« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その52 (もう一つのアルバイト) | トップページ | 少年法厳罰化に改正 »

2014/04/11

北海道札幌市北区ガスボンベ爆弾事件その2(犯人の思考)

今年1月に北海道警札幌北署の駐車場でワゴン車の一部が焼けた器物損壊事件後、犯行をほのめかす声明文が同署や北海道新聞社などに少なくとも3通届いていたとの事。

関係者によると、同署駐車場で事件があった直後、封筒入りの便箋が同署に届いた。
差出人は匿名で、全文がローマ字だった。青いインクで記され、アルファベットのゴム印を使ったとみられる。

警察官とみられる人物の名前があり、同署への恨みや犯行をほのめかす内容が記されていたとの事。
また警察関連施設への次の犯行を予告する内容も記されていた。一部には犯人しか知らない情報もあったとの事。

北海道新聞社経営企画局によると、同社への声明文は2月初めごろに届き、次の犯行を予告する内容だった。
やはり札幌北署の対応を批判しており、全文がローマ字だった。同社は手紙が届いた直後、道警に連絡した。また、2月20日に大手量販店の靴売り場の一部が燃えた事件の直後も、道警に声明文が届いたとの事。

犯人から送られてきた封筒が、特定の100円ショップで売られているものであることが新たにわかった。
ニュース番組で、犯人に対し、自首を呼びかけてきた、FNN北海道文化放送の中川 尚キャスター宛てに4月8日、犯人を名乗る人物から手紙が届いた。

犯人を名乗る人物からの手紙には「中川氏が自首を勧めておりましたが、申し訳ありませんが、ご希望にお応えできないことをお許しください」とつづられていたとの事。

犯人を名乗る人物からの手紙には、「対応、取り調べ、風紀。(北海道警)北署は、どれもひどいものでございます。小生には、何もなくなってしまい、残っているのは憎しみだけであります」とつづられていたとの事。

北海道警の札幌北署を憎しみの対象と名指しし、手紙の中では、爆発物の試作品を作り、実験したうえで犯行に及んだとの記述もあったとの事。

さらに、5件の事件に使ったという、爆発物の具体的な材料も書かれていた。

犯人を名乗る人物からの手紙には「次は(中略)目も当てられないようにしようかと考えております」とつづられていた。

新たに犯人が送りつけてきた封筒が、特定の100円ショップでしか売られていないことが判明した。

札幌市のテレビ局、北海道文化放送(UHB)に届いた手紙に、札幌北署管内の交番を狙って有害なガスを発生させることを予告する記述があったことが4月11日わかった。

捜査関係者などによると、同社に4月8日に届いた手紙には複数の同署員と同署への批判が書かれ、次は16か所ある同署の交番など警察施設を狙うとの犯行予告があったとの事。

犯行には有害なガスかボンベを使い、「目も当てられないようにする」と書かれていた。
具体的な日時や場所は記されていなかった。これまでに起きた5件はボンベが使われていたが、手紙では同市北区で3月、薬品を混ぜて有害なガスを発生させた、という内容の記述もあった。

こんな所ですね。
とりあえず時系列を更新
1月27日(月)09:40頃 札幌北署駐車場でガスボンベが爆発、ワゴン車の一部が焼ける。

2月はじめ       新聞社に次の犯行を予告する内容の犯行声明が届く

2月20日(木)17:20頃 新川2の大型量販店「MEGAドン・キホーテ新川店」の2階靴売り場で商品の靴などが燃え た。

2月20日の事件の直後  道警に犯行声明が届いた

3月18日(火)16:30頃 屯田8のスーパー「イトーヨーカドー屯田店」立体駐車場3階で、ボンベが爆発。

3月27日(木)18:00頃 同所のホームセンター「ジョイフルエーケー屯田店」の男子トイレでボンベが爆発。

4月03日(木)23:45頃  北区の北海道警の警察官舎で爆発、ガスボンベ3本が破裂、長さ2センチの釘が約100本見つかる。

4月08日(火)     FNN北海道文化放送のキャスターに手紙が届く

犯行声明だしてたんですね。
しかし、内容から警察をターゲットにしたとして、関係のないスーパーやホームセンターを狙ったのはナゼなのか?
犯人を捕まえられない警察のせいで、この事件(被害)が起きたと言う事なのかな?

だけど、犯行声明まで出しているのに、ガスボンベというのがね・・・
それに、筆跡を隠す為のゴム印だろうけど、これもね・・・

次は交番を狙って、有毒ガスを発生と・・・・

犯人の目的は今ある情報から推定して、警察への「嫌がらせ」と言った所なんだけど・・・
まー、手紙や犯行声明の内容が事実だと仮定しても、今、犯人はある選択を迫られている。

それは、被害をどの程度に制御するのか?と言う所かな。

今の所、犯行はエスカレートしているものの、死人や重傷者は出ていない。
それは、犯人がある程度、被害規模を制御しているのだろうと私は考えています。
でも、犯行方法が原始的な為に、結果的に被害が小さくなっただけと言う可能性もあります。

まー、別の方法で死者や重傷者がでるような犯行方法もあるでしょうが、なにしろ、ただの「八つ当たり」ですからね。
犯人もそのあたりは自覚していて、このような、犯行方法を選択しているのかもしれませんね。

それに、1件目の後には犯行声明を出しています。報道はされなかったけど、しかし、今は色々、報道されてますね。
これに対しては、手紙などに書いた、不満や恨みの部分が報道されたわけで、犯人の目的は一部達成されたと思います。

しかし、4月8日にも次の犯行声明を出している、今度は有毒ガスです。
有毒ガスの作成方法など、ネットで誰でも入手可能ですから、実際にそれを作るか?は今の所、不明です。
わざわざ、その製法まで書く必要など無いですからね。ある種の駆け引き、あるいはアピールなのかもしれません。

これら一連の犯人の行動の中で興味深いのは、その思考がある種、偏っているように見える点です。
1)凶器の選択が爆弾、有毒ガス。
2)起爆装置を使わない
3)被害を拡大しようと工夫しているが、設置場所はそれほど、人が多い場所ではない。
4)犯行声明文にアルファベットのゴム印を使う。

こんな所かな。詳しくは説明できないけど・・・
1)の凶器はどちらも、自分自身の体力に関係なく使用できる物ですよね。

2)起爆装置を使わないのは、ある種のリスクがあるのですが、むしろこの事件は「使えない」理由があるのではないかと・・・

3)ある程度、理性的に行動しているのかな?

4)これもねー、他に方法があったと思うけど、結局、この方法を選択しなければならない「理由」があったんでしょうね。

警察に有利な展開かと思いますが、最後に犯人に自殺や自暴自棄な行動をさせないようなプロセスで逮捕して欲しいと思います。

逮捕までそれほど時間は掛からないと思います。
犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
北海道札幌市北区ガスボンベ爆弾事件
北海道札幌市北区ガスボンベ爆弾事件3(容疑者逮捕)

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その52 (もう一つのアルバイト) | トップページ | 少年法厳罰化に改正 »

コメント

英数字でローマ字でゴム印使うって、手間をかけましたね。
執念なのか細かい作業が得意だからなのかわかりませんが、そういう文章の作成は私には無理です。

そして作業ができるだけの時間があるのがある意味うらやましいと思ってしまった・・。
惜しむらくは方向性ですね。同じ細かいものを並べるなら、貼り絵とかちぎり絵とか点画とかいくらでも情熱の向けようがあるものがありますし、暗記系の試験に挑めばいくらでも単語を書き並べて覚えて資格ももらえて一石三鳥なのに。

投稿: つれづれ | 2014/04/23 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その52 (もう一つのアルバイト) | トップページ | 少年法厳罰化に改正 »