« 石川県金沢市ホテル業務用エレベータ死亡事故 | トップページ | 栃木市野中町2歳長女死亡事件 »

2012/11/09

大阪府寝屋川市萱島東1ヶ月長女虐待事件

11月7日、生後約1カ月の長女に暴行し、脳挫傷などの重傷を負わせたとして、大阪府警は母親で派遣社員の女性容疑者(20)=大阪府寝屋川市萱島東2丁目=を傷害容疑で逮捕したと発表したらしい。

容疑を認め、「育児ストレスを誰にも相談できずにイライラが募り、娘の体を揺さぶった」などと供述しているらしい。

長女は暴行を受ける約10日前、児童相談所が一時保護していた施設から自宅に戻ったばかりだったとの事。

捜査1課によると、容疑者は6月4日午前、自宅アパートで長女に暴行し、頭に大けがを負わせた疑いがあるとの事。
医師の所見では、強く揺さぶられたことで脳が損傷したとみられるとの事。
ほかに目立った外傷はないらしい。
長女は一時重体となり、重い障害が残る可能性があるらしい。
現在は施設で保護されているとの事。

こんな事件ですね。
児童相談所が一時保護していたと言う事は虐待の兆候があったと言う事なんでしょうね。
で大丈夫だと思って返したら10日後に事件が起きてしまったと・・・

最近ではこのあたりの話題が多いのですが、やはり判断は難しいのでしょうね。
結局、育児のストレスが原因の虐待なのに、子供を一時保護して、その育児ストレスが無くなって落ち着いたと判断しても、原因の子供が戻ってしまうとやはり再発してしまう事が多いのでしょうね。

とすると、一度に戻すのではなく、1日とか、2日とか段階を踏んで戻す事で事件は避けられるのかな?

でも、それでも、原因は解決しないから、事件の発生を先送りにしているだけかな・・・・

やはり、原因を解決しないとダメなんでしょうね。
育児のストレスを軽減する方法を考えると言う事になると思うのだけど・・・

家族環境の情報がありませんね。もし、夫が居るのであれば、育児を分担してもらう事も一つの方法だと思うけど・・・シングルマザーだと難しいかもしれません。

母親の母親や親類に育児を手伝ってもらうとか・・・毎日は無理だろうけど

残るは孤立させない事かな。
育児ストレスを誰にも相談できずにイライラが募り、娘の体を揺さぶった
育児は誰でもレベルは違うけどストレスがありますから、電話やネットで気軽に相談できるような場所を用意しておくのが良いかもしれませんね。
このあたりは、行政に期待するしかないのかな?

このASKAの事件簿が事件の事を考えるように、育児の悩みを考えるブログなどもあれば参考にして欲しいですね。

|

« 石川県金沢市ホテル業務用エレベータ死亡事故 | トップページ | 栃木市野中町2歳長女死亡事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石川県金沢市ホテル業務用エレベータ死亡事故 | トップページ | 栃木市野中町2歳長女死亡事件 »