« 世田谷一家殺害事件再考その131(ハンカチと香水) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その132(逆転の発想) »

2015/01/15

YouTube軽犯罪少年事件

ここ数日、ニュースで話題の事件です。
概略としては、商店で万引きしたり、お店の商品にツマヨウジや硬貨を差し込むなどの動画をYouTubeに投稿して問題になっているとの事ですね。

どうやら、本日15日の時点で、警察は19歳の少年を特定して逮捕状を請求するようです。

投稿者名のプロフィルには、「博多駅で通り魔を犯すとYouTubeに動画をUPして警察に捕まった」などと記載されており。警察は声や店の防犯カメラの映像から、平成25年6月に、ネット上で殺人予告をしたとして威力業務妨害容疑で逮捕された少年の犯行とみて調べていた。

主に殺人事件などの凶悪事件を扱うASKAの事件簿としては、掲載するような事件でもないのですが、気になった事をメモしておきます。

19歳で、当然、これをやった結果、どうなるかぐらいの事は分かっています。
それでも、やっちゃうんですね。
この部分を、「どうしようもないヤツ」とか「ダメ人間」、「悪いヤツ」とか思う人が多いかもしれませんが、私はそうは思っていないです。

どちらかと言えば「カワイソウな人」とか「病んでる人」と感じてます。

どうなるか分かっていて、悪い事と分かっていて、やってしまってますよね。
この部分は、警察に対する反感と言う面もあるかもしれませんが・・・普通ならわざわざ、手がかりを残したりしませんよ。

報道の内容をみると、逮捕される事を覚悟でやっているように見えます。

自暴自棄なのか、あるいは自分の将来に関心がないのかな。

本人は逃亡したり、合理的な行動をしているので、責任能力に問題は無いのですが、結局、分かっていてもやってしまう点が問題で、「病んでいる」と感じる部分です。

こんな事しても、何の利益も無いですから、普通ならやりませんよね。
注目を集めたいとか、承認されたいとか言う、無意識な欲求でもあったのかな?

しかも、前に一度、逮捕されてますから、反社会的な部分も大きいかもしれないですね。

まー、逮捕は時間の問題ですが・・・容疑者が自殺するような事にならないように、慎重に逮捕して欲しいと思います。

動機などはそれからですね。

続報を待ちましょう。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その131(ハンカチと香水) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その132(逆転の発想) »

コメント

警視庁少年事件課は1月18日、建造物侵入容疑で指名手配していた東京都三鷹市の少年(19)を逮捕した。同課の調べに対し「少年法を改正するためにやった」と容疑を認めているとの事。

逮捕容疑は1月5日午後7時ごろ、万引をしたように見せかける虚偽の動画を撮影する目的で、武蔵野市のコンビニエンスストアに侵入したとしている。公開された動画では飲料を店外に持ち出す様子が撮影されていたが、事前に少年が持ち込んだものだったとの事。

同課によると、1月18日午前6時ごろ、同庁に「名古屋から京都方面に向かう電車に乗っている」と情報提供があり、関係府県警に連絡。午前7時半ごろ、滋賀県警米原署の捜査員が、同県米原市のJR東海道線米原駅に停車中の普通電車内で少年を発見し、同署に任意同行した。少年は落ち着いた様子で抵抗などはしなかったとの事。

少年は公開した動画で逃走をほのめかしており、警視庁は15日に少年の逮捕状をとり、全国に指名手配していた。

まーそりゃあ、当然、逮捕されますよね。
当然です。ただ、本人が逮捕される事を想定しているようにも見えるので、本当の動機が何なのか気になるところですね。
今のところ、「少年法を改正するためにやった」と話しているようですが・・・

これって、「厳罰化しろ」と言っているのかな?
厳罰化については、昨年4月に少年法改正案が可決・成立してますけどね・・・
万引きなどの比較的、軽い罪に対しても、もっと厳罰化しろと言っているのかな?

凶悪事件に対しての厳罰化は大いに賛成なのですが・・・、比較的、軽い罪に対する厳罰化はどうかな?と思う所はありますよね。

結局、少年法と言うのは罪を犯した青少年の更生を主な目的とした法律だと思うんですよね。
(だから、許されると言うわけでもないですが)

それは置いといて、そもそも、彼はなぜ「少年法の厳罰化」を望んでいるのか?それが問題ですね。

彼は、口では「少年院に行きたくない」と言ってますけど、その割には、どうみても、何もかもズサンで、逮捕されないと思う方がどうかしていると思える状況ですよね。

なので、私として「逮捕される為」「少年院に行くため」「しかも、長期間少年院に入る為」に今回の騒動を計画したのではないか?とさえ考えています。

しかし、それなら、もっと思い罪を犯せば済む話だけど・・・と言う疑問はありますね。
前回が威力業務妨害で少年院に入ってますから、それより重い罪を犯せばよいが、それには抵抗があると言う事か?

いずれにしても、逮捕されてますから、詳しい事はこれからの供述を待つとして、精神鑑定も必要かもしれませんね。

2015/01/19 訂正
殺人予告の時は威力業務妨害で逮捕でした。殺人未遂での逮捕ではありませんでした。文章訂正しています。

投稿: ASKA | 2015/01/18 13:14

えっ?前回は殺人予告との記事を見たんですが殺人未遂…でしたか??

投稿: トモナガ | 2015/01/19 02:43

トモナガさん、今晩は

ご指摘ありがとうございます。早とちりですね。
前回は「殺人予告」で逮捕されましたが、容疑は「威力業務妨害」だったようです。
「殺人予告」だったのでうっかり、「殺人未遂」と早とちりしてしまいました。

投稿: ASKA | 2015/01/19 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その131(ハンカチと香水) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その132(逆転の発想) »