« 熊本県熊本市保険金殺人事件? | トップページ | 大阪府枚方市東船橋5歳女児殺人事件 »

2012/12/16

米東部コネティカット州小学校銃乱射26人射殺事件

12月14日午前(日本時間同日夜)米東部コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で男が校舎に侵入し銃を乱射する事件が起きている。

地元警察によると、子供20人と学校長を含む教職員6人の計26人が死亡、少なくとも教員1人が負傷したらしい。
校内で自殺したとみられる容疑者の男の遺体も見つかったとの事。

米メディアによると、男は地元出身の男性容疑者(20)。
容疑者の母親は以前、この学校の教師だったという情報があるらしい。

2012/12/17訂正

母親は小学校に併設されている幼稚園でボランティアの補助教員を務め、事件があった14日は仕事が休みだった。
ただし、働いていた記録が無いとの報道もあり、情報確定しだい、訂正します。


母親は同日、ニュータウン市内の自宅で、銃で顔を撃たれ死亡しているのが見つかったとの事。
乱射事件の犠牲者の多くが教室で見つかっており、地元警察は、容疑者が母親を殺害後、母親の元勤務先で銃を乱射したとみているとの事。

地元警察によると、現地時間14日午前9時41分(日本時間同日午後11時41分)に同校から通報を受けた警官隊が校内に突入したとの事。
子供18人と校長ら大人6人の遺体を発見し子供2人は病院に搬送後に死亡が確認されたとの事。容疑者は二つの教室で集中的に銃を乱射したらしい。

容疑者は防弾チョッキを着用していたらしい。
遺体の近くから事件に使用したとみられる自動式拳銃2丁が見つかったとの事。
容疑者が同校に乗り付けた車からライフル銃も見つかったらしい。
いずれも母親名義の合法的な銃との情報もあるとの事。

ニュータウンはニューヨーク市の北東約130キロの人口約2万7000人の小さな町で、同校には幼稚園児から小学4年生までの約450人が通学しているらしい。

こんな事件ですが・・・正直なところまたか、と言う印象ですね。
これまでも銃による数々の事件が起きてました。それでも銃規制をする事が無いアメリカにはそれなりの主義主張があるのでしょう。

防弾チョッキを着用とは確信犯ですね。職員や警備員と銃撃戦になる事を想定してたのかな?

母親の昔勤めていた小学校の子供を狙った所に深い意味を感じますね。
「私が教えていた子供達はおまえよりずっと優秀だった」とか言われ続けていたのかな?
このあたりの動機は、続報が出てくると思います。

日本の場合も時々、学校で学生を狙った事件が起きています。
一番印象が強いのが、あの「池田小事件」です。
日本ではあの事件いらい、侵入者への訓練なども行われているようですが、現場の職員に頼っているあたりが若干不安な点ではあります。
かと言って、警備員を常駐させるにはコストがかかりますからね・・・そのあたりは、職員の訓練でカバーするしかないかな?

日本では銃の所持が規制されているので、めったに銃の乱射事件などは起きませんが・・・しかし、佐世保銃乱射事件が起きていますので、楽観はできません。
佐世保銃乱射事件はスポーツクラブで起きた事件でしたが、それが小学校で起きても不思議じゃないですからね。

まー、一般の生活に不要な大量殺傷が可能になるような物は銃刀法できっちり規制して欲しいと思います。

だけど、その規制をすり抜ける手段を考える犯罪者も出てくると思います。
それに対してどう対応するのか?が今後の日本の課題だと思います。
この手の規制は問題が起きてから、規制されるのがほとんどですからね。

やはり、メンタル面から事件を起こさないように、道徳や社会規範の教育とか、人生に絶望しないような社会作りとかそんな所が必要なんだろうと思いますね。

2012/12/17追記
容疑者はニュータウンで生まれ育ち、地元の高校を卒業。17歳だった09年に両親が離婚し、事件現場の小学校近くの高級住宅街で母親と暮らしていたらしい。

容疑者は高校時代に成績優秀で知られ、高校の科学技術クラブに所属し、コンピューターシステムの開発などを楽しんでいた。複数の米メディアが「容疑者は優秀だった」との同級生や知人の証言を伝えているとの事。

一方、容疑者を知る女性は米テレビに「他人とあまり交流せず、何かに悩んだ様子で、抑圧されたような若者だった」と証言。ニュージャージー州に住む容疑者の兄は事件後、捜査当局の参考人聴取に「弟は人格障害に苦しんでいた。2年ほど会っていない」と話したという。容疑者は大学に通っていたとの情報もあり、捜査当局が確認を進めているとの事。

離婚調停の裁判記録によると、別居している父親は米大手企業の税務専門家で、1週間に8556ドル(約70万円)の所得がある。母親は慰謝料として毎月1万ドル(約80万円)を受け取っており、経済的には恵まれた暮らしだったらしい。

、死亡した子ども20人は全員が6~7歳の小学1年生だった。

米メディアによると、医師の一人は、解剖を担当した子ども7人のすべてが、3~11発被弾していたことを確認したと話しているらしい。

母親は銃の愛好家で、容疑者も連れて周囲の射撃場に行っていたらしい。

|

« 熊本県熊本市保険金殺人事件? | トップページ | 大阪府枚方市東船橋5歳女児殺人事件 »

コメント

はじめまして、いつも興味深く読ませて頂いております。
殺された母親がこの小学校の元教員というのは、誤報であるとのニュースを見ました。ご確認頂けましたら幸いです。

誤報でしたか、確認します。
コメントありがとうございます。
by ASKA

投稿: のぶ。 | 2012/12/17 00:06

初めまして。
日本に住む日本人にアメリカの銃社会を理解するのは不可能です。

警察署がある都市部は別として、都市近郊、郊外になると、警察に通報したとしても、警官が駆けつけるまで30分~1時間かかるところがざらにあります。

そういった地域に住む人達にとって、やはり銃は必需品なんですよ。
治安の良い日本の基準で考えるから、「銃を所持したいアメリカ人は理解できない」のです。

投稿: tetsu | 2012/12/17 21:12

記事乙です
アメリカでは銃購入は意外と簡単に手に入る事があるそうです
銃のオークとかだと審査とかないみたいで
犯罪歴とか病気も関係なく購入できるそうです
通常は免許がいるんですが
また警察が押収した銃を転売して市場に出回る事もあるそうです(犯罪者の使っていた銃や密輸品とか)
安物をサタディナイトスペシャルと呼んでるとか
防犯カメラの数を増やすとか警備の数を増やすしかないでしょう
定期的に医師の健康診断とか行うべきでしょう
今回は母親が免許を持っていてその母親の所有物が犯罪に使われたみたいです
犯人は精神病疾患があるそうです

投稿: みるる | 2012/12/20 08:39

TV情報ですが、犯人は終末論者だったとか。

正確な情報かは判りませんが、
終末論の暴走というと、オウムを思い出して、
気味が悪くなります。

信じてもいない予言(を当てたがっいる人)のせいで、
年末のイベントをキャンセルして危機回避…
なんて事になったら嫌ですね…。

投稿: なまむぎ | 2012/12/20 14:38

州検察は11月25日、捜査報告を公表した。容疑者=当時20歳、現場で自殺=は銃器に詳しく、大量殺人への強い興味を示していたが、報告では「決定的な動機は証明されていない」と結論付け、捜査も終了したとしているとの事。

容疑者宅では、過去にあった学校での銃乱射事件の記事や一覧表、戦闘もののビデオゲームなどが発見された。また、容疑者は2005年に発達障害の一種と診断され、同居の母親とも電子メールで対話するなど、極めて内向的な性格だったとの事。

ただ、事件前の容疑者からは攻撃性を示す態度は見受けられなかった。同小には小学1~5年時に通っていたものの、報告は「なぜ襲撃の対象としたかを明らかに示すものはない」としているとの事。

結局、理由は分からないままですか・・・
理由が分かれば、対策する事も可能かもしれませんが、理由が分からないので、次は銃規制の話になる。
でも、アメリカでは銃規制が難しいので、結局、何も変わらないまま、時は過ぎていくんでしょうね。

そこを考えると、日本の場合はブラック忍者ソードなど、危険な物も事件が起きれば規制されていくので、歩みは遅いけど、望みはあるんでしょうね。

投稿: ASKA | 2013/11/26 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊本県熊本市保険金殺人事件? | トップページ | 大阪府枚方市東船橋5歳女児殺人事件 »