« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/30

広島県呉市和庄登町猫2匹惨殺事件

広島県呉市で10月29日、新たに2匹の死骸が見つかったとの事。今年3月以降、同市で発見された猫の死骸はこれで計8匹となったらしい。

県警呉署は、動物愛護法違反と器物損壊容疑で捜査し、他の猫との関連などについても調べているらしい。

同署によると、同日早朝、同市和庄登町の路上階段前で、大人の猫が腹部をそぎ落とされ、死んでいるのが見つかったとの事。

約2時間半後にも、同町から1.5キロほど離れた同市西中央の広場の隅で、切断された子猫の死骸が確認されたらしい。
頭部と左前脚部分だけがあったらしい。

いずれも首輪は付けておらず、発見した付近の住民が同署に通報したらしい。
8匹の死骸が見つかった場所は、いずれも約4キロ圏内にあるとの事。

前回の事件広島県呉市和庄公園猫惨殺事件から続いていますね。

一応時系列にすると
10月22日(月) 和庄公園付近で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
10月25日(木) 市内の公園で子猫の死骸が発見
10月29日(月) 呉市和庄登町と西中央の広場で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見

一度に発見される死骸は2匹ぐらい、発見は平日の月曜と木曜、月曜の物については日曜日の夜に遺棄されたのかもしれないね。

いずれの猫も野良猫だったようですね・・・
ただ、場所が4.5kmの範囲と言う事ですが、微妙に離れていますね。
手口は同一犯にも見えますが、今の段階ではなんとも言えませんね。

周辺の方は注意してください。

 

| | コメント (0)

2012/10/27

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その47 (不審車情報)

さて、事件も3年目を迎えて、捜査本部から不審車情報が出てきました。

県警は10月26日、県内26カ所でチラシ計3000枚を配布した。
浜田署長と遺体が管内で見つかった広島県警の山県署長も浜田市内でチラシを配り、浜田署で合同の治安対策会議を開いた。
 

県警本部では午前10時から刑事部長らが記者会見。
被害者が最後に確認された09年10月26日午後9時16分ごろ、アルバイト先の浜田市内のショッピングセンター従業員通用口付近に、不審車両があったという目撃情報を明らかにした。
白いセダン車で、近くに若い男女が立っており、同じ時間帯に似た車が駐車場から国道9号に向けて発進したらしい。

同じような車は、同年11月6日ごろから同30日までの間、被害者のものとみられる靴が発見された現場でも目撃されていたとの事。

部長は、不審車両などの情報提供を改めて呼び掛けた上で、「捜査が長期化していることは重く受け止めている。やるべき捜査を徹底し、ご遺族の無念を晴らしたい」と述べたとの事。

アルバイト先の周辺で目撃された不審車を、トヨタ自動車の旧式の「マーク2」と特定していたらしい。
色は白で、所有者は分かっておらず、近く車両の特徴などを公開して情報提供を求めるとの事。

島根県警の情報ページは以前とあまり変わっていませんね。リンクされているチラシのPDFも2012年の2月に作成された物でした。

さて、不審車情報が出てきましたが、これだけでは犯人の車と特定できませんし、犯人の物と仮定しても、事件の流れも特定されたわけじゃないですね。

とりあえず、この不審車が犯人の車だと仮定して考えてみても以下の3点ぐらいの疑問があります。

1)拉致ポイントが目撃された不審車の場所とは限らない。
 ・被害者が持って出たゴミ袋はどうなった?

2)ここまでの報道では、この不審車が目撃されたのは当日のみに見えるけど?

3)若い男女が立っていた。顔見知り?

順番に考えると
1)拉致ポイントが目撃された不審車の場所とは限らない。
 ・被害者が持って出たゴミ袋はどうなった?
出口から出てすぐ近くに停められていた車があったとして、ゴミ袋を持ったまま車に乗るだろうか?

私ならゴミステーションは近くにあるだろうから、急いでいないのであれば、ゴミを捨ててから車に乗ると思う。
(車にゴミ袋を持ち込むのは車の所有者が良い顔をしないだろうし、結局ゴミステーションまで車で行ってと言う事になるよね?そんなに親しい仲なの?)

無理やり拉致したのであれば、手に持ったゴミ袋は犯人にしても邪魔なのでその場に置き去りにされるのでは?無理やり車に乗せるなら本人は抵抗するだろうから、手に持ったゴミ袋は放すでしょう?

それに、1分後にはその通用門から別の人間が出てきてますからね。この人間はその不審車を目撃しているのだろうか?

目撃された男女が犯人なら、これから犯行を行うと言うのにわざわざ車外に立って顔を人目に晒す事もないだろうね。もっとも、この時点で犯行を計画していなかった可能性は十分にあるけどね。

本題に戻って拉致ポイントだけど
1-1)ゴミ袋を捨てた後にこの不審車の目撃された場所。
1-2)ゴミ袋を捨てた後の駅に向かうまでの間に待ち伏せ or 追いついて拉致。
1-3)ゴミ袋を捨てた後に徒歩で寮に帰宅するまでの間に待ち伏せ or 追いついて拉致
1-4)ゴミ袋を捨てた後に徒歩で寮に帰宅する途中の靴が発見された付近で待ち伏せ or 追いついて拉致

の4箇所ぐらいは可能性がありますね。
車だからこそ、徒歩で歩いている被害者の後ろをノロノロと尾行するのは目立ち過ぎるでしょう。なので、待ち伏せかまたは時間を置いて追いついた所での犯行の2パターンぐらいになるとおもいます。

2)ここまでの報道では、この不審車が目撃されたのは当日のみに見えるけど?
 これが意外に重要かもしれないのですが、もし、顔見知りで親しい仲ならば、当日以外にも車で迎えに来る事があっても良いはずですよね?

この当日のみにしか目撃されていないのか?被害者の交友関係に同種の車を持つ人間は居ないのか?と考えて、もし該当する人物が居ないのであれば、この男女との交際は事件の直前に始まったのかもしれません。

もし、そうなら、被害者の交際範囲は結構狭いので出会う機会は限られていると思います。そのあたりに何か手がかりは無いのでしょうか?

3)若い男女が立っていた。顔見知り?
なぜ、この男女は車外に立っていたのか?

素朴な疑問ですが、もしこれから犯行を計画しているなら、できるだけ顔を出したくないはずですよね?

もし、待ち合わせなら、車内で待っていても、被害者が気付いて近づいてくると思います。
「通用門の正面に白い車を停めてるから」と伝えれば良いだけですよね。

あえて、車外で男女が立っていたのは、
3-1)男女が被害者に気付く為
3-2)被害者に気付いてもらいたいから。
3-3)被害者を待っていた、歓迎している事のアピール。
3-4)急いで車に乗せる為

このぐらいが考えられますね。
で顔見知りかどうかを考えると
3-1)はどちらも有りですね。
3-2)この場合は被害者と顔見知りの場合でしょうね。
3-3)はどちらも有りですね。
3-4)これもどちらも有りだけど、ゴミ袋があるからね。

しかし、いずれにしても、拉致ポイントが靴の発見現場以外であれば、靴は偽装になりますね。偽装ならこの車の目撃情報をかく乱する為と説明できますね。

・・・交友関係は徹底的に捜査されているはずだと思うけど・・・
それに、不審車の捜査なんて「つぶし捜査」になるはずだから、つぶしてない車があるのかな?それとも、島根、広島以外の車?

男女がいて、もし、男性のみが犯行に関わったのなら、女性が警察に通報しても良いはずですね、「アルバイト後に一緒に車でどこそこに車で行きました」とかね。
それが無いと言う事は2人とも事件に関わっているのか?あるいは、関わっていない方は証言できない状態になっているのか?

注:「つぶし捜査」・・・しらみつぶしに捜査する事。条件が該当する物を全件確認する事。

時間が無くてまとまり無く書いてしまいました。ごめんなさい。

犯人逮捕に期待しましょう。

| | コメント (25)

福井県大野市九頭竜湖冷凍庫遺体遺棄事件その6(容疑者逮捕)

容疑者男性2名が逮捕されました!
10月26日、福井県大野市の九頭竜湖で、冷凍庫の中から愛知県一宮市の飲食店店員の女性(当時27歳)の遺体が見つかった事件で、愛知、福井両県警の合同捜査本部は岐阜県美濃加茂市、自称中古車販売業の男性H(40)、同県富加町、トラック運転手男性W(34)両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕したとの事。

2人は「全く知らない」などと容疑を否認しているという。

捜査本部が勤務先の顧客を中心に女性の交友関係を捜査していたところ、女性のノートに、失踪直前の11月23日の日付と、H容疑者を指すとみられる「けいくん」との記載があり、2人の関与が浮上したらしい。

発表によると、H容疑者らは昨年11月24日頃、女性の遺体を業務用冷凍庫に押し込み、九頭竜湖に遺棄した疑いとの事。

H、W両容疑者は、岐阜県内の機械器具製造会社の元同僚で、女性とは2006年末頃、女性が勤めていた飲食店に客として訪れ、知り合ったらしい。

容疑者(40)ら2人が、女性が行方不明になる直前、同じ型の冷凍庫を購入した形跡のあることが分かったらしい。

愛知・福井両県警合同捜査本部は、容疑者らが計画的に女性を遺棄した可能性があるとみて調べているらしい。

捜査関係者によると、容疑者らは、女性が失踪した昨年11月24日の直前、事件で使われたものと同型の冷凍庫を入手した形跡があるらしい。

冷凍庫は国内メーカーが88年に製造した業務用で、高さ約80センチ、幅74センチ、奥行き約55センチ。捜査本部は容疑者らが当初から女性の遺棄を計画した疑いがあるとみて、冷凍庫の入手経路の裏付けを進めているらしい。

事件ではH容疑者と岐阜県富加町羽生、トラック運転手、W容疑者(34)が死体遺棄容疑で逮捕された。2人は女性が勤務していたキャバクラ店の常連客だったらしい。
2人とも容疑を否認している。

H容疑者は、頻繁に、女性(当時27)を飲食店で指名して、執拗(しつよう)に交際を迫っていたらしい。

逮捕されたH容疑者とW容疑者(34)は、2006年、女性が以前勤めていた飲食店で知り合ったらしい。
H容疑者らは、女性が店を変わっても通い続け、捜査関係者によると、多いときには、月に10回ほど店を訪れていたらしい。

また、女性の関係者によると、H容疑者とみられる男から女性の携帯に、「一番の女だ。絶対に幸せにするから、つきあってほしい」という内容のメールが、頻繁に送られていたらしい。
H容疑者らは、「全く知らない」などと容疑を否認しているとの事。

逮捕されたH容疑者が逮捕前に取材に答えていました。

 「(疑われていることに)罠って可能性大なんです。多治見の(別の)人間があやしいってのは・・・、まぁちらりと聞いた」

Q.女性との関係は?
 「交友関係300人いるじゃない。301人目だと思ってください。(恋愛感情は)ないです」


 「(Q.失踪した11月24日は何を?)ワンちゃん(飼い犬)に付きっきりでした」

 2人は、女性が失踪したその日に死体を遺棄したとみられ、調べに対し、H容疑者は「全く知らない」、W容疑者は「(逮捕)事実の内容が違います」と否認しているらしい。

客の誕生日で出かけると言い残しているので、早い時期に逮捕されるだろうとは予想していましたが思ったよりも時間がかかりましたね。
裏付け捜査に手間取ったと言う所でしょう。

しかし、共犯者がいるかもしれない事は車や冷凍庫の遺棄の事で考えてはいましたが、どんな理由で共犯になったのでしょうね?

お金で遺棄だけ手伝ったのかな?

取材の時の301人目と言う回答は失笑物ですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
福井県大野市九頭竜湖冷凍庫遺体遺棄事件その5(裏側から見える物)
福井県大野市九頭竜湖冷凍庫遺体遺棄事件その7(新たな傷害致死事件)

| | コメント (9)

2012/10/26

北海道登別市中央町知的障害少女虐待死事件

10月25日、同居する内縁の妻の子供の女子中学生を繰り返し殴ったとして、北海道警室蘭署は登別市中央町1、無職、男性容疑者(41)を傷害容疑で逮捕する事件が起きている。

中学生は約18時間後に病院で死亡との事。
同署は司法解剖して死亡と暴行の因果関係を調べるらしい。
また中学生の体には他にも殴られたような痕があり、日常的な虐待がなかったか調べるらしい。

容疑は23日(火)午後11時ごろ、自宅で中学3年の少女(14)の胸を十数回殴り、胸部打撲などのけがをさせたとしているとの事。

暴行後、少女はいったん就寝したが、翌24日にトイレにこもり、出てこなかったことから容疑者が午後3時半ごろ119番したらしい。
同5時過ぎ、死亡が確認されたとの事。

捜査関係者によると、容疑者は「食事の後片付けで言うことをきかなかったので殴った。死ぬとは思わなかった」と供述しているらしい。
少女は知的障害があったらしい。

容疑者は少女の実母(42)、以前交際していた女性(33)の計3人で06年ごろから同居していたらしい。
少女は道内の福祉施設に入所していたが、今年8月から4人で暮らし始めたらしい。
暴行時は実母ら女性2人も室内にいたらしい。

道室蘭児童相談所は「関係者から家庭環境などについて相談があったが、(逮捕容疑のような)暴行、虐待の相談や通告はなかった」としているとの事。

こんな事件ですね。
新聞の統計だと障害を持つ子供の方が障害の無い子供よりも虐待の被害にあう可能性が高いそうです。

この事件では、亡くなった少女は福祉施設で生活していて、今年8月から同居しはじめて、ざっと3ヶ月での事件です。

そんな事なら、そのまま、福祉施設で生活していれば、この少女は殴られる事も無くなる事も無かったのかと思います。

実の母にしてみれば子供と一緒に暮らしたいと言う気持ちは分かるけれども、この同居人に果たして、この子供を受け入れて、一緒に生活する事ができるのか?と言うのはよく考えて欲しかったですね。

実際に同居を開始してここまでの3ヶ月で容疑者が少女に対して虐待を行っていたのであれば、もう、福祉施設に戻す事を考えるべきだったと思いますね。

このあたりの情報が知りたいですね。

続報を待ちましょう

| | コメント (1)

2012/10/23

広島県呉市和庄公園猫惨殺事件

10月22日(月)、広島県呉市和庄の公園で切断されるなどして殺された猫2匹の死体が捨てられた事件が起きている。

2匹はいずれも野良猫とみられ、県警呉署は虐待されたとみて、動物愛護条例違反容疑で調べているらしい。

同署などによると、1匹目は22日(月)午前10時ごろ、運動公園の中央付近で発見されたらしい。
子猫とみられ、頭の皮が剥がれた状態だったとの事。
2匹目は同日午後4時ごろ、同公園近くの別の公園北側の橋付近で、前脚部分から頭の部分までが胴体と切り離され、別々に見つかったらしい。
大人の猫とみられるらしい。

場所はこちら現場周辺の航空写真

かなりの都市部ですね。さすがに、これだと野生動物の仕業ではなさそうです。
殺された猫は親子だったのだろうか?

続報を待ちましょう。
 

| | コメント (1)

大阪府枚方市渚西4歳次男熱湯風呂虐待事件

10月22日、熱湯を張った浴槽に次男(4)をつけ、両脚に5か月以上の重傷を負わせたとして、大阪府警枚方署は大阪府枚方市渚西、無職女性容疑者(25)を傷害容疑で逮捕する事件が起きている。

次男は歩行障害もみられ、入院しているとの事。容疑者は調べに対し、「目を離した隙に(次男が)鍋の湯をひっくり返した」などと容疑を否認しているらしい。

発表では、容疑者は3月30日夕、次男の両脚を浴槽の熱湯につけ、大やけどさせた疑い。次男は、今年1月に再婚した夫(26)の子で、当時、夫は仕事で不在だったらしい。

容疑者は事件当夜、次男を病院に連れて行き、「ベランダの洗濯ものを取って戻ると、ゴミ箱の上に置いていた鍋がひっくり返っていて、次男がやけどをしていた」と説明したらしい。しかし、やけどの痕が脚に水平に残っており、次男が「お風呂につけられた」と話したことから、病院側が児童相談所「大阪府中央子ども家庭センター」(大阪府寝屋川市)に連絡し同センターが署に通報したとの事。

次男の負傷程度について、医師は「50度以上の湯に数十秒つけた場合にできる症状」としており、同署は容疑者が故意に次男を熱湯につけたと判断したとの事。

こんな事件ですが、ちょっとよく分かりませんね。
家族構成が分かりません。次男の話は出ているけど、それ以外に子供は居ないのか?
それから、次男は4歳で一通りの事はできるようになる年頃だから、言う事を聞かないとか、いたずらをするとか言う事でストレスが高まってのは犯行なのか?

病院に連れて行っているので、衝動的な犯行だったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

三重県四日市市小林町10ヶ月長女虐待死事件

10月22日、生後10カ月の長女の頭を殴って死亡させたとして、三重県警四日市南署は傷害致死容疑で母親で無職の女性容疑者(24)=同県四日市市小林町=を逮捕する事件が起きている。

同署によると、「殴って死なせたのは間違いない」と容疑を認めているらしい。
逮捕容疑は、10月1~3日ごろ、自宅で長女が泣きやまないことに腹を立て、頭を手で数回殴るなどし、6日ごろに死なせた疑いとの事。

同署によると、夫(29)が6日に119番して病院に搬送したが、死亡が確認されたらしい。死因は、頭蓋骨骨折による硬膜下水腫だったとの事。

容疑者は夫と長男(2)、長女の4人暮らし。4月下旬に名古屋市のショッピングセンターで容疑者が長女を虐待していたと目撃者から110番があって以降、北勢児童相談所(三重県四日市市)の職員が数回自宅を訪問していたらしい。 

泣き止まない事をきっかけとした虐待事件は良く有りますが、4月から虐待が表に出ていたので、以前から虐待があったのかもしれませんね。

でも、長男(2)は虐待されていないのかな?
長男にまだ手が掛かっているところへ、長女を出産してストレスが高まったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2012/10/20

JR博多駅26歳男性通り魔事件

10月20日(日)午前1時半ごろ、福岡市博多区博多駅中央街のJR博多駅で、通行人がナイフで切りつけられる事件が起きている。

福岡県警によると、駅博多口と連絡通路、筑紫(ちくし)口で男性6人がわき腹や腰、腕などを切られたり、刺されるなどしたとの事。
1人が全治1カ月の重傷、4人が約1~2週間のけがを負ったが、命に別条はないという。1人は服を切られ、けがはなかったらしい。

県警は博多区諸岡、無職、男性容疑者(26)=いずれも自称=を傷害と銃刀法違反容疑で現行犯逮捕し、無差別に通行人を襲った通り魔事件とみて捜査しているらしい。

県警によると、容疑者は逮捕容疑を認め「人を切りたいと思った」と供述しているらしい。

逮捕容疑は20日午前1時27分ごろ、JR博多駅1階連絡通路で、刃渡り約17センチの包丁1本で、歩いていた福岡市博多区の男性会社員(36)に切りつけ、右腕にけがを負わせたとしているとの事。

県警や目撃者の話によると、容疑者は博多口から約150メートル離れた筑紫口に歩いて移動しながら通行人を襲ったらしい。

最初に博多口の駅前広場付近で、広島県府中町の専門学校生(20)と近くにいた30代会社員が襲われ、専門学校生は右腰を刺されて1カ月の重傷らしい。会社員は服を切られた

続いて、連絡通路の中央部付近で福岡市博多区の会社員が右腕と左腰を切られ2週間のけがを負い、鹿児島市の会社員(36)が右腹と腕を刺され、1週間のけがを負ったらしい。

更に、筑紫口付近で福岡市西区の会社員(37)と福岡県宗像市の会社員(40)が切りつけられるなどし、西区の会社員が左腹と背中、腕に、宗像市の会社員が左上腹部と左腕にそれぞれ1週間のけがを負ったとの事。

筑紫口付近で駆けつけた博多署員が容疑者と対峙し、警棒で包丁をたたき落として取り押さえたらしい。

連絡通路中心部の総合案内所付近に自転車が乗り捨てられており、県警は容疑者がこの自転車に乗って駅に来たとみているとの事。

JR博多駅によると通常、午前1時半ごろに改札口のシャッターを閉め、博多口と筑紫口は1時50分ごろにドアを閉めて施錠するらしい。

こんな事件ですね。
事件の内容だけみると、無差別の通り魔事件に見えるのですが・・・

被害者の怪我は重傷の人もいるけど、いずれも刺されたのは1から2箇所程度ですね。
確実に殺害するつもりなら、一人をめった刺しにする事もできたと思うので、殺意自体はそれほど無かったのかもしれませんね。

死んでもかまわないと言うのはあったかもしれないけど、明確な殺意は微妙な感じです。

動機が「人を切りたいと思った」と言う事でこれをどんな精神状態で話しているのかが気になります。

額面通りに受け取って良いのか?脳やメンタルの問題なのか?それとも自暴自棄なのか?刑務所へ行きたいなんて理由もあるかも?

そのあたりが知りたいですね。続報を待ちましょう。

| | コメント (1)

東京メトロ丸の内線アルミ缶爆発事故

20日(日)午前0時15分頃、東京都文京区本郷の東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅のホームに停車中の電車内で、都内に住む20歳代の飲食店アルバイト女性が持っていた業務用アルカリ性洗剤の入ったアルミ缶が突然、破裂する事故が起きている。

警視庁や東京消防庁によると、缶を持っていた女性を含む乗客の20~40歳代の男女16人が手や顔にやけどのような症状を訴え、うち9人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷らしい。

警視庁などによると、女性は「自分が飲み干したコーヒーの缶に、勤務先の店長からもらった強力な洗剤を入れていた」などと説明しているらしい。
洗剤は、蓋付きのアルミ缶(390ミリ・リットル)に蓋を閉めた状態で入れていたとの事。同庁は、洗剤とアルミ缶が化学反応を起こして水素が発生し、破裂した可能性が高いとみて調べているらしい。

女性は、千代田区内の飲食店での勤務を終え、御茶ノ水駅から荻窪発池袋行き電車(6両編成)の先頭から5両目に乗ったらしい。
缶は、ビニール袋で包んだうえで、紙袋に入れて持っていたらしい。
負傷したのは男性6人、女性10人で、破裂した際に飛び散った液体がかかったとの事。
終電間際で、5両目には約150人の乗客がいて満員状態だったらしい。

同庁は故意に破裂させた可能性は低いとみており、缶を持っていた女性から話を聞くなどして原因を調べているとの事。

簡易鑑定の結果、缶に入っていたのは強いアルカリ性の洗剤と判明したらしい。
同庁は、洗剤の成分とアルミ缶が化学反応を起こして発生した水素が缶の中で充満し、破裂した可能性があるとみているとの事。

こんな事故ですね。
危険と思えない洗剤でも、結果的に容器と化学反応を起こして、ガスが発生し、密閉されていたら、爆発する可能性もあると言う事ですね。

容器の移し替えなどには注意した方がよさそうです。

| | コメント (4)

岩手県盛岡市祖母孫無理心中事件?

10月19日(土)、岩手県盛岡市の倉庫の中で、生後8カ月の女の子とその祖母が亡くなっているのが見つかる事件が起きている。

警察では、女の子の首に絞められたような痕が残っていることから、殺人事件として捜査を進めているらしい。

19日午前、盛岡市の男性宅の倉庫の中で、生後8カ月の女児と54歳の祖母が亡くなっているのを家族が見つけたらしい。

祖母は首をつった状態で見つかり、女児は、祖母に抱っこひもで抱かれた状態だったらしい。
女児の首には、絞められたような痕がうっすら残っていて、司法解剖の結果、窒息死の可能性があるらしい。

警察では、祖母が女児を殺害した可能性もあるとして、捜査を進めているとの事。

こんな事件ですが、良く分かりませんね。
祖母と言っても54歳でそれほど高齢と言うわけでも無いし・・・なにより、孫を道連れにと言うのも何か違和感があります。
(残された子供が不憫?でも親がいるでしょ?)

何か病気や脳のトラブルなどがあったのか?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

気分の悪い尼崎連続不明死亡事件

みなさん、こんばんは、最近マスコミで報道されているこの尼崎の事件についてですが、ASKAの事件簿で取り上げるのはもう少し時間が必要です。
理由は幾つかあるのですが、

1)事件の規模が大きく人間関係が複雑である程度まとまってから書かないと、分かりにくい記事になってしまいそうです。

2)この事件の報道を見聞きすると、気分が悪くなる事。
あまりにも、酷い事件なんですが、多分私は事件の記事を見聞きすると、無意識に事件の内容を自分の中で想像してしまい、このように酷い事件だと事件に「当てられて」しまって。気分が悪くなってしまうのだろうと思います。
なんとか、記事は読めるぐらいになったので、とりあえず、情報収集はしておりますが、全体を考えるにはもう少し時間が掛かりそうです。

3)事件のポイントとなる情報が出てこない事。
この事件についても、
・事件の起きた理由
・この事件を防ぐには
と言った視点で考えようとしています。どちらもある程度の輪郭はできたのですが、ポイントになる情報がまだ出てきていません。

この事件は主犯の女性SM(64)が中心になっているのですが、しかし、女性一人の力ではここまで被害を拡大する事は無かっただろうと思います。
せいぜい、1家族を支配するのが精一杯なのではないかと思います。

ここまで大規模になった理由の一つとして、「暴力を担当する人間の存在」があると思うのですが、この暴力担当者を作り、維持した方法が知りたいですね。
(維持する方法はお金になると思うけど、作る方法が分からない、一つ可能性は考えているのですが、そんなにうまく行くのか?と言う疑問があります)

それと、もう一つそもそも、主犯がトラブルを起こしてしまう理由として、「家族の存在」が気になっています。
一説には主犯は反社会性人格障害といった事も言われているようですが、例えそうだったとしても、女性一人が騒ぎを起こしても、本来、本人の家族がそれを制止したり諌めたりしていくのではないか?と言う疑問です。

これが男性だったら、体力に物を言わせて、家族を支配する事もできたかもしれませんが、女性なので暴力で支配する事はできなかったはず・・・

主犯の本当の家族や生い立ちの情報が知りたいです。

と言うわけで、記事についてはもうしばらくお待ちください。

| | コメント (12)

2012/10/17

大阪府高槻市高西町親族3人殺傷事件

10月15日(月)午後10時15分ごろ、大阪府高槻市高西町のSさん方で、「若い男が血だらけで逃げた。高齢女性が叫んでいる」と隣人の男性から110番通報する事件が起きている。

府警高槻署によると、家にいたSさんの孫の女性(21)が刺され、病院に運ばれたが間もなく死亡したとの事。

Sさんと妻(74)もけがをしたらしい。Sの孫とみられる男(24)の行方が分からず、同署は殺人容疑などで捜査を始めたらしい。

同署によると、刺されたSさんの妻は搬送時、「孫に刺された」と府警に説明したとの事。
男はSさん方で3人を刺して逃げたらしい。
室内の階段付近や玄関から血痕が見つかり、血の付いた刃物も敷地内で発見されたとの事。

付近住民によると、逃げた男はスエット姿で裸足だったらしい。
現場は阪急高槻市駅南約1.5キロの住宅街。

大阪府警は16日、死亡した女性の兄の男性容疑者(24)が南に約1.2キロ離れた会社倉庫で首をつって死亡しているのを発見したと発表したとの事。
倉庫に残された容疑者のバッグから遺書が見つかり、府警は容疑者が妹やSさん夫婦を刺した後、自殺したと判断、容疑者死亡のまま殺人容疑などで書類送検する方針らしい。

府警によると、死亡した女性はSさん夫婦と同居、容疑者は同市内で両親との3人暮らしとの事。

容疑者は15日夜、両親と散歩していたところ、突然姿を消してSさん方に向かったらしい。2階にいた妹を馬乗りになって襲い、左胸付近を短刀(刃渡り17センチ)で何度も切りつけたらしい。

止めに入ったSさん夫婦も頭や背中などを刺されたが、妻(74)が短刀を取り上げたとの事。Sさん夫婦は重傷らしい。

遺書には、容疑者が9年前に妹に暴力を振るったことが原因で別居させられた恨みなどが記されていたらしい。
「9年前から家族を苦しませてやろうと考えていた」、「2003年のあの絶望と怒りをわからせてやりたかった。なぜ兄弟を引き裂いたのか」、「これを実行するのは、両親やS(祖父母)側の親類を苦しめるため。これからその絶望をお前たちが味わっていくのだ」などと書かれていたとの事。

近所の人は「10年くらい前かな、お兄ちゃんの(家庭内)暴力があったみたいで。それからお兄ちゃんは見なくなって」と話したとの事。
2003年、容疑者が、妹へ暴力を振るっていたことから、妹は、祖父母の家で生活するようになったらしい。

容疑者は父親が経営する設備工事会社で働いていたらしい容疑者の遺体が見つかったのは、この会社の倉庫で、倉庫前に止められていた車のドアから血痕が見つかったとの事。

捜査関係者によると、容疑者は10年5月、奈良県内の川に家族写真を集めたアルバムなどを大量に捨てたとして、奈良県警に廃棄物処理法違反容疑で逮捕されたらしい。
その際、容疑者は「家族との思い出を断ち、生まれ変わりたかった」と供述したらしい。

容疑者の少年時代を知る女性(62)は「中学時代はひきこもっており、両親が悩んでいた」とショックを受けていたらしい。

さて、こんな事件ですね。
容疑者は24歳、9年前だと15歳の時かな。中学3年だろうか?
中学時代はひきこもりと言う事だと、ひきこもり中の中学3年(当時15歳)の時に妹(当時12歳)に暴力を振るって、妹は親族の元で暮らす事になったみたいですね。

それが、以下に繋がっていると言う事のようです。
2003年のあの絶望と怒りをわからせてやりたかった。なぜ兄弟を引き裂いたのか」、「これを実行するのは、両親やS(祖父母)側の親類を苦しめるため。これからその絶望をお前たちが味わっていくのだ

まー普通に逆恨みでしょうね。でも、本人にすると逆恨みと言う事でもないのでしょう。
ひきこもっている人の場合、社会との接点が同居する親族ぐらいの物で、それ以外はTVやネットなどの間接的な物になってしまいます。
だから、自分の境遇などに不満を持ってもそれをぶつける相手はこの数少ない接点の人間になってしまいます。

ひきこもりが親族を逆恨み的に殺害してしまう事件が多いのはこんな事情からなんでしょうね。

しかし、この事件の場合はちょっと、これから外れる部分として、どうも現在は父親の会社で仕事をしていたらしいと言う点です。
ここも微妙ですが、どの程度の規模の会社なのか?数人でも家族以外の社員がいたのか?

仮にいたとしても、社長の息子なのでちょっと遠慮してしまう可能性はありますね。
普通に会社で一緒に仕事をすれば、先輩から仕事の指示や注意があるでしょうし、少なからず人間関係を作っていくと思います。
さらに、先輩や同僚から遊びに誘われたりして、それなりの社会性を身に着けたり、楽しいことを重ねて、昔の恨みも薄れて行ったりすると思います。

それに2年前の2010年5月に家族アルバムを川に大量遺棄して逮捕された時には
「家族との思い出を断ち、生まれ変わりたかった」この家族って「妹」の事じゃないのかな?

しかし、結局忘れらずに遺書に「引き離される事が絶望」とまで言っている「妹」をめった刺しにして殺害してしまいます。

両親は無傷ですが、妹を引き取った祖父母も重症を負わせている。

最後は父親の会社の倉庫で自殺しました。

果たして兄妹が引き離された程度の事でこれほどの恨みになるのだろうか?
それも自分が暴力を振るった事が原因の事で・・・

情報が無いのでなんともいえませんが、小さな恨みを自分で大きく増幅するような性格だったのか?
あるいは、メンタルや脳に別の問題があり、それとの相乗効果で巨大な恨みになってしまったのか?

そういえば、山形民家襲撃事件では10年以上前の性的暴行被害の恨みがPTSDとなって、一家3人を殺傷する事件がありましたね。

人間の恨みや妬みと言った負のエネルギーは時として他の人には理解できないけど、凶悪事件の原因になったりするんですね。

しかし、同居していた両親はこの怨念的な感情に気付いていたのかな?

| | コメント (1)

2012/10/16

富士サファリパークゾウ飼育員死亡事故

10月16日午前3時10分ごろ、静岡県裾野市須山の富士サファリパークで、ラオス国籍の男性飼育員(30)がゾウに襲われ、搬送先の病院で死亡が確認される事故が起きている。
県警沼津署では、事故の原因を調べるとともに、業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査しているらしい。

同署や同園によると、男性飼育員を襲ったのは18歳のメスのゾウらしい。
14日に子ゾウを出産したばかりで、24時間体制で管理していたとの事。
同日午前3時ごろに男性飼育員と別の飼育員が様子を見に行ったところ、興奮した様子のメスゾウが子ゾウを襲っていたため、止めようとおりの中に入った男性飼育員がゾウに胸などを踏まれたとの事。

死亡した男性飼育員は昨年7月、ラオスから事故を起こしたメスゾウとともに来日したらしい。ラオスでもこのメスゾウを飼育しており、「ゾウの飼育歴は15年のベテラン」(パーク)だったらしい。

パークは昭和55年4月に開園。平成17年10月にも、開園準備のためヒグマ2頭をクマ舎から出そうとしていた職員2人が襲われ、1人が死亡、1人が大けがを負う事故があったらしい。

動物園等での死亡事故と言うのも数年に1度ぐらいの頻度で発生していますね。
トラやクマに襲われて死亡する事故をこのASKAの事件簿でも取り上げています。

機械ならば構造や動作パターンなどから動きを予測する事ができると思いますが、生き物の場合は予測を超えてしまう事があるんでしょうね。
今回の事故でもこの道15年のベテランでも像の動きを予測できなったのかな?
あるいは子ゾウを救う為だったのかもしれません。

生き物相手の仕事は慣れていても注意が必要なんですね。

亡くなった飼育員のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2012/10/15

JR大阪駅周辺ホームレス連続襲撃殺人事件

大阪市北区のJR大阪駅周辺で10月13日未明から14日未明にかけて、40~80代のホームレスの男性5人が相次いで襲われ、うち1人が死亡、2人がけがをする事件が起きている。府警は、同一犯による連続傷害事件とみて調べているらしい。

捜査1課によると、大阪市北区角田町のJR大阪駅東側の高架下で14日午前3時15分ごろ、段ボールの上に仰向けで倒れていた住所不定、職業不詳の男性T(67)を通行人が見つけ119番通報したとの事。
顔に殴られたような跡があり、搬送先の病院で死亡が確認されたらしい。
15日に司法解剖して死因を調べるとの事。

付近では13日午前4時半ごろ、Tさんとみられる男性が口から血を流しているのを、通行人からの通報を受けた曽根崎署員が発見したが、男性は救急搬送や被害の届け出を拒否したらしい。男性は通行人に「3人ぐらいに突然暴力を振るわれた」と説明したらしい。

近くの阪急百貨店敷地内の通路でも同じころ、50代男性が「男2人に襲われた」と同署に被害を申告したらしい。

大阪市北区芝田1丁目の阪急梅田駅付近の通路では14日未明、路上生活をしていた40~80代の男性3人が立て続けに襲われたらしい。
80代の男性が頭などを蹴られ重傷らしい。
70代の男性もけがをし、「6~7人の男に襲われた」と説明したらしい。
40代の男性も「複数の男に暴力を振るわれた」と話したらしい。

時系列では
13日(土)4時半頃 Tさんの供述で3人ぐらいに襲われた。
      同じ頃 近くの阪急百貨店敷地内の通路で50台男性が2人に襲われる。
14日(日)未明 阪急梅田駅付近の通路で40から80代の男性3人が複数の男性に襲われた
   3時15分頃、JR大阪駅東側の高架下男性Tさん(67)の遺体を発見

同一犯、あるいは同一グループの犯行だとすると、13日には2、3人のグループだったのが翌日には6、7人となっているから、13日に犯行を行った犯人が仲間に自慢でもしたのを聞いて、犯行に参加した人間が増えたと言う所なんだろうね。

ホームレスを襲う事件は東西を問わずに時々起きますね。
社会経験の無いような学生や若年者の目にはホームレスは不要な人間に見えてしまう事もあるのかもしれないけど、そう見える人は本当に生きる事の辛さを知らない人間なんだろうと思う。

今までの事件では、弱い人間が更に弱いホームレスを襲うような事件があったのだけど・・・果たして今回はどんな人間がどんな理由で行った犯行なのだろうか?

ただ、短時間に犯行グループのメンバーが倍増しているので、犯人達には何かの人間関係がベースにあるような気がしますね。

とりあえず、JR大阪駅周辺の方々は注意してください。

犯人逮捕に期待しましょう。

| | コメント (8)

2012/10/13

東京都江戸川区松江女性保育士殺害事件

10月8日(月祝)午後10時15分頃、東京都江戸川区松江のマンションの住人から「女性が助けを求める声をあげている」との110番する事件が起きている。

警視庁小松川署員が駆けつけると、3階の一室で住人の女性(30)が背中を刺されて倒れており、搬送先の病院で死亡が確認されたとの事。

被害者は背中を十数か所、刃物で刺され、左手には抵抗した際に負傷したとみられる切り傷があったらしい。
玄関は無施錠で室内には争ったような形跡があったらしい。
近くには血の付いた包丁が2本、残されていたとの事。
死因は失血死とみられ、同庁は9日に司法解剖を行い、詳しい死因を調べるとの事。

マンションの廊下や階段のほか、約50メートル離れた駐車場には、犯人のものとみられる血痕が付着しており、同庁は、被害者ともみ合った際に負傷した犯人が、駐車場に止めていた車で逃走したとみているらしい。

警視庁捜査1課は9日、司法解剖の結果、死因は刃物で刺されたことによる失血死と発表したとの事。

さらにアパートの同じ階に住み、事件後に行方が分からなくなっている30代男性の部屋から血痕が見つかったらしい。
同課は男性が事情を知っているとみて行方を追っている。
同課によると、男性の部屋には血を拭いたとみられるタオルも残っていたらしい。
被害者の部屋にあった2本の包丁のうち1本は、外部から持ち込まれた可能性が高いらしい。

男性は今年8月からアパートに住み始め、そのころから男女が頻繁に言い争う声を近所の人が耳にするようになったらしい。
事件が発生した8日夜はアパートの住人も「いつもより怒鳴り声が大きかった」と話しており、廊下の血痕を見つけて通報したらしい。

警視庁が殺人容疑で指名手配していた同じマンション住人の男が10日正午頃、名古屋市内のホテル室内で首をつって死亡しているのをホテル従業員に発見されたとの事。

男は、職業不詳の男性容疑者(38)。同庁は、容疑者が自殺を図ったとみており、近く容疑者死亡のまま殺人容疑で東京地検に書類送検するらしい。

同庁幹部によると、容疑者の自宅から血痕が見つかったほか、現場に残された凶器の包丁に付着していた指紋が一致したとの事。

容疑者は事件後、マンション近くの駐車場に止めていた軽トラックで逃走。9日午後、名古屋市名東区内のホテルにチェックインしたらしい。
10日正午になっても退室しないためホテル従業員が確認したところ、室内で首をつっていたらしい。
容疑者は右腕にけがをしており、同庁は、被害者ともみ合いになった際に負傷したとみているとの事。

2人は以前から知り合いで、男が女性を追いかける形で同じマンションに引っ越していたらしい。

これまで2人の接点は分かっていませんでしたが、警視庁の調べで、2人は以前からの知り合いで、容疑者が8月に被害者を追いかける形で同じマンションに引っ越していたことが新たに分かったとの事。
被害者の夫は仕事で海外に滞在中で、警視庁は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べているらしい。

事件の陰に女と金と良く言いますが・・・
何があったのでしょうか?
15箇所も刺す、凶器には自分の指紋も残している。
逃げ出したけど、結局は首を吊って死亡。

感情的な部分での事件だったのでしょうね。

2人に何があったのか?続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

青森市八ツ役首輪女性監禁死亡事件

10月5日(金)午後7時半ごろ、「同居の女性が死んでいる」と青森市八ツ役のアパートに住む男から110番通報する事件が起きている。

警察が駆けつけたところ、台所で女性(31)が死亡しているのを発見したとの事。
女性のそばにはワイヤで部屋につながれていた犬用の首輪があったらしい。
青森県警青森署は同日深夜、通報者で同居していたトラック運転手男性K容疑者(38)を逮捕・監禁容疑で逮捕したらしい。

容疑者は首輪で女性をつないでいたことを認めているという。

県警によると、容疑者は5日午前11時ごろ外出し、午後7時25分ごろ帰宅したが、女性は衣服を身に着けていない状態で台所で両膝をつき、顔を伏せて死んでいたらしい。

目立った外傷はなく、県警は6日に司法解剖し、死因や、逮捕・監禁と死亡の因果関係を調べたとの事。

容疑者は「5日午前11時ごろ、仕事で家を出たときには女性は生きていた」と話しているらしい。

容疑者は女性と「約1年前から2人暮らしをしていた」といい、「仕事から帰ってきたら死んでいたので通報した」と供述しているらしい。遺体は死後数日以内とみられ、若干の外傷があったが、やせるなど衰弱した様子はなかったとの事。

室内にあったワイヤは長さ約4メートル。容疑者はワイヤを二つに折り曲げて両端をそれぞれ首輪と台所の金属棒につなぎ、女性を逃げられなくしていたらしい。署員が到着した時には女性は首輪をしていなかったが、同署は容疑者が到着前に外したとみているとの事。

県警は6日、女性の死因は複数の部位をけがしたことによる多臓器不全と発表したとの事。

県警は、同居していたトラック運転手の男性K容疑者(38)=逮捕監禁容疑で逮捕=が、精神的に不安定だった女性が暴れてけがをするのを防ぐために拘束した可能性もあるとみて調べている。女性が自ら体に傷をつけたのか、他人にけがをさせられたのかも調べるらしい。

容疑者(38)が、「女性は自分で自分を傷つけることがあったので、そうさせないように首輪をつけた」と供述しているらしい。

捜査関係者によると、女性の家族は、女性が自傷行為をすることがあったと説明しているらしい。県警は、自傷行為を巡って、容疑者と女性との間にトラブルがあった可能性があるとみて調べているとの事。

トラック運転手、K容疑者(38)が逮捕監禁容疑で5日深夜に逮捕され、7日送検されたとの事。

容疑者は首輪とワイヤなどについて「前日に青森市内で一人で買った」と話しているらしい。

女性は過去数年間、家族と会わず、所在先も明らかにしていなかった。8月10日には家族が同署を訪れ、「会って話したい」と所在確認を求めたが、携帯電話で連絡が取れており、安否確認がされていることから「連絡が取れなくなったら、行方不明者の届けを出すように」とアドバイスしたらしい。しかし、届けは出されなかったとの事。

今月1日には、女性と親族の間で金銭を巡るトラブルがあったため、親族が所在確認を求め、同署員が電話をしたが、女性は「関係ない」と断ったらしい。家族や親族は、容疑者と同居していることは知らなかったとの事。

新たに男女3人を同容疑で逮捕したとの事。
逮捕されたのは、同市高田朝日山、無職、女性S(40)▽青森県平内町小湊和田、会社事務員、男性O(37)▽同市岡町藤戸、無職、男性E(38)--の3容疑者。

逮捕容疑は、男性容疑者と共謀し、今月4日ごろ、女性を拘束するため首輪とワイヤなどを購入、容疑者のアパートの部屋の台所で、女性を監禁したとしているとの事。県警によると、3人は死亡した女性や容疑者と友人関係にあった。

近所に住む60代の男性は「事件2日前の深夜に女性の甲高い叫び声が何度も聞こえた。何をしているのか分からなかったので、不安だった」と話したらしい。

さて、こんな事件ですが、ちょっと複雑ですね。
少し整理しましょう。

全裸でアパートの台所に首輪をつけて監禁されていた。目立った外傷は無く、痩せるなどの衰弱した様子もない。死因は多臓器不全。

監禁は前日の4日に首輪などを購入し監禁、
近所の住民の証言では事件2日前の深夜(4日の未明?)に女性の叫び声を聞いている。
3日に女性に異変があり翌日に監禁する為に首輪を購入したと考えれば説明できるね。
首輪購入後に共犯者の男女3名と協力して女性を監禁した。

5日11時頃にK容疑者が家を出る時には女性は生きていたらしい。
5日19時25分頃、K容疑者が帰宅した時には女性は死亡していたらしい。

幾つかの疑問がある。
1)女性は首輪をされて、南京錠が掛けられていて逃げる事はできなかった。
しかし、手足を拘束されていたわけではなく、更にサルグツワをされていたような報道もない。

つまり、女性は自傷しようとしたら自傷できる状況だったのではないか?
台所で包丁などもあれば、手足が拘束されていなかったのだから、リストカットなども可能だっと思うのだけど・・・自傷を防ぐなら不十分なんじゃないの?
反面、もし、自分の意思に反した監禁ならば、サルグツワをしていないので助けを呼ぶ事もできたはず・・・

2)目立った外傷が無いのに、多臓器不全?
死因が複数の部位を怪我した事による多臓器不全と言う事なんですが・・・
10月5日の青森市の気象情報だと、昼間は気温20度前後ですね。
さすにげ全裸では寒いと思うけど、さらに、もし4日の夜からこの状態だったとしたら、夜は13度前後でかなり寒かったでしょうね。

多臓器不全については
多臓器不全の原因となる侵襲とは重症感染症、外傷、大手術、ショック、膵炎、大量出血、播種性血管内凝固症候群(DIC)、心不全、低血圧、低酸素血症、悪性腫瘍などがありますが、頻度的には重症感染症が圧倒的に多いとされています。それらの原因が引き金となり生じるわけですが、とりわけ次の大きな二つの因子が機序として考えられています。一つは数々の原因、例えばショック・低血圧などによる末梢循環不全による組織血流の低下が原因である組織内低酸素血症。

もしかして、寒くて長時間膝を抱えてうつ伏せになっていた事が原因で静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)になったとかあるのかな?
このあたりは専門家の意見を聞いてみたいですね。

3)どうして全裸?
服を使って自傷、自殺をしようとするから服も着せられなかったのかな?


容疑者の供述を信用するとしても、自傷するから首輪につないで監禁するなんてのは、人間的な扱いじゃないですよね。
この対応が間違っています。
本人が暴れると言うのがメンタルの問題による物なら、病院につれていくべきだったと思います。
メンタルの問題でないのであれば、共犯の友人が無職のようなので、家に一緒に居てもらう事ができたと思うのですが・・・

家族は自傷する事があったと供述しているようですが、治療歴は出てきませんね。

とにかく、分からない事が多い事件です。
続報を待ちましょう。
 

| | コメント (9)

2012/10/08

島根県松江市菅田町26歳女性行方不明事件

松江市菅田町の飲食店員、女性(26)が知人と別れた9月27日未明から行方が分からなくなり、島根県警は6日、写真などを公開して、情報提供を呼びかけ始める事件が起きている。事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとみているらしい。

松江署によると、女性は市内の飲食店での勤めを終えた9月27日(木)午前2時ごろ、乗用車で知人を送り届けて別れたのを最後に行方不明になったらしい。
車も見つかっていないとの事。飲食店関係者によると、同午前8時ごろ、同僚の女性が女性の携帯電話に電話をかけたが通じなかったらしい。

女性は身長約155センチでやせ形。白と黒色のワンピースに黒色のジャケットを着ていた。車は白色に近いトヨタbB。

情報提供は松江署(0852・28・0110)へ。

島根県警の当該事件のHP

とこんな事件ですね。今の所詳しい事情も分からないのだけど・・・
このASKAの事件簿での検索ワードでも最近は「島根県 女子大生 バラバラ」といったキーワード検索が増えていて、場所が島根県と言う事であの事件を連想する人が多いようですね。

とりあえず、多分、捜索願いが出て、公開捜査となった流れを考えると、周囲の人間には被害者が自ら蒸発、失踪するような心当たりは無いと言う事なんでしょうね。

失踪時の少ない情報だと、女性は市内の飲食店での勤めを終えた9月27日(木)午前2時ごろ、乗用車で知人を送り届けて別れたのを最後に行方不明と言う事ですね。
同日、午前8時には携帯電話が繋がらない。車も発見されないまま・・・

田舎だとどうしても生活に車が必要ですから、自ら失踪したとしても車は必要で、かと言って不法に投棄してもすぐに発覚します。使っていれば当然、その痕跡が残りますし、売却したのならその情報は残るわけで、車が出てこない所に事件性を強く感じますね。

携帯電話が午前8時には通じなくなっていると言う事から、友人と別れてから帰宅するまで、あるいは帰宅した直後に事件に巻き込まれた可能性が高いのかな?

ただ、気になるのは、被害者の生活情報が出ていません。
例えば、一人暮らしとか、家族と同居とか、情報提供の段階なので詳しい情報は必要ないのでしょうが・・・

誰かと同居していれば、その日は帰宅しなかった。とか、一旦帰宅後に再度、出かけたと言う情報が出てくるはずなので、私は被害者は「一人暮らし」なのだろうと推測しています。

残る手がかりは、もう一つ、お金の流れですね。
普通にATMなどからお金を引き出した事があれば、写真が残り、本人の生存が確認できるわけですが、公開捜査に踏み切った所を見ると、そのような情報は出てこなかったと言う事なのかな?

監禁されているような可能性もあるので、ガレージにいつもより1台多く、車が何日も停まっているなど、ご近所で変わった事などがあれば注意して見て欲しいですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
島根県松江市菅田町26歳女性行方不明事件その2(車発見)

| | コメント (14)

2012/10/05

埼玉県狭山市高1女子出産男児遺棄事件

10月2日、埼玉県警少年捜査課と狭山署は自宅で出産した男児を遺棄して殺害したとして、狭山市の県立高1年の少女(15)を殺人容疑で逮捕する事件が起きている。

県警によると、少女は「出産した覚えはない」と容疑を否認しているらしい。
逮捕容疑は、9月23日午前0時ごろから同4時ごろまでの間、自宅で出産した男児を庭に遺棄し、同10時5分ごろ、搬送先の病院で死亡させたとしているとの事。

同課によると、母親が同日午前4時ごろ、「娘の出血が止まらない」と119番通報したらしい。
診察した医師が胎盤はあるのに出産したはずの胎児が見当たらないことに気付いて狭山署に通報したらしい。

同署員が少女の自宅を調べたところ、男児はトレーナーに包まれて少女の部屋の窓の外の植え込みに置かれていたが、雨で戸外の気温は低く、同署員が発見した時は既に死亡していたらしい。

少女の母親は8月ごろ、妊娠を疑ったが、少女に妊娠検査薬の陰性結果を見せられていたらしい。

こんな事件ですね。
ASKAの事件簿ではあまり扱わない事件ですが、最近多いように思うので、取り上げます。

容疑者は否認してますし、まだ判決が出たわけでもないので、ここは一般論を書くと。

今回の事件はたまたま、高1女子だったわけですが、生んだ子供を育てられない。子供が生まれたら困ると言う状況なら、年齢に関係なく起きる事件ですよね。

最初からそれが分かっているのなら、防ぐ方法は分かっているんですよ。
作らない事、生まない事。になるわけです。
場合によっては犯罪に巻き込まれたりして望まない妊娠をしてしまう事もあるでしょうが・・・
しかし、妊娠から出産までには時間がありますから、周囲の人間に相談するなりして対応する事はできると思います。

妊娠して堕胎できるまでの時期は限られているし、当然出産の時期も決まっています、だから決断を先延ばしにし続ける事もできません。どこかで決断する必要があります。
生むと言う決断も有りですし。
どうしていいか困ったのなら、とにかく身近な人に相談しましょうよ。

自分一人で出産って、子供だけでなく、自分自身が死んでもおかしくないですよ。
出産は命がけです。日本でそういう問題をあまり聞かないのは、ほとんどが設備の整った病院で出産するからです。

妊産婦死亡とは、妊娠中または分娩後42日以内の母体の死亡をいう。
出産数(出生数)10万に対する年間の妊産婦死亡数で示される。
世界で妊娠・出産の結果死亡する女性は毎年50万人以上おり、その内90%以上が開発途上国で起きている。

詳しくは検索してください。

| | コメント (0)

[遺体遺棄]遺体をカレーで煮る

遺体遺棄の為に遺体をカレーで煮ると言う事件があったので、そんな事あるの?と言う驚きと共にメモしておきます。金銭トラブルが原因で殺人、遺体をバラバラにして遺棄する過程でカレーで煮たらしい。

09年5月から行方不明になっている東京都台東区の飲食店経営、男性(当時27歳)の遺体を捨てたとして男3人が死体遺棄容疑などで逮捕された事件で、Y容疑者(30)らが「昨年夏ごろ、遺体をカレーで煮た」などと供述しているとの事。

警視庁下谷署捜査本部は、遺体の臭いを消すための工作の可能性があるとみて、供述の裏付けを進めているらしい。

捜査関係者によると、Y容疑者らは、石川県小松市のアパートで男性を刺殺後、遺体を冷凍庫に入れて約2年間、都内の倉庫で保管したらしい。
その後、新潟県内などで遺体をコンロで焼いたり、カレーで煮るなどして遺棄したらしい。
新潟県などで遺体をハンマーでばらばらにして焼き、長野県白馬村の山中に埋めたと説明しているらしい。

とりあえず簡単に犯行の流れを追うと
1)石川県で被害者男性を殺害
2)遺体を東京に運び2年間、冷凍庫で保管
3)新潟県で遺体をハンマーでバラバラにし、焼いたり、カレーで煮る。(カレーで煮たのは長野県かも?)
4)長野県白馬村の山中に遺体を埋めた

こんな事件ですが、カレーで煮る意味は無いと思うな・・・
臭いを気にしたとしても、カレーで煮たから臭いは消えないと思うのだが・・・
そして遺体は山中に埋めたと・・・

移動も、石川、東京、新潟、長野と遠距離をあちこち移動しているし、遺体も冷凍、バラバラ、カレーで煮ると、手が込んでいる。これはどちらかと言うと、容疑者の性格や個性の問題なんじゃないかな?

慎重と言うか小心と言うか、よほど逮捕されたくないと言う気持ちが強いのかな?
若干、人格や嗜好に偏りがあるタイプなのかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (3)

2012/10/04

愛知県北名古屋市六ツ師民家床下同居女性遺体遺棄事件

9月27日、女性の遺体を家の床下に埋めたとして、愛知県警は北名古屋市六ツ師、自称会社員、男性S容疑者(22)を死体遺棄の疑いで逮捕する事件が起きている。

遺体は同居する無職女性(25)とみられ、身元の確認を急いでいる。

容疑は今月中旬ごろ、S容疑者が住む民家の6畳和室の床下に女性の遺体を埋めて遺棄したとしている。

捜査本部によると、現場はS容疑者と交際している女性(24)の自宅
この女性の父親と弟に加え、2年ほど前からS容疑者と被害者とみられる女性が同居し、計5人で暮らしていたらしい。
交際女性が26日に「S容疑者が知人の死体を隠している」と県警に相談し署員が自宅に確認に訪れたところ、和室から異臭がし、畳をはがすと床下にコンクリートの塊があり、その中から遺体が見つかったらしい。

遺体は木枠の中に寝かされた状態で置かれ、土がかけられた上、コンクリートで覆われていたとの事。

S容疑者は「女性は倒れて死んだ。警察に見つかるといけないと思って隠した。コンクリートは自分で買った」と供述しているらしい。

捜査本部によると、現場の家は2階建てで1階和室はS容疑者が使うことが多かったらしい。交際女性が、今月中旬以降、無職女性の姿が見えないのを不審に思ってS容疑者に聞いたが「知らない」と話したらしい。

S容疑者(22)は、埋められていた遺体の周りに組まれた木の枠や、コンクリートの材料などを「自分で買いに行った」と供述しているらしい。

近所の人の話によると、遺体で見つかったとみられる女性が、およそ1カ月ほど前に、顔中にあざをつくっていたところが目撃されているらしい。

S容疑者(22)は、「9月中旬ごろに女性を埋めた」と供述しているとの事。

S容疑者(22)は、28日朝に送検されたとの事。
遺体は、木の枠に囲まれ、上から土とコンクリートがかぶせられていたが、遺体の上に複数の消臭剤が置かれていたらしい。

さて、こんな事件ですね。
事件の陰に女と金、私は殺人事件の半分ぐらいは男女関係のもつれが原因だと考えています。

今回の事件もちょっと異様な関係に見えますね。
交際する女性の家に居候するなんて話は良くある事だと思いますが、そこに別の知人女性が入るとなるとちょっと妙な関係ですよね。
今の所、死亡した女性と容疑者の関係は「知人」としか報道されていませんが、同居していたと言うあたりから考えると、それなりの関係なのかな?と思います。

多分、この容疑者には住む家が無かったのだと思います。なので、気を使う交際相手の家に居候する事にしたのではないでしょうか?
しかし、問題はこの知人女性ですね。25歳なら働けない年齢ではないでしょうし、働けば、この家から出て独立する事もできたでしょう。

どうして、この奇妙な同居関係を続けていたのか?
普通に考えれば、容疑者や交際している女性にしたら、かなり邪魔な存在だったと思います。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

神奈川県葉山町長柄9歳長女9ヶ月次女刺殺事件

10月3日(水)午後7時40分ごろ、神奈川県葉山町長柄の自衛官男性(36)方で、長女で小学3年の女児(9)と次女(9カ月)が2階風呂場で血を流して倒れているのを、訪れていた2人の祖母が見つけ119番通報する事件が起きている。

姉妹は搬送先の病院で間もなく死亡したらしい。
母の無職、女性容疑者(42)が風呂場で姉妹を刃物で刺したと認めたため、県警葉山署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、殺人容疑に切り替えて調べているとの事。

同署によると、容疑者方は夫と姉妹、男児2人の6人家族らしい。
当時、夫は不在だったが男児2人は在宅しており、祖母は娘の女性容疑者宅に遊びに来ていたらしい。

祖母が悲鳴を聞いて風呂場に駆け付けると、姉妹が倒れ容疑者がいたらしい。
容疑者にけがはなかったとの事。

詳しい状況が分かりませんが・・・精神鑑定の話がでそうな事件ですね。
夫は自衛官なのでリストラなどの不安は無いでしょう。今の所の情報では経済的な問題はなさそうですね。

夫婦間のトラブルや健康問題の可能性はあるけど、もし無理心中を狙うのなら、子供全員が対象になるでしょうから、娘2人だけと言うのが不可解です。

その上、当時現場には祖母も居て、犯行を完遂できる可能性も低いですよね。
(娘2人だけを狙う理由があるのかな?)

しつけや虐待にしては最初から刃物と言うのも殺意満々ですよね。

あまり冷静な判断ではなさそうに見えます。

治療記録などの情報が出てくるかわかりませんが、急性期症状なのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (4)

2012/10/03

岐阜県各務原市女性臨床検査技師殺害事件

9月30日(日)岐阜県各務原市のアパートで臨床検査技師、女性(29)が遺体で見つかり、県警捜査1課と各務原署は10月1日、交際相手で同市内の同じ病院に勤める臨床検査技師、男性容疑者(32)=岐阜市高田5=を殺人容疑で逮捕する事件が起きている。

県警によると、容疑者は「交際中のトラブルから首を絞めて殺した」と容疑を認めているらしい。

逮捕容疑は、9月29日ごろ、各務原市鵜沼川崎町3の被害者のアパートで、被害者の首を絞めて殺害したとしているとの事。

県警によると、2人は交際していたが、容疑者は約1年半前に同じ職場の別の女性と結婚していたらしい。病院では被害者の上司にあたるという

30日午前9時半ごろ、被害者が電話に出ないことから同県関市に住む父親(61)がアパートを訪問。居間でうつぶせの状態で死亡しているのを発見し、119番通報したらしい。両腕を胸の前で交差させ、首に布が巻き付けられていたらしい。

県警は当初、遺体の状態や部屋のかぎがかかっていたことなどから自殺の可能性が高いと見ていたが交友関係などから容疑者が浮上し、殺害を自供したため逮捕したらしい。

同じ職場で働いていた被害者との関係について、勤務先の病院の関係者は「週に1度か2度は、(容疑者と被害者は)一緒になったことがある。(交際について相談は?)そういうことはございません」と語ったらしい。

容疑者の供述によると、被害者の勤務が休みだった9月29日夕方以降に、被害者のマンションに向かい、被害者を殺害したらしい。
被害者の首には、絞められたような痕があったということだが、部屋の中に荒らされた形跡はなく、窓や玄関も閉まっていたらしい。

被害者が殺害されたのは、9月29日の夕方。
翌30日朝、連絡が取れないことを不審に思った父親が、片岡さんが自宅で死亡しているのを発見したが、室内に荒らされた形跡はなく、玄関の鍵も閉まっていたらしい。

この部屋の鍵は、複製が難しい磁気情報が組み込まれたカード型だったとの事。
この鍵を持っていたのは被害者と父親の2人だけで、被害者本人の鍵は、室内に残されたままだったらしい。

容疑者は、逮捕後の調べに「鍵を使わず、玄関を外から施錠した」と、玄関のドアに細工して、外から鍵をかけたと供述しているらしい。

警察は、密室での自殺に見せかけるため、偽装工作をした疑いがあるとみている。
また、司法解剖の結果、被害者の死因は、首を絞められたことによる窒息死と判明したらしい。
さらに、殺害に使われた布のようなものは、暑さ対策用の長さ90cmほどの冷却タオルだったこともわかったとの事。

こんな事件ですが・・・
事件の陰に女と金とはよくいわれます。

同じ職場で二股ではどう転んでも、修羅場は免れないでしょうね。
20代なら若さゆえの過ちと言えるかもしれませんが、32歳ですから、もうすこし将来を予測して行動して欲しいと思います。

結局その浅はかな行動で女性一人を殺害し結婚した妻の人生をも変えてしまったわけですからね。

| | コメント (3)

2012/10/02

広島県府中町石井城小5長女虐待死事件

10月1日(月)、小学5年の長女(11)を暴行して死なせたとして、広島県警広島東署は、母親の無職女性容疑者(28)(広島県府中町石井城2)を傷害致死容疑で緊急逮捕する事件が起きている。

容疑者は「殴ったことは間違いない」と容疑を認めているらしい。

発表では、容疑者は同日午前11時頃、自宅で、同町立府中北小5年、長女の頭や腹を素手で殴ったり蹴ったりして死亡させた疑いが持たれているらしい。

容疑者は暴行後、長女を車に乗せて同県東広島市内の母親宅に向かっている際、長女の様子がおかしいことに気がつき、午後2時頃、同市内の交番に出頭したらしい。
長女は病院に運ばれたが、心肺停止状態で、同2時30分頃、死亡が確認されたとの事。

容疑者と長女は2人暮らしらしい。
2009年2月頃、当時住んでいた東広島市に対し、近隣住民から「長女が虐待を受けているのではないか」との通報が寄せられ、県西部こども家庭センター(広島市)が翌月から11年3月まで(2年間)児童養護施設で保護していたらしい。

とこんな事件ですが、動機が分かりませんね。
以前から虐待があり児童養護施設に保護されていた事を考えると、動機は以前からあったのだろうか?
しかし、同居を始めて1年以上は問題なかったようなので、衝動的な物なのかもしれませんね。

ただ、11歳なので自分の事はほとんど自分でできるようになっているわけで、育児の苛立ちが爆発と言う事ではなく、何か意見の衝突と言うか、態度や言動などに腹を立てたと言う事なのかな?

年齢から見ると17歳の時に生んだ子だったようだけど・・・
苦労もあったと思うけど、子育て自体や自分の境遇に不満があったのかな?

続報を待ちましょう

| | コメント (4)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »