« パプアニューギニア魔女斬首事件(救われたい心) | トップページ | 陸上自衛隊大宮駐屯地タイヤ破裂死亡事故(訂正と追記有り) »

2013/04/11

大分県大分市古国府貸倉庫遺体遺棄事件

4月10日、大分市古国府の貸倉庫で腐乱した遺体を大分県警大分中央署員が発見する事件が起きている。

遺体の性別や年齢は不明で、県警は死体遺棄容疑で捜査し、契約者で連絡が取れない大分市の30代男性の行方を探しているとの事。

同署によると、貸倉庫会社の社員が料金を滞納していた倉庫を見に行ったところ、異臭がしたため、8日午後に大分南署に相談したらしい。

遺体はうつぶせで体に土がかぶせられていたらしい。
倉庫の広さは約3平方メートルで窓はなく、出入り口は1カ所との事。
外から鍵をかける構造で中からは開けられないため、警察は、死体遺棄事件として捜査を進めているらしい。

こんな事件ですね。
今の所、身元の死因も分からないから、なんとも言えないですね。
ただ、遺体遺棄事件として見た場合、遺体の隠蔽が不完全なので、犯人は慌てていたのかな?

想定外の出来事で遺体を発見、あるいは死亡させてしまって、とりあえず的に遺棄したと言う所か・・・あるいは、一時的に事件の発覚を遅らせる事ができれば、その間に遠方に逃亡する事ができると言う判断かもしれませんね。

とは言え、倉庫には鍵が掛かっていたんでしょうから、鍵の持ち主には事情を聞かないといけないでしょうね。

|

« パプアニューギニア魔女斬首事件(救われたい心) | トップページ | 陸上自衛隊大宮駐屯地タイヤ破裂死亡事故(訂正と追記有り) »

コメント

大分貸倉庫腐乱遺体は借主38歳男が兄の遺体遺棄か(13/04/15)
http://www.youtube.com/watch?v=VSQ4TnZ_xoc

なぜ兄を?貸倉庫遺体事件で"殺害認める"供述(13/04/15)
http://www.youtube.com/watch?v=n7m2PucfoS8

投稿: | 2013/04/15 20:48

続報です。
大分県警は14日、倉庫の借り主で住所不定、無職、男性容疑者(38)を死体遺棄容疑で逮捕したとの事。容疑は、11年4月ごろ、兄で同市国分新町、会社員、安静(当時44歳)の遺体を同市古国府の貸倉庫に遺棄したとしている。

容疑者は容疑を認め、兄の殺害をほのめかす供述もしているらしい。

県警の調べでは、遺体はじゅうたんと青いビニールシートにくるまれ、その上から砂を掛けられていた。倉庫にはスコップ一つと芳香剤数個などが落ちていた。凶器や倉庫の鍵は見つかっていないらしい。

県警は身体的特徴から遺体を兄と断定。倉庫の借り主である容疑者の行方を追っていた。14日昼ごろ、容疑者が市内のリサイクルショップに1人でいるところを捜査員が発見したらしい。

兄は長男、容疑者は三男で、以前は2人で同居していたとみられる。容疑者は11年4月ごろ、県警大分南署に「(兄が)何も言わずに家を出て行き、連絡が取れない」との捜索願を出していた。その後、兄の車が市内で見つかっているとの事。

殺人事件の大半は顔見知りによる犯行なので、不思議と言うよりは当然と言う感じかな。

それよりも、市内にいたと言うあたりは、遺棄は逃亡する為の時間稼ぎではなかったんだね。
容疑者は楽天的なタイプなんでしょうね。

動機についてはこれから出てくるでしょう。

投稿: ASKA | 2013/04/16 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パプアニューギニア魔女斬首事件(救われたい心) | トップページ | 陸上自衛隊大宮駐屯地タイヤ破裂死亡事故(訂正と追記有り) »