« 兵庫県加東市木梨中学高校猫死骸遺棄事件 | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その2(続報とあれこれ) »

2014/09/28

兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件(容疑者逮捕)

まずは事件の経緯
兵庫県警は9月23日、今月11日から行方不明になっている神戸市立名倉小1年、女児(6)=同市長田区長田天神町1=の自宅付近で子供とみられる遺体の入ったポリ袋が見つかったと発表した。
23日午後4時10分ごろ、女児の自宅から約100メートル東の草むらを捜索中の警察官が複数の袋を発見した。
遺体は切断されており、子供とみられる小さな手や頭部が確認されたとの事。

県警によると発見現場の草むらは住宅街の中に建つマンションの裏手にある。これまで何度も警察官が捜索した場所だといい、袋は最近になって置かれた可能性が高いとの事。
近所の人によると、草むらへは車の入れない細道しか通っておらず、普段は近所の住民しか入らないようなところだとの事。

県警によると、捜索中の警察官が手のようなものが見える袋を発見。袋は三つ以上あり、長田署に持ち帰って確認したが、遺体は傷みが激しく、顔からは身元確認ができないとの事。

女児は今月11日午後2時45分ごろに下校した後、家の近所にある祖母宅にランドセルを残し、同級生が住むマンションに向かった。午後3時15分ごろには、マンション北隣のコンビニ店の防犯カメラに、日傘を差して歩く姿が映っていた。

このマンションには女児も8月下旬まで住んでいた。顔見知りの管理人の男性(62)から「(同級生は)おなかが痛くて遊べない」と告げられたため、同級生とは会わず、別の顔見知りの住人男性(70)方を訪れて言葉を交わしていた。

女児は午後4時ごろにマンションを離れたとみられる。玄関口の植え込みでは日傘が見つかった。その後、祖母宅に近い名倉幼稚園や名倉交番前での目撃情報がある。しかし、同5時半ごろ、祖母宅の南東約700メートルの県立夢野台高校のグラウンド前を歩く姿が目撃されたのを最後に、行方不明になっていた。

母親(29)が同日夜に長田署に通報。県警は翌12日、公開捜査として女児の顔写真や服装などを公表。付近の聞き込みや近くの川の捜索、周辺の防犯カメラ映像の分析などで足取りを調べていた。

遺体が入っていたポリ袋の中からは、今月11日から行方不明になっている女児(6)=同区長田天神町1=のものとみられる衣服やサンダルが見つかった。県警は遺体が女児とみて確認を急ぐ。

県警によると、遺体は子供の手や頭部が確認されたが、遺体の一部は見つかっていないという。県警によると現場周辺は今月17日にも捜索したとの事。

警察の記者会見
 「遺体が複数の袋に分けて入れられ、何重にも梱包されている状況だった。犯人の残した証跡を採取しながら作業を行ったため、若干時間がかかってしまった」

 ‐頭部以外の部位は。

 「胴体部分、両脚部分を確認している」

 「(女児の着衣として)手配していたものと同じと思われるワンピース、下着、肌着、サンダルを確認している」

 「今回発見した現場は捜索には至っていなかった」
 「そう。袋の場所は今回初めてだった」

 ‐胴体や両脚は別々の袋に入っていたのか。

 「ごみ袋みたいなもので、何重にも梱包されていた」

 ‐胴体は両手が付いている状態。
 ‐胴体は首から下。

 ‐両脚は太ももから下。

 ‐頭から首までと、首から太ももまでと、太ももから下。

 「ただ胴体の腰の部分は今見た限りでは見つかっていない」

 「司法解剖を待たないと分からない。かなり腐乱している」

 「腰が無いから女性か男性か断定できない状況」

 「女児のリュックサックは今のところ見つかっていない。サンダルはあった」

 「捜査員が聞き込みや遺留品の手がかり発見のために回っている最中に、臭いに気付いて(現場まで)上がって行って発見した」

 「発見場所は階段を上って、さらに斜めになったスロープみたいな場所。下の道からは見えない」

 「ごみ袋の種類はばらばら。同じ物もあるし違うものもある」

捜査本部によると、遺体は頭部や両手がついた胴、両足部分など5つ前後のポリ袋に小分けされた状態で見つかった。
ポリ袋は半径5~10メートルの範囲に置かれ、何重にも梱包(こんぽう)されていた。両足なども発見されたが、腰の部分だけは見つからなかったとの事。口はひもなどではなく、袋自体で縛られていたという。

ポリ袋の中から、女児が行方不明時に身に着けていたワンピースや、サンダル、下着などが見つかった。服は切断されておらず、遺体は裸にされた後に切断されたとみられる。

兵庫県警捜査1課などは9月24日、近所に住む男(47)が関与した疑いが強まったとして、死体遺棄容疑で逮捕状を請求した。
容疑が固まり次第、逮捕する。
遺体の身元はDNA型鑑定の結果、11日から行方不明になっていた市立名倉小1年、女児(6)=同区長田天神町=と判明。
遺体の入った袋からは、男の実名が記載された診察券が見つかり、関与の裏付けにつながったとの事。

神戸市長田区長田天神町1の雑木林で、ビニール袋に入った市立名倉小1年、女児(6)=同区名倉町5=の切断遺体が見つかった事件で、兵庫県警長田署捜査本部は9月24日、死体遺棄の疑いで、発見現場近くに住む職業不詳の男性容疑者(47)=同区長田天神町1=を逮捕した。

捜査関係者によると、女児の遺体が入っていたビニール袋の中から、容疑者名義の診察券やたばこの吸い殻などが見つかった。捜査本部は24日未明に事情聴取を始め、吸い殻に付着した遺留物が同容疑者のDNA型と一致したとの事。

捜査関係者によると、容疑者は11~23日の間に、切断された女児の遺体をポリ袋に小分けにして草むらに捨てた疑いが持たれている。現場から約30メートルのアパートに住み、ポリ袋の中から、容疑者の名前が書かれた診察券が見つかった。県警によると容疑を否認しているとの事。

捜査本部によると、容疑者は容疑について認否を明らかにせず、黙秘しているとの事。

捜査関係者などによると、容疑者は鹿児島県出身。アパートは1人暮らしで、定職を持たず、生活保護を受けていたという。
容疑者は酒をめぐるトラブルを起こすことがあったといい、知人らによると、睡眠薬と酒を一緒に飲んで暴れ、自ら110番通報することが年7、8回あった。今年6~7月にはベランダで何度も奇声を発していたという。

自宅ではネコを複数匹飼っていた。美玲さんもネコが好きだったといい、ネコが2人の接点になった可能性もあるという。また、女児とよく似た少女がネコを目当てにアパートを訪れていたとの情報もある。

アパート住人によると、1年半ほど前にアパートに引っ越してきた君野容疑者の部屋は2階の一室。室内は比較的整理され、パソコンが1台あるだけという。

同じアパートの1階に住む男性は、今月11日以降の深夜に「ドスドス」「ドタドタ」とアパート前の階段を上り下りするような音を聞いた。「誰かが慌てたように行ったり来たりしているようだった。深夜にこんな音がするのは珍しかった」と話した。

また、約1週間前から容疑者の様子が変わったとの情報も。容疑者を見かけた女性は「髪の毛を急に茶色に染めたり、ベランダに出る回数が増えたりし、遺体が見つかった草むらを何度も見つめていた」と証言した。

この草むらは平成7年の阪神大震災で家屋が倒壊。その後は空き地として放置され、地元住民以外はほとんど立ち寄ることがなかった場所との事。

容疑者(47)が、行方不明から6日目の16日に自宅を訪問した県警の捜査員に、失踪当日の女児の様子について尋ねられ、「酒に酔っていて覚えていない」と答えていた。

訪れた捜査員が室内を調べたところ、ポリ袋が雑然と並んでいたものの、女児につながる手がかりはなかった。この時点ですでに殺害されていた可能性もあり、県警は25日午前、容疑者宅を家宅捜索し、女児とつながる物証がないか調べている。

容疑者は、女児が行方不明になった11日午後、長田区内のコンビニなどの防犯カメラ2カ所に女児の後ろを歩く姿が写っていたことから、不審人物として浮上。このため、捜査員が16日に容疑者宅を訪問したという。

捜査関係者によると、捜査員が同日、容疑者宅を訪問し、任意で自宅の中を確認した。部屋は玄関を入るとキッチン、和室、洋室につながる2K。部屋には、生活ごみや食べ残しなどが入ったポリ袋が雑然と並んでいた。捜査員が行方不明になっていた女児について尋ねると、容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と答えた。部屋に女児はおらず、ほかに異常も認められなかったという。
不自然な挙動はなかったが、捜査員は本人の同意を得て室内を捜索。風呂や押し入れも捜したが女児はおらず、女児の所持品なども見つからなかった。

また、遺棄現場で見つかった遺体などが入っていたポリ袋が、神戸市指定のゴミ袋やスーパーのレジ袋などさまざまな種類だったことも新たに判明。現場に残された血液の量がごくわずかだったことから、県警は遺体は別の場所で殺害、切断されたとみている。

県警長田署捜査本部は、別の場所で遺体が切断された可能性が高いとみて、死体遺棄容疑で逮捕した容疑者(47)=同区長田天神町1=の事情聴取を進め、25日午前から同容疑者宅の家宅捜索を始めた。同日午後にも同容疑者を神戸地検に送検する。

捜査関係者によると、ビニール袋は神戸市指定のゴミ袋や、スーパーのレジ袋など複数種で計6個あり、うち3個から切断された遺体が何重にも包まれた状態で見つかった。雑木林内の半径数メートルの範囲に無造作に置かれていたという。

一方、複数の袋から数日分の新聞紙が見つかり、一部には血液が付着していたことから、捜査本部は遺体を切断する際に使った可能性もあるとみて調べている。

まずはここまで
参考リンク
兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その2(続報とあれこれ)

|

« 兵庫県加東市木梨中学高校猫死骸遺棄事件 | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その2(続報とあれこれ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県加東市木梨中学高校猫死骸遺棄事件 | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その2(続報とあれこれ) »