« 世田谷一家殺害事件再考その124(地蔵の素性についての妄想) | トップページ | リベンジポルノ防止法成立! »

2014/11/20

大阪府茨木市西河原北町3歳女児餓死事件

11月20日、3歳の長女に十分な食事を与えず衰弱死させたとして、大阪府警捜査1課は殺人容疑で、義父の大阪府茨木市西河原北町、大工、男性容疑者(22)と、同居の実母で無職の少女(19)を逮捕する事件が起きている。

長女の死亡時の体重は8キロで、同年代の平均の半分程度しかなかった。

府警によると、6月15日、自宅の浴室で倒れているのに気づいた男性容疑者が119番通報し、病院に搬送されたが死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は低栄養だった。

男性容疑者は「殺そうとしていない。亡くなる数日前からやせ細った。親として責任はあるが、虐待はしていない」、母親は「食事は1日3度与えていたが、好き嫌いが激しかったから死んだのではないか」と容疑を否認しているとの事。

府警によると、死亡したのは少女の実子の長女(3)。生後5カ月のときに、筋力が低下したり、発達が遅れたりする「先天性ミオパチー」という病気を発症。
同症は健常者と比べ体重が軽くなるなどの傾向もあるが、長女が死亡時、極端にやせ細っていたことなどから、死亡と病気の因果関係はないと判断したとの事。

逮捕容疑は今年2月以降、長女に十分な食事を与えないなどして放置し、6月15日、自宅で低栄養によって衰弱させ、殺害したとしているとの事。

司法解剖の結果、長女の腸にはアルミはくやロウ、タマネギの皮が残っていたという。府警は空腹を満たすために自らのみ込んだとみている。また、長女がベランダの手すりに粘着テープでくくりつけられていたなどの目撃情報があるといい、日常的な虐待があったとみて調べているとの事。

一家は長男(1)を含めた4人暮らし。長男への虐待はないとの事。

こんな事件ですね。
容疑は否認しているわけですが、3歳の子供が痩せ細れば、心配になるのが親心と言う物じゃないのかな?
体が小さかったり、成長が遅かったりすれば、やはり他の子と比べてどうなのか?と言うのも気になるでしょう。

それが、倒れて、死亡してしまうまで気づかないとか、病院に連れて行かないと言うのは、親の責任を放棄していると変わらないのじゃないかな?

ミオパチーと言う難病に罹ってしまったのは不幸な事だったし、気の毒で仕方がありません。
ミオパチーは筋肉の病気の総称的意味のようで、調べると、症状は沢山あるんですね。

容疑を否認している今の段階では、なんとも言えないけど、一般的には障害を持った子供が虐待される割合は健常児より4から10倍高いと言う話がありますね。

そりゃあ、子供の将来など考えると悲観的になってしまう事もあるけど・・・
だからと言って、子供には何の罪もありませんよね。
それに、子供は誰だって可愛いですよ。

障害を持った子供は沢山いるし、その親も沢山いる。その大多数は子供を大切に育てています。

気になるのは、この若い夫婦をサポートしてくれる人達が周囲にいたのか?と言う所ですね。
障害児の支援施設などもありますし、リハビリしてくれる病院などもあると思います。
たぶん、普通の自治体なら子供の医療費は無料だと思いますし、援助金を支給してくれる場合もあると思います。

そんな、色々な支援の情報をちゃんとわかっていて、それで長女の病気や発達のケアしていたのか?と言うのが気になります。
活用していなかったのなら、その理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
大阪府茨木市西河原北町3歳女児餓死事件その2(続報)

|

« 世田谷一家殺害事件再考その124(地蔵の素性についての妄想) | トップページ | リベンジポルノ防止法成立! »

コメント

残された長男は、児童養護施設に入ると思うけど、その方が幸せだと思う。最近、貧乏母子家庭の暮らしぶりや、貧困家庭の子供を預かって夕飯を食べさせ、服を洗濯してあげるエセNPOをテレビで紹介し、貧困家庭を皆でなくそうと共産党的な呼びかけをしている。子供のために、なりふり構わず、馬車馬のように働いている親がいれば子供の貧困はないはず。経済力も労働力もないくせに、子供を抱えている親からはサッサと引き離して児童養護施設に入れるべき。国もバカ親共に生活保護や子供手当てなんかやらないで、児童養護施設を増やせ。それに税金を使うのは納得できる。

投稿: 朝日廃刊賛成派 | 2014/11/21 14:47

一見きついご意見に思えますが、吾輩も朝日廃刊賛成派さんにほぼ同意です。朝日の廃刊にも。

投稿: 空き地 | 2014/11/21 23:27

その名の通り偽善者には反吐が出る。
先日の報道ステーション、テレビ朝日同列の朝日新聞、NKKなどが、こぞって何度も「子供の貧困」を取り上げる。こういう虐待事件でも、親に厳罰求めるどころか、逆に「こんな悲劇が繰り返されないよう、もっと手厚い支援を」という世論に持って行く。いくらやったって虐待する奴はする。
「子供の貧困」をセンチメンタルに取り上げるけど、自分の身の程分かってるなら何で産んだの?育てる環境に至らなかったら、避妊してバースコントロールすればいいだろ?
「できちゃった、下ろしたくない、産んだら税金で何とかしてくれるよな…」そんな甘い考えの奴らが、子供持って、子供が邪魔になり虐待するんだよな。

投稿: 偽善者は嫌い | 2014/11/29 08:07

昭和の有名な連続射殺事件の犯人、永山則夫の生い立ちを以前読みました。東北の冬極寒の地で暖房もない隙間だらけのあばら家に永山ら兄弟は放置されていたそうです。あの当時はいちいち報道もされないけど、貧しく無知な親による育児放棄や虐待は全国で起きていたんでしょう。国も地方自治体も一般人もそのコトに無関心だった。
でも今はちがいますね。制度的には五十年四十年前より数段よくなっているはず。。児童相談所も母子で駆け込めるシェルターもある。今回の件も貧困が原因とは言えないと思います。何より祖母が孫娘のことを気にかけていた。ただ育てるのが面倒なら祖母に預けてしまえばいいんですよね。そうすれば子供は死なずに済んだ。祖母からも遠ざけて誰にも見つからないように家の中に隠して餓死させたわけです。まるで子供を殺したかったみたい…。何なんだろう?どういう心理状態?本当に知りたい。

投稿: まーぷる | 2014/11/29 23:47

同じ障害を持つ子の親です。
最後に、障害児を預ける施設を利用しなかったのかと記事にありましたが。
それが充実していません。
リハビリ訓練に通わせたくても、兄弟を連れてきてはダメとかあるんです。
じゃあ、親が近所に、いない場合はどうすればいいのか。
一回8千円も、する保育園の一時利用に預けている、人もいました。
障害の子と、下の乳児を近所の保育園へ連れていくだけでも大変です。
もうこうなったら家事なんてしてられません。

障害児をあずかってくれる施設の有無も最近まで知りませんでしたし、父親からは家事をサボりたいからだろと言われ、理解もしてもらえません。
皆さん、現実を知らなさすぎです。特に男性。

投稿: 同じ | 2014/12/25 14:12

同じさん、みなさん、こんばんは

そうですね、支援施設などは探せば市町村に少なくとも一箇所ぐらいはあると思います。
人口にもよると思いますが、私の住む市には3箇所ぐらいあるようです。

しかし、私もその支援施設を知ったのは最近ですね。それまでは知りませんでした。

たぶん、家族に障碍者が居ない人や独身の人なら男女を問わず、知らない人が大多数でしょうね。

更に、障碍者に対する自治体の援助金なども、その支援施設に行って、説明してもらって初めて知るなんて事も多いと思います。

病院だと、リハビリについての話は出るんですが、援助金や支援施設の話は出ない事もあります。(積極的に教えてくれる病院もあるので、病院によって違うんでしょうね)

障碍者が少数派だと言うのは仕方が無いのですが、そういった情報を周知するような努力を自治体や病院でも、もう少し、して欲しいと思います。

支援施設についても、入所に条件がある場合があるので、どこでも受け入れてくれると言う事もないし、支援施設をもっと充実して欲しいと言う「同じ」さんのお気持ちも分かります。

更に、小さい子がもう一人いる場合は、小さい子の面倒を見ながら、障害児のケアもすると言うのは大変な事なのですが、男性の場合、特に子育てに参加しない男性だとこのあたりの大変さが理解してもらえないですね。

下の子が幼稚園か保育園に通うようになれば、少しは楽になると思います。それまで、もう少しがんばってみてください。旦那様が理解して協力してもらう事ができればもっと楽になるかもしれません。
一度、旦那様と一緒に施設に行ってみたら良いかもしれませんね。

施設によっては、クリスマス会など特定のイベントの時に子供を含めて家族で参加できる場合があると思います。

詳しい事情も知らないのに、生意気な事を言っていたらごめんなさい。

投稿: ASKA | 2014/12/25 22:41

ASKAさん、
私なんかのコメントに、丁寧な返信、ありがとうございます(^ ^)
すみません、うちは、障害の子供、一人いますが、兄弟はいません。ややこしい文章ですみませんでした(´Д` )
でも、知り合いに、下のお子さんがいらっしゃる方もいて、その方の苦労を述べさせてもらいました。
うちが2人目作らないのは、兄弟いた時の苦労などを考えたら、想像を絶するなと思い、あのような文章に。(>_<)。
外の施設に子を預ける事ですが、それを調べたり手続きをする事すら、社会人経験の無い母親には難しかったと思います。それだけ、周知されていない世界の話ですし、きっと周りに気軽に相談出来る同じ境遇のママ友もいなかったのでしょうね。
病院に主治医もいたと思いますが、あくまで医者ですし、こんなつまらない事を医者に相談していいのかと尻込みしてしまう事も多々です。
保健所の保健師も、障害の母親に精通しているベテランな方に出会った事はなく、2年毎に担当もコロコロ変わります。
本当、誰かも書かれてた、子供手当をもらっても、現状何も役に立ちません。それなら、幼い兄弟がいる世帯に対して、うちなら訪問ヘルパーなり、訪問看護なり、派遣してくれたらなあと思います。

投稿: 同じ | 2014/12/29 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その124(地蔵の素性についての妄想) | トップページ | リベンジポルノ防止法成立! »