほとんどケガはなかった。

大学院で研究とは、優秀な人材だったのだと思います。
だけど、研究職は成果がでないと評価されないから、そのあたりで強いストレスがあったんでしょうね。

もしかしたら、「ウツ」だったのかな?
自殺念慮が間接自殺に変化したのかな?

いずれにしても、子供にケガも無かったのだし、家族と人生をやり直して欲しいですね。

投稿: ASKA | 2012/12/18 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青森市浜館6歳長男虐待死事件 | トップページ | 愛知県名古屋市乳児睡眠薬心中未遂事件 »