« JR青梅線福生駅ホーム突き落とし殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府富田林市近鉄長野線富田林駅少年集団暴行事件 »

2012/07/06

静岡県伊東市2歳男児虐待死事件

7月5日、伊東署は2歳の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の疑いで伊東市湯川の建設作業員、男性容疑者(27)を逮捕する事件が起きている。

逮捕容疑は、5月3日ごろ、自宅で長男に暴行を加え、脳損傷で死亡させた疑い。

同署によると、長男には双子の弟がおり、6人暮らし事件当時、自宅には容疑者と長男、弟の3人だけだったらしい。

県東部児童相談所によると、長男は平成22年5月から、頭部に繰り返しけがを負っていたため、医療機関から同相談所に連絡があったらしい。
両親は面接で「手はあげていない。どうしてけがをしたのかは分からない」と話したらしい。

同相談所では長男が23年1月になって再度頭部にけがを負ったため、両親と相談の上で県東部の児童福祉施設に保護したらしい。
その後、「一緒に暮らしたい」と訴える両親と面接を繰り返し、今年3月になって長男を自宅に戻したらしい。

同相談所では「児童が退園した後も両親と連絡を取り、家庭訪問もしてきたが、こうした事態になり残念。われわれの対応が適切だったかどうかは、今後、関係機関の検証を待ちたい」としているとの事。

さて、順番に考えると
死亡時(現在H24年)が2歳で、H22年5月には頭部に繰り返し怪我をしたと言うのは、生まれて直ぐですよね。多分、退院しして自宅に戻った頃なんでしょうね。

この時期と言うのは自力では動けないから、ミルクを飲む、寝る、泣くと言うのが日課ですよね。3時間おきにミルクで泣くので親は睡眠不足になる時期かもしれません。

夜泣きでイライラして暴行と言うのもあるかもしれませんけど・・・双子なので弟も同じ状況だったはずなのに、虐待は長男だけに行われていたって事なんでしょうね。

どうして?素朴な疑問です。弟に比べて元気すぎたのか?それとも障害でもあったのか?

で結局、医療機関から相談所に連絡があって、相談所が両親に聞き取り調査をしているわけですから、虐待があればやはり「ギクッ」としたと思います。
そこで普通はブレーキが掛かると思うのですが、結果的にその後も虐待は継続して1年後の頭部の怪我で長男は児童福祉施設に保護したと。

で、1年2ヶ月経って両親に引き渡したら、2ヶ月後には死亡してしまった。

とにかく、真相を知らなくてはいけないよね。
なぜ、そんな小さい時から虐待が行われたのか?なぜ長男だけなのか?
なぜ、繰り返し虐待が行われたのか?
虐待は父親が行っていたのか?
他の大人3人は虐待に気付かなかったのか?

この疑問を解かないと、児童相談所でも両親の元に長男を戻しても安全なのか?は判断が難しいのではないかな?

長男だけに虐待が行われた事に深い理由があるような気がしますね。
引き離す判断よりも、戻す判断の方が難しい判断なのだと思います。
でも、それを判断するのは児童相談所しかないでしょうから、がんばってもらいたいと思いますね。

|

« JR青梅線福生駅ホーム突き落とし殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府富田林市近鉄長野線富田林駅少年集団暴行事件 »

コメント

静岡地検沼津支部は27日、2歳の長男を暴行し死なせたとして傷害致死容疑で逮捕、送検されていた静岡県伊東市の建設作業員の男性(28)を26日に処分保留で釈放したことを明らかにした。同支部は理由を明らかにせず、「在宅で捜査を続ける」としている。

男性は5月3日、保護されていた児童相談所から3月に戻った長男を自宅で暴行し脳損傷で死なせたとして、今月5日に逮捕されていた。県警によると容疑を否認しているとの事。

理由が知りたいですね。事件性が無いと言う事なのか?
それとも、起訴できるほど証拠をそろえられないと言う事なのか?

投稿: ASKA | 2012/07/28 10:20

静岡県伊東市の自宅で2歳の長男に暴行して死なせたとして傷害致死容疑で逮捕され、その後処分保留で釈放されていた建設作業員の男性(28)について、静岡地検沼津支部は6日、容疑不十分で不起訴としたと発表した。処分は3日付。「捜査によって得られた証拠を精査、検討した結果」としているらしい。

投稿: ASKA | 2012/08/08 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR青梅線福生駅ホーム突き落とし殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府富田林市近鉄長野線富田林駅少年集団暴行事件 »