« 福井県鯖江市吉江町6ヶ月長女死亡事件 | トップページ | 精神科ER 緊急救命室 »

2013/03/07

神奈川県川崎市宮前区アパート遺体遺棄事件

3月5日(火)午前9時50分ごろ、川崎市宮前区有馬のアパートの一室で、人の右足首が見つかる事件が起きている。

神奈川県警宮前署によると、このアパートにはパート女性(43)と派遣社員の長男(19)が住んでいたらしい。いずれも連絡が取れなくなっているとの事。

発見された足はくるぶしから下の部分で、タオルと新聞紙で包まれ、台所付近にあった透明のごみ袋に入っていた。近くでは血の付いた包丁も見つかったらしい。

現場は東急田園都市線鷺沼駅から南東約500メートルの住宅街らしい。

室内には他にも人体の一部があったことが分かった。 
同署などによると、最初に見つかったのは、くるぶしの数センチ上から下の右足で、タオルと新聞で包みポリ袋に入れられ、台所の床に置かれていたらしい。
さらに、左足のひざから下が入ったポリ袋も見つかったとの事。
右足の大きさなどから男性ではないとみられるらしい。
近くに血の付いた包丁が落ちており、床には血痕があったが、室内に荒らされた様子はなく、女性と長男の携帯電話が残されていたらしい。

長男は1日まで出勤していたが、2日に「体調がすぐれない」と勤務先に連絡して休み、3日以降は無断欠勤しているらしい。女性も3日から無断欠勤しているとの事。

横浜市都筑区に住む女性の妹(40)の夫(46)が4日午後6時半ごろ、「義姉と2、3日連絡が取れない」と同署鷺沼(さぎぬま)駅前交番に届け、妹夫婦が署員と一緒に部屋を訪れた。ドアは施錠されており室内は無人だったが、署員と妹が5日に改めて訪れ、右足を発見したらしい。

室内から女性の頭部や左腕が新たに見つかったとの事。

発見された左足の骨の大きさなどから遺体は成人女性とみられることも判明したらしい。県警は遺体がこの部屋に住むパート従業員の女性(43)とみて、身元の確認を急いでいるとの事。

玄関は施錠されて室内に荒らされた様子はないものの、ごみが散乱して散らかっていることなどから、県警は6日午前9時ごろから現場検証を再開。同日中に見つかった遺体の司法解剖も実施する予定との事。

アパートの大家の男性(59)によると、親子は平成10年から入居。「賃料の滞納もなく、3月分も2月26日に振り込み済みだった。近隣住民から苦情や相談などのトラブルを受けたこともない」との事。

こんな事件ですね。
情報を整理すると
時系列
3/1      長男、母親出勤
3/2      長男病欠、母親は休日
3/3      長男、母親無断欠勤
3/4 16:30 女性の妹が警察に届ける
3/5 09:50 右足首発見
3/6?     頭部や肩から指先までの左腕が新たに発見

発見された遺体の部位
1)右足首(新聞紙とタオルで包まれポリ袋に)
2)左足の膝から下(ポリ袋に)
3)女性の頭部(状態不明)
4)女性の肩から指先までの左腕(状態不明)
5)部位不明の体の一部
胴体は見つかっていない。

現場の状況
A)玄関は施錠されていた
B)血の付いた包丁が発見
C)床に血痕
D)右足首、左足の膝から下はポリ袋に入っていた
E)室内に荒らされた様子はないものの、ごみが散乱して散らかっていた。
F)母親と長男の携帯電話が残されていた。(携帯電話は3台残されていた)
G)室内にあった女性用の手提げバッグの中から部屋の鍵も見つかった。


まだ結論を出すのは早いね、まだ色々な可能性が残っている

気になるのは、遺体を解体しているのに、どうしてそのままアパートに放置しているのか?
別の場所に移動する予定だったけど、その前に発見されてしまったのかな?

実際に遺体のパーツは全身がそろっていないから、見つかっていない部分は持ち出されていると考えるしかないよね。

他の場所で解体して一部をアパートへ持ち込んだと言うのはあまり意味が無いだろうね。
住人と連絡が取れなければ最初に捜索される場所だからね。
と考えると、アパートの部屋で解体して遺体を移動中に発見されてしまったと言う事かな?

運搬方法にもよるけど、車を持っているなら解体する必要は無いだろうから、徒歩でハンドキャリーか自転車、バイクなのかな?

いずれにしても、そう遠方に遺棄しようとはしていないだろうね。なにしろ、残りの遺体を運搬する為にもう一度現場に戻らなければならないからね。

そう考えると、この騒ぎに気付いて既に逃亡している可能性があるね。

遺体が発見されて困ると言う事だとやはり、顔見知りの犯行なのかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
神奈川県川崎市宮前区アパート殺人バラバラ事件その2(長男逮捕)

|

« 福井県鯖江市吉江町6ヶ月長女死亡事件 | トップページ | 精神科ER 緊急救命室 »

コメント

記事を読んで普通に考えると、くるぶしから下の右足が男性のものかもしれない…というところと、携帯電話が3台残されていたということから、母親と息子が第三者によって被害に遇った…という事件でしょうか。

仮に犯人が単独犯だとすると…被害者が2人であるならば遺体の解体と運搬は、さぞ大変だっただろうなぁ、という気も…火事場の馬鹿力?

投稿: K | 2013/03/07 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福井県鯖江市吉江町6ヶ月長女死亡事件 | トップページ | 精神科ER 緊急救命室 »