« 東京都板橋区赤塚マンション主婦殺人事件その4(容疑者逮捕) | トップページ | 日本更生保護学会 »

2012/12/09

愛知蟹江町男性殺害事件その24(容疑者逮捕)

2009年5月、親子3人が殺傷された事件で、県警蟹江署捜査本部は12月7日、強盗殺人などの容疑で中国籍の無職男性容疑者(29)=津市栗真町屋町=を逮捕しました。

容疑を認め、「生活に困っていた。金が欲しかった」などと供述しているらしい。
捜査本部によると、事件現場の遺留物と容疑者のDNA型が一致したとの事。
容疑者は今年10月18日夜~翌19日朝、自宅近くの会社員男性(32)方駐車場から乗用車(160万円相当)を盗んだとして同日、窃盗容疑で三重県警に逮捕されていたらしい。

逮捕容疑は09年5月1日午後8時半から翌2日正午にかけ、被害者方で女性被害者と次男=当時(26)=を殺害、三男(28)に2週間のけがをさせた上、三男の現金約2万2000円とスニーカーを奪った疑いとの事。

「金に困っていたので、盗みに入った。家の人に気付かれたら、殺すつもりだった」と容疑を認めているらしい。
容疑者は事件当時、津市の三重大の留学生だったとの事。

三重県警が10月19日、容疑者を車を盗んだ容疑で逮捕し、DNA型を調べたところ、被害者方に残されたものと11月中旬に一致したらしい。

三重県警によると、容疑者は窃盗罪で11月9日、起訴されたらしい。
調べに対し、窃盗事件について容疑を認め、当時の聴取で蟹江の事件への関与は供述していなかったとの事。

容疑者(29)が、3人のうち三男(28)だけは殺害しなかった理由について、「命乞いされたので助けた」と供述しているらしい。

県警は12月8日、容疑者が住んでいた津市栗真町屋(くりままちや)町のアパートを家宅捜索したらしい。
午前11時20分ごろ、段ボール箱を持った捜査員6人がアパート2階の角部屋に入ったとの事。

容疑者(29)が、「名古屋でひったくりなどをして金を奪おうとしたが、諦めて電車で蟹江に行った」との趣旨の供述をしているらしい。

容疑者は「生活に困っていた。金が欲しかった」と話しており、県警蟹江署捜査本部は金目的の犯行とみて、当時の詳しい足取りを調べているとの事。

捜査関係者によると、容疑者は事件前の行動について「ひったくりなどで金を奪おうと思い、自宅のある三重から電車で名古屋に向かった」と供述しているらしい。
しかし都会の雑踏の中での犯行を断念し、戻りの急行電車が最初に止まった近鉄蟹江駅で降りたとの事。

その後、駅から約300メートル離れた被害者方の前をたまたま通り掛かり、飼い猫が家の中に入っていく様子を目撃。玄関が開いていることに気付き、侵入先に選んだらしい。

被害者は当時家におり、室内には明かりがついていたが、容疑者は「人がいても金を取れると思った。万が一見つかっても殺せばいいと思った」と話しているらしい。 

容疑者(29)が愛知県警蟹江署の特捜本部の調べに対し、「スパナとナイフを自宅から持参した。殺しても仕方ないと思っていた」と供述しているらしい。

現場では供述通り、スパナとナイフが見つかっており、特捜本部は、事件が計画的だった可能性があるとみて調べているとの事。

犯行の動機について容疑者は「直前に窃盗罪で摘発されて罰金刑を受けていたので、20万円の罰金を払うための金が必要だった」と供述しているらしい。

捜査関係者によると、容疑者は女性被害者を撲殺し、次男(当時26歳)を包丁で刺殺。三男の首を刃物で刺し、重傷を負わせたらしい。現場には鉄製スパナやステンレス製のナイフが残されており、特捜本部はこれらが凶器とみて調べていたとの事。

容疑者は中国からの私費留学生で06年4月、三重大人文学部に入学。1年留年したが、ゼミにも所属し、昨年卒業した。事件当時は在学中だったとの事。

愛知県警特捜本部は12月9日午前、強盗殺人などの疑いで逮捕された中国籍の男性容疑者(29)を名古屋地検に送検したとの事。

こんな所ですね。
この事件の解決は多分こんな形しかないだろうなと思っていましたが予想通りの展開でしたね。

しかし、3男との会話の内容などから外国人の可能性もあるとは思っていたけれど、現役の大学生で事件後も日本に残り去年卒業していたとは驚いたね。

普通なら留学を止めて、母国に戻ってしまう事を考えそうなのだけど・・・
よほど自信があったのか?
その上、DNAを残しておいて、また窃盗を行う・・・現場で血液の処理を気を使ってやっていると言う印象だったのですが、そんな慎重なタイプではなかったのかな?
あるいは、時間の経過が容疑者の慎重な部分を鈍化させてしまったのでしょうか?

もっとも、お金に困ったから事件を起こしたので、次のお金に困ればまた事件を起こすと言うのは当然の結果なのかもしれませんけどね。

ただね、今の報道だと、結局、金に困った原因は窃盗(万引き)の罰金の為だったんだよね。そもそも、この容疑者は経済的にはどうだったのかな?

日本に来て留学生活ができるだけの経済的な裏づけがあったのか?
最初から日本で留学生活ができる経済的な裏づけが無いなら、日本に来てから経済的に行き詰ってしまう事は予想できると思うのですが・・・・

それとも、日本にさえ行けば、「後はなんとかなる」なんて楽天的な性格だったのでしょうか?

まーその後も日本にいて卒業する事はできたのだから、まったく経済的に計算できないような状況ではなかったと思うのですが・・・

もし、日本での生活の見込みが立たないまま、日本に来てしまうような人はやはり、入国しないようにするか無いのではないだろうか?

あるいは、行き詰った外国人を助けるような仕組みが必要なのかもしれないけどね・・・
そのあたりは日本政府と言うよりは外国人の母国の政府が何か対応する必要があるんじゃないのかな?

この事件で在学中の大学は何か相談にのったりしたのか?と言うのもありますが、「万引きして罰金を払う事ができません」なんて事を相談できるはずもないだろうな。

20万円の罰金を母国の家族が払えるほどの経済力があったのかも?怪しいだろうし。

「好青年」とか「礼儀正しい」と言われる学生でもこんな事件を起こしてしまうのだから、何か対策を考えないといけないのかもしれないね。
 

|

« 東京都板橋区赤塚マンション主婦殺人事件その4(容疑者逮捕) | トップページ | 日本更生保護学会 »

コメント

某報道番組で、大学関係者の取材の模様が放送されてましたが、それによると「留学生には最低限生活が出来る程度の金額を補助として支給していた」とのこと。
でも、ここが問題なんですよね。
留学生という立場だと、言葉の壁とかもあって日常的に母国に居る時以上のストレスがある筈ですから、それを解消するためのツテが必要になりますよね。
しかし、大学がそんな金を出してくれる筈がありませんし、バイトをするにしてもかなり難しい所があります。
こういう所まで支援して行ける社会が作れれば、悲しい事件の被害者を減らすことが出来るのではないかと思いました。

投稿: OZONE | 2012/12/10 00:23

愛知県警に問題があると思う
林振華は事件後、容疑者としても浮上しないことをいい事に愛知県で自転車泥棒、見つかった
この際、DNA鑑定どころか愛知県警は厳重注意で林を解放した
林が事件後、帰国しなかったのは日本の警察が甘いから、と報道された
上の人が甘いことを書いてるが
福岡で一家惨殺が起きた時も、犯罪を犯した中国人が可愛そうとマスコミが取り上げた
林振華が在学した三重大学では月20万円程支給
今はどんな地方にも中国人は滞在
孤独を感じる暇があるか
コンビニでは日本人の年寄りも若い中国人を喜んで雇う
居酒屋では日本人のおばさんより中国人の若い娘を雇う
日本人の仕事が奪われ日本人の血税が中国人に投入されてる
林は来日直後から万引きを繰り返してたと報道されてる
日本は中国に比べ刑が軽い
人より贅沢したかっただけじゃないか

なぜこんなに外国人に同情するのだろう

投稿: 愛知県警 | 2012/12/19 19:56

 最初の人のコメントはあまりにも薄情なんじゃないんですか?
なんで罪もないお母さんとその息子が加害者の中国人留学生の身勝手な動機で無残にも殺されてるのに言葉の壁等のストレスだの社会の支援(なんでも日本のせいにするな)だの加害者を擁護する発言をするんですか?こういう中国人留学生の度重なる殺人事件や最近の反日デモでの日本企業焼き討ち等 もういいかげんにしてほしい!
 アメを与えてもムチを与えてもかえって増長する国民性なのでもう宇宙にでも移民してほしいです。

投稿: ごんべい | 2012/12/23 22:18

死刑判決が出ましたね。

投稿: | 2015/02/20 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都板橋区赤塚マンション主婦殺人事件その4(容疑者逮捕) | トップページ | 日本更生保護学会 »