« 神奈川県葉山町長柄9歳長女9ヶ月次女刺殺事件 | トップページ | [遺体遺棄]遺体をカレーで煮る »

2012/10/04

愛知県北名古屋市六ツ師民家床下同居女性遺体遺棄事件

9月27日、女性の遺体を家の床下に埋めたとして、愛知県警は北名古屋市六ツ師、自称会社員、男性S容疑者(22)を死体遺棄の疑いで逮捕する事件が起きている。

遺体は同居する無職女性(25)とみられ、身元の確認を急いでいる。

容疑は今月中旬ごろ、S容疑者が住む民家の6畳和室の床下に女性の遺体を埋めて遺棄したとしている。

捜査本部によると、現場はS容疑者と交際している女性(24)の自宅
この女性の父親と弟に加え、2年ほど前からS容疑者と被害者とみられる女性が同居し、計5人で暮らしていたらしい。
交際女性が26日に「S容疑者が知人の死体を隠している」と県警に相談し署員が自宅に確認に訪れたところ、和室から異臭がし、畳をはがすと床下にコンクリートの塊があり、その中から遺体が見つかったらしい。

遺体は木枠の中に寝かされた状態で置かれ、土がかけられた上、コンクリートで覆われていたとの事。

S容疑者は「女性は倒れて死んだ。警察に見つかるといけないと思って隠した。コンクリートは自分で買った」と供述しているらしい。

捜査本部によると、現場の家は2階建てで1階和室はS容疑者が使うことが多かったらしい。交際女性が、今月中旬以降、無職女性の姿が見えないのを不審に思ってS容疑者に聞いたが「知らない」と話したらしい。

S容疑者(22)は、埋められていた遺体の周りに組まれた木の枠や、コンクリートの材料などを「自分で買いに行った」と供述しているらしい。

近所の人の話によると、遺体で見つかったとみられる女性が、およそ1カ月ほど前に、顔中にあざをつくっていたところが目撃されているらしい。

S容疑者(22)は、「9月中旬ごろに女性を埋めた」と供述しているとの事。

S容疑者(22)は、28日朝に送検されたとの事。
遺体は、木の枠に囲まれ、上から土とコンクリートがかぶせられていたが、遺体の上に複数の消臭剤が置かれていたらしい。

さて、こんな事件ですね。
事件の陰に女と金、私は殺人事件の半分ぐらいは男女関係のもつれが原因だと考えています。

今回の事件もちょっと異様な関係に見えますね。
交際する女性の家に居候するなんて話は良くある事だと思いますが、そこに別の知人女性が入るとなるとちょっと妙な関係ですよね。
今の所、死亡した女性と容疑者の関係は「知人」としか報道されていませんが、同居していたと言うあたりから考えると、それなりの関係なのかな?と思います。

多分、この容疑者には住む家が無かったのだと思います。なので、気を使う交際相手の家に居候する事にしたのではないでしょうか?
しかし、問題はこの知人女性ですね。25歳なら働けない年齢ではないでしょうし、働けば、この家から出て独立する事もできたでしょう。

どうして、この奇妙な同居関係を続けていたのか?
普通に考えれば、容疑者や交際している女性にしたら、かなり邪魔な存在だったと思います。

続報を待ちましょう。

|

« 神奈川県葉山町長柄9歳長女9ヶ月次女刺殺事件 | トップページ | [遺体遺棄]遺体をカレーで煮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県葉山町長柄9歳長女9ヶ月次女刺殺事件 | トップページ | [遺体遺棄]遺体をカレーで煮る »