« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その34(見立て殺人) | トップページ | 横浜港区踏み切り猫殺し事件 »

2012/03/02

静岡県沼津市父親殺害事件

今年の1月1日に静岡県沼津市で起きた事件です。
概要としては
1月1日の午後10時ごろ、自宅1階の寝室の布団の上で血を流して倒れているこの家の主人(60)を帰省していた娘が発見し119番通報した。その後、ご主人は病院で死亡が確認された。

翌2日、殺人の疑いで逮捕されたのはこのご主人の息子(27)だった。
逮捕直後は容疑を否認していたがその後、「父親がうっとうしかった」と殺害を認める供述をしているらしい。

事件当時の状況ですが
現場はJR原駅から北東に約1キロの住宅街。
容疑者は元高校美術教諭の父(被害者)と母との3人暮らしで、当時は姉も県外から帰省し自宅2階にいた。(事件当時家にいたのは4人)
男性の叫び声を聞いて姉が1階に下り、血まみれで倒れている父親を寝室で発見、血の付いた服を着た容疑者も近くにいたらしい。

遺体の状況は
胸や背中などを刃物で数回刺されていた。

凶器は
現場の家にあった包丁と思われる。家の中で見つかっている。

逮捕に至る理由は以下の3点
1)凶器とみられる刃物が自宅にあった
2)外部から侵入した形跡がない
3)事件当時の1階寝室には容疑者しかいなかったとみられる

とこんな事件です。容疑者にとってはかなり不利な情報が多いですね。
とりあえず、ゼロから考えましょう。

事故か?自殺か?事件か?
・事故?
まず事故の可能性ですが凶器と思われるのは包丁です。料理をしていて誤って刺さった事故という可能性ですが・・・
場所が寝室で複数個所を刺されているので、事故と言うのは難しいと思います。
事故ならば、最初の一刺しで事故に気づくでしょう。その後何度も刺すのは殺意があったのかと思います。

・自殺?
被害者自身が自宅の包丁で自殺した場合になります。不可能では無いでしょうがこちらも難しいと思います。理由は2つかな。
一つは家族と同居する自宅寝室を現場に選択している点が不自然かと思います。自殺志願者は自殺が失敗する事を恐れますよね。

なので発見されて失敗する事を警戒して計画を立てると思います。自殺の方法と場所の選定に違和感があります。

二つ目が傷の場所です。胸はぎりぎり自分でさせるとしても、背中を深く刺すのは難しいと思います。それに報道されていませんが躊躇い傷の有無も気になりますね。
単純に躊躇い傷が無いから報道されないと考えれば、自殺の線も薄いのかな?と思います。

・事件?
事件の場合二つの場合を考えます。犯人は逮捕された容疑者の場合とそれ以外の人物(いれば真犯人になります)の二つです。

容疑者犯行説
 警察は容疑者の犯行と判断して逮捕しているわけです。今出ている報道内容だけでもかなり有力な説になりますね。

真犯人犯行説
 容疑者以外に犯行が可能なのか?と言う事になりますが、やはり難しいと思います。
犯行状況から犯行の流れを考えます。

現場の家には家族4人しか居ないわけですから、この4人以外に犯人がいるとすれば、犯人は屋外から侵入した事になります。

あ)現場の家に侵入
い)進入の痕跡を残さない為に靴を脱いで家に入っている。
う)現場の多分台所から家人に気づかれる事なく包丁を持ち出す。
え)更に家人に気づかれる事なく被害者の寝室に入り殺害する。
お)この時、1階い居たと思われる(真犯人がいれば)第一発見者の容疑者に見つかる前に現場から逃走する。包丁は現場に捨てる。
か)犯人逃走後に寝室に入った容疑者が父親に接触して服に血を付けてしまう。
き)そのタイミングで2階から姉が寝室に入る。

こう考えると、日本の家屋事情から考えて、同じ家の1階にいてその一つの部屋にたどり着く時間は1階のどこにいても走れば数秒かと思います。

つまり、最初の一刺しから逃亡までを数秒で行わなければなりません。この犯人は土足では無いので玄関か窓で靴を履いて逃げています。さらに周囲に不振な足跡や不審者の目撃情報も無いんでしょうね。

部屋を荒らされたり、金品を盗まれたと言う情報もありませんから、最初から殺害する事が目的で進入したんでしょうね。

そしてポイントですが、容疑者も姉も真犯人を見ていないと言う事ですね。
もし真犯人がいれば、第一発見者の容疑者に目撃された可能性が高いと思います。
あるいは、真犯人が逃亡時にドアや窓を開閉する音を聞いたかもしれません。
2階にいた姉には聞こえなくても、1階にいた容疑者には聞こえた可能性が高いと思います。

レアなケースとしては容疑者が真犯人を目撃しているがそれを隠している場合も考えられます。
だけど、殺人犯の身代わりになるなんて普通ではできませんけどね。

あと、顔見知りの場合はあ)からえ)の流れはそれほど、時間の制限を受けません。
発見されたらそこで犯行を断念する事もできますし。

いずれにしても、現場には真犯人の犯行か?容疑者の犯行か?を裏付ける証拠は残っていると思います。
私は血痕が決め手になると考えています。
(決め手は無理でも有力な情報になると思います)
詳細は公判になれば出てくるでしょう。
ただ、真犯人の犯行の可能性を裏付ける情報が無いので警察は容疑者を逮捕したと言う事ですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
静岡県沼津市父親殺害事件その2(時間と場所)

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その34(見立て殺人) | トップページ | 横浜港区踏み切り猫殺し事件 »

コメント

名無しさん、続きはメールにしましょう。
disktopaska@hotmail.co.jp
こちらにメールください。
メールの中にコメントいただいた内容を簡単に記載してください。それで本人確認をいたします。
ネットは怖いところなので、偽者(なりすまし)とか出たときの為に必要です。
重要な内容なので慎重に行いたいと思います。

投稿: ASKA | 2012/03/06 21:02

メール送りました。届かない場合はメールの設定をご確認願います。PCからのメールを受信拒否しているかもしれません。

投稿: ASKA | 2012/03/07 21:06

こんばんは。
返事有り難う御座います。

メールの件なんですが、PCのメールは普段使用してないので設定してませんし、PC初心者なので設定方法も分かりません。
自分としては、このままあなたのブログのコメント欄を利用してやりとりを行いたいと思っています。
どうでしょうか?

投稿: 名無し | 2012/03/11 23:51

名無しさん、ごめんなさい。メールの件は別の名無しさんの事なので気にしなくて大丈夫です。

投稿: ASKA | 2012/03/12 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その34(見立て殺人) | トップページ | 横浜港区踏み切り猫殺し事件 »