« 広島県廿日市市4ヶ月乳児殺害事件 | トップページ | 東京都港区六本木クラブ目出し帽集団撲殺事件その2(カメラ映像) »

2012/09/07

広島市中区三川町成城大生小6女児拉致監禁事件

9月4日(火)午後9時ごろ、広島市中区三川町の路上から、「タクシーのトランクに死体のようなものがある」という内容の110番する事件が起きている。

駆けつけた広島県警広島中央署員が、トランクにあったナイロン製の旅行カバン(長さ約70センチ、幅と高さ約30センチ)に入っていた同市西区在住の小学6年の女児(12)を発見した。女児にけがはなかったとの事。

同署はタクシーの客で、東京都世田谷区祖師谷3、私立成城大学生、男性容疑者(20)を監禁容疑で現行犯逮捕したらしい。「間違いない」と容疑を認めているらしい。

同署によると、容疑者は、通報現場の西約3キロのJR西広島駅(広島市西区)からタクシーに乗り、JR広島駅に行くよう求めたらしい。
タクシーの運転手が走行中、トランク内から叫び声のような音がするのに気付き停車。トランクを開けると、カバンの中から声が聞こえたため、通行人に110番するよう頼んだらしい。

同署の調べでは、容疑者は広島市西区のJR西広島駅近くで、塾からの帰りで母親の迎えを待っていた女児に果物ナイフを示して「静かにしろ」と脅し、少し離れた人気のない場所へ連れて行って「正座でかばんに入れ」と命令したらしい。
ガムテープで両手を縛っていたことも判明。女児は自力でテープを切り、けがはなかったらしい。

容疑者(20)が、「女の子が1人になるところを待ち伏せした」と供述していらしい。

旅行バッグに女児を入らせ、タクシーに乗車した。バッグはトランクに積み込み、男性運転手にJR広島駅に向かうよう指示した。容疑者は、女児と面識がなかったらしい。

女児が発見された現場は、JR広島駅から南西約2キロで、ホテルや飲食店などが並ぶ繁華街の一角らしい。

運転手が外に出た容疑者を見張っていたが、警察官が来るまで暴れたり逃げたりする様子はなかったらしい。

バッグはナイロン製で長さ約70センチ、幅約30センチ、高さ約30センチの大きさ。女児は身長約150センチで体を折り曲げた状態で押し込まれていたとの事。

動機について、容疑者は当初「刑務所に入りたい」と話し、その後「頭を整理して話したい」と供述するなど揺れているらしい。

県警によると、容疑者は以前広島市内に住んでおり、現在も親族が同市に在住で、女児を連れ去ったとされるJR西広島駅(同市西区)周辺には土地勘があった
8月下旬から普通乗用車の運転免許を取得するため、広島駅周辺のホテルなどに滞在犯行当日の4日は、広島県運転免許センター(同市佐伯区)で卒業検定を受けていたとの事。

容疑者は逮捕された時、旅行かばんの他にボストンバッグを持ち、連れ去りの際に女児を脅した果物ナイフとガムテープが入っていた。女児の塾の教材などが入ったリュックサックもあった。JR広島駅近くのホテルにチェックインしており、県警は室内から容疑者のパソコンなどを押収したらしい。

逮捕された成城大2年容疑者(20)が、かばんや女児の手を縛った粘着テープを、事件直前に同市内で購入した女児を脅した果物ナイフは東京から持ってきたと説明しているらしい。警察は計画性があったとみて調べを進めているらしい。

容疑者(20)が、調べに対し「大学生活がうまくいかず嫌気がさしていた」と供述しているらしい。県警は容疑者が大学生活に鬱憤を募らせていたとみて、調べている。

逮捕直後、容疑者は「逮捕されたかった」などとも供述していたが、犯行発覚時には逃走を図ろうとするなど、一貫性のない部分もあり、慎重に調べている。その後の取り調べには「心を整理したい」などとも話しているらしい。

送検された。容疑者は「女児にいたずらしたかった」などとも話しているらしい。
「女の子を監禁した当初はわいせつなことは考えていなかった」と供述していました。しかし、捜査関係者によりますと、これまでの調べで犯行当初からわいせつ目的であることをうかがわせるような供述を始めているらしい。

成城大学によると、容疑者は福岡市内の高校から平成22年4月、同大社会イノベーション学部に入学。単位が足りず、3年生への進級ができなかったため2年生として在学していたらしい。最近は学校にも来ていなかったらしい。

容疑者は昨年まであった居合同好会に入り、都内の道場で週に1回、初心者向けの形を習っていたらしい。師範代の男性は「背がひょろっと高く、おとなしい青年。2、3回稽古に出た後、来なくなった」と話しているらしい。

とこんな事件ですね。
今の所、動機が不明です。
旅行カバンに入れたのは目立たずに移動する為でしょう。
例えば、殺害が目的ならその場で殺害すれば良いわけですから、拉致監禁後がメインの目的なんでしょうね。

タクシーの運転手に広島駅を指示していますが、広島駅近くのホテルに部屋を取っていて、部屋にはパソコンなどもあったと言う事から考えると、目的地は滞在中のホテルだったのかもしれませんね。

・・・しかし、筋の通った計画に見えて、まったくずさんです。移動にタクシーを使っているし。
この後、どうなってもかまわないと自暴自棄のような発言もしていますから、あまり気にしなかったのかもしれません。

大学生活がうまく行かなくて、自暴自棄になったと言う事を匂わせているようですが、それは「ただの言い訳」ですよね。
自分の欲望にまかせた醜悪な犯罪行為を正当化しようとしているだけです。

判断能力に問題が無いので、善悪の認識はあったでしょう。卒業検定を受けているぐらいですから。
最終的にその犯行を決断したのは容疑者自身です。

多分、大学に行く学費や車の免許を取る為の費用を親から出してもらい、学生生活を送っていて、「何がうまくいかないのか?」と思ってしまう。
留年したのは自分の努力が足りなかっただけでしょう?
そんな事で自暴自棄になるようでは、この先の就職戦線など勝ち残れないかもしれないけどね。

いずれにしても、自暴自棄になるほど、追い詰められた状況では無いと思います。
これで、人生終わったわけでもないのに、犯罪に逃げただけです。

温室育ちとか、打たれ弱いとか、言ってしまえばそれまでかもしれませんが・・・・

この事件を防ぐにはと言う視点では、難しいのですが、とりあえず、「容疑者を孤立させない」と言うところでしょうか?
大学もサークルも行っていないようで、社会的に孤立しているように見えます。
もし、親しい友人がいたらこの事件は起こさなかったのではないか?と思います。

ただ、大学側にその対策をと言うのも、難しい気がしますね。

しかし、押収されたパソコンがネットを利用する為の物だとしたら、ネット上での交友関係はあったのかもしれません・・・そちらでは事件を食い止めるような存在にはならなかったのかな?(パソコンの利用目的が知りたいですね)

それから、最後にこの事件の報道で
「女児向けアニメ『プリキュア』を大好きで、趣味はメイド喫茶通い」とするなんて報道がありますが、これは事件とは関係ないでしょう。
実は高崎女児殺害事件では被告人が「フィギュア愛好家」だった事で似たような報道がされました。
もし、それらが事件の要因となるようならば、もっと沢山似た事例が出ていいはずはんですよね。

ですが、関連を証明できるほど沢山の事例はありません、私は今回の事件や高崎女児殺害事件は「特殊な事例」だと考えています。

続報を待ちましょう。

|

« 広島県廿日市市4ヶ月乳児殺害事件 | トップページ | 東京都港区六本木クラブ目出し帽集団撲殺事件その2(カメラ映像) »

コメント

広島地検は21日までに、逮捕された成城大2年男性容疑者(20)について、精神鑑定で事件当時の刑事責任能力の有無を調べるため、広島地裁に鑑定留置を請求した。同地裁は同日、12月17日までの留置を認めた。
同地検は「事案の重大性や裁判で責任能力が争点になる可能性も考慮し、請求した」としている。

そういう可能性もあるんですね?
結果を待ちましょう。 

投稿: ASKA | 2012/09/21 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島県廿日市市4ヶ月乳児殺害事件 | トップページ | 東京都港区六本木クラブ目出し帽集団撲殺事件その2(カメラ映像) »