« 大阪府堺市北区資産家男性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大阪府堺市主婦強盗殺人事件 »

2011/12/13

兵庫県神戸市3歳児ポリ袋窒息事件

12月13日、長男(3)の頭にごみ袋をかぶせて殺そうとしたとして、兵庫県警垂水署は、殺人未遂容疑で神戸市垂水区名谷町の無職、女性容疑者(25)を逮捕する事件が起きている。

「反省させるつもりだったが、殺そうとしたわけではない」と殺意を否認しているらしい。
長男は窒息状態となり、意識不明の重体との事。

逮捕容疑は12月12日午後6時半から約10分間、自宅リビングで、長男(3)の頭にごみ袋をかぶせて結んだうえ、袋をつかんで長男を引きずり回し、窒息死させようとしたとしているらしい。

同署によると、容疑者は長男のほか、夫(25)と長女(2)の4人暮らしらしい。
当時は夫を除く3人で夕食中だったとみられ、容疑者が長男がごみ箱の外側に嘔吐(おうと)したことに腹を立てたらしい。

容疑者が同日午後6時50分ごろ「息子の元気がない」などと119番したらしい。
診察した医師にごみ袋をかぶせたことを認めたため、搬送先の病院から同署に通報したとの事。

子供の食事は大人からみればイライラする事が多いと思います。
こぼして汚すし、遅いし、集中して食べないし。
だから、汚してカッとなったと言うのはあると思います。

だけど・・・普通は尻を叩くぐらいで終わると思うのですが、どうしてポリ袋を頭に被せたのだろう?どうして10分間も放置したのだろう。

2012/01/05追記
兵庫県警に殺人未遂容疑で逮捕された母親(25)を、神戸地検が処分保留で釈放していたことがわかった。

釈放は12月28日付。同地検は理由を明らかにせず、「捜査は任意で続ける」としている。

母親は県警の調べに対し、「床に嘔吐(おうと)したので腹が立ち、袋をかぶせた。殺すつもりはなかった」と殺意を否認していた。長男は窒息状態となり、一時意識を失い入院したが、その後、回復して退院。後遺症はないという。

釈放の理由が知りたいですね。事件性が無い?立証できない?事実誤認?

|

« 大阪府堺市北区資産家男性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大阪府堺市主婦強盗殺人事件 »

コメント

息子さんは発達障害(軽い知的障害?)があったそうですが…。
それでも、許される事ではありません。

投稿: 一児の母 | 2011/12/14 20:23

一時意識不明にしたとして、傷害罪に問われた神戸市垂水区の主婦の女性被告(25)の判決が22日、神戸地裁であった。

裁判官は「育児の悩みを抱えた若い母親の衝動的な犯行で常習的な虐待は認められない」と、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。

判決によると、被告は発達遅滞の障害がある長男にいらだちを募らせ、昨年12月12日夜、被告が作った夕食を見てゴミ箱の外に嘔吐(おうと)した長男に立腹、頭にスーパーのレジ袋をかぶせて引きずり、3日間の意識障害などを負わせた。

裁判官は判決理由で「発達障害があり、簡単なことができない長男に対する感情が高ぶり、衝動的に犯行に及んだ」と指摘した。

他の子と同じようになぜできないのか?と考えると苦しくなってくるかもしれませんね。
「できなくても良い」と割り切れたら楽になるのかもしれません。
とは言え、いろんな事が頭の中に浮かんでくると思います。将来の不安とかね。
このあたりは、経験者の意見を伺い所です。

投稿: ASKA | 2012/05/22 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府堺市北区資産家男性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大阪府堺市主婦強盗殺人事件 »