« 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その3(続報) | トップページ | 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その5(位置と時刻の矛盾) »

2013/09/05

三重県朝日町埋縄少女殺人事件その4(待伏せの条件)

今回は待ち伏せの可能性について考えます。まずは続報。

1)捜査本部は、午後10時55分~11時10分までの約15分間に、最後に目撃された付近から遺体の発見現場までの約400メートルの間で、女子生徒が襲われた可能性が高いとみている。
午後10時55分、スマートフォンから別の友人にメッセージを送信。
同じころにはスーパーから西へ約300メートルの県道で、うつむき加減に歩く女子生徒とみられる女性の姿が目撃された(これが最後の目撃情報)

そこから約200メートル先の県道沿いに住む男性は午後10時50分から約10分間、自宅前で体操をしていた。
また、午後11時5~10分ごろには男性2人が車で東から西へ通過し、午後11時10分過ぎには別の男性が逆方向に走行した。しかし、4人とも女子生徒の姿は見なかったとの事。

2)死因は窒息死だったが、首回りには手やひもなどで絞めたような痕はなく、絞殺された場合に起こる、のどの骨折もなかったとの事。
詳しく調べた所、口の周囲で皮下出血の痕が確認され、特捜本部は口や鼻を押さえて窒息させた可能性が高いと判断したとの事。

3)捜査関係者によると、遺体はあおむけで倒れており、両手を頭上に振り上げたような状態だった。司法解剖の結果、手足にうっ血痕がなかった。意識を失わせたり、もうろうとさせたりする薬物も検出されていないとの事。

4)被害者の財布は、被害者が持っていたとみられる黒い手提げかばんの中にあった。

5)被害者の携帯電話などに残っていた指紋を警察庁のデータベースで過去の事件の容疑者の指紋と照合していますが、今のところ一致した指紋はない。

6)津地方気象台によると、同日の四日市市は未明から雨が降り始め、午前6時台に1時間に13ミリのやや強い雨を観測。午後3時すぎに上がったが日没まで曇りだった。遺棄現場の空き地は、ぬかるんだ状態だったとみられる。

遺体の近くに遺棄されていた衣服には、泥にまみれたり、草がこすれた様子はないという。また、遺体はあおむけの状態で見つかったが、背中には目立った傷はなかったとの事。

7)現場に捨てられていた被害者の衣服は、破れたり、切られたりしていない。

時系列を更新
25日夜   :友人の女子中学生と2人で四日市市内に花火を見に行った。
22時34分  :同県朝日町のJR朝日駅で下車。

そのころ、女子生徒の姉がメールをすると「帰るよ」と返信があった
22時45分 :遺体発見現場の小道に不審な白い軽自動車が入るのを目撃
      :被害者がスーパーで友人と別れて徒歩で自宅へ向かう


22時55分頃 :友人がLINEでメール、被害者が返信していた。
     :
スーパーから西へ300mの地点で被害者と見られる女性の目撃情報

23時00分頃 :最後の目撃地点から200m先で22:50分から運動していた男性は被害者を目撃せず
23時5分から10分:県道を東から西へ通過したドライバーは被害者を目撃せず
23時10分過ぎ :県道を西から東へ通過したドライバーは被害者を目撃せず


23時17分頃 :姉が電話をした時には出なかったという。

深夜     :死亡推定時刻は25日深夜

27日     :四日市北署に父親から捜索願が出され、署で周辺を捜索していた。
29日     :14時30分頃 :朝日町埋縄の空き地で遺体を発見

それでは、本題の待伏せの条件について考えます。

四日市の花火大会の情報としては
開催時間:19:15~20:30
観覧場所は2箇所が案内されている。
富双ふ頭
JR富田駅から徒歩 約15分、近鉄・三岐鉄道富田駅から徒歩 約25分

霞ヶ浦ふ頭
JR富田浜駅から徒歩 約20分

観覧は隣駅の富田駅から富双ふ頭に向かったんでしょうね。(TVニュースで隣駅から乗車したと聞いた記憶があります)

帰りに使った電車の時刻表は
冨田駅 名古屋方面(休日)
20時 32〔普通〕53〔普通〕
21時 13〔普通〕42〔普通〕
22時 04〔普通〕26〔普通〕51〔普通〕
23時 17〔普通〕

朝日駅 名古屋方面(休日)
20時 36〔普通〕56〔普通〕
21時 17〔普通〕46〔普通〕
22時 08〔普通〕29〔普通〕54〔普通〕
23時 20〔普通〕
(つまり、富田駅と朝日駅間は3、4分と言う事です。)

花火の終了時刻が20:30分、直後に帰路に着けば、
冨田駅20:53発の電車で朝日駅20:56着となる。

しかし、実際には 冨田駅22:26分発の電車に乗っているので、この2時間は予測できない。
花火大会の屋台などで夕食を済まそうとするのも有りだし、偶然会った友人達とおしゃべりしていても2時間ぐらいはすぐに経ってしまうでしょうね。
そう、この時間は本人にも予測できない時間だと思います。

逆に車の移動時間はJR 冨田駅から遺棄現場 は車で4分(2013/9/6訂正)
白い軽自動車の目撃情報が22:45分 なので22:40までに 冨田駅を出発すれば
待ち伏せは可能になる。
この22:30は被害者が 冨田駅で電車に乗った時刻とほぼ一致するのは偶然か?
被害者が富田駅で電車に乗ったのを確認してから出発しても間に合う時間ですね(2013/9/6訂正)

待ち伏せする場合の絶対条件が一つある。
被害者の帰宅経路を知っている事、あるいは、住所を知っている事。
住所を知っていれば、経路を割り出せるかもしれない。

顔見知りなら待ち伏せは十分可能と言う事になりますね。

待ち伏せだった場合、花火大会で犯人が被害者を見かけて、その後、帰宅まで待ったのか?
それとも、偶然、 冨田駅付近で電車に乗る時刻を予測できた為に犯行を決意したと言う事になりそうです。

それ以外にも、なんらかの方法で帰宅時刻を知る事ができれば待伏せは可能ですね。

朝日駅で降車した後にそのまま帰宅するかは不確定要素ですが、時間が23時を過ぎようとしていますから、これからどこかへ遊びに行くのは家族が許さないでしょうね。

待ち伏せの条件は以下の2つかと思います。
A)被害者の帰宅経路を知っている、または自宅住所から帰宅経路を推測できる事。

B)被害者の帰宅時間を何らかの方法で知る事ができる事。

ただし、今の段階では「待ち伏せ」かどうかを判断する材料がありません。
しかし、車の目撃情報が犯人の車だとしたら、待ち伏せと考えた方が時系列の説明がしやすいですね。
まー全くの偶然と言う可能性はありますけどね。

偶然と言えば、待ち伏せはしていたが、実は別人を襲ってしまったと言う可能性もあるかもしれません。本当に襲う予定だったのは別人だった場合ですね。
そのあたりは、この時間帯に遺棄現場付近をウオーキングやジョギングする人(男女問わず)がいるのか?と言うのが知りたいです。
男性なら、強盗目的、女性なら暴行目的でも有りですよね。

更に、事前情報がなくて通りがかりに突然、犯行を思い立った場合も考えられます。
その場合は奇跡的な偶然と言う事になりますね。

参考リンク
三重県朝日町埋縄少女殺人事件その3(続報)
三重県朝日町埋縄少女殺人事件その5(時刻と位置の矛盾)

|

« 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その3(続報) | トップページ | 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その5(位置と時刻の矛盾) »

コメント

ちょっとメモ
友人と別れたスーパーから最後の目撃地点までの距離は400mでその移動時間は10分、1分間に40mしか進んでいない。
同様に、最後の目撃地点から遺棄現場までの距離はざっと440m、なので同じ速度で歩いたなら11分かかる事になり、到達予想時刻は23:06分頃と言うあたりかな。
白軽の目撃時刻が22:45でその場所で拉致したのであれば、犯人は21分間、待伏せしていた事になるね。

朝日駅を降りて、スーパーから徒歩で現場まで21分。
で、再度ナビを使って富田駅から遺棄現場までの移動時間を算定するとなんと4分しか掛からない。(道のりは3.84km)

富田駅で被害者が電車に乗ったのを確認してから、先回りしても十分に間に合う事になりますね。

投稿: ASKA | 2013/09/06 01:13

徒歩と車の速度差を考えるとスーパーから歩き出してからでも先回り出来るんですね

投稿: ASKA | 2013/09/06 01:39

軽の情報が正しければ、自分も被害者がスーパーから帰宅方向へ歩き出してから、先回りしたものだと思います。
きっと軽はこの辺りを把握していて、直ぐ脇道に入れたんでしょうね。

投稿: ゆう | 2013/09/06 03:05

こんにちわ。いつも、感心しながら読ませていただいております、者でございます。この事件、不可解なことが多く、とても関心が高い事件です。そして、今ふと、思ったのは、被害者は、強姦でも、強盗目的でもなく、見てはいけないものを見てしまった為に殺されてしまったのでは?と、いう内容です。と、いいますと、被害者から犯人の体液が見つかったという情報もなく、殺しかたが絞殺や刺殺ではなく、口と鼻を塞いでの窒息死。脅していて、急に抵抗されたら、なれていない人間なら、殴るとか、急所以外を刺すとか、しそうなものです。死体に、そういう後もないので。また、スタンガン使用説は、そのあとがないので、されていないのではないかと思います。服を脱がせたのは、強姦に偽装する為。金を抜いたのは、偽装ではなく、殺しまでやっているので、強盗殺人になるという考えはなく、単純に、少しでも金があったほうがよいという考え。足跡、指紋からは、犯人にたどりつけない自信があるので、放置。犯人は、二人。一人は、近所に住んでる者。もう一人は、住んでいない者。殺し方が、プロっぽいです。。。ただ、それだと、何故、人も警察も多い、花火大会の日に、ヤバい取引をしたのかが疑問ですが(・・;)

投稿: ケム | 2013/09/06 14:56

現場は森みたいな感じを想像してましたが、実際は畑っぽいですよね。
車を現場の脇道から1、2本手前の道に移動させ待機か、少し暗いけど草木の陰で待機なども考えられそうですが・・・

投稿: ゆう | 2013/09/06 19:56

 こんばんは。この白軽が犯人かそうでないか?遺棄現場の路地に入ったとの情報だから、無関係ということはなさそう。偶然にしては時間が近すぎるという感じ。
私の憶測ですが、白軽は一度被害者を追い越すかすれ違ってから戻っている気がします。その根拠は被害者の前後に人影がないことを確認してから犯行の及んだとの憶測です。ですからその時近くに体操してる人がいては不都合なので、居ない時間帯に犯行に及んだはずです。
それと被害者が道のどちらを歩いていたかです。白軽の運転手が確認しやすい向きもあるし。

投稿: 波越警部 | 2013/09/07 00:54

こんばんはm(__)m
なるほど、人影を確認するためは的確ですね。
自分も、白軽は被害者を一旦追い越し、遺棄現場の脇道でUターンしたのでは?と思いました。この時目撃されたのかなと。
ただ、ひとつ疑問に思うのは、そのあと被害者に車を横付けして声を掛けるなりヤイヤイしてる時に、誰にも目撃されなかったこと。
こうゆう時に限って・・だったんでしょうか。

投稿: ゆう | 2013/09/07 03:43

今晩わsign03とにかく早く犯人の逮捕を望みます。 私の推理は、犯人は複数だと思います。待ち伏せか偶然かは分かりませんが、花火大会で獲物を物色してたのは確かです...被害者の衣服や体が汚れてない事から、被害者は最初は口だけをふさがれた状態で車の中に連れ込まれて強姦されたと思います。体液は検出されてない様だが、強姦されていた痕はあった様です。被害者が発見された場所で最後に口と鼻を塞ぎ窒息させて殺害したのかな?その時手を上に上げた状態で死んでたと言うのは犯人の一人が被害者の手を持っていたのでしょう。犯人はやはり複数。小銭迄盗ってるなんてサイテーな奴等。兎に角この卑劣な犯行は絶対に許せないので早く逮捕してほしい。続報がないのは証拠が特定出来ずに行き詰まっているからなのでしょうかね??

投稿: hiro | 2013/09/07 23:07

もし白軽が被害者の進行方向とは逆(IC方面?)から来て遺棄現場に入ったのだとしたら、待ち伏せも考えられますよね。この付近で被害者を見てないわけだから。
ただ個人的には顔見知りの犯行とは思えません。知人関係なら、今さら捜査範囲を拡大したなんて言うかな?

投稿: ゆう | 2013/09/08 12:54

顔見知りでない場合。。


被害者の後ろ姿を追って「追い抜いて」待ち伏せしたか、
被害者とすれ違ってUターンして「追い抜いて」待ち伏せしたかのどちらかでしょうね。

被害者がスマホに夢中で止まるような速度で歩いていたとしたら、
前方の犯人が被害者に気付かれずに身を隠すように待ち伏せした可能性も考えられますが、
犯人が予め誰か女の子を襲うことを決心してなければ、一度は被害者の背後に回った行程
がありそうな気がします。

出会い頭ではなく、後ろ姿を見て衝動に駆られるように?追い抜いて
身(車)を隠すように待ち伏せした、

こんなイメージです。

投稿: アヒル | 2013/09/09 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その3(続報) | トップページ | 三重県朝日町埋縄少女殺人事件その5(位置と時刻の矛盾) »