« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その46 (犯人の条件) | トップページ | 東京都板橋区常盤台女性通り魔事件 »

2012/04/24

京都府亀岡市無免許暴走車10人殺傷事件

4月23日午前7時55分ごろ、京都府亀岡市篠町の府道で、集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込む事件が起きている。

このうち児童3人が意識不明の重体、保護者とみられる妊婦(26)を含む4人が重傷、3人が軽傷を負ったらしい。その後、重体だった4人のうち同小2年、女児(7)と、負傷者の保護者で妊娠中だった女性(26)の死亡(お腹の子供も死亡)が確認されたとの事。

京都府警は自動車運転過失傷害の疑いで、軽乗用車を運転していた亀岡市内の自称、無職少年(18)を現行犯逮捕したとの事。

府警によると、少年は無免許運転だった。府警の調べに対して、「事故を起こしたのは間違いない」と供述しているという。

府警は、同乗していた別の少年2人からも事情を聴いているが、「一晩中ずっと車で走っていた」と話す少年もいるらしい。

はねられた児童らは現場の北西約200メートルの市立安詳小学校に登校する途中だったらしい。
5年生1人、3年生4人、2年生1人、1年生3人-で、6~10歳とみられる。
と保護者の妊婦が1名

現場は道幅の狭い直線道路で、登校時間中は西向きの一方通行。軽乗用車は東から西へ走行中、道路右側を集団で歩いていた小学生の列に後方から突っ込んだらしい。

現場はJR亀岡駅から東に約2・5キロの住宅街。

現場には、車がブレーキをかけた跡は見当たらなかったらしい。
運転していた少年は居眠りをしていたと供述しているらしい。

警察は、無免許で車を運転していた18歳の少年を現行犯逮捕した。

府警は少年の無免許や居眠り運転が事故原因とみて、容疑を自動車運転過失致死傷に切り替えて調べているとの事。

また、車に同乗していた大学1年の少年(18)=京都府南丹市=と専門学校生の少年(18)=亀岡市=を道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で逮捕した。
2人の逮捕容疑は23日午前7時半ごろ、運転の少年が無免許と知りながら、自宅まで送るよう頼んだ、としている。いずれも容疑を認めているという。この2人も車の免許を取得していなかった。
軽乗用車は少年の知人のものらしい。

つい最近も京都祇園で暴走事件があったばかりで、この少年達も祇園の事件を知っていたと思うのだけどね・・・
車は便利な道具だけど、使い方を間違えれば凶器になるって事、忘れてはいけないね。

2012/04/25追記
少年(18)が「以前から無免許運転を繰り返していた」と供述しているらしい。

事故の際に同乗していた2人のほかにも、複数の友人が事故前日から乗っていたとも話しており、京都府警は友人らの特定を進めて事情を聞くとの事。

調べに対し、少年は「(前日から)複数の友人を入れ替わり乗せていた。一晩中、自分が一人で運転していた」とも話しているらしい。

車に同乗していた大学1年生(18)と専門学校生(18)の少年2人=道交法違反(無免許運転)幇助(ほうじょ)容疑で送検=が事故当時、居眠りをしていたと供述しているらしい。

2012/05/01追記
 捜査関係者によると、3人は調べに対し、事故前の22日夜から23日朝の行動について「コンビニなどで友人らと合流した後、車2台に入れ替わりながら乗り、亀岡市や京都市を一晩中、眠らずに走った」などと供述しているらしい。
 3人のほか、大学生の知人で軽乗用車を貸した男性や、女性を含む5人前後が一緒だったらしい。

 近所の人などによると、少年は父親と兄との3人暮らし。

 中学入学後、眉毛を細くし、仲間と原付きバイクを乗り回す姿が見られるようになった。定時制高校を約半年で中退し、アルバイトをしたが、最近はやめていたとの事。
 父親は「やりたいことが見つからず、悩んでいたらしい。『仕事を探す。頑張るわ』と言っていたのだが……」と言葉少なに話した。

 府警は、少年は数年前から、暴走行為などを繰り返す少年グループのメンバーだったらしい。亀岡署は10年、同グループの25人を道交法違反(共同危険行為)や傷害などの容疑で検挙し、解散届を提出させた。少年もこの時期、バイクの無免許運転で検挙されているらしい。

 しかし、その後も旧メンバーで集まっていたらしい。府警によると、事故前夜にも、少年を含む8人前後が車2台に分乗し京都、亀岡両市のボウリング場やコンビニの駐車場に立ち寄るなどしていたらしい。
 大半が無免許で、入れ代わり運転したとみられ、府警幹部は「グループ内で無免許運転への罪の意識が希薄」と指摘したらしい。

重体だった同小3年、女児(8)が28日夜、入院先の病院で亡くなった。
この事故の死者は3人になった。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その46 (犯人の条件) | トップページ | 東京都板橋区常盤台女性通り魔事件 »

コメント

 事件の悲惨さは次第に明らかになりつつありますが・・
 気になったことをいくつか。
 第一に、第一報は「胎児死亡」だった。初めて聞いた。事件は10人以上がはねられ、重傷とりわけ重体の方も相当数いたのが明らかにも関わらずだ。京都府警はこの事件をことさらに矮小化しようとしていると感じた。マスコミも同じ。既にこの段階で事件は妙な方向へ動いていたようだ。
 第二に、任意だとしても実況見分に立ち合わせている被疑者達が携帯を操作しているのを、警官達が放置していたこと。証拠隠滅や何らかの外部アドバイスが容易になるので、普通ではあり得ない。案の定、いねむりを主張しているが、これが加害者にとって訴訟上最も都合がいい。
 第三に、自動車の運行供用者(所有者)が未だに明らかにされていないこと。こんなのはすぐに分かることだし、無免許運転や事故(私は殺人罪だと思うがおそらくは自動車運転過失致死傷に矮小化されるだろう)のほう助の容疑があるので、当然当日中に捜査されているはずだが。
 第四に、今回は被害者の方々が収容された病院がマスコミ達に対して異例のクレームをしていること。病院側の許可無く病室や霊安室に入り込み、勝手に被害者の親族らを撮影し、治療を妨げたというものらしい。これも最近では異例だ。入院情報は被害者側からというより府警から漏れているのではないか?

 府警の対応を見る限り、運転者はおそらく執行猶予がつくだろうし、他の者は不起訴処分で終わるのではないだろうか。

投稿: あすな郎 | 2012/04/24 17:45

無職少年は 犯罪者予備軍である可能性が高い。もちろん全員がそうとは限らないが。

欧州のことわざにいう。
「愚か者が 池に 投じてしまった 石は、10人の賢者が集まっても 取り戻すことはできない。」

事が起こってから騒いでも、死者は還らず。
「予防」が大事である。 

「備えよ常に」がボーイスカウトの合い言葉だ。

それが出来ない今の日本は、ボーイスカウト以下。

「備える」ために、いかにすればよいか。

我に策有り。

無職少年の 住所等のデータを警察が把握し、警察官が、定期的にそれら少年の自宅を「家庭訪問」する。

その際の名目は、「将来の進路アドバイス」とでも、何とでもすればよい。

犯罪者予備軍少年にすれば、自宅の玄関に警察官が 訪問してくるのだから、凄いプレッシャーだろう。
自分はマークされてる、何か犯罪を犯したらすぐ 捕まる、という意識となる。

これは 犯罪抑止力となる。すると無免許運転をしようとしても、やっぱりやめとこう、となるだろう。
愚かしい 彼らに対するには こういった方法が 実効性があると思う。

また、彼らの就職も後押しすることだろう、誰だって、警察官が 訪ねてくるのは あまり楽しい気分ではない。

繰り返すが、無職少年や 中卒のガテン系労働者は、犯罪者予備軍である 可能性が 非常に高い。
彼らを甘やかすべきではない。「監視」すべきなのだ。

それが、あなたや あなたの家族、 善良な市民を 守る ことにつながる。

投稿: シュロ | 2012/04/24 19:22

 報道と異なり、運転者のいねむりは無かったろうと思います。
 まず、同乗者が全く怪我をしていない。ということは彼らは寝ておらず、衝突の際に充分備えが出来ていたということ。故に、全員で大騒ぎしながら乗っていた可能性が高く、運転者は興奮しこそすれ、とても居眠りする状況に無かった、と想像します。
 また、事故現場の数メートル先に、道路側へ大きく飛び出した立派な白塀があります。もし居眠り運転であれば、はねられた歩行者達の位置からして、自動車はこの土塀に確実に正面から突っ込んでいたはずで、居眠りからハッと目覚めた場合には回避は不可能のはず。
 むしろ、面白半分で「人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者」という危険運転致死傷罪の文面通りの行為を行った可能性が高いと推理します。
 従って、運転者の認識によりますが、殺人罪と危険運転致死傷罪とのいずれかに該当する可能性は極めて高いと思われます。
 これを回避するマジックワードが「居眠りをしてしまった」です。これが認められれば、無免許という悪性の事情、大幅な速度超過、危険運転の認識または殺人の認識が全てチャラになり、せいぜい自動車過失致死傷(観念的競合)しか問えなくなります。
 だからこそ、これを運転者らに携帯でアドバイスした弁護士なりそれに類する法律に詳しい者がいたのではないかとの疑問が出てきます。

投稿: あすな郎 | 2012/04/25 05:49

京都府亀岡市で昨年4月、集団登校中の児童ら10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(無免許運転)の罪に問われた少年(19)に対する控訴審判決が30日、大阪高裁であった。裁判長は、懲役5年以上8年以下の不定期刑(求刑・懲役5年以上10年以下)とした1審・京都地裁判決を「軽きに失する」として破棄し、懲役5年以上9年以下を言い渡したとの事。

判決で裁判長は「暴走族仲間と連日遊び続けて居眠り運転したもので、過失の程度は非常に高い」と述べた。起訴内容に加えられた事故前の2件の無免許運転についても、「暴走族仲間と夜通し遊び回る中で犯したもので、いずれ何らかの事故を起こしかねない態様だった。犯情は相当悪い」と判断。事故前の無免許運転は事故を引き起こした居眠り運転と因果関係が全くないとした1審判決の量刑を「各犯罪の犯情の悪さをやや過小に評価している」と指摘した。

なぜだろう?、あまり重くなった印象が無いですね。
とりあえず悪質なのでより重くと言う事なんですね。

投稿: ASKA | 2013/10/01 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その46 (犯人の条件) | トップページ | 東京都板橋区常盤台女性通り魔事件 »