« 介護保険制度 | トップページ | 兵庫県加東市木梨社中学校猫惨殺事件 »

2013/07/10

韓国版女性神隠し事件

7月8日、ソウル近郊の京畿道・竜仁のモーテルで19歳の少年が17歳の少女に性的暴行を加えた後、首を絞めて殺害する事件が起きている。

少年は8日夜に少女を殺害した後、翌日昼までの16時間にわたりモーテルのトイレで工業用カッターナイフを使い遺体を切断。ほとんど骨だけとなった遺体をビニール袋に入れ、残りは便器に捨てたとの事。

この少年に前科は無かった。

こんな事件が韓国で起きていたようです。
場所がモーテルと自宅マンションの違いはありますが、遺体の処理方法がほぼ同じです。
韓国版の神隠し事件と言う所ですね。

ただ、日本の神隠し事件では容疑者は消去法で疑われたのに対して、この韓国の事件では最後に一緒にいた人物としてより積極的に疑われるはずで、バラバラにして遺体を隠蔽する事に意味があったのか?と言うのは疑問です。

バラバラ事件なんて、猟奇的な理由で起こす物ではなく、ただ、どうにか遺体を隠そうと言う理由が殆どですから、猟奇的かどうかと言うのはあまり重要では無いと思います。

私としては、19歳の少年が17歳の少女とモーテルに行って事件が起きた事の方が重要だと思いますが・・・日本で同じ事件が起きてもおかしくは無いと思いますね。

|

« 介護保険制度 | トップページ | 兵庫県加東市木梨社中学校猫惨殺事件 »

コメント

警察によると、少年は今月8日午前5時半ごろ、友人(19)と一緒にモーテルに宿泊した。
午後3時半ごろ、1カ月前に高校時代の友人の紹介で2回会った被害者の少女に、携帯電話で「遊びに来い」とメールを送って呼び出したとの事。
その後、少年は外に出て文具用、工業用のカッターナイフを1本ずつ購入。少年はこれについて「性的暴行を加えるとき脅すために買った」と供述しているとの事。
少年は午後7時半過ぎ、友人がモーテルを出た後に少女を暴行し「警察に通報する」と言った少女の首を絞めて殺害したとの事。

少年はモーテルのトイレで10時間以上かけて遺体を切り刻んだとの事。
カッターの刃が折れると、近くのコンビニで工業用カッターナイフを買い足したとの事。
9日午後1時半ごろ、近所のスーパーで大型のビニール袋を買って切断した遺体を入れ、袋をタクシーに積み30分ほど離れた竜仁市内の自宅に戻った。
遺体の入った袋は家の庭にあった住居用コンテナのたんすに隠したとの事。

少年はその後、SNSの「カカオストーリー」に「きょうは罪責感、悲しみ、怒りといった感情を感じられなかった。わずかなほほ笑みだけが僕を喜ばせた」「悪い感情などなかったし、よい感情もなかった。僕を憎んでほしい。僕は地獄へ行きたかった。地獄に一緒に行きたい人がいる」などと書き込んだとの事。

自首する4時間前には「きょうに限っては気が楽だ。憎まれもするだろうが、僕に対する失望がとても大きいだろうが、そうだ、僕は憎い奴だ。気楽に行こう」と書き残していたとの事。

事前にカッターを用意して暴行する計画だったんですね。
事の後にどうなるか?なんて考えていないんだろうね。

で結局被害者の「警察に訴える」と言う事で対処に困り殺害。

今時の若者なのでネットを使うのは仕方が無いとして本来言う事は別にあるだろ?被害者への謝罪とかね。

いづれにしても、「気楽に行こう」は無いと思う、けれど、これがこの少年の本心なんだろうね。

日本でも少年が脅すより殺した方が金を取りやすいと言って女性を刺殺した事件もありました。

学校の勉強も大切だけど、もっと大切な事があるよね。
それを積極的に教えていかないといけない時代なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2013/07/11 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 介護保険制度 | トップページ | 兵庫県加東市木梨社中学校猫惨殺事件 »