« 岩手県盛岡市祖母孫無理心中事件? | トップページ | JR博多駅26歳男性通り魔事件 »

2012/10/20

東京メトロ丸の内線アルミ缶爆発事故

20日(日)午前0時15分頃、東京都文京区本郷の東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅のホームに停車中の電車内で、都内に住む20歳代の飲食店アルバイト女性が持っていた業務用アルカリ性洗剤の入ったアルミ缶が突然、破裂する事故が起きている。

警視庁や東京消防庁によると、缶を持っていた女性を含む乗客の20~40歳代の男女16人が手や顔にやけどのような症状を訴え、うち9人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷らしい。

警視庁などによると、女性は「自分が飲み干したコーヒーの缶に、勤務先の店長からもらった強力な洗剤を入れていた」などと説明しているらしい。
洗剤は、蓋付きのアルミ缶(390ミリ・リットル)に蓋を閉めた状態で入れていたとの事。同庁は、洗剤とアルミ缶が化学反応を起こして水素が発生し、破裂した可能性が高いとみて調べているらしい。

女性は、千代田区内の飲食店での勤務を終え、御茶ノ水駅から荻窪発池袋行き電車(6両編成)の先頭から5両目に乗ったらしい。
缶は、ビニール袋で包んだうえで、紙袋に入れて持っていたらしい。
負傷したのは男性6人、女性10人で、破裂した際に飛び散った液体がかかったとの事。
終電間際で、5両目には約150人の乗客がいて満員状態だったらしい。

同庁は故意に破裂させた可能性は低いとみており、缶を持っていた女性から話を聞くなどして原因を調べているとの事。

簡易鑑定の結果、缶に入っていたのは強いアルカリ性の洗剤と判明したらしい。
同庁は、洗剤の成分とアルミ缶が化学反応を起こして発生した水素が缶の中で充満し、破裂した可能性があるとみているとの事。

こんな事故ですね。
危険と思えない洗剤でも、結果的に容器と化学反応を起こして、ガスが発生し、密閉されていたら、爆発する可能性もあると言う事ですね。

容器の移し替えなどには注意した方がよさそうです。

|

« 岩手県盛岡市祖母孫無理心中事件? | トップページ | JR博多駅26歳男性通り魔事件 »

コメント

テロではないとの断定がやたらに早すぎますね。
女性は(最低限刑法117条・116条に該当するので容疑者と呼ぶべきでしょうが)、アルミ缶を新聞紙などで厳重にくるんでカバンの中に入れていたということ。ここが変。
気軽な気持ちでよく落ちる洗剤を少し持ち帰ろうとするなら、コンビニの袋でも入れて持って帰るのが普通で、その厳重さが却って不自然だと思います。
地下鉄サリン事件の時のことも忘却の彼方となり、電車内で飲食するのは当たり前で、車内に空き缶を投げ捨てるのも当たり前(誰も注意すら出来ない)になってしまったので、今回のような方法でテロを仕組まれたら、全く太刀打ちできないでしょうね。

投稿: あすな郎 | 2012/10/22 17:47

強力な洗剤とのことなので、厳重に包装したと考えられますね。彼女なりに気をつけて気を使ってそこまでしたと考えるのが自然な感じかなと。そしてそれが逆に仇となったのでしょう・・・

投稿: ながぴー | 2012/10/30 07:03

NITEはほぼ同じ設定で実験。飲料用のふた付きアルミ缶に、市販の強いアルカリ性の業務用洗剤400ミリリットルを入れたところ、間もなく缶内の樹脂の表面を浸食し始めた。アルミと化学反応が起きて水素が発生し、圧力が上昇。3時間34分後に激しく破裂したらしい。最初から樹脂の一部をはがした状態で実験すると、約30分で破裂したらしい。

NITEによると、1997年に染毛剤の容器が破裂する事故があったが、洗剤によるものは珍しいらしい。洗剤の一部はホームセンターなどで容易に入手できることから、「決して他の容器に移さないで」と呼びかけているとの事。

投稿: ASKA | 2012/11/02 23:29

 このような、簡単に作れる時限爆弾(?)の情報は、公開しない方が良い様に思いますが、今のネット社会では、どうせ、無理なんでしょうね。

投稿: おきゅうと | 2016/01/24 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩手県盛岡市祖母孫無理心中事件? | トップページ | JR博多駅26歳男性通り魔事件 »