« 長崎県佐世保市高1女子殺人事件その8(児童相談所、追記) | トップページ | 滋賀県米原市顔戸猫胴体切断死骸遺棄事件 »

2014/10/30

北海道札幌市厚別区女性殺害事件その7(過去の事件)

続報もないのですが、このまま、自殺した男性の疑いが濃厚と言う方向で処理されるのかな?
今回は、この事件を考えている時にふと脳裏をよぎった、過去の似た事件の事を書きましょう。
今まで書かなかったのは、この事件ではそれは否定されると考えて、混乱させるような事は書かない方が良いと言う判断からです。

とりあえず、時間も経過し、重要参考人の死と言う形で最終局面を迎えそうなので、今回、書く事にしました。

私がこの事件に似ていると感じた過去の事件は、2007年6月に起きた仙台女性殺人事件です。
概要としては
2007年6月15日午後8時ごろ、仙台市若林区大和町の月決め駐車場に止められた軽ワゴン車の車内で、同市宮城野区蒲生、27歳女性会社員が死亡しているのが発見された。

調べによると、女性は軽ワゴン車の持ち主で、後部座席であおむけの状態だった。服は身に着けておらず、車内には本人のものとみられる服や所持品が残っていた。

司法解剖の結果、死因は窒息死。死亡推定時刻は14日夜から15日夕方の間であった。
遺体には首と口の内側に内出血の跡があった。首にはロープで絞められたような跡はなく、手やタオルなどで首を圧迫されたり、口や鼻を覆われた可能性が高いという。顔全体に殴られたような跡があったが、ほかに目立った外傷はなかった。

女性は14日午後10時ごろ、駐車場近くの勤務先を退社。10時半ごろ、夫が携帯電話に連絡した際は、呼び出し音は鳴ったが電話には出ず、15日午前0時ごろ電話したところ、圏外か電源が入っていないとのメッセージが流れた。

夫は女性の同僚で、2人は5月に婚姻届を出して同市宮城野区で2人暮らしをしており、来月、挙式予定だった。2人の結婚話が職場に流れたのは今年初めごろ。

8月末に逮捕されたのは元同僚の宮城県大郷町不来内、無職33歳女性容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕した。

容疑者は「一人で殺して遺体を放置した」と供述している。
容疑者は昨年春ごろ、被害者、被害者の夫(31)とスーパーの同じ店で勤務し、被害者の夫と、昨年秋まで交際していた。
被害者と夫は今年5月に婚姻届を出し、7月に結婚式を挙げる予定だった。容疑者は被害者の夫につきまとうなどしていたといい、捜査本部は、3人の関係が事件の動機につながったとみて詳しく調べる。

こんな事件でしたね。
似ていると思ったのは、被害者が新婚と言うか、結婚直前の女性だった事。
被害者が服を着ていなかった事。拉致場所と同じ仙台市内に遺体が遺棄された事。
この事件の事が頭をよぎり、人間関係としては、夫や被害者自身の元交際相手も検討の対象になると言う事を考えたわけです。

ただ、この事件の場合、被害にあう直前に婚約者に電話で助けを呼んでいるので、もし顔見知りなら、その名前を伝えている可能性がありますよね。

なので、被害者の元交際相手と言うのは可能性が低いかな?と思いました。
しかし、顔を隠しているなら、可能性は有りとも思うのですが・・・

でもう一方で、婚約者側の元交際相手の場合なら、もしかすると、被害者と面識は無いかもしれない。
だけど、その場合、犯人が女性になり、刃物でも持ってなければ、それほど、警戒されないのではないか?
と言う疑問もありました。

最終的に一番の問題は、この被害者の外出を誘導する事が難しいと言う点ですね。
もし、被害者の元カレが連絡を取るなら、被害者の携帯電話になるでしょうが、それでは、婚約者との間でトラブルを誘発する事ができません。固定電話の可能性もありますが、それなら、それで、通信記録が残るはずです。

で、婚約者の元カノの場合は、連絡する先は婚約者の携帯電話になり、それを、被害者が盗み見るような状況でなければ、トラブルにはならないでしょう。
この場合でも、結局は固定電話と同様に、通信記録が残りますから、通信記録を残さずに被害者を誘導すると言うのは、かなり難しいんですよね。それには特定の条件が必要と言う事です。

こんな事から、似た過去の事例を連想しましたが、私としては、可能性がかなり低いだろうと判断して、記事にはしませんでした。

今回、書いたのはあくまで参考と言うところです。
実際に似たような事件は探せば、沢山できてきますし、もちろん流しの場合も出てくるでしょう。
事件はそれぞれが別の事件ですから、似ているといって、結果も同じとは限りません、そのあたりは実際の事件を推理する上で難しい所だと思います。

参考リンク
仙台女性殺人事件の謎!
北海道札幌市厚別区女性殺人事件その6(計画性)

|

« 長崎県佐世保市高1女子殺人事件その8(児童相談所、追記) | トップページ | 滋賀県米原市顔戸猫胴体切断死骸遺棄事件 »

コメント

仙台の事件と一緒に考えるにはちょっと無理があるね。
単純に、一人歩きの女を狙った流しの犯行だろう。
その確率も奇跡に近いものだが、ゼロではないし。
事後から振り返ると、全てを必然に考えたいのが傍観者のクセであって。
紐解くと、偶然に偶然が重なった事件、のいうのが実際は多いんだろうと思う。俺達が想像してる以上に。

投稿: | 2014/10/30 23:47

名無しさんの言うように偶然に偶然が重なるから事件に発展する気がする
職にあぶれた犯人がプラプラ出歩いたり欲望の赴くまま物色したり 深夜徘徊でたまたま被害者見つけた瞬間はラッキーな気分だったのかもよ
その状況からでも生還して発表されない小さな事件の被害者が実際は多いと思われる。

施錠されてた公園内に入るにしても日頃からふらついてた先に見つけ不特定相手に用意周到な妄想的な計画だったのだろう。

投稿: CHAGE | 2014/10/31 23:16

レイプ被害のほとんどが偶然の重なりで発生してる
たまたまその場所通ったが為に事件に巻き込まれ被害にあってる

それらを予見する事は不可能

犯人に言わせてもそこで被害者にでくわさなければ行為と結果は無かったと言える。

投稿: CHAGE | 2014/11/01 06:07

流しのレイプ犯と自殺がどうも違和感を感じます。
身勝手なら自殺などしない気がして。
裏には何も無いのでしょうか?

投稿: あけち | 2014/11/01 21:35

前科者でDNA採取され発覚し、重要参考人として自宅に踏み込まれ、たまたま留守で逃亡だから かなり追い詰められた結果だろ。

何も不思議はない。

ただ事件は闇に葬られ 殺人も立証は困難
前にも書いてあるが容疑者が殺害したなら遺体は別の場所に遺棄しただろうから 偶発の事故死(凍死)も否定できない

投稿: CHAGE | 2014/11/02 09:37

口説くなるが
奇跡的な偶発だから事件になる
交通事故とは比較にならない確率であろう。
今年起きた女児誘拐殺害事件にせよ、昨年夏祭り帰りのJCレイプ殺人も たまたまそこを通ったばかりに犯人と出会し発生してる。
有名どこでは足立区JKコンクリ事件なども通学通勤途中の一瞬で運命を分けてる。

そもそもレイプ目的殺人事件など偶発の賜物で最悪なのはそれにより一家殺害まで行われた市川一家殺害事件(深夜勉強中のJKがシャープの芯を買いにコンビニに向かったばかりに両親、祖父母から幼い妹まで殺される事になった)
たまたま深夜出掛けたばかりに…。

そして犯人の多くは快楽レイプが目的で殺害は予定外がほとんど。
つまりレイプ中に叫び声あげたり逃げようと抵抗したばかりに帰らぬ人になるケースが圧倒的で最初から計画殺人のケースは日本では稀だ。

見せかけならあるが、殺したい相手を性対象では見難いのが一般的で稀に快楽殺人や女性を恨む育ち方したヤツもいるが それらは連続性になる。

投稿: CHAGE | 2014/11/02 14:18

たまたまなんだろうけど、夜中に一人で出歩いた時点でリスクをせおってます。都会では夜中に若い女性を頻繁に見かけるが、勇気があるのか、無頓着なのか、心配になるよね。

投稿: 空地 | 2014/11/08 10:29

たまたまでかけて被害に遭うという形態は、
茨城女子大生殺害事件に近いかなと思っていましたが
もう真相はわからないですね

投稿: | 2014/11/27 04:42

自殺者が犯人というケースでは岩手県川井村のように
裏があるのかなと考えます。
http://mikaiketsux.web.fc2.com/shimeitehai_obara.html

この事件のように、人為的に真実が永遠に分からなくされるケースもあります。
aska殿、リンクが不適切であれば削除願います。

投稿: | 2014/12/02 07:19

北海道警は1月23日、同市清田区平岡2の2、会社員、男性容疑者(33)=昨年死亡=を殺人と死体遺棄などの容疑で容疑者死亡のまま札幌地検に書類送検し、捜査を終結したとの事。
道警は昨年9月、容疑者を参考人として事情聴取する予定だったが、捜査員の目前で逃亡され、その後、容疑者は自殺した。

送検容疑は、昨年5月4日、厚別区の自宅マンションを出てきた被害者を窒息させて殺害し、数百メートル離れた緑地に遺棄するなどしたとしている。道警によると、2人に面識は無く、容疑者が単独で殺害したらしいとの事。

道警は、被害者が行方不明になった昨年5月4日以降、緑地も含めた一帯を複数回捜索したが見つけられず、3週間以上たった同月28日、散歩中の住民が被害者の遺体を発見した。

捜査関係者によると、被害者の自宅に近い遺体発見現場の遺留物からDNA型の一部が検出され、男のものと一致。男の自家用車内で服のボタンが見つかり、同種のボタンが遺体のそばにも落ちていたとの事。

昨年9月23日、捜査で浮上した容疑者に任意同行を求めようとしたところ、自宅近くで捜査員の目の前で容疑者に車で逃げられた。車は同日夜に小樽市で見つかり、行方不明だった容疑者は同10月6日、北海道仁木町の橋の下で首をつって死んでいるのが見つかった。

こんね所ですね。
面識なしと言う事は、流しの犯行なんでしょう。
偶然、当日の夜、一人でいる所を襲われたんでしょうが・・・運が悪いとしか言いようがありませんね。

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

投稿: ASKA | 2015/01/24 08:03

流しの犯行でしたね。
自家用車内&現場のボタンが男のものか被害者のものか分かりませんが、犯行に車が使われた様子。
面識無しの裏とり済みとしても、携帯発見の有無について発表がなかった?のだけが少し心残りです。

若い女性が夜、人けの無い街頭の下などでメールを打っているのは既出の通りとても目立つ。前後のいきさつから気持ちは分かりますが、、、
御婚礼直前の不運。悲しいことです。被害者のご冥福をお祈りします。

投稿: トモナガ | 2015/01/27 01:40

あくまで容疑者は重要参考人であり殺害犯と決まったわけじゃないですから。

容疑者車内から出た被害者の当日の服ボタン,DNA(恐らく精液が体内から)の一致からレイプ目的の拉致があったと思われる。

婚約中で貞操観念が高かった分 抵抗も強かったのが死に繋がったのかな?

ただ殺害されたか、疲れ果て眠りにつき凍死したかは定かでない。

投稿: 深夜徘徊 | 2015/07/19 02:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長崎県佐世保市高1女子殺人事件その8(児童相談所、追記) | トップページ | 滋賀県米原市顔戸猫胴体切断死骸遺棄事件 »