« 黒子のバスケ脅迫事件 | トップページ | 和歌山県和歌山市2歳長男死亡事件? »

2013/10/24

三重県鈴鹿市南若松町女児水風呂虐待事件

10月23日、女児を水風呂につからせ心肺停止状態にしたとして、三重県警津南署は、同県鈴鹿市南若松町、無職男性容疑者(41)=傷害罪で起訴=を保護責任者遺棄致傷の疑いで再逮捕する事件が起きている。
容疑を否認しているとの事。

署によると、容疑者は2011年3月19日、津市川方町の自宅で、当時の妻の連れ子で小学5年生の女児に「反省してこい」などと言って水風呂に入るように命じ、低体温症で心肺停止状態に陥らせた疑いがある。

女児は市内の病院へ救急搬送され回復したとの事。

こんな事件ですね。

当日の気象情報を調べると隣の四日市市の1日の平均気温は8.8度、最高16.3度、最低3.4度。
昼間の最高温度16度だったとしても、水はもっと冷たかったはずだから、当然、低体温症になる事は予想できますね。
さらに、心肺停止状態になるって、どれほどの時間、放置していたのか?

やるなら、やるで、見てないとダメだし、長時間行う意味もない、そもそも、こんな事する意味が無いだろうに・・・

41歳で無職だから、お酒でも飲んでいたのかな?
事故だったのなら、注意して欲しいし、日常的に虐待が行われていたのであれば、子供を育てる事ができない人なんじゃないでしょうか?

とにかく、助かってよかったですね。

|

« 黒子のバスケ脅迫事件 | トップページ | 和歌山県和歌山市2歳長男死亡事件? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒子のバスケ脅迫事件 | トップページ | 和歌山県和歌山市2歳長男死亡事件? »