« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件 | トップページ | 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その3(計画性) »

2015/02/08

和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その2(容疑者逮捕)

1)県警岩出署捜査本部は2月7日未明、事件に関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で、現場近くに住む無職、男性容疑者(22)を逮捕した。捜査本部は6日深夜から、容疑者の自宅を家宅捜索した。目撃情報などから容疑者が浮上した。

2)殺人容疑で逮捕した容疑者(22)が「男の子を殺していません。見たこともありません」と容疑を否認しているとの事。

3)容疑者は事件後、髪形を変えていたとの事

4)捜査本部によると、容疑者は今年1月上旬、塾に通うため自転車で外出していた男児の中学生の兄を、何のきっかけもなく、いきなり傘を持って追い回したが、兄は自転車で振り切り、けがはなかった。
また、容疑者が男児の自宅前の路上に立ち、長時間、家の様子を見ている姿を目撃した近隣住民がいるとの事。

5)容疑者の自宅は現場の空き地から北西約50メートル。空き地から男児の自宅は東へ約20メートルしか離れていない。現場は地元の人以外に訪れる人がほとんどいないことから、捜査本部は土地勘のある人物の犯行とみていた。事件直後に現場から逃走した男を目撃した通報者の証言から、容疑者の犯行と断定したとの事。

6)県警や近隣住民によると、容疑者の一家は二十数年前に住宅街が造成された頃からの住民で、現在は両親と姉との4人暮らし。父親は仏教系大学の教授。容疑者は地元の工業高校を中退後は、自宅に引きこもりがちになり、人付き合いも減ったとの事。

最近は、自宅敷地内や近くの川の堤防で、縄跳びをしたり、ゴーグルを着用して木刀のようなもので黙々と素振りをしたりしているのを目撃されていた。子供の頃に剣道教室に通っていたこともあり、住民らは「トレーニングをしている」と思っていたとの事。

7)近所の会社員女性(46)は容疑者が子供の頃、「お菓子をあげようか」と声をかけても「親に怒られる」と言って断ることもあった。女性は「厳しくしつけられているという印象だった」と話しているとの事。

中学・高校で同級生だった会社員男性(22)も容疑者について、「物静かでおとなしく、話しかけても『うん』などの短い返事が返ってくるだけだった。高校もいつの間にか中退していた」と話しているとの事。

8)容疑者(22)の自宅から、和歌山県警は凶器とみられる剣のような形の大型ナタ3点(いずれも刃渡り約40センチ)を押収した。ナタに血痕は見当たらないといい、県警はDNA型鑑定などで詳しい調べを進める。

押収されたナタは分厚いところで背の厚さが1センチほどある大型のもの。3本のうち2本は先端が鋭利、1本は少し丸みを帯びている。ナタ3本は容疑者の自室のプラスチック製衣装ケース内にあった。所有に銃刀法上の規制はないが、これほどの大型は林業や狩猟にもほとんど使われないといい、県警は入手経路などを調べる。事件現場の草むら付近からは複数の足跡も採取しており、重要な物証とみている。

9)県警は、容疑者のものとみられる紺か黒のパーカや青色ズボン、ゴーグル(保護眼鏡)の他、パソコンや携帯電話も押収した。現場の空き地付近で事件前後に目撃された刃物の男は、紺色の作業服にジーンズ姿でゴーグルのようなものをかけていたとされ、県警は関連を調べる。

10)容疑者(22)宅から血痕が検出されていた。

こんなところですね。
逮捕の決め手は目撃証言と言う事ですね。

あとは、物証が出るか?と言うところです。
自宅から発見された血痕が被害者男児の物と一致すると、かなり強力な物証になるでしょう。
凶器については、押収されたナタが凶器とも限りませんね。別の凶器で犯行を行い、どこかに遺棄している可能性もあります。

いずれにしても、現在、捜査中ですから、捜査の結果を待つことになるでしょう。

ところで、私は日本には「悪い連鎖反応」のような物があると考えています。
あるところで、自殺や事件が起きると、それに触発されて、似たような環境の人物が似たような事件を起こす事が時々あります。

私はこの事件や、この前の名古屋の77歳女性殺人事件が起きた時、佐世保の同級生殺人事件と同様に「人を殺してみたい」と言う動機の「悪い連鎖反応」(模倣犯)なのかもしれないと考えています。

ただ、今回の事件については、容疑者の犯行ならば、どちらかと言うと、殺人願望ではなく、社会への反発や、自分自身の境遇の不満などが原因のように思います。

続報を待ちましょう。

参考リンク
和歌山県紀の川市小5男児殺人事件
和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その3(計画性)

|

« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件 | トップページ | 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その3(計画性) »

コメント

「連鎖」と言われてみれば、先日の福岡での女の子の殺害事件も、神戸市長田区の女児殺害事件からの連鎖だろうか…その前(だったかな?)の岡山での女の子の誘拐監禁事件からの連鎖の可能性もあるのかな。

ネット社会になり情報が得やすくなったのもあいまって日々、追いきれない程の嫌な事件のニュースが舞う…まったりとした生活が老若男女関係なしに、実に出来難い時代になりました。

昼間に外で普通に子供が遊べない、気軽に子供などに大人が声をかけずらい社会になって行くのは、どことなく寂しさを感じます。

投稿: | 2015/02/08 18:43

ASKAさんの気になるジャンル、猫と幼児虐待…。

弱いものに刃を向けるのは被害者からすれば鬼が金棒持って追いかけてくるイメージですね。

昔から悪い人は居まして私の幼い時も親は知らない人に付いていってはダメとよく言われ続けた記憶あります。

学校でも知らない人にお菓子やおもちゃに釣られて付いて行っては絶対ダメと。

それは思春期でも大人でも同じ事ですね。

投稿: コナン テキスタイル | 2015/02/09 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件 | トップページ | 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その3(計画性) »