« ASKAの事件簿の書き方 | トップページ | 大分県日出町2歳児不明事件その4(狂言成功の条件) »

2012/02/07

大分県日出町2歳児不明事件その3(容疑者逮捕)

2月5日、大分県警は行方不明の女児の母親の女性容疑者(35)が事件にかかわった疑いが強まったとして、死体遺棄容疑で逮捕したとの事。
容疑者の供述に基づいて、県警は同日、日出町大神(おおが)地区を捜索し、子どもとみられる白骨化した遺体の一部を見つけたようだ。

とりあえず、関連する報道は
1)容疑者(35)は遺体遺棄を夫に告白後、県警に出頭していたらしい。
2)容疑者(35)が「(昨年9月13日の)朝、寝室に行くと娘が毛布をかぶった状態で死んでいた」と供述しているらしい。
3)容疑者は「娘を殺してはいない。娘が亡くなっていて、気が動転して遺体を雑木林に遺棄した」と供述しているらしい。

容疑者が昨年9月13日について「朝、娘がぐったりしていた。人工呼吸したが助からなかった。パニックになってこのようなことをした」などと話したと、夫が親族に説明したらしい。

4)容疑者の夫は当時、10日間の出張中で、9月13日に戻る予定だったらしい。
5)当初女児がいなくなったと偽って110番したことなどについて、「申し訳なかった」と話しているらしい。
6)容疑者(35)が遺体について「早く誰かに見つけてほしかった」と供述しているらしい。

公園などを回り、遺体を遺棄する場所を探した。誰かに見つけてほしかった」などと説明しているとの報道もあり。

7)容疑者は遺棄した状況について「遺体をきれいにふき、バスタオルを体にかけ、顔にハンカチをかけて置いた」と供述しているらしい。

衣服を脱がせて裸にし、タオルケットなどをかけて遺棄したとの報道もあり。

8)遺体が見つかった雑木林は容疑者の自宅から約3キロ離れている。普段は人通りが少ないが、近くには墓地がある。
9)県警によると、白骨化した遺体は枯れ葉や草がかぶさっていたが、土を深く掘って埋めようとした痕跡はなかったらしい。
10)容疑者が「長男が毛布をかけたと話していた」とも供述しているらしい。

次に時系列にすると
9月13日
朝、朝食の準備が終えて2階にあがると、娘は毛布をかぶり心肺停止状態だった。人口呼吸をしたが組成しなかった。
その後、長男を学校に送る。
その後、自宅から3km離れた雑木林に遺体を遺棄した。
14時頃、スーパーで駐車中のワゴン車から娘がいなくなったと110番通報した。

小1の長男の登校時間は8時から8時半ぐらいかな?
推測だけど7時ぐらいには起こすのかな。

パニックになった割には、長男は学校に登校させているね。
ま、遺体を遺棄するのに長男を連れて行く事もできないから、遺棄する事を前提に考えれば、いつもどおり長男は学校に送っていく事になるね。

証言の通りだったとして、やはり、発見時に救急車を呼ぶべきだったね。
人口呼吸で蘇生も試みているのに、どうして諦めたのかな?
心肺停止の直後なんてまだ体温があって、それこそ、生きている、生き返るかも?と思わせる状態ですよね。

普通なら諦めきれないと思うんだよね。
諦められる状態だったのかな?体温が無かったとか、死後硬直していたとかね。

それから遺棄方法もちょっと疑問。
全裸にする理由があるのかな?と言う点です。
容疑者もこれまでの人生で葬儀には何度か立ち会っているはず、身内の葬儀なら納棺にも立ち会っていてもおかしくないよね。

普通に考えれば、亡くなった人が全裸で毛布やシーツにくるまれた状態での納棺なんてありえない。
宗派とかによって微妙に違うかもしれないけど、仏教系なら白装束になると思う。

そのあたりを考えると容疑者の行動はこのあたりの常識からはずれてしまうんだよね。

それと、やはり愛娘が理由はともかく亡くなったのであれば、家族全員で弔いたいというのが普通なんじゃないかと思うのだけど・・・
(私自身がそういう立場になった事が無いので想像ですが)

パニックになったからと言って、寂しい雑木林に2歳の娘の遺体を遺棄できるのかな?
仮に遺棄したとしても、いつも使っている玩具や好きだった食べ物とか傍に置きたくなるんじゃないのかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
大分県日出町2歳時不明事件その2(成功の条件)
大分県日出町2歳児不明事件その4(狂言成功の条件)

|

« ASKAの事件簿の書き方 | トップページ | 大分県日出町2歳児不明事件その4(狂言成功の条件) »

コメント

伝え聞く証言が本当だったとして
「息子が毛布をかけたと言ってた」
と母親が言うもんだろうか。

これ「母親の私は全く関係なく、息子が娘を死なせてしまった」と同義ですよね。

もちろん今までかばい続けて、でもかばいきれなくなっての証言かもしれませんが。
でもなんとなくですが、自己愛の肥大(少なくとも子供よりも自分をかわいがってる・可哀想がっている)を感じさせるところがありますね。

投稿: | 2012/02/08 10:19

こんばんは。はじめまして。いつも拝見させていただいております。
小学生の兄が毛布をかけたってことは、兄はその時点で亡くなっていることがわかってるってことですよね。その場合、学校で妹が死んだことを言うこともあるだろうし、先生や友達の家族が家でなくなっていたと知るのじゃないかと思います。また、夕方妹がいなくなっていて母の様子がおかしいようなら、翌日の学校で言うのではないでしょうか? いずれにしてもこのような背景で遺棄すると遺体は早期に発見されたはずです。
この事件は、前日の夜から当日の朝に殺害されていることが考えられますので、親族の犯行あれば事前によく打ち合わせを行った計画的な殺害で遺棄場所も下見をしていたのではないかと思います。親族以外の者の犯行であれば物取りの犯行も考え警察に届け出るのではないかと思います。

投稿: ルパン | 2012/02/12 03:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ASKAの事件簿の書き方 | トップページ | 大分県日出町2歳児不明事件その4(狂言成功の条件) »