« 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その7(被害者の計画) | トップページ | 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その9(待ち伏せの場合) »

2012/05/10

千葉県浦安市マンション女性殺害事件その8(殺害の状況)

今回は殺害の状況を考えてみます。
まずは続報です。

1)女性は掛け布団の上から刃物で刺されていたことが新たにわかった。

遺体にかかっていた布団には穴が開いており、被害者が掛け布団の上から胸を刺されていたことがわかったらしい。また、布団の近くから部屋の出口方向に少量の血痕が点々と残っていたことも新たにわかったらしい。しかし、部屋の外の廊下などからは血痕は見つかっておらず、警察は、犯人が被害者を殺害して部屋を出る際に、血の付いた刃物をカバンなどに入れて持ち去った可能性もあるとみて調べているとの事。

2)被害者はショルダーバッグなどの荷物を持っていた。

3)、被害者は4月30日に部屋で元カレと合流し、近くのディズニーリゾートに行く予定だった。この点は、男性の説明と、被害者の弟さんの話がともに一致しているとの事。

この男性と言うのが部屋の住人の第一発見者の男性ならば、この書き方だと元カレと行くみたいにも受け取れるね。とりあえず、後追い報道があるでしょう。

で今回の本題「殺害の状況」を考えます。
前提として「被害者はベッドで寝ている所を掛け布団の上から刺された」です。

問題はそこへ至る経緯が幾つかに分かれる事です。

A)被害者が睡眠中に犯人が侵入した場合。
 
A-1)ドア合鍵進入説
被害者が睡眠中ならば、ドアが施錠されていた場合、犯人がドアから入る方法は合鍵を使ってドアを開けるしかありません。しかし、合鍵を持つ人物にはアリバイがあります。なので、この可能性は低いと言う事になりますね。(例外はあるけどね)

A-2)ドア無施錠進入説
被害者が始めての部屋でその上、徹夜明けに近い状態で疲れた被害者が施錠を忘れた場合ですね。十分ありえますね。

A-3)無施錠窓進入説
マンションが2階の部屋で住人もあまり家具を置いていないと言う状態で防犯意識が低かった場合ですね。特に天気が良い日などに窓を開けて、その後窓は閉めたけど施錠を忘れたなんて事はあるかもしれません。

この3つの進入方法が考えられますが、いずれの場合も土足の跡が部屋にあったと言う報道はありません。したがって、犯人は靴を脱いで部屋に入った事になります。
土足で入った後で土足の跡をふき取ったと言う可能性もあるけど、それなら、血痕もふき取っているでしょうから、やはり可能性は低いと思います。

その意味でA-3)無施錠窓進入説は可能性が低いかな?と思います。
と言うのも、窓から入る時点であからさまな不審者で犯罪行為だと思います。そんな人間が部屋を汚す事を嫌うとも思えません。

つまりこの場合A-2)が有力かな?と思いますがその後の流れは
玄関で靴を脱ぎ部屋へ侵入し、寝ている被害者を確認、台所へ戻って包丁を持ち、無言のまま被害者を掛け布団の上から刺殺、包丁を抜いて、携帯と包丁、部屋の鍵を持って逃走。部屋には鍵を掛ける。

掛け布団の上から刺殺の場合ですが2通り考えられます。
A-3-1)そのまんま掛け布団の上から刺殺
まさにそのままです。ただ、この場合、被害者の胸(心臓)を狙い難いんじゃないの?と言う疑問が出ますよね。一突きしかしていませんし、布団が掛かった状態では被害者のダメージを確認する事はできないですよね。普通なら何度か刺してしまうような気がします。
例外としては感情爆発で刺したけど、殺意は無くてどうしよう?って状態かな。
この場合は救急車を呼びそうな気がしますけどね。

A-3-2)掛け布団貫通後に刺殺
上の疑問を解決する方法として考えたのが、被害者は掛け布団を掛けずに寝ている、その胸めがけて、あらかじめ掛け布団を貫通した包丁で刺したという場合です。これなら狙いが逸れる事が無いでしょうし、抜く時にも返り血を浴びないでしょうね。

いずれの場合も刺殺後の遺体の状況によっては遺体に犯人逮捕の決め手が残っている可能性がありますが・・・決め手にはならないかな・・・・

ただ、被害者が睡眠中と言う事は抵抗されない状態のはずですし、この部屋の中でトラブルになると言う可能性もありません(例外はあるな)。なので、最初から殺害する事が目的だったと言う事になり、動機は事件以前から有ったと言う事になりますね。
例外としては部屋に入った後に猛烈な殺意が沸いた場合ですね。これも条件は限定されると思いますが・・・

B)被害者が起きている時に犯人が侵入した場合。
この場合は被害者をベッドに寝せる必要があります。
B-1)被害者が寝ている状態で刺された場合。

B-1-1)被害者が自分の意思で寝て、行動が自由だった場合。
これができる人物は限られていますよね。顔見知りかな?と思います。流しの場合、刃物で脅して寝せたと言う可能性もあるけど、それなら防御創ができそうですよね。
だから、掛け布団に包丁を隠して布団を掛ける振りをしながら刺したと言う感じでしょうか。

B-1-2)被害者が拘束(押さえつけられて)されて殺害の場合。
例えば、馬乗りになって刺した場合ですが、口が塞がれていないなら悲鳴が出るでしょうね。何しろ、目の前に包丁を振りかぶる犯人が居るわけですから。
ただ、あっけに取られて悲鳴も出せないって事もあるみたいです。
しかし、ちょっと疑問なのは馬乗りになる前に包丁は持っているはずですから、普通に逃げたり抵抗したりしそうな気がします。
なので、包丁で脅して寝せてから、馬乗りになると言う感じでしょうが、やはり、こうなったら暴れると思うんですよね。

B-1-3)被害者が抵抗できない状態の場合。
この場合、犯人が手足を紐などで拘束したのなら、殺害後に犯人がその紐を外している事になります。それに包丁を凶器に使う必要がありませんね。
私としては、薬などで眠らせたのかな?と思います。

B-1-4)被害者が睡眠している場合。
これは、犯人が訪問後に眠くなって寝た場合です。しかし、この場合はこれから殺される相手を前に寝てしまえると言う事なので、顔見知りかおよそ、危害を加える人間では無いと言う判断が被害者にあったのでしょうね。(道具を使っていないのでB-1-3とは分けました)

B-2)被害者が立った状態で刺された場合。
不可能では無いと思います。被害者をベッドの周囲に立たせた状態で包丁を布団に隠して胸を刺す。ベッドへ倒れた後で遺体を移動してベッドへきちんと寝せて、包丁を抜くと言う感じですね。ただ、肋骨を切断する程の力で刺しているので、被害者の体が大きくバウンドしたりする可能性がありますね。はずみでうつぶせになったりすると、背中側に血痕が付着する可能性がありますね。

被害者が起きている場合の侵入なので、不審者が窓から入るや知り合いが窓から入るは無いと思います。
でこちらの場合は
被害者が起きているので、被害者にドアを開けてもらう事ができます。
でも、その場合は被害者が不信感なくドアを開ける事ができる人物と言う事になりますね。
当然、ドアから不審者が入ってきたら悲鳴ぐらい上げるでしょうし、抵抗しそうな気がするので、無施錠だったにせよ、ドアから入って受け入れられるのは顔見知りか正当な理由がある人物ですね。

でも、時間が早朝ですから、宅急便とかは無理かな?と思いますが・・・

で、被害者が起きている場合なので、部屋の中で被害者と犯人が時間を過ごしています。なのでこの部屋の中でトラブルとなって殺害したと言う可能性があります。

で殺害後の行動は寝ている場合と同じですね。

それから、この時間に被害者がこの場所に居る事を知っている人間は限られている。
犯人が顔見知りならこれが犯人の条件の一つになりますね。
更に、遺体や現場の状況によってこれまで報道された情報と矛盾する場合があるかもしれませんね。いろいろと捜査本部の駆引きもあるような気がしますね。

まだ、色々と報道されていない情報があるけど逮捕されたら出てくるのかな?
容疑者逮捕に期待しましょう。

参考リンク
千葉県浦安市マンション女性殺害事件その7(被害者の計画)
千葉県浦安市マンション女性殺害事件その9(待ち伏せの場合)
 

|

« 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その7(被害者の計画) | トップページ | 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その9(待ち伏せの場合) »

コメント

仰向けの胸腔部内には血が溜まり固まってたらしいですね。これは、内出血がある程度治まるまで凶器を抜かなかった事も考えられるのです(週刊女性より)
私は昨日、犯人が凶器を持ち去った理由を推理しましたが、それを裏付ける情報にもなりそうですね。

掛け布団の上からですから一刺しでたまたま死んだと考えられますし、凶器を抜きたくても抜けなかった事も考えられます。
いずれにせよ、犯人は脈拍が止まる事を確認していたと思います。

投稿: joker | 2012/05/10 21:42

犯人は被害者が帰宅前に部屋に侵入していたとは考えられないでしょうか?被害者が帰宅し起きていた時は身を隠していて睡眠をした時に犯行におよんだ。

投稿: コーラ | 2012/05/11 04:10

コーラさんの考え方は大筋で言えばその可能性が極めて高い。

投稿: joker | 2012/05/11 07:04

私の考えですが、仮に被害者は間違えて殺害されたということはないでしょうか?

犯人は、家主の男性を殺害するつもりだった。
ベットに寝ていた被害者を殺害し、確認し間違いに気付き隠蔽のために携帯電話などを盗んだ。

そういう可能性はないですかね?

投稿: パンダ | 2012/05/11 12:32

コーラさんこんにちは
その視点が抜けてましたね。ありがとうございます。

投稿: ASKA | 2012/05/11 12:50

パンダさんの考えは私が1番最初に考えた事ですが、それだと殺害する前に顔ぐらい確認するだろうって事と凶器や携帯電話を持ち去った理由が説明できなかったので却下しました。
私が現在考えてる事(多少強引なのは認めますが)でも携帯電話を持ち去った理由が説明できないのです。

パンダさん、そんなに難しく考えずもっとシンプルに。皆さんのコメントの中にヒントが隠れてます。

投稿: joker | 2012/05/11 13:50

joker氏の『シンプル』に考えるってのは、結構重要だったりするのですよね。
もしかすると世田谷の宮沢さん一家殺害事件も、蓋を開けてみればシンプルな事件なのかもしれません。
ただし、私達は警察が入手可能な詳しい情報を入手出来ないなのが現実です。
今ある情報の中で、可能な限り推理し、なぜ犯人はそのような行動を取ったのかを分析する以外、手立てが無い状況なのです。

投稿: パイン | 2012/05/11 16:01

犯人は被害者が帰宅前に部屋に窃盗目的で侵入→部屋を物色中に被害者帰宅→隠れる→被害者就寝→指紋等の証拠隠滅をしたいが被害者が邪魔になり犯行に及ぶ

投稿: コーラ | 2012/05/11 18:10

ワンルームタイプの部屋で隠れてもすぐに見つかると思うのですが。

私もそうでしたが、コーラさんに限らず、皆さんは錯覚をおこしてるかも。(意外とこれが犯人の狙いなのかも知れません)今のところ、決定的な情報は出てませんので。

投稿: joker | 2012/05/11 19:48

 どうでもいいことですが
 「横臥している被害者を、布団の上から刺殺した」で間違いないと思います。布の上からでは刃物は非常にきれにくくなるので、よほど体重をかけられる体勢がとれないと布団と衣服を貫通して、さらに骨を貫通させる事は不可能だろうと思われます。それにしても、人間の寝相はあまり行儀がよくないので、なかなか仰向けにはならないから、さぞ難しかったろうと思いますが。
 ただ、凶器が包丁(片刃のもの)だと、峰の反りが日本刀とは反対なので、刺すということが本来は非常に難しいものです。峰が横向きの方向に力を誘導してしまって、垂直の力がかけにくくなるので。従って、ダガーナイフのような両刃の刃物でツバのようなものがついていないと、持ち手が刃の方向に滑って、自分が大怪我を負いかねません。ひょっとすると凶器は包丁ではないかも。
 それと、犯人には血が付着していた(少量でも滴るほどの血を浴びていた)のですから、少なくとも台所の流しで手や凶器を洗ったと思われるのですが、そのような痕跡は皆無なのでしょうか。ひょっとして浴室でシャワーを浴びて血を流した痕跡でもあろうものなら、大変ですが。

 ところで、監視カメラで変な話があるようですが、どうなのでしょうか。曰く、被害者がドアを開けて部屋に入るところがビデオに映っていたと。そんなところまで監視カメラがあるなら、少なくとも部屋に施錠して出て行く犯人の姿が映っていそうですが。
 それと、現場は三井住友銀行の独身寮であったとの情報もあるようですが、真偽はどうなのでしょうか。もし本当なら、今まで当然の前提としていたものが崩れてしまう可能性もありそうです。

投稿: あすな郎 | 2012/05/13 02:18

殺される相手ではなく殺す相手と書く方がすんなり読めます。
ところどころそういうまどろっこしい言葉遣いや文が目立ちますが、流れで読めるので、指摘するのも失礼ですね。

投稿: | 2012/05/21 04:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その7(被害者の計画) | トップページ | 千葉県浦安市マンション女性殺害事件その9(待ち伏せの場合) »