« 兵庫県加古川市猫惨殺事件 | トップページ | 岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その4(場所の確認) »

2012/05/18

岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その3(続報)

続報です。
1)被害者の乗用車が遺体発見現場付近に到着したのは、預金を引き出されてから1時間以内だったことがわかった。

県警の特別捜査本部は、預金が引き出された7日午後7時半頃から8時半頃までの間に、何者かが被害者を殺害して遺体を捨てたとみて、現場周辺での目撃者捜しに全力を挙げているらしい。

2)カーナビの記録から、車は遅くとも同日午後8時半までに、市役所から約3キロ離れた同市土岐町の遺体発見現場に到着していたことが判明したとの事。

3)被害者の顔には死亡後にできた擦り傷もあり、特捜本部は傷の状態などから、何者かが被害者の遺体を道沿いの斜面に遺棄する際、うつぶせの状態で地面を引きずったとみているらしい。

4)被害者は車の助手席に乗り込んでいた相手に刺殺された可能性が高いことが15日分かった。
被害者の死因は刃物で左胸を刺されたことによる失血死だったが、頭から口元にかけての殴られたような痕も左側に集中。左手小指に刃物をよける際にできる傷もあったとの事。

5)捜査関係者によると被害者の車に残されていた血痕は運転席の背もたれと座席の座布団に多かったが、助手席側からも確認された。
このため捜査本部は犯人が運転席の被害者を刺殺した後、被害者を助手席に移し、自分で車を運転して遺棄場所の同市土岐町の山林へ行った可能性があるらしい。

6)被害者の車のカーナビが壊されていたことも分かった。液晶画面にクモの巣状にひびが入っていたらしい。犯人が走行記録を消すため硬い物でたたいたとみられるが、記録は残っていたとの事。

7)市役所駐車場に止められた被害者の車は施錠されていたが、助手席の窓は全開だったらしい。

8)遺体近くで見つかった被害者の携帯電話は、壊したり、通話やメールの履歴を消そうとしたりした跡はなく、電源が入ったまま電池切れになっていた。「犯人が(携帯電話に)関心を示した形跡がない」らしい。

9)ATMの防犯カメラの映像の男は黒いニット帽をかぶり、マスクで顔を隠していた。映像から特定メーカーのものと分かる作業用手袋をしているが、上着には「E」の文字があしらわれているなど特徴があったらしい。
男がつけていた手袋は兵庫県姫路市か名古屋市のメーカーのものらしい。

こんな所ですね。
時系列を再度整理すると
5/07 18:30頃 勤め先の幼稚園を出たまま失踪。
5/07 19:30頃 ATMで被害者の講座から現金が引き落とされた。
5/07 20:30までには被害者の車が遺体発見現場に到着している。
5/08      被害者の捜索願が出される。
5/10 08:50頃 瑞浪市役所東分庁舎の駐車場で血痕がシートにある被害者の車を発見。

金を引き出し、携帯電話には無頓着、カメラのあるATMで引き出し・・・
よほどお金に困っていたのかな?
そうなら、別の視点での捜査も可能ですね。

容疑者逮捕に期待しましょう。

参考リンク
岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その2(続報)
岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その4(場所の確認)

|

« 兵庫県加古川市猫惨殺事件 | トップページ | 岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その4(場所の確認) »

コメント

 瑞浪の事件について検索してたらこちらのサイトにたどり着きました。近所なので事情はわからないですが、殺害された女性の勤務先は中国系の留学生が多いことで有名です。そちらの線についてはどうなのでしょうか。
 その可能性も無いとは言えないのでは。近所なのでかなり危険をかんじてます。 

投稿: 気になりましたが。 | 2012/05/19 15:53

計画性のない場当たり的な物取りの線が濃いような気もします。

カーナビを壊したにしろ壊しただけで内部のデータを消去していなかったり、簡単に防犯カメラに写っていたりと犯人は、頭が悪いような気がします。

被害者とは何らかの関係があり借金を申し出たが断られ殺したという推理はどうでしょうか?

投稿: パンダ | 2012/05/19 18:06

4)と8)の意味を一言でいえば
「被害者は助手席に突然乗り込んできた見ず知らずの犯人に殺害されて金を引き出された」

以上の事により、被害者は金を引き出す前後に襲撃された可能性が出てきました。
これで、うつ伏せだった謎が解けました。単独犯です。

投稿: joker | 2012/05/19 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県加古川市猫惨殺事件 | トップページ | 岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件その4(場所の確認) »