« 秋田県男鹿市連れ子小3虐待事件 | トップページ | 京都祇園暴走死傷事故 »

2012/04/12

福島県福島市マンション遺体遺棄事件

4月11日午後5時すぎ、福島市陣場町の6階建てマンション6階の部屋で、収納棚にビニールなどに包まれた変死体2体があるのを、通報を受けて駆けつけた福島県警福島署員が発見する事件が起きている。

この部屋を借りていた住人男性(62)は9日、窃盗容疑で家宅捜索を受けていた際に屋上に逃走して飛び降り自殺したとの事。

同署によると、遺体はいずれも傷みが激しく年齢は不明、着衣は残っているらしい。
1人は男性だが、もう1人は性別が分からないらしい。

同署によると、自殺した男性は宮城県出身で身寄りがなく、1年以上前からこの部屋で1人暮らしだったとの事。9日に窃盗容疑で同署の家宅捜索を受けている最中に屋上から飛び降り自殺した。立会人がいなくなったため同署は捜索を中止、この際に署員は異臭などに気づかなかったという。

身寄りはないため部屋を所有する男性(38)が清掃中、収納棚で包みを二つ発見。午後3時ごろ「気味が悪いものがあるので見てほしい」と通報したらしい。

住人男性は9日朝の家宅捜索中、「友人に連絡する」と言って携帯電話で話し始め、玄関を出たらしい。
署員1人も一緒に廊下に出たが、階段から屋上に上がり柵を越えて飛び降りたとの事。

現場のマンションはJR福島駅の北東約400メートルにある繁華街の一角。

検視の結果、遺体はいずれも欠損部分はなく、腐敗状況から死後数カ月以上とみられる。着衣は残っていたが、身元を示すような所持品はなかったとの事。同署は12日に司法解剖して死因を調べる。

さて、こんな事件ですね。
もし、発見された遺体の死因に自殺した男性が関わっているとしたら、二人も殺害しては無期懲役か死刑が予想されますね。
最後に携帯電話で話していた友人が事情を知っている可能性がありますが、その友人も早急に発見して安全を確保した方が良いでしょうね。

葬儀を出す費用が用意できなくて、遺体を放置するような事も時々あります。
あるいは、年金を搾取する為に生存を偽装したりと言う事も時々あります。

とりあえず、友人から事情を聞くことと、お金の流れ、遺体の身元の確認がポイントかな。

続報を待ちましょう。

|

« 秋田県男鹿市連れ子小3虐待事件 | トップページ | 京都祇園暴走死傷事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田県男鹿市連れ子小3虐待事件 | トップページ | 京都祇園暴走死傷事故 »