« 児童虐待が起きる4つの要素 | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その4(続報) »

2013/07/29

スペイン高速列車脱線事故

スペイン北西部ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラで7月24日午後9時(日本時間25日午前4時)ごろ、列車が脱線する事故が起きている。

列車はマドリード発、同州フェロル行きで、約230人が乗っていたとの事。

サンティアゴ・デ・コンポステラはキリスト教の巡礼地として知られ、旧市街地は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。
25日は「ガリシアの日」と呼ばれる地元の祝日で24日は前夜祭が開催されていたとの事。

国有鉄道レンフェ(Renfe)は25日、車両は数時間前に点検を済ませたばかりで「技術的な問題は何もなかった」と発表したとの事。

事故が起きたカーブには時速80キロの速度制限があるが、脱線した車両に閉じ込められた運転士は鉄道当局に無線で「時速190キロでカーブに入った」と話したとの事。

地元メディアによると、乗務していた運転士2人のうち1人は以前、交流サイト・フェイスブックに同じ区間を時速200キロで走行したことを示す内容の書き込みをしており、制限時速80キロの区間で速度超過が常態化していた可能性が浮上したらしい。

地元メディアによると、事故現場は速度の出やすい直線区間が約80キロ続いた後のカーブで、速度を制限する自動列車制御装置も設置されていない。捜査当局は、事故の前後、運転士が駅などと交信し、時速190キロを超えていたことを示す内容の録音を入手。監視カメラの映像などからも、速度超過を確認しているとの事。

事故車両はボンバルディアとタルゴが製造し、レンフェがS730型として高速列車「アルビア」に使用。2007─09年に製造されたもので、12年にディーゼルを利用するためにモデルチェンジされた。

この列車は、従来の路線と高速路線の両方を走行できるようにデザインされており、速度超過を制限する安全システムも2種類使用しているとの事。

高速路線では、速度超過の列車を自動的に減速させる欧州規格のETCSを採用。一方、低速路線で採用されているのはETCSより旧式のASFAというシステムで、運転士に速度超過を警告するが自動的に列車が減速することはないとの事。

事故現場は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ駅から約3キロ手前の急なカーブ。鉄道専門家2人は、事故が起きた場所ではASFAが採用されていると指摘する。

ADIFに近い関係者は、安全システムは正常に作動していたとし、事故の1時間前に別の列車が通過した際には問題はなかったと明らかにしているとの事。

また、脱線した列車は始発駅を定刻通り24日午後3時ちょうどに出発。事故発生時刻は午後8時41分で、駅到着時刻の2分前だったことから遅れはなかったとみられているとの事。

運転士が速度超過を警告する表示に気付いて減速を試みたが、事故を避けられなかったとの報道有り。
運転士がブレーキをかけるタイミングが遅れたか、ブレーキに何らかの問題が起き正常に作動しなかった可能性を視野に捜査が進むとみられる。
列車を運行する国鉄によれば、運転士は勤続30年以上で、運転士としても13年の経験があるとの事。

運転士は証言で、「注意不足で制限速度80キロのカーブに時速190キロで突入したことで脱線した」と述べ、過失を認めた。司法関係者によると、線路や車両の状況について不満を語ることはなかったとの事。

捜査当局は既に現場の監視カメラの映像解析などから、カーブでの事故列車の大幅な速度超過の事実を確認している。国鉄によると、運転士は2003年に運転士補佐から昇格して約10年の運転経験があり、事故現場も過去に約60回走行しているという。このため捜査当局は、運転士が高速でカーブに突入することによる脱線の危険性を十分に予見できたにもかかわらず、減速などの回避義務を怠ったとみて立件を進めているとの事。

地元メディアは7月28日、事故で入院中の負傷者1人が死亡し、死者は79人となったと報じた。

こんな事故ですね。
列車脱線事故と言うと、日本で思い出すのは2005年のJR福知山線脱線事故です。
乗員乗客合わせて107名が死亡しました。
この時の原因は脱線した列車がブレーキをかける操作の遅れにより、制限速度70km/hの所、半径304mの右カーブに時速約116km/hで進入した事が直接の原因でした。

この福知山線の時は事故直前にオーバーランなどがあり、運転士が遅れを取り戻そうと速度超過した可能性が指摘されています。

今回のスペインの事故の場合はちょっと、事情が違うようですね。
運行時刻に遅れは無かったようですが、ブレーキ操作が遅れて、80キロ制限の所を2倍以上の190キロで侵入してしまった。不注意と証言してますが・・・この運転士は以前にも事故現場を60回も走行していて問題なかったんですよね。(変な書き込みがFBにあるようですが・・・)
事故が起きた今回に限って、どんな不注意があったのだろうか?

とは、こんな人為ミスを防ぐ為に色々な安全装置があるはずなんですが・・・
警告はするが、自動的に減速しないと言うのはどうなんでしょう?

続報を待ちましょう。

|

« 児童虐待が起きる4つの要素 | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その4(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 児童虐待が起きる4つの要素 | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その4(続報) »