« 埼玉県狭山市男性巡査無理心中事件 | トップページ | 日本人の美点とその裏返し »

2014/04/19

三重県朝日町埋縄少女殺人事件その14(容疑者逆送)

続報です。強盗殺人などの非行事実で家裁送致されていた当時高校3年の少年(18)について、津家裁は4月18日の少年審判で非行事実を強制わいせつ致死、窃盗と認定した上で、検察官送致(逆送)を決定したとの事。

逮捕当時、少年は警察の調べに対し「女子生徒は偶然見かけた」と話し、「お金が目的だった」と事件への関与は認めるものの、殺意については否認していた。
しかし、捜査関係者などによると少年は少年審判で「わいせつ目的だった。親に知られたくなかった」と供述し、被害者について初めて謝罪をしたとの事。

裁判長は「動機は被害者の人格を顧みない身勝手なもので、酌量の余地はない。反省の態度を示しているが、十分に内省が深まっているとは認めがたい」として、刑事処分が相当とした。

津地検は10日以内に少年を起訴する見通し。

決定によると、少年は高校3年だった昨年8月25日午後11時ごろ、同県朝日町内の空き地付近で、1人で歩いていた女子生徒の鼻や口を手で塞ぎ、失神させた上で窒息死させ、財布から現金約6000円を奪ったとされる。

裁判長は、審判での少年の話や事件の状況などを踏まえ、「被害者がそのうち意識を回復するだろうと考え、意識を失った状態の被害者を放置した」と判断したとの事。

こんなところですね。
すでに沢山のコメントをいただいていますが、予想通りと言う事でしょうね。
次の公判が始まれば、もう少し具体的な情報が出てくるでしょう。

夏の夜の一時の気の迷いだったのか、悪魔の囁きに踊らされたのかわかりませんが、結局それで大きく人生を狂わせる事になってしまいましたね。何の落ち度もなく死亡させられた被害者も無念でしょう。

ただ、一つ気になるのは、容疑者は「不良」と呼ばれるような少年ではなかったので、犯行を決意するまでの過程が知りたいですね。

過去にも似たような事件はありました。徳山高専女子学生殺人事件です
この事件は容疑者が犯行後に自殺していて、詳しい動機なども判明していませんが、犯行時に被害者の首を絞めて性的暴行を行っています。結局被害者は死亡。容疑者は逃亡後に自殺です。

アダルトビデオとか、その手の物は見る側、作成する側に都合よく脚色演出された物です。
その通りに実行しても、上手くいくはずがないのです。
そのあたりの事を理解してほしいですね。
高校生に性教育の時間があるなら、これを教えて欲しいです。

続報を待ちましょう。

参考リンク
三重県朝日町埋縄少女殺人事件その13(容疑者逮捕)

|

« 埼玉県狭山市男性巡査無理心中事件 | トップページ | 日本人の美点とその裏返し »

コメント

花火を見に行く服装にしては当日の彼女の出で立ちはさながらストリートガール、
暑いから軽装はわかりますが 暗い夜道に素足のホットパンツ、目立つ色の薄物カーデン 人目を引く服装はいろんな人に見られる事を考慮しなくてはなりません、無論変態野郎にも
この事件を教訓に女子中学生の外出時の服装身だしなみに注意をはらいましょう 特に田舎においては制服のみにしましょう。

投稿: 江南 | 2014/04/19 16:51

よく街中で見かける怒らない親。
モラルが欠如した変態を作った親がまず咎められるべき。

気を付けなければならないが、落ち度とまでは言えない。
被害者の侮辱はうんざり。

投稿: フリフリ | 2014/04/19 18:28

制服だと安全なのですか?中高生時代は暑いし汗臭くなる&1-2着しかない&易々と洗濯できないため、不必要に着たくなかったのですが・・。
江南さんの意見に従うなら、田舎で出歩く女子供は性犯罪に遭いたくなければ、小学生以下は正装になるドレスか何か、大学以上の若い女性はスーツで出歩かなければならないことになります。
こう考えるとちょっと極論過ぎませんか?

さて、何が自己防衛になる服装なんでしょうかね・・。
①長袖長ズボン
肌を見せないという防衛には最適でしょうが、気になる男性に魅力的だと思われたい若い女性にとり選択肢に上がらない服装でしょう。Tシャツだとかえってピッタリして体型が見えてしまいますし。

②浴衣
着慣れていないと動きにくいことから自己防衛になるのか疑問です。

③スカート・キュロット
生足だったらNGですよね。そうなると結局制服も生足ですからNGになります。下にジャージでも着ますか?

④スカート類の下にストッキングやタイツ
パステルカラーのタイツを合わせるなら生足は連想しにくいかしれません。足の形ははっきり出ますけど。

⑤その他
その他にはコスプレ等でしょうか。夏祭りにそんな服装でいく中学生なんて普通じゃないですよね。犯人に引かれて自己防衛にはなるかもしれませんが。

露出の多い服装は夏祭り会場限定にして、帰りは地味な服装に着替える手もありますが、手荷物や着替え場所の問題がありますね。

ちなみに夜道で目立つ色のカーディガンは交通事故防止の観点からは望ましいと思います。

投稿: つれづれ | 2014/04/23 03:47

まぁここでも論議の対象になってますから答えますが 実際は制服でもアウト!
同じ三重県で起きた鈴鹿女子中学生殺害事件(通称 鈴鹿マジキチ事件)の犯人は異常な制服マニアでしたから 服装変えたからといってあまり意味はありせん。

てばなぜ今回被害にあったか?

答えのひとつは夜道を一人歩きしてたから
そこにハデな服装でしたら遠目からも若い女性と認識できます。

彼女がもし当日ジャージにTシャツでしたらきっと被害は免れたかも知れません。

投稿: 江南 | 2014/04/24 21:08

夜中に出歩くことは自殺行為。
21時、せめて22時以降はやめさせましょう。しかし、被害者の侮辱はいただけません。

投稿: 通りすがり | 2014/04/25 12:40

夜中に街灯少ない田舎道の一人歩きは性犯罪に限らず、ひき逃げ等交通事故の対象にもなりかねません 派手な服装でも友達と一緒ならよかったと思います。


それから侮辱はしてませんよ。

投稿: 江南 | 2014/04/26 20:49

3月24日、判決が出ました。
判決は5年以上、9年以下の不定期刑(求刑は5年以上、10年以下の不定期刑)。
判決理由について、裁判長は「わいせつな行為をしようと思い、背後から鼻、口を手でふさぐなどして、その自由を奪って、空き地に連れ込んだ。悪質で強い非難を免れない」と述べた。

判決が出ましたね。
少年事件の量刑は大抵の場合、軽い量刑になるイメージです。
更生の事を考えて軽くなるのでしょうが、遺族の感情としては、やりきれないでしょうね。

投稿: ASKA | 2015/03/25 06:59

遺族感情は充分わかりますが犯人も偶発的な過失致死で殺害が目的ではなく 責め立てても被害者が戻るわけではないのです。

喉元過ぎれば…。

司法が時間かけ判決下すのにもそれなりの理由があるんですね。

投稿: | 2015/03/26 01:50

表現が不適切で申し訳ありませんが、強姦をし損ねたあげくの過失致死です。(順序は定かではないにしても)被害者の少女は助かっていたとしても犯行時の恐怖や屈辱は死と同等の辛さではないでしょうか。
刑を終えた犯人は20代の若さで出所し、ひょっとしたら年頃になった我が家の娘達のそばで暮らすかもと思うと人事ではありません。

投稿: 丙 | 2015/03/26 17:04

遺族感情は充分わかりますが犯人も偶発的な過失致死で殺害が目的ではなく 責め立てても被害者が戻るわけではないのです。>非常に不愉快極まりない言葉ですね。加害者は一生責め立てられる事を背負う覚悟が無ければ更生は不可能でしょう。被害者側は一生忘れない。忘れられない。

投稿: フリフリ | 2015/03/28 04:03

みなさん、おはようございます。

少年事件の量刑は難しい物があると思います。
軽くして社会復帰させ更生させなければ、再犯の可能性が高くなると言う理屈はわかります。

でも、被害者側としては、邪で理不尽な理由で殺害した犯人を更生させる為に量刑を軽くするなんて事は感情的に受けとめられないでしょうね。そこは時間が忘れさせてくれる事を期待するしかないのでしょうね。

しかし、実際には「人殺し」の烙印は一生ついてくるわけで、刑期を終えたからと言って、「何もなかった」事になるわけではないですからね。
そこは、本人の努力によってのみ解決できる物なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2015/03/29 08:30

被害者側は一生忘れない、忘れられない。>
当たり前です。加害者にとっても同じ。
されど被害者の運命の人に違いはなく 加害者の出所後の誠意(死ぬまで墓参りしたり)にかかっているようですね。
しかし現実に刑期を終えた加害者を邪険にする社会では更正は難しく、舞鶴の容疑者のように犯罪を繰り返し、次なる被害者増産に繋げるのだけは避けたいですね。


投稿: | 2015/03/29 09:51

分かりやすく言いましょう。
責め立てても被害者が戻るわけではないのです。>この言葉は被害者側が謝罪と更生を受け入れて、初めて口に出来る言葉です。

投稿: フリフリ | 2015/03/29 20:36

それはどうかなフリフリさん
死んだ者は二度と元には戻りません、それは誰の目にも明らかです。
たとえ事故や病気でも同じ結果。

ある意味その場に出くわした運命なんです、それは誰にも制御できない
犯人にしてもそこに被害者がいなければ成り立たなかった事件なんです。

されど今生きてるのは加害者なんです。
被害者の供養を背をわせれる唯一無比の人物なんですよ。

投稿: | 2015/03/30 21:42

それはどうかな?はこちらのセリフです。遺族感情を全く理解しておらず。社会を壊す者と普通に生活する者を同じに扱うなど、全く可笑しな話です。

被害者がいなければ成り立たなかった事件ではなく、加害者が行動を起こさなければ起きなかった事件なのです。そこに居た被害者のせいにするなどもってのほかです。

被害者の死を軽く考えていて、早く生きている加害者を更生させて社会に役立たせましょう。というのが、あなたの文章から感じるので不愉快だと言っているのですよ。
これ以上被害者を侮辱したいのですか?

投稿: フリフリ | 2015/03/31 15:01

落ち着いて下さいフリフリさん。
誰も被害者の侮辱を述べてません、

あなたが勝手に決めつけてるだけです。

被害者の死を軽くなど決して思ってません。

しかし不本意ながら侮辱したと思われようが軽蔑されようが、死んでしまった事に変わりはないんです。

社会を壊すような者と普通に生活するものを同じに計らないで>

加害者も社会を常に壊してたわけでなく、常習犯でもありません。
普通に高校生活営んでて就職先も決まってたごく普通の青年なんです。

それだけその時の被害者に魅力を感じたからでしょ。

自分の欲望を抑えきれないその日の廻り合わせに他ならない。
結果若きこれからの青年が社会秩序を無視した違法行為で人生棒に振った。


フリフリさんのように過去ばかりに照準を充ててる限りこの手の犯罪は絶える事はないでしょう。

投稿: | 2015/04/01 18:42

名無しさん、みなさん、おはようございます。

名無しさんへ
言いたい事は分からなくも無いのですが、遺族感情や被害者感情はそういった、理屈で割り切れる物ではないと思います。

被害者が被害にあった事は運が悪かったとして、諦めて、残された犯人の更生を優先してください。と言うような説明の方法では、被害者や遺族は納得できないと思います。

それと、
>過去ばかりに照準を充ててる限りこの手の犯罪は絶える事はないでしょう。

ここの論理がよく分かりません。
再犯の事を言っているのかな?
でも、初犯の場合はむしろ、量刑を重くした方が防犯効果があるのでは?
重くしたから、犯罪がゼロになるわけではないですが、数は減ると思います。

しかし、防犯についてはもっと、根本的な部分で時間をかけた対応が必要なのだろうと思います。

投稿: ASKA | 2015/04/02 07:12

果たして犯人は『普通の高校生』だったでしょうか、私は違うと思います。
犯行後もまるで他人事のようにツイートし、盗んだ金で夏休みを楽しみ(プールで物色していたそう)9月から学校生活を送り、家には被害者と同年代の妹がいる…

裁判では『記憶にない』などと言って自分の罪をかみしめることもしない…

その上での判決はご遺族でなくとも『軽すぎる』と感じて然り。

被害者は『偶発的』な事故で運命を変えられたのではありません

犯人は自分の意志で罪を犯したのだからまずその事を受け止め、真実を打ち明け、更生し、社会貢献してほしい。
出所後のケアも国が整備すべきでしょう。簡単にはいかないでしょうけどね。

投稿: 丙 | 2015/04/02 10:13

私の論理は裁判官に近いようです。
ここにいるASKAの方々には理解し難い事かも知れません。


しかし 現実に軽い罪に収まってます。

投稿: | 2015/04/02 18:55

みなさん、こんばんは

名無しさんへ
難しいところなのですが、名無しさんの意見が間違っているとは思っていません。

社会全体の利益を考えれば、社会復帰させるのがベストの選択だし、その現実的な方法として少年法があると言うのは間違いでは無いと思います。

ただ、その理屈は被害者側としては感情的に受け入れられない物なんですよね。

だから、その理屈で説得するのは無理だと思います。

被害者側からすれば、更生させるから軽い刑にするのではなく、反省しているから許すなんですよね。
なので、順番がそもそも逆なのですが、仕組みとして、この方法しかないのが現状ですね。

少年法と遺族感情はそもそも、相容れない物なんだろうと思います。

犯人に更生の為の支援が必要なように、被害者、遺族側へのケアがもっと必要なんだろうと思いますね。

投稿: ASKA | 2015/04/02 23:43

ASKAさんこんにちわ

仮に私が被害者の親の立場ならまっさきに犯人を殺しに行きますよ。

判決を聞き、やり場のない怒りを覚え憔悴しきり人生に絶望感じるか、反撃を糧とし加害者親族に報復を考えますよ。

しかしそれは自分の考えだけを押し付ける言わば加害者と同じ論理。


よくネット界では加害者を晒し者にしたり 本来関係ない親族兄弟、姉妹の情報から自宅住所まで載せて、さも復讐すべき対象のごとくあからさまにしてる人見かけます。(まるで加害者の妹なら被害者と同じ目に遇わせても構わないくらいの勢いで…)

見てて恥ずかしいですね。

ほとんど赤の他人が攻撃本能を正当化してるだけなんです。自警団ほど怪しい集団はありませんから。

投稿: | 2015/04/03 12:55

そうですね。どこにでも恥ずかしい人は居ます。

投稿: フリフリ | 2015/04/04 10:02

フリフリさん今回の事件でいち早く犯人像に近かったのが事件その2であなたが推理したコメントでしたね、少し嫉妬しました。

投稿: | 2015/04/05 22:34

三重県朝日町で2013年8月、中学3年の女子生徒(当時15歳)を窒息死させたなどとして、強制わいせつ致死などの罪に問われた元少年(20)の控訴審の判決が17日、名古屋高裁であった。裁判長は、懲役5年以上9年以下の不定期刑とした1審・津地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

1審判決を支持です。
懲役5年以上9年以下ですね。

投稿: ASKA | 2015/09/17 20:26

強制わいせつ致死などの罪に問われた元少年(20)について、名古屋高検は10月1日の期限までに上告しなかった。
懲役5年以上9年以下とした一、二審判決が確定した。
確定判決によると、元少年は13年8月、夜道で見掛けた女子生徒の口をふさいで意識を失わせ、わいせつな行為をし、窒息死させるなどした。検察側は一、二審で、改正前の少年法で不定期懲役刑の上限だった10年を適用すべきだと主張していたとの事。

判決が確定しました。

投稿: ASKA | 2015/10/02 13:55

私が言った結末になりましたね。

投稿: | 2015/10/02 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉県狭山市男性巡査無理心中事件 | トップページ | 日本人の美点とその裏返し »