« 千葉県柏市あけぼの連続通り魔殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その51 (ゴミ袋問題解決) »

2014/03/05

岡山県倉敷市真備町金剛寺殺人放火事件

岡山県倉敷市真備町岡田の金剛寺で今年1月、本堂と住宅兼用の木造平屋建て1棟が全焼し、焼け跡から住職の妻が遺体で見つかる火災があり、同県警捜査1課などは3月4日、住職の男性容疑者(54)を殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕する事件が起きている。

「(妻の後頭部を)たたいて火を付けて殺した」と容疑を認めているとの事。

逮捕容疑は1月10日(金)午前7時40分ごろ、自坊の庫裏(台所)で妻(39)の後頭部を、建設作業用とみられる、柄のついた鉄塊(長さ約20センチ)で殴り、火の付いていた石油ストーブに向けて灯油をまき、自坊を全焼させたとされる。妻の死因は、全身に重いやけどを負った為。

県警によると、容疑者は妻と長女(11)、長男(4)の4人暮らし。出火当時、長女と長男は登校・登園しており、寺にはいなかったとの事。

火災で容疑者も喉などにやけどをして倉敷市内の病院に入院。
県警は、容疑者が3月4日に退院したため、事情を聴いたところ、容疑を認める供述をしたとの事。

こんな事件ですね。
今のところ、動機についての情報は出ていませんね。
寺の住職が寺ごと焼いてしまったのですから、相当なパニック状態と言うか、ショック状態での犯行なんでしょうね。
感情爆発と言う事でしょう。

殺害方法もかなり酷いです。妻の後頭部を殴打して、動けなくなった所を、暖房用の灯油を火の付い石油ストーブにそのまま、まいて、火を付けた。
生きたまま、焼き殺してます。動機によっては死刑がでてもおかしくないような残酷な殺害方法ですが・・・

一方で、凶器の鉄塊は多分、偶然あった物でしょうし、灯油も火のついたストーブにまくと言う、一歩間違えば自分も火に巻かれるような方法で放火してますから、計画性は無くて、突発的、衝動的な犯行なんでしょうね。

住職とは言え、やはり人間なので、こんな事件を起こしても不思議ではないのですが、それでも意外に思う人は多いでしょうね。
子供二人がいて、残された子供の将来とか考えると、ちょっとできない犯行です、それほどにショックな事があったのかな?

残された子供達のケアはお願いしたいですね。
4歳の長男は、まだ何が起きたかわからないかもしれないけど、11歳の長女は何が起きたかわかるでしょう。

続報を待ちましょう。

|

« 千葉県柏市あけぼの連続通り魔殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その51 (ゴミ袋問題解決) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県柏市あけぼの連続通り魔殺人事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その51 (ゴミ袋問題解決) »