« 大阪市平野区喜連西中1男子熱湯虐待事件 | トップページ | 北海道旭川市同居女性看護助手殺害事件 »

2012/09/20

岡山県笠岡市生江浜倉庫女性遺体遺棄事件

9月18日午後9時15分ごろ、岡山県笠岡市生江浜の食品会社で、男性従業員が、倉庫内の大型冷蔵庫から異臭がするカーペットを見つけ、通報を受けた警察が遺体を確認する事件が起きている。

駆け付けた同署員が、倉庫内で若い女性の遺体を発見したとの事。
女性は20~30歳とみられ、カーペットなどで何重にもくるまれ、ひものようなもので縛られた状態だったことから、死体遺棄事件として捜査を始めたらしい。

同署によると、女性は身長163センチくらい。濃い茶髪で、黒いTシャツに灰色のタイツを身に着け、靴は履いていなかったとの事。
身元の特定につながる所持品はないらしい。
遺体は死後1~2週間が経過しているとみられ、損傷も激しく、県警は遺体を司法解剖して死因を調べるとの事。

現場の建物は、食品会社の元工場で、広さ約2000平方メートル。現在は事務所や倉庫として使われているらしい。
このうち、遺体が見つかった倉庫は24平方メートルで、以前は冷凍庫だったらしい。
建物の出入り口は2カ所あるが、鍵がかかっていたかどうかは不明との事。
別の報道では
現場は、事務所として使われている元工場で、倉庫に鍵はかかっていなかったとの事

現場は、JR笠岡駅北西約2キロの住宅地に近い工場用地。

県警は19日、死体遺棄容疑で50代の男を逮捕したとの事。県警は同日、遺体は香川県三豊市山本町財田西、無職女性(43)と確認したとの事。
司法解剖の結果、胸部に複数の刺し傷などがあることが判明したが、死因は不明らしい。

こんな事件ですが、ずいぶん早い逮捕ですね。
遺体の身元が判明した時点で明白な動機があったのかな?

遺体が発見される事は時間の問題だったでしょう。
犯人はそれは想定していた。だから身元をが判明するような物を残さなかったのでしょうが、遺体の身元はいずれ分かりますからね。

私が注目しているのは、遺体が服を着ていた事ですね。
時間があれば衣服も脱がせるでしょうが、犯人にはその時間が無かったのかな?

続報を待ちましょう。

と思っていたら、続報です。
逮捕されたのは、香川・三豊市の自営業・男性容疑者(55)。
警察の調べによると、容疑者は15日午前6時半ごろ、同居していた無職・女性(43)の遺体をカーペットなどにくるんで隠し、岡山・笠岡市にある食品会社の倉庫に捨てた疑いが持たれているとの事。

警察は、遺体の身元を女性と確認し、容疑者を割り出したもので、19日夕方、岡山・高梁市内を車で走っていた容疑者をパトカーが発見し、緊急逮捕したらしい。
容疑者は、1年ほど前まで、事件のあった会社にパンの生地を搬送する業者に勤めていたらしい。

警察の調べに対し、容疑者は「遺体をあの場所に捨てたことは間違いない」と容疑を認めていて、女性の殺害をほのめかす供述をしているらしい。

なるほどね、遺体の女性と同居していたわけですね。

|

« 大阪市平野区喜連西中1男子熱湯虐待事件 | トップページ | 北海道旭川市同居女性看護助手殺害事件 »

コメント

容疑者(55)が「自宅で殺害後に数日間遺体を放置していたら異臭が激しくなってきたため、隠すことを決めた」と供述しているらしい。

県警によると、倉庫を遺棄現場に選んだ理由を「早朝に持ち込めばばれないと思った」と供述しているらしい。

容疑者は遺体の搬送についても「自分の車に乗せた」と供述しているが、県警が検証した容疑者の車からは血液反応は認められなかったとの事。

県警によると、容疑者は、以前食品会社に車でパン生地を配送していた。被害者との関係については「2010年に三豊市内で始めたパン屋に、パートとして応募してきて知り合った」と話しているとの事

岡山県警は28日、死体遺棄容疑で逮捕した同居人の食品製造販売業、男性容疑者(55)を殺人容疑で再逮捕したとの事。容疑を認めているらしい。再逮捕容疑は11日午前5時過ぎ、三豊市内の自宅アパートで被害者の首を数回足で踏みつけた上、包丁で左胸を突き刺して殺害したとしている。

容疑者55歳、被害者43歳、殺さなきゃならないような事(理由)があったんでしょうか?

投稿: ASKA | 2012/09/28 19:03


同居していた女性を踏みつけて死亡させ、遺体を遺棄したとして、傷害致死と死体遺棄の罪に問われた香川県三豊市山本町財田西のパン製造販売業、男性被告(55)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が4月24日、岡山地裁であった。検察側は「極めて危険で、被害者の尊厳を踏みにじる悪質な行為」として懲役10年を求刑した。判決は26日の予定との事。

検察側は「首を踏んだ後に遺体を包丁で刺すなど執拗(しつよう)に被害者を傷つけた。発覚を防ぐために遺体を隠したことも悪質」と述べたらしい。

一方、弁護側は「被告は首を踏むことの危険性を認識していなかった。浮気を疑われて腹を立てたというきっかけも突発的で、再犯可能性は低い」と懲役6年が妥当と主張したらしい。

最終陳述で、被告は「日ごろから被害者に優しさや思いやりを持っていればこんなことにはならなかった。すみませんでした」と述べたらしい。

こんな所ですね。
相手は同居していた女性なのだから、それなりの好意を持っていたと思うのだけど・・・首を踏んで異変があれば、包丁ではなく119番でしょ?
どんな気持ちで毎日一緒に暮らしていたのか?疑問ですね。

判決を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2013/04/26 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市平野区喜連西中1男子熱湯虐待事件 | トップページ | 北海道旭川市同居女性看護助手殺害事件 »