« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/29

千葉館山市登校小学生死亡事故

4月27日午前7時半ごろ、千葉県館山市大賀の県道沿いのバス停で、路線バスを待っていた登校中の市立館山小学校の児童らの列に軽乗用車が突っ込む事故が起きている。

列の先頭に並んでいた1年生の男子児童(6)がはねられ、意識不明の重体との事。ほかに3人の児童と男児の母親を含む保護者2人が現場にいたが、けがはなかったらしい。

県警館山署は自動車運転過失傷害の現行犯で、車を運転していた同市館山、アルバイト、男性容疑者(20)を逮捕したらしい。
同署によると、容疑者は「仕事のことを考えていて、ぼんやりしていた」と話しているらしい。

現場は同校から西へ約2・5キロ離れた片側1車線の緩やかな右カーブ。付近に住む児童らは路線バスを利用して登校していたとの事。

事故直後ぐったりと横たわるわが子のそばで、母親は名前を叫び続けていた。

悲鳴を聞いて駆けつけた近所の主婦(65)は、軽乗用車を運転していた容疑者(20)が、男児のそばに土下座して「ごめんなさい」と繰り返す姿を見たとの事。

ガードレールのない現場は、朝から降りしきる雨で路面がぬれた状態。バス停の標識が道路中央まで吹っ飛び、衝突の激しさを物語っていたとの事。

同署によると、軽乗用車は雨の中、保護者やほかの児童とともにバス停で路線バスを待っていた同市大賀、男児(6)をひいた直後にブロック塀に衝突し、男児を車体の下に巻き込んだまま約25メートル引きずったらしい。

近所の男性たちが車を持ち上げ、男児を引き出したが、すでに意識がなかったらしい。

現場の制限速度は時速50キロで、容疑者は調べに対し、「仕事のことを考えていた。時速約50キロで走行していた」などと話しているらしい。
事故後の実況見分では、ブレーキ痕は見つかっておらず、同署は、前方不注意で道路をはみ出した容疑者が、男児をはねた後にもブレーキを踏まなかった可能性があるとみて調べているらしい。

最近、事故が続いていますね。
一度、事故が起きたらどうなってしまうのかを考えたら、とても怖くてぼんやりなんてできないと思うのだけど・・・

責任感の喪失?想像力の喪失?どちらなんだろう?

| | コメント (0)

2012/04/28

茨城県筑西市元妻殺人心中事件

4月25日午後6時15分ごろ、茨城県筑西市玉戸の雑貨店「メガセンタートライアル筑西店」駐車場で、男女2人が血を流し倒れているのを通行人が発見、110番通報し2人は病院に搬送されたが、死亡が確認される事件が起きている。

県警筑西署の調べによると、「男が女性を刺し、男は自分で刺した」との目撃情報があり、殺人事件として捜査しているとの事。
男が女性を刺した後に自殺したとみて、詳しい経緯を調べているらしい。

2人は、同市の職業不詳の男(43)と、同市築地(ついち)、パート作業員、女性(39)。
男の首に刃物で切ったような痕があり、女性は胸を刺されていたらしい。

同署によると、2人は元夫婦で今年3月に離婚したらしい。
今月1日、女性から「元夫に殴られた」と通報があり、同署は男に近づかないようにと警告したらしい。
だが、同9日、男の親族から「元妻を殺して自分も死ぬと話している」と通報があり、同署は男に口頭で警告、女性宅付近を警戒していたとの事。

現場は国道50号沿いに今月オープンしたばかりの24時間営業の大型雑貨店で、多くの買い物客が出入りする中の凶行だったらしい。
約120台入る広い駐車場に2人の車が並んで駐車されていたとの事。

こんな事件ですね。
なんて言うか「お前を殺して俺も死ぬ」って事なんでしょうが・・・
警察にも通報されていて、容疑者に警告していたって事は女性もその事を知っていたのかな?

先に容疑者が待ち伏せしていたとしたら、車が隣に停まるのは奇跡的偶然だと思うので、後を尾行して、買い物から戻ってくる所を待ち伏せしたのかな?

まーそんな人の多い所で事件を起こすとは思わないと言うのが一般的な意識かもしれないけど、「自分も死ぬ」と自暴自棄、もうどうなってもかまわないと考えているわけだから、相手を殺すと言う目的が達成できるなら、場所は交番の前でもかまわないって事なんだよね。

それだけに、狙われた側はより一層の注意が必要です。

| | コメント (4)

東京都練馬区2歳長男死亡事件

4月27日午前2時45分ごろ、東京都練馬区大泉学園町のアパートの一室で、「2歳の男の子の意識がない」と男性から110番通報する事件が起きている。

駆けつけた警視庁石神井署員が、室内でぐったりと倒れている男児を発見し病院に搬送されたが、死亡が確認されたとの事。
同署は、室内にいた女が殺害を認めたため、殺人の疑いで逮捕した。

同署によると、逮捕されたのはこの部屋に住む自営業の女性容疑者(41)。
死亡したのは容疑者の長男(2)。容疑者は「長男を殺しました」と容疑を認めているらしい。

逮捕容疑は27日午前0時半ごろ、自宅で、長男の顔や胸に自分の尻などを押しつけて殺害したとしているとの事。

同署によると、容疑者は長男と2人暮らしで通報したのは容疑者が離婚していた元夫で、部屋を訪れていたとの事。

同署によると、殺害された長男の体に目立った外傷はなく、日常的な虐待はなかったらしい。
28日に司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

管轄する都児童相談センター(新宿区)や練馬区の子ども家庭支援センターには、虐待の相談や通報などは寄せられていなかったとの事。

区によると、長男の成長は順調で、容疑者の「思い込み」だった可能性が高いらしい。

 「息子が言うことを聞かずに動き回り、タンスから物を出して投げつける」。昨年12月、長男の健診のため、区の保健相談所を訪れた容疑者は保健師に打ち明けたらしい。

健診では発育に異常は見あたらず、保健師は思い過ごしだと判断、「様子を見ましょう」となだめたとの事。

しかし、今年2月にも長男の言葉が遅れていると保健師に相談。事件2週間前も区の育児相談に訪れ、「他の子よりも成長が遅い」と不安そうな表情を浮かべていたらしい。

区の担当者は「長男はあいさつもでき、いたって普通の子ども。一般的なお母さんの悩みの範囲と考えていた」と話しているらしい。

子供の将来を悲観したと言う事なんでしょうか?
「長男の顔や胸に自分の尻などを押しつけて殺害した」と言うのが気になるね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

徳島県藍住町NPO法人女性殺害事件

26日午後1時40分ごろ、徳島県藍住町奥野の町福祉センター内にあるNPO法人「ライフ・サポート徳島」事務所で、事務員の女性(40)=徳島市沖浜町=が男に刺されたと110番通報する事件が起きている。

同NPO法人の経理事務員の女性(40)=徳島市沖浜町=が腹部や首などから血を流して倒れているのを発見、近くにいた男が犯行を認めたため、殺人未遂で現行犯逮捕したらしい。被害者は病院へ運ばれたが、約1時間20分後に失血死したとの事。

県警は殺人容疑に切り替えて捜査しているとの事。

同署などによると、男は精神疾患で通院歴があり、意味不明なことを話している。この日、事務所を訪れ、被害者をいきなり背後から刺したとみられ、現場には包丁が数本落ちていたとの事。

同法人は、障害者の支援活動をしており、被害者は経理を担当していた。
男は以前、事務所を訪れたことがあるらしい。

同NPOは県内の精神障害者や家族への相談や就労訓練などの就労支援に関する事業を行っているとの事。

さて、被害者は経理担当なんだけど、容疑者と面識があったのだろうか?

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

沖縄県宮古島ダイバーオニヒトデ死亡事故

沖縄県宮古島市・伊良部島沖で、ダイビングインストラクターの女性がオニヒトデに刺され、低酸素脳症で死亡する事故が起きている。

4月26日、宮古島海上保安署が司法解剖したところ、ハチ毒など体に入った異物に過剰に反応し、呼吸困難などを引き起こすアレルギー症状「アナフィラキシーショック」が起きていたとの事。
同保安署によると、オニヒトデの毒が原因で死亡した事例はまれらしい。

発表によると、死亡したのは女性(44)(宮古島市平良)との事。
24日午前、ダイビング客2人を引率して水深約18メートルの海底を潜行中、オニヒトデを発見し、駆除するために石でたたいた。その際、右手を刺されて海面に浮上したが意識を失い、25日朝に死亡したとの事。

オニヒトデは全身が有毒のトゲで覆われている。複数回刺されるとショック症状を引き起こしやすく、死亡した女性は昨年10月頃にも刺されていたらしい。

すずめ蜂のアナフィラキシーショックは有名だけど、一度体に入った毒が2度目には過剰反応してしまうのがアナフィラキシーショックだから、蜂じゃなくても起きるわけですね。

しかも、アレルギー反応だから毒に限らず、食物や薬でも起きる。ラテックスアレルギーなんてのもあるらしい。

対策としてはアレルゲンに近寄らないことなんだけど、昔蜂に刺されたとか覚えてない事もあるだろうな。
救急対策としてはアドレナリン注射が使われるらしい。
状況によって症状が出るまでの時間が変わるけど、蜂などに刺された場合は早く数分から15分程度で症状が現れるので、本人か周囲の人間が気付かないと手遅れになるかも知れませんね。

これから、行楽の季節になります。みなさんも注意しましょう。

| | コメント (0)

2012/04/25

東京都江戸川区少年集団暴行殺人事件

4月23日午前1時30分頃、東京都江戸川区江戸川の「区立くつろぎの家公園」内にある福祉センターの玄関前で、同区船堀、無職男性(16)が血を流して倒れているのを知人の少年2人が発見、119番する事件が起きている。

で警視庁は23日、同区在住の鉄筋工や私立高校2年の男子生徒らいずれも16歳の少年4人を傷害致死容疑で逮捕したとの事。
逮捕容疑は同日午前0時10分ごろから約1時間20分にわたり、公園で被害者に殴るけるの暴行を加え、死亡させたとしているらしい。

同課によると、少年らは被害者を近くの駅まで呼び出し、タクシーで公園まで連れて行き、暴行したらしい。移動中のタクシー内でも殴るなどしていたとの事。

被害者が意識を失ったため、4人のうち鉄筋工の少年ら3人が逃走したらしい。
アルバイトの少年がその場に居合わせた別の仲間とともに119番通報したらしい。
警視庁に対して「被害者から電話で『公園前にいるので、こないか』と呼ばれ、倒れている被害者を見つけた」と説明していたとの事。

同庁が詳しく事情を聴いたところ、アルバイトの少年が暴行を認め、現場にあった防犯カメラの映像などから残りの3人の関与が浮上したらしい。

さて、若者の多くは誤解しているかもしれないけれど・・・
アニメや漫画みたいに人を殴ったら、殴られた人は死にます。

人の力で殴ったり、蹴っただけでも人は死ぬんですよね。
まして1時間以上も複数人でたこ殴りにしたらそりゃ死にますよ。

世の中には嘘は多いので、「ホントはそんな事したら死んでしまうよ、漫画だから死なないんだよ」と言う事を誰かが教えてあげないといけないのかもしれませんね。

| | コメント (4)

2012/04/24

2013年事件捜査公判予定など

島原市の県立農業大学校で畜産学科助教授(当時54歳)を殺害し、女子学生の首を絞めたとして、強盗殺人事件
初公判が2013年2月26日と決まった。判決は同3月5日。

| | コメント (2)

東京都八王子市中3男子バスジャック未遂事件

東京都八王子市千人町のJR西八王子駅前に停車していた路線バスの運転手が乗客に胸を刺される事件がおきている。
警視庁は23日、同市に住む中学3年の男子生徒(14)を傷害容疑で逮捕したとの事。

男子生徒は容疑を認め、「友達にばかにされ、見返すためにバスに立てこもろうと思った」などと供述しているらしい。

同庁幹部によると、男子生徒は22日午後3時10分頃、同駅北口のロータリーに停車していたグリーンタウン高尾発西八王子駅行きの「西東京バス」(八王子市)の路線バス車内で、「前のドアを閉めろ。(乗客は)後ろに下がれ」と叫び、もみ合いになった男性運転手(37)の左胸を果物ナイフのような刃物で刺し、深さ5ミリの軽傷(全治10日)を負わせた疑いがもたれている。

バスは当時、ロータリーに到着したばかりで、男子生徒は、料金支払いの列の最後尾にいたらしい。
前にいた高齢夫婦が支払いに手間取っていたところ、突然、刃物を取り出して大声を出したらしい。
その直後に運転手に腕をつかまれて刃物を取り上げられそうになり、刺したという。高齢夫婦らほかの乗客にけがはなかったとの事。

男子生徒は、車内に携帯電話や預金通帳、刃物のさやなどが入った名前入りのスポーツバッグを置いたまま走って逃げたらしい
同庁は行方を捜すとともに市内の自宅に捜査員を派遣したとの事。
約4時間半後の同日午後7時半過ぎ、帰宅したため、八王子署に任意同行を求め、23日午前1時過ぎ、逮捕したとの事。

警視庁の調べに対し、逮捕された男子生徒は当初、「学校に行って友達にバカにされたので、見返してやろうと思った」と話していた。
しかし、その後の調べに対しては、「本当は学校には行かず、コンビニで包丁を買ったあと、友人と公園で遊んだ際に、『バスジャックをやったらすごいだろうね』などと話した」と供述しているらしい。

同庁は、少年が以前から計画していたとみて捜査している。

同庁幹部によると、少年は今月22日午後2時頃、所属するバドミントン部顧問の教師に「バスジャックしたらどうする?」と電話をかけていたらしい。
教師は「そんなことをされたら困る」と止めたとの事。
学校近くの公園で一緒にいた友人3人にも「バスジャックをしたらすごいだろうな」と話していたが、友人は「できるわけがない」と取り合わなかったらしい。

「捨てた」と話していた果物ナイフ(刃渡り約9・6センチ)は供述通り、市内で発見されたとの事。

こんな事件ですね。
「バスジャックをしたらすごいだろうな」って何がすごいのか私には理解できません。
自分の馬鹿さ加減がそんなすごいと言う事なのかな?

バスジャックは成功する予定だったのだろうから、身元に繋がる遺留品が多数残されていたのも不思議では無いのだけど・・・

自分がバスジャックをしたら、いったい自分と自分の周囲の人間がどうなるのか?
と一度、頭の中で考えてみたら良いと思います。
でも、気付かなかったんだろうね。
メンタルや脳の問題と言うのも可能性はあるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

2012/05/02追記
警視庁の調べに「バスジャックをしてマスコミや警察を呼び、その前でいじめられた友人数人に土下座させ、殴りつけたかった」と供述しているらしい。
しかし、捜査ではいじめは確認されず、警視庁は男子生徒が「いじめられている」と思い込み、バスジャックを計画したとみているらしい。

捜査幹部は「いじめられてはいないが、“いじられキャラ”だったようだ。友人にからかわれることが負担になっていたのかもしれない」と話しているらしい。

所属するバドミントン部では昨年12月、「ほかの部員に『下手だ』と言われた」と退部を言いだしたらしい。顧問の男性教諭に引き留められたが、練習は休みがちになったとの事。

生徒自身も自分より弱い同級生らには、胸ぐらをつかんだり悪口を言ったりすることがあったらしい。事件前日には補欠で参加した市大会で、ほかの部員から「来たの?」と言われたことに腹を立て、おにぎりを投げつけたとの事。

バスジャックは以前から計画していたとみられ、1~2カ月前、少年のバスジャックを題材にした小説を買い、「参考にした」らしい

なるほどねー、結局、バスジャックと言う状況を利用していじめっ子にリベンジしたかったと言う事なんですね。
しかし、直接やり返せずに、相手が抵抗できない状況にしてからやろうと言う所がちょっと卑怯な雰囲気を出していますよね。
まー、手段は選ばないと言う事なんだね。

そう考えると、もっと凶悪な事件を起こす可能性もあったので、バスジャックが未遂で終わったのは不幸中の幸いなのかもしれませんね。

| | コメント (2)

東京都板橋区常盤台女性通り魔事件

4月23日(月)午前7時55分ごろ、東京都板橋区常盤台の病院から「職員が出勤途中に刺された」と110番通報する事件が起きている。

警視庁は、病院職員とみられる区内在住の女性(42)が背中脇腹部分を包丁のような刃物で刺され、負傷しているのを確認。傷害事件として捜査しているとの事。
女性には意識があり、命に別条はないらしい。

警視庁によると、女性は「路上で刺された。犯人は見ていない。分からない」と説明しているらしい。

事件は朝、起きているんですね。
そのあたりをどう考えるかが問題です。
周辺の方は注意された方が良いでしょうね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

京都府亀岡市無免許暴走車10人殺傷事件

4月23日午前7時55分ごろ、京都府亀岡市篠町の府道で、集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込む事件が起きている。

このうち児童3人が意識不明の重体、保護者とみられる妊婦(26)を含む4人が重傷、3人が軽傷を負ったらしい。その後、重体だった4人のうち同小2年、女児(7)と、負傷者の保護者で妊娠中だった女性(26)の死亡(お腹の子供も死亡)が確認されたとの事。

京都府警は自動車運転過失傷害の疑いで、軽乗用車を運転していた亀岡市内の自称、無職少年(18)を現行犯逮捕したとの事。

府警によると、少年は無免許運転だった。府警の調べに対して、「事故を起こしたのは間違いない」と供述しているという。

府警は、同乗していた別の少年2人からも事情を聴いているが、「一晩中ずっと車で走っていた」と話す少年もいるらしい。

はねられた児童らは現場の北西約200メートルの市立安詳小学校に登校する途中だったらしい。
5年生1人、3年生4人、2年生1人、1年生3人-で、6~10歳とみられる。
と保護者の妊婦が1名

現場は道幅の狭い直線道路で、登校時間中は西向きの一方通行。軽乗用車は東から西へ走行中、道路右側を集団で歩いていた小学生の列に後方から突っ込んだらしい。

現場はJR亀岡駅から東に約2・5キロの住宅街。

現場には、車がブレーキをかけた跡は見当たらなかったらしい。
運転していた少年は居眠りをしていたと供述しているらしい。

警察は、無免許で車を運転していた18歳の少年を現行犯逮捕した。

府警は少年の無免許や居眠り運転が事故原因とみて、容疑を自動車運転過失致死傷に切り替えて調べているとの事。

また、車に同乗していた大学1年の少年(18)=京都府南丹市=と専門学校生の少年(18)=亀岡市=を道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で逮捕した。
2人の逮捕容疑は23日午前7時半ごろ、運転の少年が無免許と知りながら、自宅まで送るよう頼んだ、としている。いずれも容疑を認めているという。この2人も車の免許を取得していなかった。
軽乗用車は少年の知人のものらしい。

つい最近も京都祇園で暴走事件があったばかりで、この少年達も祇園の事件を知っていたと思うのだけどね・・・
車は便利な道具だけど、使い方を間違えれば凶器になるって事、忘れてはいけないね。

2012/04/25追記
少年(18)が「以前から無免許運転を繰り返していた」と供述しているらしい。

事故の際に同乗していた2人のほかにも、複数の友人が事故前日から乗っていたとも話しており、京都府警は友人らの特定を進めて事情を聞くとの事。

調べに対し、少年は「(前日から)複数の友人を入れ替わり乗せていた。一晩中、自分が一人で運転していた」とも話しているらしい。

車に同乗していた大学1年生(18)と専門学校生(18)の少年2人=道交法違反(無免許運転)幇助(ほうじょ)容疑で送検=が事故当時、居眠りをしていたと供述しているらしい。

2012/05/01追記
 捜査関係者によると、3人は調べに対し、事故前の22日夜から23日朝の行動について「コンビニなどで友人らと合流した後、車2台に入れ替わりながら乗り、亀岡市や京都市を一晩中、眠らずに走った」などと供述しているらしい。
 3人のほか、大学生の知人で軽乗用車を貸した男性や、女性を含む5人前後が一緒だったらしい。

 近所の人などによると、少年は父親と兄との3人暮らし。

 中学入学後、眉毛を細くし、仲間と原付きバイクを乗り回す姿が見られるようになった。定時制高校を約半年で中退し、アルバイトをしたが、最近はやめていたとの事。
 父親は「やりたいことが見つからず、悩んでいたらしい。『仕事を探す。頑張るわ』と言っていたのだが……」と言葉少なに話した。

 府警は、少年は数年前から、暴走行為などを繰り返す少年グループのメンバーだったらしい。亀岡署は10年、同グループの25人を道交法違反(共同危険行為)や傷害などの容疑で検挙し、解散届を提出させた。少年もこの時期、バイクの無免許運転で検挙されているらしい。

 しかし、その後も旧メンバーで集まっていたらしい。府警によると、事故前夜にも、少年を含む8人前後が車2台に分乗し京都、亀岡両市のボウリング場やコンビニの駐車場に立ち寄るなどしていたらしい。
 大半が無免許で、入れ代わり運転したとみられ、府警幹部は「グループ内で無免許運転への罪の意識が希薄」と指摘したらしい。

重体だった同小3年、女児(8)が28日夜、入院先の病院で亡くなった。
この事故の死者は3人になった。

| | コメント (4)

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その46 (犯人の条件)

今回は今分かっている犯人の条件を考えます。

1)被害者失踪当日、浜田市に滞在している。
出張などの一時的な滞在も可能性としては含まれますが、この事件の場合、遺体の解体、損壊を行う場所が必要なので、その部分で一時滞在中の旅行者、出張者などはどうかな?と思いますが、場所さえ確保できれば可能性はあります。

極端な例を出すと、広島から遠征してきて被害者を拉致、そのまま、広島の犯人の自宅に監禁、暴行、殺害、解体を行い、遺体を臥龍山に遺棄と言う事も可能です。

2)浜田市について、ある程度の土地勘がある。
私は被害者の拉致ポイントを駅周辺の可能性が高いと考えています。その為、靴は偽装の可能性が高いと思うのですが、そうすると、靴を置く場所の選定には浜田市の土地勘が必要だと思います。まー被害者が県立大の学生と言う事を知っていれば、経路は決まってくるわけですが、その中であの場所を選んだのは土地勘があるのではと考えています。
とは言え、カーナビにセットした経路上でさびしい場所を選んだだけと言う可能性もありますね。

3)臥龍山についてかなりの土地勘がある。
車の回転場から徒歩で登山しているので、過去に登山歴があると思います。
何の理由で登山したのか?そのあたりが今後の課題かな。
雪霊水を汲みに行ってついでに登ってみたとか、単純にハイキングとか、風景写真が趣味とかね。

4)遺体の解体場所がある。
解体場所と言っても、自宅の可能性が高いと思いますが、それ以外にも自分の管理している作業小屋とか、別荘、空き屋、微妙なのがホテルの部屋ですね。

とこんな感じでこの事件では今の所、犯人の条件は少ないですね。
3年目報道ではもう少し情報を出して欲しいと思います。
その前に容疑者が逮捕されればうれしいのですが・・・

| | コメント (7)

2012/04/23

山口県和木町化学工場爆発事故

4月22日午前2時15分頃、三井化学・岩国大竹工場でタイヤなどの接着剤の原料を作る「レゾルシンプラント」が爆発する事故が起きている。

この事故で、プラントで作業をしていた社員・男性(22)が死亡したとの事。
また、工場関係者11人と付近の住民9人が重軽傷を負ったらしい。
有害物質は漏れ出していないとの事。

工場では21日午後11時20分頃、工場の7割で使用する蒸気プラントにトラブルが発生したため、各プラントで停止作業が進められていて、爆発事故はその作業中に起きたらしい。

この爆発事故で、建造物の損壊被害が、同工場から約10キロ離れた広島県廿日市市まで及んでいることが分かったらしい。
さらに爆音や衝撃波による影響は広島湾を挟んだ広島市など約30キロ離れた同湾沿岸部まで届き、爆発のすさまじさを物語っているとの事。

山口県警捜査1課と岩国署は23日午前、業務上過失致死傷容疑で工場事務所などを家宅捜索したとの事。

爆発が起きた「レゾルシン(RS)プラント」近くの計器室で資料を押収した。鎮火が確認されれば、RSプラントの現場検証も行う予定。RSプラントでは、安全確保のため、岩国地区消防組合職員が可燃性ガスや、レゾルシンの製造に使われ、引火性のあるトルエンの有無などを調べた。岩国労働基準監督署(山口県岩国市)は従業員から聞き取り調査を行っていると事。

さて、爆発力がすさまじいのだけど、「何が爆発したのかな?」
化学工場だから爆発するような物質は沢山あったと思うけど・・・
続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その45 (動機)

動機についてもはっきりとした物は見えていません。そこで私の勝手な妄想を書いてみます。
予想確率は私が勝手に考えた可能性の度合いと言う所ですね。

1)快楽殺人(予想確率10%)
遺体の酷い損壊状態から当然出てくる説ですが、私はそれほど可能性は高くないと思います。それは、快楽殺人自体が殺人事件全体の中で数が少ないからですね。
それに、どうも出来すぎているような気もします。

2)怨恨(予想確率10%)
これも遺体の損壊状態から出てくるのですが、これも可能性は高くないと考えています。被害者がそこまで恨まれるようには思えないからです。もっともこの手の情報は逮捕されてから実はなんて事が出てくるのですが・・・

3)性的暴行目的顔見知りの場合(予想確率20%)
これは、性的暴行目的で拉致したのだけど、犯行発覚を恐れて口封じの為に殺害、犯人像をミスリードする為に損壊、偽装した物です。
ただし、この説で気になるのが、遺体を発見させるている点です。
顔見知りの場合、遺体の身元から自分に捜査の手が延びる事を避ける為に事件を隠蔽する方向に動きそうな気がします。この為20%としています。

4)性的暴行目的流しの場合(予想確率40%)
これも、上の顔見知り説の場合と同様です。犯行を恐れて口封じの為に殺害、顔見知りでは無いので遺体が発見されてもリスクがありません。そして、解体は運搬の為あるいは共犯者作りの為、遺体損壊は犯人像のミスリードの為と考えています。
犯人に性的暴行での前科があったり、元々素行不良な人物など事件があれば疑われる人物が犯人像をミスリードする為の偽装、あるいは単純に世間を騒がせたいなんて理由も考えられますね。

5)その他の理由(予想確率20%)
交通事故やその他の理由で死亡した事実を偽装する為の解体、犯人像をミスリードする為の損壊などが考えられます。
ただ、被害者自身について未知の部分があるわけですから、予想外の動機が出てきても不思議では無いと思います。

結局、動機としては「快楽殺人」か「性的暴行」かどちらに考えるか?がポイントで私は「性的暴行」目的かなと考えています。
たしかに、正面から見ると快楽殺人なんですが、どうも私は「偽装」の臭いを感じています。

| | コメント (5)

2012/04/20

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その44 (臥龍山)

いままでも何度か、臥龍山について書いてきましたが、別の見方もあるかな?と言う事で再度書きます。

浜田市から離れた臥龍山に発見させるように遺棄した理由は何か?
県警の管轄をまたがせ、捜査をかく乱させる為。
あるいは、ヤマタノオロチ伝説の見立て殺人の為
なんて事を考えていたのですが、まー他にもあるかな?と言う事を思いつきました。

偽装と言うか心理トリックですね。
普通に考えて運搬には車を使っているとみなさん考えると思います。
私もそう考えています。

それが犯人の狙いだとしたら?と言う場合です。
つまり犯人が車を所持していない場合です。

捜査員が聞き込みをした時でも、無意識に運搬に車が必要と言う意識があれば、車を持っていない人間への注意は薄くなるかもしれません。

では、犯人は車で運搬してないのか?
といわれると難しいですが、レンタカーや知人の車を借りると言う事は可能だと思います。
知人の場合は情報が出てくるか分かりませんが、レンタカーなら記録が残っているはずなので、不審な借り手を抽出する事ぐらいはできるかもしれませんね。

例えば、失踪から遺体発見までの期間で浜田市の人間が近隣の市のレンタカーを借りている場合とかね。
浜田の人間なら浜田で借りればよいはずで、あえて隣町まで行って借りる理由は無いのでは?と言う事ですね。

これに微妙にリンクするのが、解体の理由です。
前の記事でも書きましたが、車が無いので運搬の為に解体したが、やはり車で運ぶ事に方針転換した場合ですね。

| | コメント (1)

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その43 (遺体損壊)

遺体の解体、損壊はこの事件では特に目立つ部分です。今回はこの点について考えてみます。
遺体を解体する理由としては
1)運搬の為
2)うらみを晴らす為
3)異常性のアピールや偽装、みせしめ等
4)趣味嗜好
5)共犯の手段
大きくこのぐらいでしょうか。

これらについて考えてみます。
1)運搬の場合
ちょっと、疑問があるのは解体だけでなく、損壊も酷いと言う点です。運搬するだけなら、手間をかけずに処理したいはずですし過度の損壊は不要だと思います。

2)うらみを晴らす為
これだと、酷い損壊も説明できるのですが、被害者がそれほど恨まれるような人物とは思えないので、裏付ける情報が欲しいですね。

3)異常性のアピールや偽装、みせしめ等
このあたりは、どちらかと言うと犯人側の都合や趣味と言う事も含みますが、否定する根拠がありません。

4)趣味嗜好
そのまま、ずばり「犯人の趣味」ですね。これも否定する根拠がありません。

5)共犯の手段
もし、複数犯の犯行だとしたら、被害者を最後に殺害した人物は一人かもしれません。
あるいは、見張りや運転だけと言った下っ端的な役回りの人物もいたかも知れません。
そんな状況だと、下っ端が自首して犯行が発覚する可能性がありますよね。
その為、殺害に直接関係していない人間に共犯意識を植え付ける為に全員で解体したと言う可能性です。罰ゲーム的な盛り上がりでエスカレートしたと考えれば、過度の損壊も説明できると思います。

で、もう一つ、複数犯だったら?と考えます。
5)がそのまま複数犯の場合なんですが、それ以外の場合はどうか?です。
複数犯の場合は個々の意識が統一されているとは限りません。
特に殺人の片棒を担ぐわけなので、逮捕されない方法を優先したいはずです。
そう考えると、遺体を発見させる事には抵抗があるのではないでしょうか?

一人が趣味で解体損壊したとしても、もう一人はそれで罪が重くなるかもしれないと考えてもおかしくないでしょう?
それに、後片付けも大変ですからね。

つまり、解体、損壊も複数犯で共通の意識がある場合は問題無いが、そうでなければ仲間割れの原因にもなりかねません。

そういう見方でみると
1)運搬の場合
なんとも言えないかな?複数犯なので運搬に支障は無いと思えるけど、例えば、車を犯人が持っていない場合もありますよね?
車が無いから、解体しようと言うのはアリで、解体後にやっぱりレンタカーを使う事にしたと言う説明もありかな。
しかし、過度の損壊の説明はできませんね。

2)うらみを晴らす為
複数人が殺したい程の共通のうらみを持つ事があるのか?
例えば家族とかなら家族内で共通する恨みを持つ事はあるかもしれないけど・・・
ちょっと考えにくいかな。

3)異常性のアピールや偽装、みせしめ等
同じ目的を持った組織の仲間の場合かな。組織の命令で行った場合ならありえるかもしれないが・・・そんな命令をする組織があるだろうか?

4)趣味嗜好
同じ趣味の人がまさに同志として犯行を行った。でもそれなら、事前に例えば動物虐待事件を起こしたりしないのかな?と言うのが疑問ですね。

それから、複数犯の特殊な場合としては主犯にお金で雇われた場合とかですね。
意思決定は主犯が行い、共犯者はそれに従うだけの場合ですが、そこまで被害者が恨まれているとは思えないけど・・・被害者が死亡して得をする人間もちょっと居ないでしょう?

なので、5)の場合以外は単独犯の可能性の方が高いかな?と思います。
で更に、解体と損壊は別の目的と言う可能性もあります。
解体は運搬の為だけど、損壊は偽装の為とかね。
これは女性犯人説などの偽装の場合になりますが。

| | コメント (0)

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その42 (計画性)

今回はこの事件の計画性について考えます。
最初に書いてしまうと、「分かりません」。ホント分からないです。

そもそも、この事件で計画的に行わないと犯行が不可能な部分が無いですよね?
この事件を成功させる条件はただ一つで、「被害者を拉致できる事」の1点だけです。
なにしろ、この事件では被害者が徒歩で夜帰宅すると言う事で、拉致さえ成功すれば、それ以降の犯行は全て犯人の管理下で行う事が可能です。

流しが偶然、夜に歩いている被害者を見つけて拉致したとしても不思議では無いし、逆に顔見知りが計画的に犯行を行ったとしても不思議では無いのです。

計画性をレベル分けしてみましょう。
1が最低で、数字が大きい方が計画性が高いとします。

レベル
1 まったくの偶然、流しによる犯行

2 被害者が週何度かアルバイトの時に決まった時間、決まった場所を通ると知っている。
  (被害者の帰宅コース周辺の住民など被害者が何処の誰か知らない)

3 顔見知りで被害者が何処でバイトをしていて、店の閉店時間を知っている。
  (すくなくとも、被害者の帰宅コースと時刻を推定できる)

4 被害者と親しく、10月中にバイトを変えてバスで帰宅する事を知っている。
  (被害者が一人で徒歩で帰宅する期間を知っている。今しか犯行が不可能と考えている)

5 被害者が当日、ゴミ袋を捨てる事を誘導できる。
  (バイト先周辺で拉致した場合ですが、かなり可能性が低い、条件が限定されます)

とこんな感じになります。どのレベルでも犯行は可能です。
計画性を判断する事は今ある情報だけではできませんね。

ただし、拉致後の犯行の流れには顔見知りかどうかと言うのが影響してきます。
だけど、この点も偽装の可能性を考えるとなんとも言えなくなってくる。

顔見知り、単独、複数犯、流しの単独、複数犯や拉致場所など前提条件が広すぎて、条件を付ければどれも可能性を否定できないのが現状ですね。

ダメと言っていても、先には進めないので考え続けましょう。
 

| | コメント (0)

横浜市中区ロシア女性殺人事件

4月20日午前3時ごろ、横浜市中区黄金町1のマンション「クリオ黄金町参番館」703号室で、女性が血を流して死亡しているのを110番通報で駆け付けた神奈川県警伊勢佐木署員が見つける事件が起きている。

持っていた外国人登録証明書から19歳のロシア人女性とみられる。遺体には複数の切り傷や刺し傷があり、神奈川県警捜査1課などは殺人容疑で捜査を始めたらしい。

県警によると、女性は1LDKの同室のリビングで、体の右側を下に横向きに倒れ、ジャンパーがかけられていたらしい。
女性の知人という日本人男性(36)が、外国人男性と一緒に部屋を訪れ、「彼女が包丁で手を切った」と110番通報したらしい。

この部屋の下に住む主婦(37)は「男の人の大きな声と女性の泣き声が聞こえた。床に物をたたきつけるような大きな音も聞いた」と話しているらしい。

19歳の女性が異国の地で体中傷だらけで死亡した理由は何だったのでしょうね?
続報を待ちましょう。

2012/04/23追記
死亡推定時刻の19日午前8時ごろの約1時間前、被害者が男と自宅マンション入り口で立ち話をしていたことが21日分かった。

県警によると、死亡推定時刻から約1時間前の同日午前6時50分ごろ、自宅マンション入り口のオートロックの内側で、被害者が男と立ち話をする姿が防犯カメラに写っていた。その後、被害者がマンションを出る姿は確認されておらず、県警は防犯カメラに写った男の確認を進めている。

| | コメント (1)

秋田県鹿角市クマ牧場女性従業員死亡事故

4月20日午前10時5分ごろ、秋田県鹿角市の八幡平クマ牧場から「女性従業員がクマにかまれた」と119番する事故が起きている。

秋田県警によると、足をかまれ、おりの近くで倒れていた70代女性従業員1人を病院に搬送したが、死亡が確認されたとの事。
おりの扉は開いており、外に出たヒグマとみられる4頭を地元猟友会が射殺したとの事。
別に2頭が外に出ているらしい。

また、60代の女性従業員の姿が見えず、鹿角署はクマに襲われた可能性があるとみて所在確認を急いでいるとの事。

地元消防によると、救急隊が到着した際、おりの中に従業員が1人倒れており、外にクマが3頭出ていたらしい。
従業員にはクマにかまれたとみられる傷があり、呼び掛けに応じなかったらしい。
おりの戸は開いていたが、クマがいるために近づけなかったとの事。

この日は朝から女性従業員3人が、餌やりのため牧場で作業をしていたらしい。
残る1人は逃げ出して無事だったらしい。

鹿角市によると、飼育していたクマはヒグマやツキノワグマなど38頭で昨年10月下旬から冬期休園中で、4月下旬に営業を再開する予定だったらしい。

普通に考えて、クマはおりの中にいて、従業員はおりの外で作業していたんだろうね。
そこでなんらかの理由でおりの戸が開いて、クマに襲われたと言う事なのかな?
逃げ出して無事の従業員がいるので事故の状況は分かるでしょう。

今年はじめたと言うわけでも無いと思うのですが・・・作業手順の誤りか、設備の故障などか、原因が知りたいですね。

最近も動物園でチンパンジーに指を食いちぎられる事故が起きていますし、記事にはしていませんが、元ペットショップでニシキヘビに噛まれて世話をしていた男性が死亡する事故も起きています。それ以前にも動物園などの専門家が死亡する事故が起きていました。

危険な動物相手の作業をする方は是非とも注意して作業して欲しいと思います。

2012/04/23追記
不明だったもう一人の女性従業員も死亡が確認された。
クマがオリから出た理由としては、オリの中に積もった雪の斜面を使ってオリの外へ出た瞬間を救急隊員が目撃しており、雪の斜面を使ってオリの外へ出た可能性が高そうです。

県は、先月の立ち入り調査で、経営者に対し、雪が消えてからクマを運動場に放つよう注
意したところ、経営者は「そのつもりです」と答えたという。ただ、従業員の男性は、マスコミの取材に、雪があっても週に3回、餌やりの時に運動場に出していたことを認めている。

経営者は23日朝、遺族の元に謝罪に訪れた。警察は、安全管理に問題があった可能性もあるとみて調べを進めている。

| | コメント (0)

2012/04/19

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その41 (靴の意味)

今回は発見された靴の意味を考えます。

No. 拉致場所 顔見知り 流し
単独 複数 単独 複数
徒歩 徒歩 徒歩 徒歩

1

バイト先周辺
2 駅周辺
3 靴発見場所

偽:偽装
真:事実
単独:単独犯
複数:複数犯
徒歩:徒歩で被害者に接触
車:車で被害者に接触

とこんな感じになります。
簡単に説明すると、靴発見場所以外で被害者が拉致されたとしたら、その場合は靴は偽装になると言う事です。
靴発見場所を被害者が通っていないわけなので、これは当然偽装になりますね。

それから、徒歩か車か?と言うのは犯人が被害者を拉致した時の状況です。
多分、「車」の可能性が高いと思いますが「徒歩」でも条件を限定すれば可能ですね。
それは、拉致場所の近くに犯人の自宅など監禁できる場所がある場合です。
顔見知りの場合は車で送ると言って自宅に誘導する事なども考えられますね。

顔見知りの単独犯の車の場合に?が有りますがこれは
車の中で被害者を拘束できない状態だと、車が寮に向かっていないとなれば、被害者が不安となり、身の危険を感じれば車から飛び降りたり、信号で停止した時に逃亡する事などが考えられます。

この為、この場合、犯人は被害者を安心させる為に寮に向かう道を進み、人気の無い場所で車を止めて被害者を襲う事になります。
その時に、被害者が車から逃げ出してしまい、追いかけて再度拉致した時に靴が脱げた可能性もあるのでは?と言う事で?としています。

しかし、顔見知りの複数犯の車の場合は?としていません。
これは、複数犯の場合は被害者が逃げ出すような隙は無いだろうと言う判断です。

偽装の場合の意味はと考えると、
A)拉致ポイントの偽装
B)帰宅経路の偽装

この二つぐらいかな?と思います。
ただ、微妙に二つとも同じ意味を含んでいるので、同じ意味としても良いかもしれません。

拉致ポイントを偽装する事で誤った捜査範囲に誘導しようと言う意図だと思います。

例えば、駅周辺で拉致した場合、拉致場所を靴発見場所と偽装する事で駅周辺での捜査の手を緩めさせようと言う事になりますね。

偽装かそうで無いか?と言う判断の裏づけとしては「目撃情報」と「確率」の二つかな?と思います。

目撃情報はずばりそのままなんですが、もし、駅周辺で複数の目撃証言があるのであれば、拉致場所はバイト先周辺ではなくなりますよね。

もう一つの「確率」とは被害者の行動の頻度です。
被害者が「夜道が怖い」からバイトを変えて、帰宅にバスを利用する予定であるならば、10月中旬から一人で帰宅する状況なわけで、バスでの帰宅ルートに変更していた可能性がありますよね。
バイトの終了時刻は終バスの時刻には間に合う時間なので、10月中旬からバイトの日の帰宅経路が終バスを使っていた頻度が高ければ高いほど、「確率」としては、失踪当日も被害者が終バスを利用する為に駅に向かった確率(可能性)が高くなると思います。

なので、目撃情報も確率情報も捜査本部は情報を持っているはずです。

2年経ってもそのあたりの情報を出さない理由は気になりますね。

| | コメント (1)

2012/04/18

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その40 (考慮されるべき要素)

前回の記事で靴の意味は2種類で犯人像も2種類と書きましたが、実際にはもう少し複雑です。

帰宅経路が2種類、拉致ポイントが3箇所、顔見知りか?流しか?単独犯か?複数犯か?
最低でもこのぐらいの組み合わせは考えないといけませんね。
そして、靴の意味は偽装の場合と偽装で無い場合ですね。

偶然の犯行と言うのも最後まで否定できないんですよね。

それから、被害者が失踪前にバイト先から持って出たゴミ袋の件で情報です。

浜田市のゴミ処理の情報にありました。
事業所ゴミの収集についてを見ると、

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない(第3条)」として、廃棄物の適正な処理は事業者の責務であると規定されています。

 市では、事業者から排出される事業系一般廃棄物(事業所ごみ)のうち、その一部を「登録制」により収集しています。

収集は、ステーション方式にて行います。ごみ集積所(ごみステーション)を管理する町内会等に事前に了解を得てください。

となっています。バイト先で出たゴミは事業所ゴミとして処理される物だと思います。
それで、被害者はバイト先近くのゴミステーションに「ゴミ袋」を捨てに行ったのだと思います。

残念ながら、ゴミステーションの場所までは分かりませんでした。

これで、ゴミを捨てる為に被害者は通常の帰宅ルート(他の人の通るルート)とは一部違うルートで帰宅したと言う説に説得力が出てきましたね。

バイト先近くのゴミステーションの場所と社員通用門の位置をご存知の方が居たら教えてください。

今日も時間が無いので、続きはまた今度。

| | コメント (0)

2012/04/17

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その39(もう一つの帰宅経路)

さて、今回はあれこれ考えてみるのだけど、色々な情報が発掘できた。
当時の大学行きの終バスの時刻は21時45分、浜田駅発ですね。

石見交通(益田市幸町)は12月1日から、JR浜田駅から県立大行きの夜間バスを1便増便させる。これまで午後9時45分発が最終だったが、同10時16分発に繰り下げられる。

これを踏まえて、失踪当日の帰宅経路を考えるのだけど、もう一つ忘れてはいけない目撃情報がある。

同日午後9時半ごろにはセンターから東へ約1キロの神社前の歩道で、工事現場の作業
員が被害者によく似た女性を目撃
している。

それから、被害者がバイトを変わる理由も出てきた。
被害者は、先月末で、これまで勤めていたアルバイト先を辞め、その後はJR浜田駅近くの飲食店で働くことになっていた。アルバイト先を変更する理由について、被害者は「友達がバイトを辞めて、暗い道を1人で帰らなければならず、怖いので自分も辞める」と周囲に話していたという。

それは何時か?
10月上旬 一緒に帰宅していたバイト仲間(寮の友達)が「帰り道が怖い」と辞める。 10月中旬 被害者もアルバイト先に月末で辞めると伝える。

この理由から、被害者は帰宅に駅前からのバスを使おうとしていたのではないか?
と言うのが「もう一つの帰宅経路」と言うわけです。

で時系列に時刻情報を出すと
21:12  バイト先を出る
21:30頃 東へ1キロの神社前で目撃情報
21:45  駅前発の終バス

浜田駅への経路 途中の目撃情報の場所までが14分、そこから駅が8分の行程と予想されます。
つまり、
21:12 出発
21:26 に目撃情報付近に到達
21:34 駅に到着
21:45 終バス発射

となり、時間的に矛盾がありません。

そうなると、被害者が犯人と接触したのは目撃情報の神社前から浜田駅までの区間になります。

この場合、街中で難しいと言う事もありません。被害者が自発的に犯人の車に乗るような顔見知りの場合なら駅前のロータリーでも問題ないでしょう。
無理やりに拉致するとなると場所は選ばなければなりませんが、線路沿いの道なんかは結構さみしい道のように見えますね。

犯人にとって、この接触場所を隠す為の偽装として、靴を置いたと言う事なら、効果絶大ですね。

この説の弱い所はバイト先を出た時、30秒後に同じドアから出た人が被害者を見ていないと言う点です。

そこは、こう考えました。
ショッピングセンターの1階の間取り図を見ると、通用門と思われる扉が建物の角に1箇所あります。
で被害者は建物を出る時にごみ袋を持っていて、ごみを捨てに行くはずです。
その為、いつもの経路とは逆の建物の裏手側に回りこみ、ごみを捨てて、反対方向に建物を半周して駅に向かった。
この為、後から出た人には被害者が消えたように感じた。

しかし、それでも、駅方向に向かう人が他に居なかったか?と言うあたりが気になる点です。

もし、犯人が駅周辺で被害者を車に乗せたり、拉致したりしたのであれば、靴の意味が2種類考えられますね。
犯人像も2種類考えられます。

今日は時間がないので次回、このあたりを書きましょう。

| | コメント (0)

2012/04/16

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その38(被害者の生活)

今回は被害者の生活について、雑多な情報を考えてみようと思う。
ただし、基本的に私の憶測です。間違いがあればご指摘願います。

とりあえず、島根県立女子大生バラバラ殺害事件その36(時間軸を広げよう)も参考にしてください。

さて、まずは、被害者の実家の香川県坂出市と島根県浜田市の交通費はいくらかな?
島根県浜田市から香川県坂出市の最安交通費
をみると、片道、5時間半で6,710円ですね。新幹線を使って4時間半で9,780円ですね。

まー、倹約家の被害者は時間は掛かっても安い方の経路で帰省していると思います。
夏休み中の帰省も普通に1往復しかしていないでしょうね。
被害者は寮生活だけど、寮では食事までは出ないでしょう?(寮費の内訳に食費はありませんでした)だとすると、寮に居ると食費が必要になるけど、実家に戻れば食費は必要でなくなるからね。(少なくとも本人の出費にはならない)

だから、夏休み中はできるだけ長く、実家に居た方が経済的だったはずです。
だけど、9/26に学会での発表があるから、その前には浜田に帰らないといけない。
発表の準備もあるでしょうから、1週間前の9/20ぐらいには浜田に戻ったのかな?

次にバイトをやめる事になっていたのが、10/28です。10/29から別の居酒屋のバイトが始まると言う事なんですが・・・

被害者がバイトを10/28に辞めるのはいつ決まったのだろうか?
普通の順番でいくと、次のバイトを決めてから、それにあわせて前のバイトを辞めると思うんですよね。
被害者は留学費を稼ぐ為にバイトをしているので、無駄に働かない期間を作るとも思えません。

しかし、前述のように、被害者は夏休みは実家に帰省しています。
夏休み前に2ヶ月先のバイトの面接をするかな?と言うのもあります。
また、被害者がバイトを変える理由は多分、「もっと時給の高いバイトで稼ぎたい」と言う事だと思いますが、それなら、最初から居酒屋でバイトすると思うんですよ。
それをしなかったのは、その必要性をそれまで感じなかったからじゃないかな?

つまり、夏休み明けに先輩の留学経験談を聞いたら「予想以上にお金が必要だった」と言う事になって、夏休み明け、具体的には9/26の学会発表過ぎに居酒屋のバイトを探したのではないのかな?と妄想しています。

それ自体はなんと言う事も無いのだけど、では「10/28にバイトを辞める」と決まったのは何日なのかな?と言うのも気になります。

ここは色々考えられるのだけど、「今日辞めます」と言うのは被害者の性格としては言えないと思うんですよね。アルバイト先の都合もあるでしょう。どんなローテーションになっていたか分からないけど、人が辞めれば、次の人を補充しななければならないし、経験者ならともかく、初心者なら教育期間も必要ですからね。

お店の責任者としては1ヶ月ぐらい前には申告して欲しいと言う話をしているんじゃないかな?
そう考えると、10/28にバイトを辞めるのが正式に決まったのは1から2週間前ぐらいじゃないのかな?と妄想しています。
(もし、犯人がバイトを辞めるタイミングを狙って犯行を計画したのであれば、この期間に犯行を計画した事になりますよね)

それから、素朴な疑問として、どうして辞めるのが10/28(水)なのか?
と言うのも疑問です。この月は31(土)まであるのにどうして10/28(水)なのか?
単純に被害者のシフトの当月最終日が28日だったと言う事かな?

次に被害者の帰宅経路だけど、グーグル先生のナビで調べると
バイト先から寮までの予想経路はこんな感じになります。(徒歩37分、実際にはもっと早いかな)
そうなんです、大学に入る道は市街から見ると3種類ぐらいになります。それも最短距離でとなると、およそ1本になりますよね。

そう考えると、被害者を待ち伏せする場所は基本的に必ず被害者が現れる3箇所になります。
1)バイト先
2)移動経路中、必ず通る山陽本線から浜田バイパスに向かう道
3)寮(さすがにここは他の寮生の目が気になるだろうな)

でこの2)に靴の片方が落ちていたわけです。
そう、犯人が無理やり被害者を拉致しようとすると、この場所しかないと言う場所です。
人気がなく、暗い夜道ですからね。
偽装にしろ、拉致にしろ、この場所しかありません。犯人はその事を良く知っている人物になります。

で、次が時間です。アルバイトを終えてお店を出たのが21時16分。
現在の大学行きのバスの時刻表のpdf
現在の時刻表なので、当時と変わっているかもしれませんが
21時27分浜田駅発(21時38分大学着)のバスに乗れば、大学まで帰れますね。終バスは更に1本遅く、22時4分浜田駅発(22時15分大学着)
バイト先から浜田駅まで徒歩22分だと、バスには間に合わないと言う事になりますね。

バイト先から浜田バイパスまでの経路と時間は徒歩23分、21時16分に出たのなら21時39分前後(幅がどのぐらいか不明)に拉致されたと言う事でしょうね。

浜田市失踪当日の気象情報これを見ると昼間に少し雨が降ってますが、夕方には雨はやんでいますね。

この状況ではホントに目撃情報が無いのか?と言うのも気になります。
寮は
入寮定員は152人。男性ゾーンと女性ゾーンに分かれ、それぞれ12ブロックから成り立っています。各ブロックは6〜7室の個室と共有スペースで構成し、共有スペースにはキッチンなど必要な生活用品のほとんどを備え付けています。

寮が満員だったかわからないけど、3割が欠員だとしても、100人以上が寮に居たと思います。寮に向かう道は3種類しかなくて、市街地から向かうなら一本道です。
この日、この時間にこの道を通った人は居ないのだろうか?

被害者の失踪当日の服装のよこしまの服は目立つと思うのだけどね。

最後にもう一つ、経路と目撃情報で
帰宅経路上のガソリンスタンドとコンビニを洗い出すと
グーグル先生の経路通りならコンビニが1軒、残念ながらガソリンスタンドは経路上には無い。
けれど、市街地を通り抜けているので、目撃情報があってもおかしくないと思うのですが・・・

と、まとまり無く書いてしまいましたね。

| | コメント (2)

2012/04/13

大阪府富田林市男児所在不明事件

4月12日、大阪府富田林市で10年前から男児(9歳)が行方不明になっている事件が起きている。

男児の父方の40代の祖父母が、平成14年ごろ、生後間もない男児を預かったまま返さないトラブルがあったらしい。
府警はこの祖父母について、生活保護費を詐取したとして詐欺容疑で逮捕しており、今後、男児の所在や行方不明になった経緯についても慎重に事情を聴く方針との事。

同市や捜査関係者らによると、男児は14年9月、同市内で生まれたらしい。
府警の調べで、生後間もないころ、父方の祖母が、男児の両親が留守の間、男児を預かったまま返さないトラブルがあったことが判明したとの事。

これ以降男児の行方が分からなくなっていたらしい。
父方の祖父母はこれまで、男児の所在について府警に明確に説明していないらしい。

同市などによると、住民票の記録では、男児は両親の離婚などに伴い、16年9月に父方の曾祖母宅に住民登録されたらしい。
男児は21年4月から小学校に入学するはずだが登校せず、教師が家庭訪問するなどしたところ、曾祖母は「(男児の父親から)養護施設にいると聞いている」と説明したらしい。
学校側は施設にいると判断し翌年4月、1度も登校しないまま男児を除籍したとの事。

昨年8月、曾祖母が国民健康保険料の納付をめぐり、「男児と同居していないので住民票から削除してほしい」と要請したらしい。
不審に思った市が府警に連絡したとの事。

府警が男児の周辺を調べたところ、父方の祖父母が、収入があるのにないように装って生活保護費を不正に受給していたことが判明、詐欺容疑で逮捕したようだ。

さて、また妙な事件ですね。
最終的に誰が保護していたのか?父親が連れているのか?
逮捕は家宅捜索する為の布石かな?

でもちょっとまてよ・・・

市によると、男児は2002年9月に富田林市で生まれた。母親の説明では1カ月半後に父方の祖母に引き取られた。その後、住民登録上は両親と3人でいったん同府太子町に出て、04年5月に父親と男児が市内に戻り、4カ月後に男児だけが市内の父方の曽祖母宅に移った。両親は離婚している。

不明の男児が生まれたのが2002年9月、でその直後に祖母が男児を連れ出して返さない。離婚したタイミングが分からないけど・・・
父親と男児が市内に戻った時かな?
そうだとすると、ざっと1年半の間、「子供の事は気にならなかったの?
母親の話だと、生まれてすぐ連れ出されて、その後返されてないんだよね?

いくらなんでも、自分の生んだ子供を連れ出されて戻らなかったら、母親は大騒ぎになるはずですよね。
それが離婚の原因かもしれないけど・・・・
では、父親はどうなんだろ?
好いて結婚して子供も作ったわけだから、父親だって離婚したいとか、子供は要らないとか、そんな事は普通は無いと思うし・・・

妻に「子供を取り戻してよ」と言われれば、当然、取り戻そうとすると思うのだけど・・・

なにか深い闇が広がっているのでしょうか?

子供が無事に見つかる事を祈ります。

続報を待ちましょう。

参考リンク
大阪府堺市4歳男児所在不明事件

| | コメント (2)

2012/04/12

京都祇園暴走死傷事故

4月12日午後1時10分ごろ、京都市東山区の四条通大和大路の交差点付近で、軽ワゴン車が歩行者を次々とはねる事故が起きている。

京都府警によると、はねられた男女7人が死亡し、11人が重軽傷を負ったらしい。車はその後、電柱に衝突して大破し、運転していた男は間もなく死亡したとの事。
府警は、事故の可能性もあるとみて自動車運転過失致死傷の疑いで捜査しているらしい。

府警によると、男は京都市西京区桂朝日町、会社員、男性容疑者(30)。

容疑者の車はまず、南北を通る市道の大和大路通(幅約5~12メートル、一方通行)を北上し、四条通の南約170メートル付近でタクシーに追突したらしい。
そのまま逃走し、クラクションを鳴らしながらスピードを上げ、四条通との交差点の赤信号を無視して横断歩道の歩行者に突っ込んだとの事。

交差点では10人以上がはねられたらしい。

さらに、大和大路通を北進し、歩行者数人と駐車車両に接触した後、交差点の北約190メートルの電柱に正面衝突して止まったとの事。
男は衝突で大けがをし、約2時間後に病院で死亡が確認されたとの事。

はねられて死亡したのは男性2人(40、77歳)と女性5人(50~60代)。
負傷者は男性3人(20~80代)、女性8人(30~70代)。うち1人はオーストラリア国籍の女性(57)との事。

容疑者は、現場近くの藍(あい)染め製品販売会社の従業員らしい。
社長の女性によると、営業担当の容疑者は普段から車で取引先を回り、この日は午後1時ごろ、営業用の軽ワゴン車で会社を出た直後だったとの事。

姉によると、藤崎容疑者は20歳のころ、市内の路上でバイク事故を起こして大けがを負い、その後は言葉がうまく話せなくなるなど、言語障害をきたすようになったらしい。

リハビリを続け、4~5年後には元の生活を送れるまでに回復。しかし、約1年前に酒席で突然意識がなくなって倒れたほか、最近ではてんかんの症状が頻繁に出るようになり、家族の間ではプライベートでの車の運転を禁止していたらしい。今月初旬には、母親が容疑者の障害認定手続きで区役所や保健所を訪れたばかりだったらしい。

しかし、勤務先の会社は「てんかん」の症状について知らなかったらしい。

府警によると、今年3月の運転免許の更新時、容疑者から、てんかんとの申告はなかったとの事。

容疑者が通院していた病院の医師によると、「てんかん」がある為、運転は禁止すると本人と家族に話していたらしい。

さて、こんな事件ですね。

「てんかん」が原因の死亡事故というと
昨年4月に栃木県鹿沼市でクレーン車が小学生の列につっこみ、小学生6人が死亡する事故が起きている。その時の原因も「てんかん」だった。

その事件はクレーン車を運転していた男(27)は23年4月18日朝、てんかんの持病により医師から運転を控えるよう注意されていたにもかかわらず、鹿沼市内の国道でクレーン車を運転した。発作で意識を失い、事故を起こした。宇都宮地裁は自動車運転過失致死罪の最高刑である懲役7年の実刑を言い渡し、確定した。

今回の事件の容疑者もこの鹿沼の事件の事は知っていたと思うのだけど、ちょうど、てんかん発作を起こした時期にも重なりますし。

一度事故が起きればどうなるか、分かっていたと思うのですが・・・
車の運転ができないと、仕事を失うと言う恐怖で言い出す事ができなかったのかな?
他にも仕事はあったと思うので、「てんかん」がおきても問題が無いような仕事を選ぶ努力はして欲しかったですね。

2012/04/13 医師の話を「運転を控える」から「運転を禁止する」に訂正

| | コメント (13)

福島県福島市マンション遺体遺棄事件

4月11日午後5時すぎ、福島市陣場町の6階建てマンション6階の部屋で、収納棚にビニールなどに包まれた変死体2体があるのを、通報を受けて駆けつけた福島県警福島署員が発見する事件が起きている。

この部屋を借りていた住人男性(62)は9日、窃盗容疑で家宅捜索を受けていた際に屋上に逃走して飛び降り自殺したとの事。

同署によると、遺体はいずれも傷みが激しく年齢は不明、着衣は残っているらしい。
1人は男性だが、もう1人は性別が分からないらしい。

同署によると、自殺した男性は宮城県出身で身寄りがなく、1年以上前からこの部屋で1人暮らしだったとの事。9日に窃盗容疑で同署の家宅捜索を受けている最中に屋上から飛び降り自殺した。立会人がいなくなったため同署は捜索を中止、この際に署員は異臭などに気づかなかったという。

身寄りはないため部屋を所有する男性(38)が清掃中、収納棚で包みを二つ発見。午後3時ごろ「気味が悪いものがあるので見てほしい」と通報したらしい。

住人男性は9日朝の家宅捜索中、「友人に連絡する」と言って携帯電話で話し始め、玄関を出たらしい。
署員1人も一緒に廊下に出たが、階段から屋上に上がり柵を越えて飛び降りたとの事。

現場のマンションはJR福島駅の北東約400メートルにある繁華街の一角。

検視の結果、遺体はいずれも欠損部分はなく、腐敗状況から死後数カ月以上とみられる。着衣は残っていたが、身元を示すような所持品はなかったとの事。同署は12日に司法解剖して死因を調べる。

さて、こんな事件ですね。
もし、発見された遺体の死因に自殺した男性が関わっているとしたら、二人も殺害しては無期懲役か死刑が予想されますね。
最後に携帯電話で話していた友人が事情を知っている可能性がありますが、その友人も早急に発見して安全を確保した方が良いでしょうね。

葬儀を出す費用が用意できなくて、遺体を放置するような事も時々あります。
あるいは、年金を搾取する為に生存を偽装したりと言う事も時々あります。

とりあえず、友人から事情を聞くことと、お金の流れ、遺体の身元の確認がポイントかな。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

秋田県男鹿市連れ子小3虐待事件

4月10日、男鹿署は傷害の疑いで男鹿市脇本脇本曲田、無職、男性容疑者(39)を逮捕する事件が起きている。

逮捕容疑は1月下旬から2月上旬にかけ、自宅で小学3年の長男(8)の腰や尻を殴り、約2週間の打撲傷を負わせたとされる。「しつけのために殴った」と容疑を認めているらしい。

容疑者は30代の妻と長男、3歳と1歳の娘の5人暮らしらしい。
長男は再婚した妻の連れ子で、日常的に虐待されていた疑いもあるらしい。
県中央児童相談所が2月、男鹿市福祉事務所から相談を受け、対応していたとの事。

容疑者が無職なのは震災の影響なのかな?
いつ再婚したのか分からないけど、震災の影響だとしたら、こんな所にも影響があるんですね。

| | コメント (0)

2012/04/10

大阪市大正区乳児コタツ死亡事故?

4月7日午前0時40分ごろ、大阪市大正区三軒家東のマンションで、帰宅した住人の機械工の男性(26)から「子供の意識がない」と119番通報する事故が起きている。

生後11カ月の次女が心肺停止状態で病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

大阪府警大正署によると、次女は発見時、電気がついたままの居間のこたつの中でうつぶせに倒れ、目立った外傷はなかったらしい。

大阪府警大正署による司法解剖の結果、熱中症だったことが9日、分かった。同署は次女がこたつの中に入った経緯などを調べている。

同署によると、一家は、父親の男性と内妻(25)、長女(2)、次女、内妻の実子の長男(6)の5人暮らしとの事。

25歳の母親は、次女をこたつとは別の部屋に寝かしつけた後、長男(6)と長女(2)の3人で6日午後8時ごろから4時間ほど外食に出かけたらしい、父親は仕事で外出中だったとの事。

いろいろと疑問があるね。
1)11ヶ月の次女は自力で移動できたのか?(はいはい出来たのかな?)
2)外出する時、無人のコタツの電源はなぜ切らなかったのか?
3)玄関は施錠したのか?
4)ベビーベットは無かったのか?

まー、事故?事件?今のところわかりません。
事故の場合、防ぐポイントが沢山ありますね。
まず、11ヶ月の乳児を寝ているとは言え4時間も放置するのは感心できません。
仕方なく放置するならベビーベッドなど安全を確保する必要がありますよね。

小さいお子さんをお持ちの家庭では、やはり「目を離さない」と言うのが基本なのかな?と思います。

とは言え、子供を寝かしつけて、母親が外出なんて話は珍しい事じゃないのかもしれませんが・・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

青森県青森市入院患者死亡事件

4月8日午後8時35分ごろ、青森市三内沢部の県立つくしが丘病院で、入院中の無職、男性(52)が、病室で倒れているのを巡回中の看護師が発見、間もなく死亡が確認される事件が起きている。

首にひものようなもので絞められた痕などがあったことから、県警は殺害された疑いもあるとみて捜査を始めたらしい。

県警などによると、発見時、男性はベッドの上でうつぶせに倒れており、布団が頭にかぶさっていたらしい。
この日午後6時ごろの巡回の際には変わった様子はなかったらしい。
遺体には、首に絞められた痕があったほか、頭に殴られたような痕もあったとの事。

男性は5年前から精神疾患のため入院。病室は閉鎖病棟にあり、出入り口はいずれも施錠されていたとの事。
この日は面会はなかった。また、ほかの入院患者と男性の間に大きなトラブルはなかったらしい。

こんな事件ですが・・・
自殺の可能性もなくはないですね。
ただ、このところ、こんな事件が多いので、ちょっと気になります。
続報を待ちましょう。

参考リンク
昨年の入院患者殺害事件
昨年の入院患者殺人未遂事件

| | コメント (4)

2012/04/09

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その11(遺体は何処からやってきた?)

さて、3月15日で遺体発見から2年が過ぎました。今回は再度この事件を考え直してみつつ、遺体はどこからやってきたのか?どうして解体されたのか?について考えてみたい。

とりあえず、事件のおさらい
事件の概要
2010年3月6日に32歳のOLが自宅アパートから失踪した。
その後、3月15日博多湾の能古島で遺体の一部が発見され、その後も博多湾周辺で遺体の一部が発見された。

被害者 32歳女性 会社員
自宅住所 福岡市博多区堅粕5 JR博多駅から500mの2階立てアパート
勤務先 医薬品卸会社 南福岡支店 営業2課 筑紫野市二日市西2-5-3

失踪 2010年3月6日早朝に発覚

遺体発見
1)3月15日に能古島で
下腹部から大腿(だいたい)部にかけての遺体の一部が流れ着いているのが見つかった。鋭利な刃物のようなもので切断されていた遺体。

2)4月9日には能古島から約9キロの場所にある福岡市中央区の福岡競艇場のコースと海を区切る遮蔽(しゃへい)壁付近で、両腕が入ったゴミ袋が見つかる。

3)14日と15日には、福岡市中央区那の津の博多港・須崎ふ頭付近で、胴体と頭部が相次いで見つかった。県警は両腕がゴミ袋に入れられていたことや、腰の損傷が少ないことから、犯人が切断遺体を複数のゴミ袋に分けて博多湾に遺棄したとみている。

被害者は福岡市内の医薬品卸会社に勤務。3月5日午後7時ごろに勤務先を出ており、通勤に使っていた車は自宅アパート近くの駐車場に止められていたことが確認されている。自宅アパートからは仕事で使う携帯電話が見つかっており、被害者は一度は帰宅したとみられる。

だが翌6日午前5時ごろ、会社の同僚がゴルフに行くために被害者方を訪れたが、インターホンを押しても応答はなかった。

捜査関係者によると、被害者方の玄関は施錠されており、室内に物色したような形跡はなく、カバンや財布、通帳も残されていた。土足で侵入したり、激しく争ったりしたような跡はなかった。ただ室内の窓ガラスが内側から割れており、転倒したゴルフバッグが当たったとみられることから、被害者が誰かともみ合うなどした可能性はあるという。

しかし、血痕は検出されていないとされており、県警は部屋以外の場所で殺害され、切断された疑いが強いとみている。

こんな所です。
この事件の位置関係の地図

この地図を見ると、遺体発見現場と被害者の自宅が狭い範囲にある事がわかる。
勤務先だけはちょっと離れていますね。

さて、なぜ、犯人は解体したのか?犯人が車を持っているなら、福岡周辺でも山岳地帯があるので、山に遺棄する事ができたと思います。
あるいは、もっと遠方の海に遺棄する事もできたと思います。
そこで、「犯人は車を持っていない」と考えたらどうだろう?

つまり長距離の運搬ができない、しかも、一度に遺体を運ぶ事もできない。
地図を見て気づくのですが、福岡市内いは川が流れていて、ちょうと遺体が発見された競艇場に流れ込むのが那珂川、被害者の自宅近くを流れているのが三笠川と2本の川が流れています。

犯人が遺体の運搬にこの川を使ったと言う可能性はないだろうか?
自転車や徒歩で運べる重量に解体して、川に遺棄すれば、流れに乗って遺体は博多湾に流れ込む。その後はどこで発見されるかわからない、運がよければ発見されないかもしれない。
犯人に運搬方法が無くても遺体を遠方に遺棄する事ができる。
犯人には都合の良い話ですね。
この場合、特に犯人が女性や老人と言う体力が無いと言う条件がなくなります。

普通の男性の犯行でも、川に捨てる為に胴体を切断する理由ができますね。

それから、福岡市の2010年3月の気象情報をみると失踪した6日を含めて5日ほど雨が続いています。雨で増水した川に捨てたのなら海まで流されても不思議では無いと思います。

と考えると、犯人は意外に被害者の自宅周辺とか博多駅近くとかに、住んでいた可能性が出てきますね。(解体場所は自宅とか職場と言う事になるでしょうね)

博多区や中央区周辺で事件直後に川へゴミ袋を投棄しているのを見た人が居たら警察に相談してみると良いかもしれませんね。

いつもの妄想でした。事件解決に期待しましょう。

| | コメント (5)

2012/04/06

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その37(裏側から見える物)

私は一つの事件もいろいろな視点で見る事、考える事で新たな発見があると考えています。
今回はその意味で事件を裏側から、つまり今ある情報がすべて犯人の偽装だったら?と考えてみたのが今回の記事です。

この事件を正面から普通に見た場合、犯人と事件の印象は
「性的目的の異常者による犯行」と言う印象になるのではないでしょうか?
性的な匂いを感じた瞬間に男性による犯行を無意識に連想していると思います。

そう、そこが犯人の偽装によるミスリードだと考えると、犯人は「女性」と言う事になります。
今回はもし、犯人が女性だったならと言う視点で考えてみます。

1)拉致場所
アルバイトのショッピングモールを出た直後から行方不明になっている点から犯人の車に乗って連れ去られたと考えられるけど、女性同士なら不安なく車に乗るのではないかな?

2)殺害
女性同士だと腕力の差は無いけど、不可能では無いと思う。

3)解体
これも、時間をかければ問題ない。

4)運搬
ここがちょっと問題、被害者は小柄だったけど、体重は40から50kgはあるのではないかな?
これを女性一人で運ぶとなるとちょっと難しいと思う。
運搬の為に解体すると言う理由は十分アリです。

5)分散遺棄
解体した遺体を臥龍山に分散して遺棄した理由ですが・・・・
分散した理由は山頂部分に運ぶ遺体の重量を軽減する為、内臓が抜き取られていた理由も同じと説明できる。最初から遺体を全部運ぶ必要もない。

では胴体部分を山頂に運ぶ理由は?
それは重い遺体を女性が山頂まで運ぶ事ができないと言う心理トリックと説明できる。

6)臥龍山
遺棄場所の臥龍山にも意味がある。
広島県に位置して、捜査本部を分断し捜査をかく乱する事ができる。
(これは後付けかもしれないけどね)
山頂近く(8合目)まで車で登れる山である事。更に観光ガイドにも載るほどの有名スポットである事で遺体は必ず発見される。
この偽装(ミスリード)を成功させるには、遺体が発見されて残虐な遺体の損壊状態が報じられなければならない。

調べてみると、失踪の翌日にこの臥龍山に登って遺体発見現場付近を見ている人がいました。この時期でも登る人がいるんですよね。
犯人がそれを知っていれば、早期に遺体が発見されると思っていても不思議では無いですね。
それだけ、犯人が臥龍山の事を熟知していると言う事でもあります。

7)発見された靴
拉致場所のショッピングモールから目を逸らす為の偽装。
犯人は警察の捜査状況を把握している。

8)先入観と心理トリック
捜査員は報道されている情報よりも詳しい遺体の状態を写真付で見ている。
ならば、私たち以上に強い先入観を持って捜査していたかもしれません。
犯人が狙った物はこの先入観ではなかったのかな。
これで、捜査範囲から離脱する事ができる。

9)偽装の必要性
そう、この偽装を成功させる為には、性的な匂いをまとった酷い損壊状態の遺体を発見させる必要があります。それもできるだけショッキングにしなければならない。
ショッキングな情報で判断を狂わせる事で「残忍な男性異常者」の犯人像をより強烈に作る事ができる。

しかし、そもそも、そんな偽装をしなければならない理由は何か?
普通に考えれば、被害者が失踪、殺害された時、犯人は疑われる動機を持っていたと言う事になります。
この偽装により、その動機が見逃された可能性がありますよね。
「犯人は男だから、女性同士のトラブルを問題視する必要は無い」と言う感じだね。

こうやって見ると「女性犯人説」でほとんどの事がうまく説明できてしまうんだよね。
ただし、これはあくまで可能性であって、真実とは限らないと言う事は忘れないでください。

この事件は情報が少ないです。捜査本部はもっと沢山の情報を持っていて、その中には犯人の性別を決定できるような情報もあるかもしれません。
あるならあるで3年目報道で報道して欲しいですね。

事件は入学して半年で起きていますからね、その間の生活の中に手がかりがあるのではないかな?と思います。
 

| | コメント (5)

2012/04/05

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その36(時間軸を広げよう)

今回は時系列の情報をもう少し時間軸を広げて考えてみようと思う。
被害者の時系列情報とトピックは

香川県坂出市出身、県立高松商高卒業
高2の夏、米国ソルトレークシティーでホームステイを経験
高2の夏1ヶ月坂出市の割烹料理店でアルバイト
学校のアルバイトの許可証を持っていた。
(これは推測だけど米国への留学費用の為のバイトだったんじゃないかな?)

大学入学後
貧困や飢餓問題を考えるボランティアサークルに所属し、授業を休むことはほとんどなかった。

連休やお盆休み(夏休み)には、家族が待つ実家へ帰省

被害者が入居する学生寮は県外出身の1年女子を中心に約60人が個室住まい。寮生は被害者のことを「すれ違うと笑顔であいさつする明るい子」「門限(午前0時)を破ったり授業を休んだりしない子」と話しているとの事。
寮には防犯機器が完備され、被害者の部屋は整然としていたという。
(寮は1年しかいられないみたいです)

5月からアイスクリーム店でバイト
被害者は、週2、3回のバイトの時は徒歩で約1・5キロ離れた寮に帰宅していた。途中の市道には交通量の少ない暗い場所があり、寮の周囲では今春、不審者の出没情報があったが、浜田署は「事件を疑う痕跡などは見つかっていない」と話す。
26日も授業に出ており、午後4時半ごろ出勤。同大によると、トラブルなども把握していないという。

事件の年5~6月ごろ、キャンパス周辺で「車に乗った若い男」の不審
者情報があったが、夏以降はなくなった。

在学する大学では異文化理解研修と言うのを行っている。
「異文化理解研修」とは、主として2年生の夏期休業期間(約1ヶ月)を利用して行う海外研修です。アメリカ、中国、韓国及びロシアの交流協定締結大学において語学学習、社会・文化学習、地域住民との交流活動等に参加することで、国際感覚と語学力を身に付けることができます。

異文化理解研修は授業科目ですので、研修の後、最終レポートの提出によって、単位認定と成績評価が行われ、認められれば2単位が与えられます。なお、この研修は、2年次以上(場合によっては1年次以上)の学生が参加可能ですので、複数回参加できます。これが別の国だった場合、2カ国合計4単位までが卒業要件として認められます。

死亡した被害者を悼み大学に花壇が作られました。
【花壇銘板メッセージ】
 2009年4月本学に入学された被害者は、国際舞台で活躍する「夢」をいだき、勉強やサークル活動に熱心に取り組んでいました。成績は非常に優秀で、サークルでも「世界から飢餓をなくそう」との崇高な理想に向かって活動を続けるかたわら、留学資金のためのアルバイトを始めました。ところが、2009年10月そのアルバイト先からの帰路、残忍非道な犯罪の犠牲となり、帰らぬ人となりました。前途洋洋たる人生を、19歳という若さで、まったく理不尽にも奪われ、「夢」は叶わぬままになりました。
 私達は、彼女の無念さを思い、彼女が果たせなかった「夢」を引き継ぎ、実現することを誓います。
 ここに、御霊をお慰めするとともに、「夢」の実現に向けた誓いを新たにし、ともに命の大切さを忘れぬよう、平岡都さんを記念する花壇「Garden of Hope」を設置します。

被害者の夢は
海外で動物保護の仕事に就く事だったらしい。

夏休みに帰省したときは何度か母校に足を運んだ。その時、9月末に県立大である学会で発表する動物の権利に関する英語の論文を先生に何度も見てもらっていたという。

 高校時代、既に動物関係のボランティア経験のある被害者。当時、学会の発表だけでなく、動物愛護の写真展を見に行ったり、ボランティア希望のメールを県内の団体に打診したり。神戸の動物愛護の国際大会への参加も申し込んでいた。

昨年9月下旬~10月上旬、江津市であった動物愛護写真展。学内でチラシを見て、友人を誘い列車で出かけた。飼い主に捨てられ引き取り手のない犬や猫。そんな悲惨な状況の写真に「命の大切さ」を訴え「これからもっと勉強したい」と漏らしていたという。

 言葉通り、直後の10月中旬、12月に神戸市であるアニマルケア国際会議への参加を申し込んだ。島根県内の愛護団体にもボランティア参加を打診、行方不明になった10月26日、情報提供へのお礼のメールも送っていた。

 国際会議は、友人と3人で動物愛護に関する英語の論文を執筆する過程で知った。9月26日にあった「地球語としての平和学会」で発表した論文は、主に文献を参考にしていた。「取材が足りなかったから、行ってみたい」。いっそう意欲を燃やしていたという。
行方知らずになる寸前の10月25日から26日にかけて、 島根管内の動物
愛護団体に「11月の3連休にボランティア活動に参加したい」

インターネットで国内外の人と交流できるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にも登録し、登録者とコミュニケーションを図っていた。
(これがどこなのか見つかりませでした。)

 夢である海外留学に向けて、こつこつお金をためていたという。別の同級生は「月1万~2万円で過ごすこともあったようだ」と話す。外食も少なく、土日もアルバイトなどを除いて学生寮で過ごしていた

大学の夏休みの8、9月には、香川県坂出市に帰省。自動車運転免許取得のため約1カ月間、地元の自動車学校に通った。母校の高松商高に、かつての担任教師を訪ね、英語論文の添削を依頼。「大学は楽しいです」。担任は生き生きと語る姿を覚えている。

友人は、被害者と10月4日、航海実習で浜田港に寄港したロシア帆船の見学に出掛けた。国際交流に興味を持っていた被害者。友人やロシア人船員たちと笑顔で写真に納まった。

行方不明となる直前も普段通りだった。10月26日の午後2時50分までロシア語の講義を受け、友人と冗談交じりの会話を交わした。アルバイトへ向かう直前の同日午後3時ごろには、動物の世話のボランティアを希望していた島根県内の動物愛護団体にパソコンメールを送信していた。

午後9時16分。浜田市内のショッピングセンター(SC)でアルバイトを終え、退店時に防犯カメラに映った姿を最後に、被害者の足取りはこつぜんと途切れる。

 被害者の約30秒後に店を出た店員や、当時SC出入り口付近で客待ち中のタクシー運転手は、いずれも「周辺で変わった様子はなかった」と証言する。捜査本部によると、被害者の普段の帰宅ルート周辺にある複数の防犯カメラに姿はなく、目撃情報もない。

並べると
4月上旬 入学式と入寮(入学と入寮は同時機と推測)
5月ゴールデンウィーク(情報から帰省と推測)
5月からアイスクリーム店でアルバイト、無遅刻、無欠勤
6月に球技大会(今年の大学カレンダーにあったので例年の事と推測)
7月末 夏季休業、9月中旬まで
8月から9月に帰省し1ヶ月間自動車学校に通った
09/26 学会で発表(友人と3人で発表)

10月初旬 秋学期授業開始
10/04 浜田港に寄港したロシア帆船を見学
10/26 アルバイトの帰りに失踪
10/28 アイスクリーム店を辞める予定
10/29 居酒屋でアルバイトを始める予定
理由は「親に負担を掛けたくない為」

とこんな情報がありました。
被害者の人物像は一言で言うと「立派です」ね、責任感と使命感が強く、事件にあわなければ社会に貢献する立派な人物になったと思います。
親に負担をかけないように留学費用をバイトで貯めていたし。それでいて、地域のボランティア活動やら学会活動なども行っている。
生活も地味だったようです。

胸のタトゥーの話だけが気になりますが。(ハロウィンパーティーのシールだったとの情報あり、真偽は不明)

さて、今回は時系列に注目してみようと思うのですが・・・
まず、被害者は1年生で大学に入学、浜田市に引っ越して約半年で事件に巻き込まれたと言う点をどう考えるか?です。
途中の夏休みを抜けば実質5ヶ月です。アルバイト期間は更に短く4ヶ月になる。
しかも、バイトは週2、3回なんですよね。

遊びまわっているわけでもなく、交際範囲も狭い感じですよね。
その一方、ボランティアなどには積極的に参加していますが・・・
何か大きなトラブルがあったようには見えないですよね。

それで、ちょっと見方を変えるとこんな事も言えると思う。
夏休みが終わって約1ヶ月で事件に遭遇している。
失踪した浜田市、遺体が発見された臥龍山(広島県)に注意が向けられてしまうけど、夏休み中やそれ以前になにか無かったのか?と言うのも気になります。

でもね・・・実家の香川県坂出市は遠いんですよね・・・
実家周辺の人間の犯行だとすると、遺体遺棄現場の臥龍山が説明できないんですよね。
浜田市まで出張って拉致までは良いと思います。どこでバイトしているかぐらいは聞き出していてもおかしくないからね。

でも、臥龍山は説明できないんだよね。

この事件で一つだけ明確な犯人の条件があります。
それは「臥龍山を知っている事」です。

臥龍山のある広島県の人はかなり知っていると思います。地元の観光ガイドにも臥龍山が載っているぐらいですから。

でも、四国の人や島根の人はどのぐらい臥龍山、雪霊水の事を知っているだろう?
(雪霊水は臥龍山8合目に湧き出ている湧き水で有名らしい)

そう考えると、広島、島根の方が可能性が高いのだろうか?
しかし、夏休み中は浜田市に居なかったとしたら、夏休み明けの約1ヶ月間で犯人は被害者と知り合った、あるいはターゲットに選定したの?

それとも、それ以前にすでに犯人の目に止まっていたのか?
被害者の行動範囲は基本的に大学とアルバイトとかなり狭いから、学内でなければバイト先で知り合ったと考えるしかないんだよね(ネット(SNS)や文通と言う可能性は残るんだけど・・・)

ただ、もし犯人と顔見知りだとして、夏休み明けの1ヶ月で何か変化があったのかな?
変化らしい変化は被害者がバイト先を変える事ぐらいなんだけど・・・
それが殺人の動機になるの?
顔見知りならバイト先が変わったぐらいで殺意に繋がらないと思うのだけど・・・・

そもそも、なぜ犯人は被害者を殺害したのか?
怨恨?それなら、トラブルの話が出てきそうだよね。
お金?浪費家では無いだろうから、貸す方で犯人が返せなくなった。
異性関係の気配はなさそうだけど・・・
正義感が強い被害者が犯罪に気づいて警察に届けようとしたが、犯人がそれに気づいて口封じ?それなら、ただの失踪事件で終わらせるだろうな。

理由は無しって場合もあるかも・・・通り魔的な犯行と言うのも十分考えられますね。

結局とりとめも無い記事になってしまいました。

| | コメント (2)

2012/04/02

世田谷一家殺害事件再考その106(風呂の窓とPCのコンセント)

前回に続いて「風呂の窓」についてです。
今回は風呂の窓から逃走できるかを考えます。
下の図は逃走したのならばこんな感じと言う図です。
Furomado2

パターンとしては、足から外に背中を向けて出る場合や、窓に尻をつけて座って飛び降りる場合もあると思います。
いずれにしても、窓が小さいと言う事がポイントです。

窓に接触せずにこの窓から出る事はできないでしょう。
逃走時に手袋をしていないなら指紋、掌紋が窓周辺に必ず着くと思う。

その意味で「風呂場の窓に繊維が付着していなかった」は進入はおろか逃走にもこの窓は使われなかったと言う事を示している。

この事件に関しては、どの情報が正しくて、どの情報が間違いなのか?がわからない状態です。
とりあえず、信じて良いのは警視庁の配布しているPDFファイルの内容だけでしょうね。

だから、この「風呂場の窓に繊維が付着していなかった」自体も誤報と言う可能性もあります。
でも、確かにこれまで私はこの窓が逃走口だと考えていました。なぜなら、この事件の後半部分の逃走の流れを考えると、かなり完成した流れができているからです。
犯人の逃走の流れを説明するポイントとしては

A)遺留品を沢山現場に残しているのはなぜか?
B)PCのコンセントを抜いたのはなぜか?

といった部分を説明できる事がポイントです。では、これまで考えていた犯人逃走の流れを考えます。
1)PC操作中に隣家の親族の訪問もしくは、インターフォンでの呼び出しがある。
2)慌てた犯人がPCのコンセントを抜いた。
3)親族は玄関から入ろうとするから遺留品もそのままに2階の風呂場の窓から逃走した。

とこんなところですね。
これでA)B)お二つが説明できますし、玄関から逃げられないから2階の風呂場の窓(玄関とは反対側)から逃げると言う事の説明ができます。

私はこの流れはこれまでかなり「かたい」説だと考えてました。
見事に状況を説明していると思います。
だけど、ある1点が崩れると全体が崩れてしまう説でもあります。

その1点と言うのが、PCのコンセントを抜いたのは「犯人である」と言う前提です。
ネットアクセスは巡回ソフトでもできるけど、コンセントを物理的に抜くのは人間にしかできないから、必然的にコンセントを抜いたのは犯人だと言う前提ができあがります。

ところが、この前提は犯人以外にPCのコンセントを抜ける人間がいないと言う条件でのみ成立するのを忘れています。

そうです、実はPCのコンセントを抜ける人間が犯人以外にも一人いるのです。
この時間帯に現場に入った人物が犯人以外に一人だけいます。

そう「第一発見者」の親族です。
もちろん、それは可能性であって、実際に抜いたかどうかは不明です。
ですが、今まで考えていない事も考える必要があるので考えます。
(爆弾は一つとは限らないからね)

この時の前提は、「PCのコンセントは犯人が抜いたのではない」場合になります。
こう考えると、付随して先ほどの2つのポイントの内の一つ
A)遺留品を沢山現場に残しているのはなぜか?

この説明ができなくなります。
つまり、犯人は朝まで現場に滞在する必要がなくなるので、親族の訪問の前に逃走している事になるわけです。
図らずも、この事件最大の謎である、長時間滞在その物が無かった事になります。

しかし、逆にこの場合、どうして遺留品を大量に残して逃走したのか?が説明できません。
で、解決策はと考えると、結局、「犯人が慌てていたから」と言う事しか思いつきませんでした。

そう、犯人が現場にいる時に上着も忘れるほど「慌てさせる」何かが起きれば、この点は説明できます。
だけど、これも正直なところわかりません。唯一可能性がありそうなのが「音」です。
30日の深夜「どすん、どすん」と言う音を隣家の親族が聞いています。

しかし、PCのフォルダの作成時間とも矛盾するかもしれないので、もう少し後なんだと思いますが、それ以降に犯人を「慌てさせる」ような出来事があったのかはまったくわかりません。

今回は風呂の窓からの逃走を考えながら、逃走の流れに別の可能性もあると言う点を考えてみました。
捜査本部がネットアクセスは「人間の操作による物」と言う事を発表すれば、この可能性はなくなるのですが・・・今年の年末情報に期待してます。

風呂の窓から逃走していない場合を考えると、また玄関逃走の謎が出てきます。
このあたりは次回考えてみましょう。

| | コメント (33)

岐阜県岐阜市交通トラブル殺人事件

4月1日未明、岐阜市で交通上のトラブルから口論になった男性が、男に刃物で刺されて死亡する事件が起きている。

1日(日)午前2時前、岐阜市の岐阜県総合医療センターから「刃物で刺された男性が運ばれてきた」と、110番通報があったとの事。

被害男性(49)は、太ももを刺されていて、まもなく死亡が確認されたらしい。
発表によると、被害者は同県本巣市の工員男性(28)が運転する乗用車に乗っていたが、岐阜市内の市道で乗用車に追突されたとの事。
場所は病院から4kmほど離れた岐阜市茜部新所(あかなべしんしょ)の路上

工員男性の説明では、被害者が車を降り、相手の車から出てきた若い男と口論していたところ、いきなり刺されたらしい。
男は再び車に乗って現場から走り去り、工員男性はすぐに被害者を車で同センターへ運んだとの事。

さて、こんな事件ですが少し疑問もあるね・・・・
それについては、警察が裏付け捜査をしているだろうから続報を待つことにする。

刺された場所は太ももだから、殺意は無かったのかもしれないね。
死因は司法解剖を待たなければならないが、状況からすると、出血性ショックかな?
いきなりならパニック状態だったかもしれないけど、止血する事は出来たら助かったかもしれないね。

現場付近の地図と航空写真を見ると結構な都市部なので、追突した車の情報は集まるかもしれないね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (3)

大阪府和泉市4歳児虐待事件

4月2日、同居する男児(4)の顔面を殴るなどしたとして、大阪府警和泉署は傷害容疑で大阪府和泉市肥子町、警備員男性容疑者(41)を逮捕する事件が起きている。

容疑を認め、「しつけのためだった」と供述しているらしい。
男児は両目周辺に殴られたような大きなあざや、尻などに擦り傷があり、同署は日常的に虐待していたとみて調べているとの事。

逮捕容疑は2月5~12日、自宅で男児の顔や頭などを平手や孫の手で繰り返したたき、頭部打撲など約2週間のけがをさせた疑いとの事。

同署によると、同日夜、「子どもがたたかれている。前にもあった」と近隣住民が110番し、発覚したらしい。男児は翌13日、児童相談所に保護されたとの事。
容疑者は男児の実母(26)と交際中で、昨年9月から3人で同居を始めた。

実母は「今年に入り虐待が始まった」と話しており、同容疑者が「トイレ掃除をしていないのに謝らない」などと言って男児をたたいたり、裸にしてベランダに閉め出すこともあったらしい。

容疑者は41歳なんですよね。
20代や30代前半の男性に比べればよほど、精神的に成熟していると思うのだが、まー、一般論はあくまで一般論なので例外もあるんだろうな。
実母も虐待を認識していたのならば、何かアクションを起こそうとしていたのだろうか?
通報したのは近隣住民なんだよね?

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »