« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/28

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その48 (県警本部長コメント)

この事件への公的懸賞金制度適用が延長されたことを受け、島根、広島両県警合同捜査本部は2月26日、新たに作成したチラシを配布し情報提供を呼び掛けた。

JR松江駅(松江市)では26日朝、島根県警の本部長がチラシを配り、市民に協力を求めたらしい。
本部長は「いろいろな理由で情報提供できなかった人に、わずかな情報でも提供していただき、解決につなげたい」と話したらしい。

相変わらず、未解決のままですが、懸賞金が延長されました。
これに伴って、チラシ配りが行われたようですが、私はこの時の県警本部長のコメントが妙に意味深のように思えてなりません。

いろいろな理由で情報提供できなかった人

当たり前の事のように見えるけど、改めて言われると意味が深いなと思うね。

捜査本部は複数犯、あるいは、犯人が周囲の人間に事件の事を話していると考えているのかな?(昨年の不審車情報では男女1名計2名が目撃されているんだよね)

「その場合もある」と言う程度の事かもしれないけど・・・

車で無理やり拉致するなら、単独では無理だろうし、車の持ち主と実行グループが別人の場合なども考えられるしね。

監禁、解体の場所も家族が居れば不審に思う点があるかもしれない。
しかし、家族の場合は時間が経過しても家族の縁が切れるわけではないから、やはり、共犯者、犯人周辺の人間からの情報提供を想定しているんだろうね。

3年経過して犯人やそのグループから離れるような人物が居てもおかしくないしね。

「実は・・・」と言うお話ができる方は迷わず捜査本部へご連絡願います。

このまま、一生秘密を背負って生きていくのはツライと思いますよ。
 

| | コメント (7)

2013/02/23

静岡県伊東市八幡野の干物販売店殺人事件その2(妄想)

昨年12月19日の事件発覚から2ヶ月が過ぎましたが、目立った続報もありませんね。
今回はこの事件についてのいつもの妄想を書いてみます。

この事件の特徴として、被害者が冷蔵庫に閉じ込められていたと言う点があります。
死因は失血死でしたが・・・・

このあたりに犯人を考える手がかりがあるのでは?と考えています。

とりあえず、事件のおさらいからすると
干物店の冷蔵庫から女性社長(59)と男性常務(71)が遺体で発見されました。
刃物で傷を負い、冷蔵庫に閉じ込められる形になっていました。
レジの現金が消え、被害者2人の携帯電話の履歴が消された可能性がある。
刃物は犯人が持ち込んだ物らしい。

時系列
12/18 17:00 終業後も2人は残業をしてたらしい。
12/18 夜   店の前で男性二人が口論になっている所の目撃情報あり。
12/19 08:30 出勤した従業員が冷凍庫の中で2人の遺体を発見。

遺体の状況
死因:出血性ショック死
傷の状態:首、その他複数の傷がある。
遺体は冷凍庫に隠されていた。

現場の状況
店内、冷凍庫内に血痕あり。店外には血痕が無い。

とこんな感じですが、この冷蔵庫に閉じ込めたと言うのがポイントですね。
冷蔵庫の外にはそれほど血痕が無いようなので、被害者が自分で冷蔵庫に入ったのでしょう。つまり、冷蔵庫に入った時には被害者は自力で動く事ができたのでしょう。
だけど、結局、失血死なので自由に動けたのはそう長い時間では無かったと思います。

この短時間でも被害者が「自由に行動できた」と言うのが重要だと思います。
犯人は被害者を閉じ込めていて、そのまま放置すれば翌朝には凍死している可能性もあるし、その場で2人を殺害する事も無いと判断したんでしょうね。
あるいは、殺す必要も無いと考えたかもしれない。(死亡してしまっても良いと言う未必の故意はあったでしょうね)

何が言いたいか?と言うと、
被害者が閉じ込められた冷蔵庫の中にダイイングメッセージを残しているのでは?と疑っています。

長時間冷蔵庫の中に閉じ込められれば凍死する可能性がある事は被害者も予測できたはずです。
もし、自分達が死亡しても、犯人は逮捕してもらいたいと思うのが人情じゃないかな?

もちろん、逆に死に直面してパニックになり何もできずに亡くなった可能性はありますが・・・

もし、残っていれば、重大な手がかりになります。
警察はそれを見逃さないでしょう。

しかし、残っていなくてもそれを許した犯人の行動にも犯人像を考える手がかりがあると思います。

例えば、犯人がもし顔見知りで被害者に身元が知られているなら、犯人もダイイングメッセージを残されるとかなり困った事になりますよね。

「誰々が犯人」とか「誰々に殺された」なんて書かれれば当然、警察も捜査するでしょうから。

ここは4つの場合に分かれるかな。

1)ダイイングメッセージを後で消す事ができると考えた。
2)覆面などして身元を隠しているので、ダイイングメッセージは残せない。
3)もともと、顔見知りでは無いのでダイイングメッセージは残せない。
4)初めての殺人あるいは強盗で犯人は頭が真っ白で何も考えていなかった。

とこの4点ぐらいでしょうか。

この中で1)は犯人にとってリスクが高すぎて普通では実行できないでしょうね。
これだと、現場に再度戻らなければならないか、または、死亡するまで待つ事になりますからね。最初から殺す予定なら、冷蔵庫に閉じ込める必要がありません。

なので可能性としては2)と3)、4)の可能性が高いと思います。

補足する情報として、携帯電話の履歴があります。
携帯電話の履歴を消す必要があるのは、犯人にとってそれが不利な事だからですよね。
それを考えると、顔見知りになるのですが、2)に矛盾します。でも4)の場合は有りです。

しかし、流しの場合は携帯電話に細工をする必要がありません。もともと連絡なんてしていないのですから・・・すると、これは顔見知りに見せかける為の偽装かもしれませんね。

でも、そんな偽装を思いつくだろうか?そもそも、偽装の必要がないんだよね。
あるとしたら、周辺で窃盗や強盗を繰り返している場合かな?

つまり、後で逮捕された時に備えて「この事件は自分の犯行ではない」と印象付ける為の工作と言う所ですね。

このあたりの事を考えると、私としては「流し」の犯行の可能性が高いかな、と考えています。
顔見知りだったら、やはり殺害してしまうと思うんですよね。
もし、逃げられたりしたら、自分の犯行を証言されてしまいます。もし、覆面で身元を隠せたとしても、怨恨ならトラブルとして捜査線上に浮かんでくるでしょう。

流しの窃盗か強盗だった。
金目当てだから、被害者を殺す必要は感じていなかったので冷蔵庫に閉じ込めて、その間に逃走できれば良かったし、死亡してもかまわないと思っていた。
しかし、店内の照明は点灯していたはずだから、窃盗犯なら侵入しないだろうね。
最初から強盗目的?あるいは帰ろうとして照明を消した直後の偶然の犯行?

この場合は、この現場だけでなく周辺の窃盗、強盗事件の現場の情報も手がかりになります。

目撃情報の「店の前での口論」がちょっとなんとも言えないんですけどね。
口論していたから顔見知りとは限らないけど・・・
何かのトラブルで口論となり、カッとなって刺した。強盗に見せかける為に現金を盗んだ?
でも、それだと、殺害する事が目的ではなかったから、色々と現場に証拠を残している可能性が高いですね。

いずれにせよ、「ダイイングメッセージ」が残っていれば、重要な手がかりになります。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
静岡県伊東市八幡野の干物販売店殺人事件
静岡県伊東市八幡野の干物販売店殺人事件その3(一審判決)

| | コメント (12)

2013/02/21

神奈川県座間市6歳長男虐待事件

2月20日、虐待により長男(6)に重傷を負わせたとして、座間署は父親で座間市入谷1の無職、男性容疑者(38)、母親で同所の無職、女性容疑者(27)を傷害容疑で逮捕する事件が発生している。

児童相談所などが計3回面会していたが、重大な虐待に気付かなかったらしい。

逮捕容疑は昨年9月ごろから今年2月19日の間、長男に全身を殴るなどの暴行を加え、左太ももや右鎖骨、右頬の骨を折る重傷を負わせたらしい。

同署によると、両容疑者は「殴ったことがある」などと話し容疑を認めているらしい。
2月19日に自宅を訪れた女性容疑者の母(49)が、異常に気づき同署に届け出たとの事。

長男は衰弱しており、すぐに入院したとの事。

2人は事実婚で、男性容疑者は昨年8月ごろから、女性容疑者、長男と一緒に暮らしていたらしい。

厚木児童相談所によると、昨年9月に「子どもの泣き声がする」と匿名の電話を受け、同10月に家庭訪問したらしい。
両容疑者が長男を自宅の外に立たせていたことを認めたため、虐待をやめるよう注意したらしい。
12月に同相談所、今年1月に座間市の職員がそれぞれ家庭訪問をしたが、目立った外傷などが見られず、一時保護などの対応をしなかったとの事。

同相談所の所長は「結果的にこういう事態になってしまった。昨年12月中ごろから保育園に来なくなった時点などで、違う対応があったかもしれない」と話したとの事。

こんな事件ですが、悪い結婚の見本のようですね。
長男は6歳だから、男と一緒に暮らすようになるまでは虐待は行われなかったんでしょうね。(以前にもあれば、記事になるでしょう)

8月に男と暮らし始めて約1ヶ月で虐待が始まっているように見えます。
12月には保育園にも行かせていないので、この時点では長男が保育園で虐待を疑われるような状態になっていた可能性がありますね。

男性容疑者38歳、女性容疑者27歳ですけど・・・結婚と言うか同居するにあたり、収入の当てはあったのか?
気になりますね。シングルマザーで保育園に通わせるにも経済的な負担はかなり大きいですから、つい、一緒になってくれる男性がいれば、頼りたくなるのも分からないではないけれど・・・やはり相手は選んで欲しいですね。

そして、男性の虐待行為を止められなかったんでしょうね。
一緒に暮らしていて骨折のような重傷なのに、子供の異変に気付かないとは思えないですし。

| | コメント (0)

群馬県大泉町3歳女児餓死事件?

2月18日(月)群馬県大泉町のアパートに住むフィリピン国籍の女性(37)宅で次女(3)が死亡しているのが発見される事件が発生している。

女性は2月9日から帰国中で、自宅には中学生の長女(14)と次女だけだったらしい。
県警が遺体を司法解剖した結果、死因は餓死の可能性もあり、保護責任者遺棄の疑いもあるとみて女性から事情を聴く方針との事。

大泉消防署によると、18日午後7時ごろ、長女から「妹が倒れている」と110番があったらしい。
消防隊員が駆けつけると、洗面台近くでパジャマ姿の次女が油まみれで倒れており、すでに死亡していたとの事。目立った外傷はなかったらしい。

県や中学校によると、女性は3人暮らしで生活保護を受けていたらしい。
食料や生活費などは残されており、姉が食事を作っていたらしい。
母親はこれまでも2人を残して帰国することがあったが、その際は施設に入れたこともあったとの事。

姉が12~14日に体調を崩して欠席したため、姉が通う中学校では14日と18日夕に家庭訪問を実施したらしい。
姉は女児について「知人の家に行っている」と答えたため、一人暮らしをしていると判断した同校は県東部児童相談所に通報したらしい。

長女は18日も登校しており、帰宅後に通報したらしい。

とこんな事件なのですが・・・何か変。
通報は18日19時頃、中学校の家庭訪問は18日夕方にもあった。
長女が帰宅後に発見して通報しているはずだから、中学校の家庭訪問時には次女は現場に居なかったのか?
家庭訪問の後に家に戻って来て、19時までに餓死した?
そんな短時間には餓死しないと思うのだが・・・

しかし、いずれにしても、3歳の子供の面倒を14歳に見させて帰国してしまう神経も理解できないけどね。

3歳の次女も連れて帰国すればよかったのでは?と思うのですが、どんな事情があったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (9)

2013/02/18

大阪市西成区太子3歳長女5ヶ月次女置き去り事件

2月15日(金)、長女(3)と生後5カ月の次女を簡易宿泊所に置き去りにしたとして、西成署は、いずれも住所不定の無職、母親の女性(38)と内縁の夫の男性(37)の両容疑者を保護責任者遺棄の疑いで逮捕したと発表する事件が起きている。

容疑者らは「切羽詰まった目の前の生活から逃れるため置き去りにした」と容疑を認めているらしい。

逮捕容疑は昨年1月20日午前2時ごろ、宿泊していた大阪市西成区太子1の宿泊所一室に長女と次女を放置して立ち去ったとしているとの事。

2人にけがなどはなく、今は施設で保護されているらしい。
同署によると、宿泊所の従業員が約5時間後、布団上に取り残された2人を発見。
室内には「子供を実家に預けてほしい」と書かれた置き手紙などが残されていたらしい。
容疑者らは昨年11月、現金の窃盗容疑で静岡県警に逮捕されていたらしい。

容疑者が夫婦で2人共無職なわけなので、経済的には行き詰るのはわかります。
だけど、どうして自分で子供を実家に預けなかったのかな?

実家で預かってもらえる当てがあったと言う事だろうと思うんですが・・・
しかし、子供は施設で保護されているので、実家も引き取りを拒否したのかな?
まー無理も無いとは思います。

5ヶ月じゃ、まだまだ大変だからね。
3歳だってオムツは取れているかもしれないが、これから幼稚園や保育園の事を考えると、経済的な面もありますよね。よほど、経済的に恵まれていないとなかなか「預かる」ってのも大変だと思います。

それでも、やはり、人間としてちゃんとお願いするべきだったと思います。
そうすれば、預かってくれる可能性は高まったかもしれませんね。

とは言え、どちらが子供達にとって幸せなのか?ってのはありますけどね。

5ヶ月じゃ共稼ぎと言うわけにも行かないでしょうけど・・・37歳男性は仕事は無かったのかな?

生活保護は受けられなかったのか?あるいは、借金でもあったのかな?

不景気になると、こんな事件や心中事件が増えますから、景気回復をなんとかお願いしたいですね。

| | コメント (0)

滋賀県長浜市列見町猫惨殺事件

2月17日(日)午前9時45分ごろ、長浜市列見町の歩道で、ネコが腹部を切られて死んでいるのを通りかかった男性(39)が見つけ、長浜署に通報する事件が起きている。
同署によると、腹部は鋭利な刃物のようなもので切られていたらしい。

滋賀県ね・・・
県別動物虐待事件の件数ランキングでみても、2007年に1件あったけどそれ以降の報道はなさそうですね。

なので比較的動物虐待事件の少ない地域で起きた事件だと思います。
最近だと、加古川、呉と連続動物虐待事件が起きていたりして、模倣犯の可能性もあります。
とりあえず、手口はそれほど残忍ではないので、模倣犯と言うよりはストレス解消なのか?
あるいは、面白半分と言う所かもしれませんね。

周辺の方は注意してください。

| | コメント (0)

2013/02/15

ストーカーは治療できる!

「ストーカーは治療できる」と聞いて驚きました。今までも、うすうす、メンタルの問題だろうな?と思っていましたが、NHKの特集番組でこの話が出て、目からうろこが落ちた気分です。

今日のNHKの 特報首都圏「逗子ストーカー殺人事件 知られざる真相」と言うあの
神奈川県逗子市小坪ストーカー女性殺人事件の検証番組が放送されました。
偶然見たので忘れない内に内容をメモしておきます。

1)犯人がストーカーへなる経過
 結局、殺された女性と別れてから散々な人生になってしまった。女性と別れた原因も良く分からない。けじめをつける為に女性に会って理由を確かめたいと言う思いが始まりだったようですね。

 そして、精神科なども受診しますがストーカーの治療は受けられず、2件目の病院でも「心の根本的な問題を解決しないとよくならない」といわれたようです。

結局誰も自分を救うことができないと、自暴自棄になって犯行をエスカレートさせて、脅迫メールを大量に送るようになる。ストーカー規制法で逮捕されるが警察がこの時、被害者の氏名、住所を読み上げる不手際。

 執行猶予で出てきてからは女性の居場所を探し出し、女性のアパートに乗り込んで女性を殺害、そして、自分も現場で自殺してしまう。

2)ストーカーは治療できる。
 番組の中でストーカーに詳しい医師が出てきて、ストーカーは治療できると話していました。ただし、精神科医やカウンセラーは極端に少なく、一般の病院では治療できずに放置してしまうだろうと話していました。

逆に言えば、ちゃんと訓練された医師やカウンセラーなら「ストーカーは治療できる」と言う事なんですよね。

もともと、この逗子の事件でも犯人は自分を変えたくて病院に行っていると思います。
この時、ちゃんと治療できていれば防げた事件なんですよね。

1時間に100通もメールを送るようでは、やはりメンタルに問題があると思います。

3)この事件をどうやったら防げたのか?
関係したNPO法人の方やストーカーに詳しい専門家などが声を掛けて討論会と言うか勉強会みたいな物が行われたようです。

被害者の相談に乗っていた方は「犯人に会いに行く」と言う案を持っていたようですが、それが出来ていたら事件の結果は変わっていたかもと悔やんでいるそうです。

とりあえず、こんな所かな。

とにかく、私としてはストーカーが治療できると言う事を知ることができただけでも、大きな収穫でした。

この逗子市の事件から3ヶ月ですが、長野でもストーカー事件で19歳の少年が殺害され、容疑者が自殺しています。

ストーカー事件を防ぐ為にも、国レベルで取り組む必要があると思います。
とにかくストーカーが治療できるなら、治療できる人材を育成するべきですよね。
このあたりは政治家や官僚にお願いしたいですね。

さらに、法律も変えて、強制的に治療を受けさせる事ができるようにするべきだと思います。せめてストーカー規制法で逮捕されるような人には治療を受けさせても良いと思いますね。

私が番組を見て感じた事やメモした物なのでもしかしたら、誤解している点もあるかもしれません。
内容に誤りがありましたらコメントください。

| | コメント (2)

広島県呉市焼山中央猫惨殺事件18匹目

2月7日(木)午前7時40分ごろ、広島県呉市焼山中央の市道で、腹部を刃物で切り取られた猫の死骸が置かれているのを登校中の女子児童が発見し、学校を通じて呉署に通報する事件が起きている。

呉署によると、呉市内で昨年3月以降、殺されたとみられる猫が見つかったのは18匹目。

調べたら18匹目の報道がありましたのでメモしておきます。

とりあえず、時系列
10月22日(月) 和庄公園付近で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
10月25日(木) 市内の公園で子猫の死骸が発見
10月29日(月) 呉市和庄登町と西中央の広場で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
11月16日(金) 的場の小学校跡地正門前で、頭のない猫の死骸発見
11月18日(日) 広横路の駐車場で別の猫の頭部を発見
12月21日(金) 下山田町の路上で猫の死骸が発見、内臓の一部が無い
12月30日(日) 広横路2丁目の側溝と広多賀谷2丁目の歩道で皮の剥がれた猫の死骸を各1匹ずつ発見(つまり2匹発見)
01月08日(火) 上平原町の畑で切断された猫の頭部を発見
01月21日(月) 呉市広大広の黒瀬側右岸の河川敷で切断された猫の上半身を発見
02月02日(土) 呉市西辰川の住宅の敷地で腹部に傷がある猫の死骸を発見
02月07日(木) 呉市焼山中央の市道で、腹部を刃物で切り取られた猫の死骸を発見
02月10日(日) 呉市東辰川町の民家の庭で切断された猫の頭部を発見

この時系列情報にある15匹の猫の内
頭部または胴体切断が5匹(5/15 33%)
皮を剥がれたが2匹(2/15 13%)
子猫が3匹(3/15 20%)

やはり、月前半の事件が増えているようですね。上の時系列の12件中4件が月前半、それも、全て今年に入ってからですね。
今年に入ってから5件中4件です、逆に1/21の1件だけが月の後半と言うのに意味があるのかな?

今の段階ではなんとも言えないですね。
しかし、今年の5件中3件は切断事件ですね。
切断事件の全数が5件で内3件が今年に入ってからですから、やはりエスカレートしているんでしょうか?

今月も月の後半に入りましたが、残り2週間の動きにも注目ですね。

引き続き呉市の方は注意してください。

| | コメント (0)

長野県飯田市毛賀19歳甥ストーカー殺人事件

2月9日(土)午後3時ごろ、長野県飯田市毛賀の住宅でこの家に住む男性(19)が死亡しているのが発見される事件が起きている。

死亡した男性はおばとその子供と3人暮らし。被害者は1階台所で倒れていた。頭に刺されたような傷が複数あり、遺体に掛け布団が掛けられていたらしい。

同日、おばから「元交際相手に子供と一緒に車で連れ回されている」と110番があり、間もなく飯田市内のコンビニエンスストア駐車場で、男から逃げてきたおばと子供を署員が保護された。
おばは顔などに殴られたような痕があったとの事。
手当てを受け、同日午後6時45分ごろ署員とおばが自宅に戻ったところ、被害者が殺されていたとの事。

おばは5日午前4時ごろにも「元交際相手から『自宅に火を付ける』などと脅迫されている」と警察に相談していたらしい。
同署はストーカー規制法に基づき男に電話で警告し、おばの自宅などに署員を張り込ませて警戒に当たったらしい。
しかし、おばは被害者らとともに自宅から避難していたことなどから、約2時間半後に警戒を解除したらしい。

周辺の男性は「(元交際相手の男は)2年間ぐらい一緒に住んでいた。ガラスが割れたりして、しょっちゅうケンカしていたようだ。最近もたまに家に来ていた」と話したらしい。

県警は11日、同県泰阜村の林道で車内から遺体で発見された男性は、被害者の伯母の元交際相手と確認したと発表したとの事。

車内には燃えた練炭があり、県警は自殺とみているらしい。

一方被害者の遺体が見つかった台所近くに折れたバットがあったとの事。
県警飯田署捜査本部によると死因は頭部打撲による頭蓋内(ずがいない)損傷で、バットが凶器とみられるらしい。

県警飯田署捜査本部は13日、被害者の伯母の元交際相手だった30代男を容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針を固めたらしい。

県警によると、この男は10日午前、同市に隣接する同県泰阜(やすおか)村の林道に止めた車内で遺体で見つかった。死因は一酸化炭素中毒だったらしい。車内にあった男の携帯電話に、被害者を木製バットで殴って殺害したことをほのめかす内容の未送信メールが残されていたらしい。他に、凶器とみられる小型ナイフも発見されたとの事。

またしても、ストーカー事件ですね。
過去にも数々のストーカー事件がありました。
仲裁に入った上司を殺害した事件や同居していた家族やその場に居合わせた友人、知人も巻き添えで殺される事件もありました。

ストーカー事件では当事者同士だけでなく、周囲の人間も危険だと言う認識を持った方が良いでしょうね。

しかし、この事件でも、容疑者は甥と面識だってあったでしょう、殺害後には遺体に布団を掛けたりもしてます。

それなのに、ナイフやバットで殺害してしまうなんて・・・
そんな事をしたらその後、どうなるか?
当然、伯母とよりを戻す事なんてできないと言う事は気づくだろうと思うのです。

そう考えると、やはりストーカーは何かメンタルか脳に問題があって感情を制御できないような状態になっているかな?と思えますね。

| | コメント (1)

2013/02/13

グアム通り魔無差別殺傷邦人女性2名死亡事件

12日22時(日本時間同9時)過ぎ頃、米領グアムの繁華街タモン地区で、男が車で通行人を次々とはねた後、ショッピングモール内にあるコンビニエンスストアに突っ込み周囲にいた観光客らを刃物で次々と刺す事件が起きている。

地元警察は、車を運転していた地元に住む、男性容疑者(21)を殺人などの容疑で逮捕したとの事。

日本人観光客14人が搬送され、うち女性2人(28歳と82歳)が死亡した。
地元当局は、3人が死亡し、11人が負傷と発表しているらしい。

事件は午後10時過ぎごろ発生。男性容疑者は事件直前、現場から約500メートル離れたクラブで客とトラブルをおこしていたらしい。
容疑者は店の前に止めてあった車に乗り込み、ショッピングモールに通じる幅7、8メートルの歩道上を走行し、7人を次々とはねた。モール内のコンビニエンスストア「ABCストア」の壁に激突するかたちで停車した。
車から降りた容疑者が刃物を振り回し、付近の人々に切りつけたらしい。

現場はタモン湾に面する高級ホテルやレストラン、高級ブランドを扱う店が建ち並ぶザ・プラザと呼ばれるショッピングモールとの事。

こんな事件ですね。
とりたてて、現地の治安が悪いと言う事も無いでしょうね。グアムでの無差別殺傷事件を聞くのは私は今回が始めてです。

日本でも秋葉原事件とか数々の事件が起きているわけで、世界中どこで起きても不思議じゃ無いと言う事なんでしょうね。

容疑者は21歳の若者です。何が彼をそうさせたのか?
動機が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (1)

広島県呉市東辰川町猫惨殺事件

2月10日、広島県警呉署は広島県呉市東辰川町の民家の庭で、猫の死骸の頭部が発見されたと発表する事件が起きている。

 同署によると、猫は首から下が切断され、頭部のみが庭に置かれていたらしい。
10日午前9時10分頃、この家の住民が発見し、110番通報したとの事。

呉市内で昨年3月以降、殺されたとみられる猫が見つかったのは19匹目らしい(18匹目の報道がが無かったが誤報?)

さて、19匹(18匹目かも?)ですか・・・・

とりあえず、時系列
10月22日(月) 和庄公園付近で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
10月25日(木) 市内の公園で子猫の死骸が発見
10月29日(月) 呉市和庄登町と西中央の広場で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
11月16日(金) 的場の小学校跡地正門前で、頭のない猫の死骸発見
11月18日(日) 広横路の駐車場で別の猫の頭部を発見
12月21日(金) 下山田町の路上で猫の死骸が発見、内臓の一部が無い
12月30日(日) 広横路2丁目の側溝と広多賀谷2丁目の歩道で皮の剥がれた猫の死骸を各1匹ずつ発見(つまり2匹発見)
01月08日(火) 上平原町の畑で切断された猫の頭部を発見
01月21日(月) 呉市広大広の黒瀬側右岸の河川敷で切断された猫の上半身を発見
02月02日(土) 呉市西辰川の住宅の敷地で腹部に傷がある猫の死骸を発見
02月10日(日) 呉市東辰川町の民家の庭で切断された猫の頭部を発見

この時系列情報にある14匹の猫の内
頭部または胴体切断が5匹(5/14 36%)
皮を剥がれたが2匹(2/14 14%)
子猫が3匹(3/14 21%)

2/2が17匹目の報道だったが、今回の2/10が19匹目の報道で誤報でなければ、この間に18匹目の猫の死骸が発見されている事になる。
ただ、呉市の連続事件は有名なので事件があれば報道されるはずだと思うので、今回の19匹目が誤報だろうと私は考えています。
どのみち、18匹目の情報が無いので無かった物として時系列情報には記録します。

やはり、年明け後の犯行パターンが変わっていますね。
今回の事件を含めて、月の前半の犯行が前回に続いて3件となりました。
(18匹目があれば、これも月前半での犯行なら連続3件、合計4件です。)
今年に入って、犯人の生活環境に変化が出てきたのかな?

あと、気になるのが遺棄の場所です。これまで民家の敷地に遺棄する事は殆ど無かったのに、前回に続いて今回も民家敷地内に遺棄してます。

もしかすると模倣犯の可能性もありますね。

そして、3匹に1匹は頭部や胴体が切断されているってのが、犯人の嗜好なんでしょうか?

引き続き呉市の方は注意が必要ですね。

| | コメント (0)

2013/02/11

兵庫県加古川市尾上町家族3人金属バット死傷事件

2月8日(金)午前2時10分ごろ、兵庫県加古川市尾上町養田の無職、HTさん(70)方の隣人の女性から「Hさんの長男が『家族を殺した』と言っている」と110番通報する事件が起きている。

駆けつけた兵庫県警加古川署員が家の中で3人が倒れているのを発見した。
病院に搬送されたが、HKさんと次男の会社員、男性(38)が金属バットで頭を殴打されるなどして死亡、HKさんの妻(65)も重傷を負ったらしい。

同署は殺人未遂容疑で、現場にいた長男の無職、HS容疑者(41)を現行犯逮捕し、容疑を殺人などに切り替えて調べているとの事。
容疑者は「家族から『死ね』と言われ、腹が立ったのでやった。3人とも殺すつもりだった」と供述しているらしい。

同署によると、Hさん方は4人暮らし。HKさんは1階居間で見つかり、腹部や腕に刺し傷もあったらしい。
次男は2階自室の布団の上、重傷のHKさんの妻はトイレにいたらしい。
2階の容疑者の部屋からは金属バットと包丁が見つかったとの事。

容疑者は「高校時代に精神科に通院した」と説明しているが、今のところ言動に異常はみられず、家族や住民が警察に相談した記録もなかったらしい。

こんな事件ですね。
今、出ている情報だけではなんとも背景が分からないのだけど・・・
容疑者は現在無職のようだけど、就職した事があるのかは不明です。
自ら、「精神科に通院した」と話しているようだけど、その裏づけは今の所、取れてないのか?あるいは続報が無いので裏付けがとれたのかも知れませんね。

容疑者は41歳で無職なので、同居する家族にすれば「働け」ぐらいの言葉が出てもおかしくないけど・・・「死ね」と言う言葉はちょっとどうかと思う。
本当にそんな事を言ったのかな?

もしかしたら言っていないかもしれないけど・・・・
そうなると「幻聴」の可能性も出てきますね。

だけど、金属バット、包丁、就寝後の犯行と行動には冷静な判断がある様に見えます。
今の段階ではなんとも判断できませんね。

母親の証言が出てくると思いますので、そちらで事件前の状況はわかりそうですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2013/02/08

栃木県小山市城北中2女子殺人事件

2月5日(火)午前6時10分ごろ、栃木県小山市城北のアパートから「娘の首を切った」と119番通報する事件が起きている。

駆け付けた消防隊員が倒れていた中学2年の女子生徒(14)を見つけ、病院に搬送したが意識不明の重体、その後5日夜に死亡したとの事。

県警小山署は殺人未遂の現行犯で、アパート駐車場にいた母親で無職、女性容疑者(37)を逮捕したとの事。

容疑は、同日午前5時50分ごろ、自宅アパートの室内で、長女の首を包丁で切りつけた疑い。同署によると、「切りつけたことは間違いない」と容疑を認めているらしい。
室内からは血のついた包丁が見つかったとの事。

容疑者は長女と2人暮らし。長女が通う中学校などによると、容疑者は「娘が口をきいてくれない」と悩んでいたらしい。

時系列に情報を並べると
2月2日(土)に容疑者から「風邪ではないが、休ませてほしい」と連絡があり、長女は部活動を休んだ
らしい。

2月2日午後、容疑者から学校に「ご相談があるのでお会いできますか」と担任に電話があり、学校を訪れたものの、5分ほどして「頭が整理できないので帰ります」と帰宅してしまったらしい。

2月3日(日) 部活動顧問や教頭らが容疑者の自宅アパートを訪ねたが、容疑者に「今は困る。会わせられない」と断られた。

2月4日(月)も長女は登校しなかった。

2月4日 教頭や学年主任などが訪問したが、断られた。
2月4日昼 担任や学年主任は、元夫や県南児童相談所に連絡し、相談した。相談前に、元夫が自宅で長女の無事を確認した。元夫が毎日容疑者と連絡を取って学校に報告することにしたらしい。

2月5日5:50 事件発生
2月5日6:10 自ら119番通報する。
2月5日 児相も、この日、会議を開いて対応を相談しようとしたらしい。

とこんな感じですね。
普通に14歳と言うのは難しい年頃だと思います。母娘の2人暮らし。
母親は無職ですがどうやって生計を立てていたのか?
誰か経済的支援をしてくれる人物でもいたのかな?
そのあたりの事情も母娘関係を微妙な物にしていたのかもしれません。

母親としては、1人しかいない娘に全精力を注ぎ込もうとしても不思議じゃないですよね。
「この子が私の全て」と言うような状態なのに、娘の方は話もしてくれない。
母親に何か「見捨てられ感」とか「喪失感」とかがあったのかな?

とにかく母親は相当なストレスがあったと思います。

事件の当日も事件発生は朝5:50頃です。ぐっすり寝て起きてから事件を起こしたと言うよりは、一晩中悩んで正常な判断ができないような状態で事件を起こしたのではないでしょうか?

20分後、自ら119番していますから、犯行後は冷静になって「ハッと我に返った」と言う事なんじゃないかな?

憶測ですが正常な判断が出来ない状態でも、なぜ、最愛の娘を刺してしまったのか?
やはり「失いたくなかった」って事なのかな?

この事件を防ぐには?って視点で見ると、やはり前兆と思えるような不自然な事も幾つか起きていましたから、もう少し早く、周囲が対応できていたら、この事件を起こす事は無かっただろうと思います。

2日の言動、3日の言動がかなり怪しいですね。
容疑者はかなり「まじめ」な性格だったんでしょうね。
「風邪じゃないけど休ませる」と連絡してますし、その日の午後には、わざわざ学校に相談しにきて「頭が整理できないので帰ります」と5分も経たずに帰ってしまうなんて相当な葛藤があったのではないか?と思います。

だから、学校側も翌日、翌々日に家庭訪問してるし、元夫や児相にも相談している。
このあたりの学校の対応は良かったと思います。
一方の児相もこの事案の情報が持ち込まれたのが事件発生の前日ですから対応が遅れたと言うのは少し酷な気がします。
4日の相談でも、元夫が毎日報告する事にしてますし、初見の対応はそれほど間違っているようにも思えませんね。情報もそれほど多くなかったと思いますし。

・・・しかし、事件は防ぐ事ができませんでした。
そう考えると、ポイントは
A)4日の段階で事件を予見できたのか?
B)2日以前に母娘に異変は無かったのか?

A)については
4日以前に暴力などが無かったようだし、精神的に問題が無いようなら危急の案件では無いと判断してもしかたないのかな?

一つだけ方法があるとしたら、4日の段階で専門家に面接してもらう事ぐらいでしょうか?
児相は4日の段階では学校や元夫からの伝聞情報しか知らないでしょうから、もし、専門家が面接していたら異常に気付いたかもしれません。

かと言って、それだけ人的資源とコストを児相が確保できるのか?って問題はありすけどね。

B)については
やはり、娘の通う学校で娘の口からなにか、母親に対しての不満など友達や担任が何かきいていなかったのか?
と言うあたりが気になりますね。

2日以前に何かあれば、学校や児相の動きももっと早い時期になったと思いますね。
かといってこちらも難しい所ではありますよね。娘がそんな事を誰にも話さない場合も考えられますし・・・

でも、この2人だけの家族の社会との接点は多分少ないと思うので、その少ない周囲の人間しか異変に気付く事はできないだろうと思います。

いずれにしても、精神鑑定の話がでると思います。

続報を待ちましょう。

最後に亡くなった女子中学生のご冥福をお祈りします。

| | コメント (3)

山梨県南アルプス市小学生姉弟殺人未遂事件

2月6日、山梨県南アルプス市で小学生の姉弟2人が父親に包丁で切りつけられる事件があり、警察は父親を殺人未遂の疑いで逮捕する事件が起きている。

逮捕されたのは、南アルプス市の無職・男性容疑者(38)。
警察によると、容疑者は6日(水)午後1時50分頃、自宅の1階で小学4年の長女と小学1年の長男の首や腹などを包丁で切りつけ、殺害しようとした疑いが持たれているらしい。
2人は軽傷。包丁は台所にあったとみられ、事件後、家の中で見つかったとの事。

容疑者は山梨・甲府市の工場に勤めていたが、警察の調べに対し、「勤め先が倒産し、これからの子育てに不安になった」と供述、容疑を認めているらしい。

突然、会社が倒産して悲観的になっていたんでしょうね。
それで衝動的に起こした事件だと思います。
悪い借金などなければ、苦しいでしょうが、何とかなると思うのですが・・・
自分の中に抱え込んでしまって爆発してしまったのかな?

| | コメント (0)

広島県呉市西辰川猫惨殺事件

2月2日午前9時50分ごろ、広島県呉市西辰川の住宅の敷地に、腹部に傷のある猫の死骸があるのを住人が見つけ、交番に通報する事件が起きている。

呉市内では昨年3月以降、同様の猫の死骸の発見が相次いでおりこれで17匹目との事。

一連の事件を時系列にすると
10月22日(月) 和庄公園付近で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
10月25日(木) 市内の公園で子猫の死骸が発見
10月29日(月) 呉市和庄登町と西中央の広場で子猫と大人の猫の2匹の死骸が発見
11月16日(金) 的場の小学校跡地正門前で、頭のない猫の死骸発見
11月18日(日) 広横路の駐車場で別の猫の頭部を発見
12月21日(金) 下山田町の路上で猫の死骸が発見、内臓の一部が無い
12月30日(日) 広横路2丁目の側溝と広多賀谷2丁目の歩道で皮の剥がれた猫の死骸を各1匹ずつ発見(つまり2匹発見)
01月08日(火) 上平原町の畑で切断された猫の頭部を発見
01月21日(月) 呉市広大広の黒瀬側右岸の河川敷で切断された猫の上半身を発見
02月02日(土) 呉市西辰川の住宅の敷地で腹部に傷がある猫の死骸を発見

この時系列情報にある13匹の猫の内
頭部または胴体切断が4匹(4/13 31%)
皮を剥がれたが2匹(2/13 15%)
子猫が3匹(3/13 23%)

今年になって犯行パターンが変わって来ているかもしれませんね。
昨年の10月から12月までの犯行は全て月の後半でした、ところが今年に入って発生した3件のうち2件が月の前半になっている。
2日と言うのが微妙と言えば微妙な日付で1月31日に犯行を行って、発見されたのが2日になったと言う可能性もありますからね。

それに、今回の場合は腹部に傷があると言う報道だけで切断とか言う事はなさそうです。
もしかすると、別の人物の犯行の可能性もありますね。

しかし、「猫」と言うのは変わらず・・・

引き続き呉市の方は注意してください。

| | コメント (1)

2013/02/07

愛知県名古屋市西区3人殺人事件その6(犯人の目的)

悩ましい事件なのですが、順番に考えていきましょう。
今回は犯人の目的です。
結果から考えると・・・
1)68歳男性、鈍器で頭部を殴られてから絞殺
2)男性の妻、64歳、絞殺
3)男性の義母、84歳、絞殺
4)長女39歳、15km離れた山の中で自殺と思われる状況で遺体発見
5)特に家の中を荒らされたとか、現金が盗まれたと言う報道は無い

事件のポイントとしてはこのぐらいだろうか・・・
とりあえず、この家に住んでいた4人全員が死亡している。
家族4人を殺害する事が目的?・・・とは言い切れないね。
実は本当に殺した人物は1人だけで、他の3人は巻き添えと言う可能性もあります。

場合分けすると目的としては
A)家族4人の殺害
B)男性の殺害
C)男性の妻の殺害
D)義母の殺害
E)長女の殺害

次に時間と場所の選定を考えると・・・
4人の内、誰か1人を殺害すると言うのであれば、基本的に自宅でなくても可能だと思います。(例外的に高齢の義母は殆ど外出しないと言う事であれば、自宅を現場に選択するしかない状態ですが・・・)

時間が就寝後であると言うのも、気になる所で、結局1人だけを殺害して、他の人間に気付かれければ、巻き添えで他の3人を殺害する必要も無いですよね?

そうなんですよね、この状況なら1人だけを殺害して逃走する事も可能だったと思います。
仮に長女に気付かれたとしても、巻き添えで殺害するのは長女だけになり、被害者は2名と言う事になります。

と考えると、少なくとも犯人の目的は現場で殺害された3人を殺害する事はありそうです。
で長女については、3人殺害の罪を着せる為に連れ出して自殺に偽装と言う事になるかな。

で、長女犯行説ならば、自分を含めた家族4人の心中事件と言う可能性もあるのだけど・・・これはちょっと説得力が無い。
普通、心中事件だと、自分が死んだら残された者が生きていけないじゃないか?と言う所で心中すると思うのですが、この家族は他に長男が居るので、長女が自殺しても長男が3人の面倒を見る事ができるわけで、心中する理由が無いように思います。

まー1人で死ぬのが「さびしい」と言う事はあるかもしれませんが・・・それなら可愛がっていたペットを道連れと言う方がしっくりきますけど・・・

仮に長女に自殺する理由があったとしても、心中する理由がありませんね。

真犯人犯行説だと、どういう理由か分からないが、犯人には長女を連れ出して自殺に偽装する必要があったんだろうね。
現場の自宅で自殺に偽装する事もできたと思いますが・・・何が理由なんだろうね。

参考リンク
愛知県名古屋市西区3人殺人事件その5(理由なき自殺)
愛知県名古屋市西区3人殺人事件その7(被疑者死亡で送検)

| | コメント (6)

2013/02/02

愛知県名古屋市西区3人殺人事件その5(理由なき自殺)

この事件で長女の犯行と考えた場合の最大の謎は動機になると思います。
で今回はそのあたりを考えてみたいと思います。

で最初に場合分けします。
1)動機がある場合
2)動機が無い場合
大きくこの二つに分かれます。

1)動機がある場合
今の所、動機らしい動機は報道されていません。隠れた事実があるんでしょうね。
なので捜査の結果を待つ以外にありません。(捜査しても見つからないかもしれません)
将来に絶望するとか、自ら死を選ぶような理由があるのでしょうね。

2)動機が無い場合
さらに二つに分けます。
2-1)衝動的な場合
 
 理由無く衝動的にと言うと、あまりにショッキングな出来事い遭遇してとか言う場合なんでしょうか?コメントもいただきましたが、家族の殺害現場に居合わせたとか、ちょっと想像できませんが・・・

2-2)メンタルの問題の場合
そんな事あるの?って事なんですが、動機が無くても自殺する場合が有ります。
私が思いあたるのは、「うつ病」の場合です。
これは、動機が無いのに自殺する場合ってどんな時と逆から考えた物ですから、実際に長女がうつ病だったのかは分かりません。
うつ病で一番怖いのが自殺です。

うつ病の症状として「自殺したくなる」と言うのがありあす。
そして実際に自殺してしまう事があります。
この場合は自殺するような理由が無いのですが、どうしても自殺したくなってしまうようです。

この場合は周囲の人間には自殺の理由が分かりません。もともと自殺するような理由や動機が無いのですから。

なので、長女がうつ病が原因で自殺したとするなら、家族の殺害は自分が死んだ場合に介護する人、両親祖母の面倒みる人が居なくなってしまうと考えての心中と言う事になるかもしれませんね。

最後の問題が、長女は「うつ病だったのか?」と言う点です。
長女が死亡した今となっては調べられるのは長女の自殺直前の行動と言う事になると思います。

例えば、うつ病の経過としては
A)体がだるいなどの身体の変調
B)食欲が無い、眠れない、仕事などがうまくいかない
C)朝起きれなくなったり、体重がへってきたりする
D)誰かに相談したり、医者にいったりするが原因が分からない
E)自分が怠けていると思うようになる
F)強い焦燥感
G)周囲に迷惑を掛けていると感じ出す
H)こんなに苦しいなら死んだ方が良いと思い出す

とこんな感じでしょうか。

なので長女がうつ病などのメンタルに問題があったのであれば、周囲の人間が何か異変に気付いていたのではないか?と思います。

で、気になる長女のブログの事件前1週間の内容を簡単にまとめると
1月11日(金)16:30 猫の写真
1月11日(金)16:03 犬の写真
1月11日(金)13:35 犬の写真
1月11日(金)11:46 犬、猫3匹の正式譲渡の話
1月10日(木)20:12 犬の写真
1月10日(木)07:13 犬の写真
1月09日(水)22:28 犬の写真
1月09日(水)21:49 犬の写真
1月09日(水)21:28 犬の写真
1月09日(水)21:23 犬の写真
1月09日(水)17:13 里親募集中の猫の写真
1月09日(水)07:37 犬の写真
1月08日(火)22:03 猫の写真
1月08日(火)21:54 犬の写真とイラスト、里親募集中
1月08日(火)16:24 猫の写真
1月08日(火)16:11 犬の写真、里親募集中
1月08日(火)09:03 猫の写真
1月08日(火)09:01 福島での犬猫捕獲の話、支援品のフード配達の話
1月08日(火)07:28 犬の公園デビュー
1月07日(月)22:51 支援品の写真とお礼
1月07日(月)17:37 猫の写真、里親募集中
1月07日(月)17:28 犬の写真
1月07日(月)14:24 現地でのボランティア活動での苦情、不安
1月07日(月)12:30 犬の写真、里親募集中
1月07日(月)10:54 里親募集ページの紹介
1月07日(月)10:32 犬猫の写真
1月07日(月)09:56 犬の動画
1月06日(日)19:43 犬の写真
1月06日(日)08:45 犬の写真
1月06日(日)08:34 猫の写真
1月06日(日)07:44 犬の写真
1月05日(金)22:04 猫の写真
1月05日(金)21:54 イラスト、犬の写真、里親募集
1月05日(金)21:39 支援品とお礼
1月05日(金)20:02 猫の写真
1月05日(金)12:18 犬の写真、里親募集中
1月05日(金)11:16 犬の写真と犬の体重
1月05日(金)08:30 犬の写真

いやーパワフルですね。この一週間でも福島に行ってますし。
たしかにこれでうつ病とはちょっと思えないですね。
ツイッターもやっていたようですが、そちらも犬の事しかなさそうですね。

しかし、一つだけ気になるのが更新頻度が高すぎない?って事かな。
基本的に犬猫の事しか取り上げていないのはそれ専用のブログと考えていたのなら有りでしょうね。

真犯人犯行説をもう少し考えた方がよさそうですね。

参考リンク
愛知県名古屋市西区3人殺人事件その4(裏側から見える物)
愛知県名古屋市西区3人殺人事件その6(犯人の目的)

| | コメント (3)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »