« 福井大准教授院生女性殺人事件その2(不明な状況) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その137(残された指紋) »

2015/03/27

兵庫県西宮市津門住江町遺体遺棄事件

兵庫県西宮市の川で人の両腕や体の一部とみられるものが相次いで見つかる事件が起きている。
腕には切断されたような痕があり、警察は事件の可能性が高いとみて捜査するとの事。

3月24日(火)、兵庫県西宮市の津門川で人の両腕が見つかりました。
腕は刃物などで切断されたような痕があり、現場の近くからはレンガと新聞紙が見つかっているとの事。

一方、26日(木)午後、腕が発見された現場から230メートル下流を捜索していた警察官が、新聞紙が付着した体の一部とみられるものを2つ見つけたとの事。
こちらも、そばにひもで縛られたレンガが置いてあったとの事。

司法解剖の結果、年齢や性別、死因などは不詳だが、腕の長さから身長140センチ台との事。
両腕は前腕部で、他に発見された二つの肉片の一方は太ももの一部と判明。身長140センチ程度の成人のものとの事。

捜査本部によると、
それぞれ10cm程度の大きさで、表面には新聞紙が付着していました。また、近くの川底ではひもで縛られた2個のれんがも見つかっているとの事。
新聞紙に覆われた肉の塊の一つには骨が付いており、太ももの一部という。もう一つの部位は不明。腕の肉は切断されていたが、断面が腐敗しているため、凶器の判別は難しいとの事。
いずれも死後に切断されるなどした可能性があるとの事。

捜査本部は、川底から見つかったれんがは、腕などを沈めるために使われたとみており、いずれも橋の近くで見つかったことから、橋から投下された可能性があるとの事。

捜査本部は、腕などの状況から、川に遺棄されて1カ月以内で、いずれも同時期に投下されたとみて調べているとの事。

これまで、肘から先の両腕のほか、10センチ程度の人体の一部とみられるもの2個が見つかっている。

人体の一部とみられるもの2個のうち、1つは足の付け根の部分とみられる。捜査本部は、DNA型鑑定で性別や、両腕と人体の一部とみられるものが同一人物のものかなどを調べるとの事。
また、腕の断面などから、死後に切断されたとみられるとの事。
2つの人体の一部には新聞紙が付着していたほか、周囲にひもでくくったレンガ2個が3組沈んでいたとの事。

こんな事件ですね。
整理すると
・発見されたのは腕の肘から先の部分、両腕分が川底から発見された。
・さらに下流から人体の一部と見られる10センチ程度の物体、2つが発見される。
・発見された遺体の一部の近くにはヒモでくくったレンガが発見されている。
・特に、10センチの物体の近くで発見されたレンガは3組あった。(2コの報道もある)
・遺体の一部には新聞紙が付着していた。
・レンガは橋の近くで発見されている。

第一印象で言うと、解体が細かすぎますね。
普通なら、ここまで小さくする必要は無いと思います。
まー、普通なら解体の手間と運搬の難易度のトレードオフになる。
しかし、それでも、これは小さすぎますね。

ここまで、小さいのなら、ゴミとして出しても良いぐらいです。
しかし、犯人はあえて、新聞紙で梱包して、レンガの重りを付けて、川に投げ込んでいる。
ここまで小さければ、重りを付ける必要も無いと思うけど、重りを付けてますね。

これは、遺体が人の目に触れる事を避ける為だと思うけど・・・
その反面、一目で人の手と分かる状態の前腕部も同じように遺棄してしまうと言う、ミスも犯している。

犯人は慎重に行動しているようで、ちょっと間が抜けているような印象ですね。

遺体の解体が運搬の為であれば、犯人は徒歩か自転車、バイクといった移動手段しか持たないのかもしれませんね。

運搬以外の快楽目的での解体だったとしても、運搬手段があれば、川に投げ捨てたりしないでしょう。

被害者の身元が分かれば、事件解決は意外に早いのが、バラバラ事件だったります。

今回は手がかりに「指紋」と「DNA」、「新聞紙」がありますね。
まずは、不明者リストとの照合でしょうか。
それから、残りの遺体の発見ですね。
どれも、同じようにレンガを付けて沈めているなら、レンガの数はかなりの数になるはです。
となると、他の川に掛かる橋の周囲の捜索も必要ですね。

ただ、ちょっと気になるのが、解体の細かさです。
これだけ細かい解体は、最近では島根の女子大生殺人事件ぐらいしか思い浮かびません。
しかも、西日本での事件です。
意外な展開もあり得るのだろうか?

続報を待ちましょう。
2015/03/27追記
でも、犯人の性格が違うから、島根事件と同一犯と言う事はなさそうですね。

参考リンク
兵庫県西宮市津門住江町遺体遺棄事件その2(窃盗容疑で逮捕)

|

« 福井大准教授院生女性殺人事件その2(不明な状況) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その137(残された指紋) »

コメント

遺体を隠すためにレンガなんていう軽いものしか使うことができなかったということは、この犯人は非力な人物だと思います。女性の可能性が高そうです

投稿: でぃっく | 2015/03/28 17:01

遺体の一部は高齢女性の物と見られるとの報道がありました。
周辺での年金受給者の安否確認も捜査しないといけませんね。

でぃっくさん、おはようございます。
小分けにしたのも、重い物をもてないからでしょうね。

投稿: ASKA | 2015/03/29 07:53

私はこの事件を知ったとき真っ先に思い付いたのが、藤沢悪魔払いバラバラ殺人ですね。
ここまで細かく処理する理由があまり思い付かないので、宗教と結びつけていました。

そもそも細かくするのであれば、川に投棄するのは発見されるリスクが高くなりそうなものですし、焼いて簡単な防腐処理をして、少しずつ廃棄したほうが安全そうです。

突発的な事態で混乱した状態でここまで至ったのか、はたまた計画的かで見方がかなり変わりそうです。

投稿: あまた | 2015/03/29 21:08

島根のバラバラ事件と言うよりか、能古島のバラバラ事件の方に似てると思う。能古島の時はビニール袋に入れて川(海?)に捨てたら浮き上がって失敗したから、今度は沈めようと思いレンガを使った…なんてのは、こじつけすにぎませんかね。

福岡と兵庫では離れ過ぎている?いやいや、舞鶴の容疑者も兵庫(大阪だったかな)に来ていたし、神戸市長田区の女児バラバラ事件の容疑者も鹿児島から兵庫に来て生活をしていましたね。

犯罪を起こす人たちの行動・移動範囲は、思ってる以上に広いなと感じる時があります。

投稿: ラザロ | 2015/04/02 22:39

遺体を隠すのに埋めるか水に沈めるか、手法が分かれます。水に沈めるケースも海、川、ダムなどさまざま。どういう理由で分かれるのかね?
今回はなぜ川なのか?最近では相模川事件がありましたな。
犯人の生活圏に川があるということか。
埋めるところがないか、足がない。足がなければダムにも行けない。海は遠くもないが、運べない。すると、犯人は川の近くに住んでいる人だね。
こんな感じで警察も人物を絞り込んでるだろうから、もうすぐ捕まるじゃろう

投稿: 空き地 | 2015/04/05 23:50

遺体をバラバラにして棄てるという行為は、そのままの遺棄や簀(す)巻きなどにして川や海に投げ捨てる行為よりも手間ひまがかかります。ましてやこの事件は、バラバラにしてから重りを付けて沈めていますから、より手間ひまがかかってる。

つまり、そういう時間的余裕のある生活をしている人物ということですね。そして、バラバラにした遺体を、犯行現場に置いておく訳にはいかない状況が訪れそうだったのでしょうかね(友人知人の訪問、腐敗が気になりだしたなど)、だから棄てに行ったのかなと思います。


別のバラバラ事件(島根)の場合は、バラバラにしてから山にまで棄てに行ってるというのは、時間的にかなり余裕のある印象です。でも、棄てに行ったということは、遺体を置いておきたくないと思ったか、やはり置いておけない状況だったのでしょうか。

もし犯人が一軒家に一人暮らしで住んでいたなら、人を殺しても自宅の庭に埋めたり、床下に隠したり、衣装ケースなどに入れて保管したり・・・様々な手段がありそうですが、わざわざ解体してどこかへ棄てに行く・・・という行為は、犯人像の手がかりになる気がいたします。

投稿: | 2015/04/11 02:41

遺体を細かく切ってる時点で一人暮らしの可能性が高いでしょう。
複数の人と暮らしてたらそんなことはやりにくいでしょうから。

投稿: でぃっく | 2015/04/11 07:49

みなさん、こんにちは

あまたさんへ
そうですね、確かにここまで細かくすると、遺棄方法も他に考えられますね。その意味ではあえて、何か、急いで処理しなければならない理由があったのかもしれません。

ラザロさんへ
同一犯かは今のところ、なんともいえないですが、もしや?と言うのは、どことなく連想してしまいますね。

空き地さんへ
意外に捕まりませんね。でも、犯人が既に割れていても、裏付け捜査に2、3ヶ月はかかるでしょうね。

名無しさんへ
確かに遺体の遺棄方法には個性が出ると思います。
それに、空き地さんの言うように、環境なども強く影響するでしょうね。

ただ、島根の事件はわざわざ、遺体を担いで山頂付近まで登ってますから、犯人の強い意志の表れなのでしょうね。

投稿: ASKA | 2015/04/11 17:55

でぃっくさん、家族と一緒に住んでた医者の息子が妹を殺害してバラバラにして、その遺体を自宅のクローゼットの中に袋に入れたまま置いてた事件も過去にはありましたから…。犯人が一人暮らしでなく仮に複数人と同居でも、その同居人が旅行中や出張中、或は入院中や里帰り中などならば…。

投稿: | 2015/04/12 06:37

70代の内縁の男が聴取されてるようです。
どなたかの見立て通り、「力らの無い人物」でしたね。

投稿: | 2015/04/24 12:51

レンガをつくる会社に勤務してたことがありますが、一つ一つはけっこう軽いですよ。犯人が15~40歳くらいの男性であれば、力が強いですから重しにはもっと重いもの、例えばコンクリートブロックや大きな石のようなものを選んだと思います。

投稿: でぃっく | 2015/04/25 06:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福井大准教授院生女性殺人事件その2(不明な状況) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その137(残された指紋) »