« 世田谷一家殺害事件再考その136(みきおさんの格闘場所) | トップページ | 神奈川県川崎市中1少年殺人事件 »

2015/02/21

愛知蟹江町男性殺害事件その25(一審死刑判決)

愛知県蟹江町で2009年5月、一家3人が殺傷された事件で、強盗殺人罪などに問われた中国籍の無職、男性被告(31)に対する裁判員裁判で、名古屋地裁は2月20日、求刑通り死刑を言い渡した。東海3県の裁判員裁判では初の死刑判決との事。

判決によると、被告は同年5月1日午後10時ごろ、被害者方に侵入。物色中に家人57歳に見つかったことから、モンキーレンチでなぐって殺害し、さらに帰宅した次男(当時26歳)を包丁で刺殺し、翌未明に帰宅した三男(30)の首などを刺してけがさせ、現金約20万円を奪った。

強盗殺人罪の成立を主張する検察側に対し、弁護側は殺人と窃盗罪の適用を求めていた。

一審判決が出ましたね。
二人を殺害し、もう一人も死んでもおかしくなかった。むしろ殺害するだったけど、結果的に生かす事になった。
目的も強盗だった。

二人殺害なので、死刑と無期のボーダーライン上だったと思います。
3人目は死亡してないけど、刺してますし・・・
二人殺害で「強」がついてますから、やはり死刑なんでしょうね。

ただ、この事件については、ちょっと、被告の行動も、この事件の結果に深く結びついているのかな?と思います。

この被告人は土地の人間でもないし、被害者一家とは面識もないでしょう。
予備知識が無い状態で、猫が入った入り口を偶然に見つけて、強盗に入ってしまった。

安易に強盗する事、自体が当然、問題なんだけど、その時、家人に発見されて、これを殺害。

まー、出たとこ勝負の安易な犯行の招いた結果だから、それ自体、被告に全ての責任があるんですよね。

しかし、その後の被告の行動が、更に被害を拡大させてますね。
遺体を隠さずに、そのまま、現金を奪って逃走していたら、次男の帰宅する前に犯行を終えていたと思います。

なぜか、遺体を隠して、その後も現場に居残った為に、次男の帰宅に遭遇し、これを殺害、さらに、そのまま居残って、三男の帰宅にも遭遇してしまう。

このあたりの感覚がちょっとわかりません。
なぜ、居残ったのか?
そんな事しなければ、被害は拡大しなかったのに・・・

普通の感覚だと、迅速に短時間に犯行を終わらせるのが人情かと思うんですが・・・

それは、横に置いておいたとしても。
犯罪を犯すような状態になる前に手を打てなかったのかな?

そもそも、留学していて、お金に困窮するなら、事件を起こす前に帰国したら良かったと思いますけど・・・

|

« 世田谷一家殺害事件再考その136(みきおさんの格闘場所) | トップページ | 神奈川県川崎市中1少年殺人事件 »

コメント

高裁で控訴棄却です。
一家3人を殺傷したとして強盗殺人などの罪に問われ、1審・名古屋地裁で死刑判決を受けた中国籍の無職、男性被告(32)の控訴審判決が10月14日、名古屋高裁であった。裁判長は「被告人の生命軽視の度合いは著しい。死刑は避けられないとする1審判決の根拠は合理的で不当とは言えない」と述べ、弁護側の控訴を棄却した。
被告は出廷しなかった。弁護人は判決を不服として、最高裁に即日上告したとの事。

1審判決(今年2月)は「逃げずに金を奪おうとした居直り強盗」として強盗殺人罪を認定。「強固な犯意に基づく執拗で冷酷な犯行。死刑を回避すべき特別な事情はない」として求刑通り死刑判決を言い渡していた。

7月に始まった控訴審で弁護側は「強盗の意思はなく強盗殺人罪は成立しない」などとして無期懲役が妥当と主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。14日の判決で裁判長は「侵入前に被害者家族と遭遇することを予想しており、強盗目的が推認される」と述べ、弁護側の主張を退けたとの事。

控訴審判決によると、被告は09年5月1日夜、被害者方に侵入して金品を物色中、女性に見つかったため、モンキーレンチで頭部を殴って殺害。さらに、帰宅した次男(当時26歳)を包丁で刺殺、翌2日未明に三男(31)の首などを小刀で刺して重傷を負わせ、現金20万円を奪った。

控訴棄却ですね。上告したようですが、新しい証拠、証言でもないと、棄却されるんじゃないかな?

2人殺害で罪状に「強」が付くとやはり、死刑でしょうね。
最終ラウンドの最高裁の判断に注目です。

投稿: ASKA | 2015/10/15 07:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その136(みきおさんの格闘場所) | トップページ | 神奈川県川崎市中1少年殺人事件 »