« 東京都板橋区赤塚新町鳩斬首事件 | トップページ | 兵庫県西宮市津門住江町遺体遺棄事件その2(窃盗容疑で逮捕) »

2015/04/30

神奈川県湯河原町女性殺人放火事件

4月21日6時頃、神奈川県湯河原町宮下の女性(66)方から出火、木造平屋建て約50平方メートルを全焼した。
県警小田原署によると、室内から女性の遺体が見つかり、額の右側に包丁のような刃物が刺さっていたとの事。
同署は殺人事件の可能性が高いとみて捜査している。

同署によると、この家に1人で住む女性と連絡が取れないといい、遺体は女性の可能性が高い。
遺体は、寝室のベッドの上で掛け布団を頭までかぶった状態で見つかり、頭には刃物が柄の部分まで刺さっていた。
家は施錠されていたものの、玄関の引き戸のガラスが割れていたとの事。
寝室はすすけた程度で、隣室の居間が燃えていたという。

近隣住民によると、女性は普段から車椅子やつえを使って生活し、早朝から夕方まで地元の障害者福祉施設に通っていたとの事。
現場はJR湯河原駅から南西約200メートルの商店街の一角。

県警などによると、住宅は施錠されていたが、玄関のガラスが割られて外側から鍵を開けられる状態だったほか、付近の路上で血痕も見つかった。
女性は寝室のベッド上であおむけの状態で発見。
長袖のニットとスパッツ姿で、着衣に乱れはなく、布団がかけられていた。リビング付近が最も激しく燃えていたとの事。

また、出火の約6時間前には、女性方から南東へ数百メートル離れたアパートの一室に男が押し入り、住人の男性会社員(61)を鉄パイプのようなもので2回殴り、頭部にけがを負わせて逃走する事件が発生。同署は傷害などの疑いで男の行方を追うとともに、2つの事件の関連を調べている。
襲われた男性によると、男は長さ50~60センチの水道管のようなものを手に「おまえを殺す」と脅された。

男は年齢が20~30代で身長約170センチ、口元をタオルのようなもので隠し、襲撃の際、「あんたから金は取れない」「地元の者だ」「世の中に恨みを持っている」などと話していたとの事。

男性によると、20日午後11時15分ごろ仕事を終え帰宅。帰り道、電信柱に隠れる男を見かけた。「変なヤツだな…」。不審に思いつつ自宅へ帰って数分後、長さ60センチぐらいの鉄パイプを持った男が侵入してきたとの事。

「お前を殺す」「どこの者だ? 誰にも言わないから帰れ」「地元の者だ」

制止する男性とこんな会話を交わしたという男。「俺は生まれてすぐ捨てられた」と自分の境遇についても口にしたが、突然、男性の後頭部などを鉄パイプで殴りつけてきたとの事。

「鉄パイプを奪おうと夢中だった」という男性は激しいもみ合いの末、何とか外に逃げ出した。男も追いかけてきたが、JR湯河原駅の方向へ立ち去ったという。男性は自宅に戻って110番通報したとの事。

司法解剖の結果、死因は頭蓋骨骨折などに伴う脳挫滅と判明した。

捜査本部によると、遺体は顔や頭に刺し傷や切り傷、殴打痕が十数カ所あり、頭蓋骨(ずがいこつ)が折れていた。傷は顔と頭にしかなく、抵抗した際に手や腕にできる「防御創」は確認されなかった。
頭や顔に十数カ所の刺し傷や切り傷があったほか、顔面に鈍器で殴られたような痕もあったとの事。

死亡推定時刻は、出火の約1時間前の21日午前5時ごろで、遺体に煙を吸った形跡はなかった。捜査本部は何者かが殺害後、屋内に火を放ったとみて、延焼の状況や現場の遺留品などを調べているとの事。

作業所の男性所長(55)は、前日の20日午後3時半ごろ、送迎車で帰宅する女性(66)を見送ったのが最期との事。

捜査関係者によると、防犯カメラは現場近くのパチンコ店に設置され、出火のあった21日早朝に女性方を出て、近くのJR湯河原駅方面に向かう不審な人物の姿が写っていたとの事。

同時刻ごろ、女性宅から立ち去る不審な男が目撃されていたことも判明。
30代くらいで身長170センチ程度、グレーのウインドブレーカー姿だった。捜査本部もこの情報を把握。出火の約6時間前に約350メートル離れた集合住宅で男性会社員(61)を鉄パイプで襲った男と特徴が似ており、関連を調べているとの事。

女性方の玄関や出入りの可能な窓は全て施錠されていた。
捜査本部は何者かが女性を殺害後に放火し、鍵を掛けて逃走した可能性があるとみている。

捜査本部は、遺体が見つかった寝室のベッド付近で血痕を採取するなど、遺留物の有無を調べているが、これまでに鍵は見つかっておらず、持ち去られた可能性もあるとみている。

また、同じ日に近くで起きた傷害事件で、男性会社員(61)を襲った男も「鍵を出せ」と要求していたことが新たに判明。捜査本部もこの情報を把握しており、関連を慎重に調べているとの事。

捜査関係者によると、防犯カメラに不審な人物が映っているのは、火災が発生する約1時間前の21日午前5時ごろ。玄関付近から黒っぽい人影が現れ、扉を閉めるようなしぐさをした後にJR湯河原駅方向に立ち去った。女性の死亡推定時刻とほぼ一致し、午前6時すぎに消防隊が現場に到着するまで人の出入りは確認されていない。夜間から未明にかけては黒一色で何も写っておらず、侵入した経緯の判別は難しいとの事。

この住宅の玄関や窓の鍵が全て施錠されていた。
捜査本部によると、自宅は玄関の鍵が掛かっていたほか、格子の付いている台所以外の窓は全て施錠されていた。玄関のガラス部分が一部割れていたが、消防関係者が消火活動の際に割ったとの事。

女性が通っていた福祉作業所の関係者は「女性は用心深くて常に施錠する習慣があった」とし、手伝いを頼まれて訪問した際も「扉をたたくと『誰?』と聞いてきて、名前を言うまで鍵を開けなかった」と説明している。

現場検証の結果、部屋の中から、女性のものとみられる現金が入ったポーチが見つかっていた。
また消火活動前に、室内に物色されたような形跡はなかったとの事。

血痕は遺体の見つかった寝室に集中していて、女性は寝室で殺害された可能性が高いことがわかった。

最も燃え方が激しい居間から灯油ストーブと灯油を入れるポリタンクが見つかった。警察は、犯人が灯油を居間にまき、火をつけた可能性もあるとみて焼け跡を詳しく調べているとの事。

遺体の額に刺さっていた包丁を鑑定した結果、柄や刃の部分から指紋が検出されなかったことも判明。捜査本部は証拠を残さないよう手袋などを着けていた可能性があるとみているとの事。

似た男が、湯河原駅構内の防犯カメラに、エスカレーターに乗って、ホームに向かう姿が映っていたことが、新たにわかった。

捜査関係者によると、女性が殺害されたと推定される21日午前5時すぎ、同駅のエスカレーターを上り、ホームに向かう男が構内の監視カメラに写っていた。下り線は同6時台まで電車がないことから、捜査本部は男が上り電車に乗り、立ち去った可能性があるとみている。カメラは上下線のホーム数カ所に設置されているが、男が電車に乗り込む姿を捉えた映像はないとの事。

女性宅の出火約1時間前には、玄関から立ち去り、同駅方向に向かう人影が付近の防犯カメラに写っていた。捜査関係者によると、同駅のカメラに男が写ったのは、この直後だった。女性宅と同駅は直線で約200メートル。

駅の映像は比較的鮮明で、男は若い人着という。

東海道線は午前5時台までは小田原や横浜方面の上り電車しか走っておらず、5時45分発の東京方面、宇都宮駅(栃木県)行き電車に乗った可能性が高いとみられているとの事。

遺体の額に刺さった包丁からは、柄や刃の部分から指紋が検出されなかったことも判明。事件の約5時間前に近くで起きた傷害事件では、男性会社員(61)を鉄パイプで襲った男が手に靴下をはめていたことが分かっており、捜査本部は、付近の公園で発見された鉄パイプを鑑定するとともに、2つの事件の関連を慎重に調べている。

遺体は額に包丁が刺さっていたうえ、顔などに十数か所の傷がありましたが、後頭部には目立った傷が無かった。

県警小田原署捜査本部は30日、DNA型鑑定の結果、女性は住人の女性と判明したと発表した。

こんな事件ですね。ちょっとまとめましょう。
*被害者
現場の一軒家に住む、66歳女性、足が不自由だと思われる。

*遺体の状況
顔面と頭部に複数の切り傷、刺し傷、鈍器で殴ったような痕、頭部に包丁が刺さっていた。
防御創はない。遺体は頭まで布団がかぶせられていた。

*死因
司法解剖の結果、死因は頭蓋骨骨折などに伴う脳挫滅。

*死亡推定時刻
出火の約1時間前の21日午前5時ごろで、遺体に煙を吸った形跡はなかった。

*その他
死亡推定時刻の1時間後の6時頃、出火、現場建物を全焼。
建物は出入り口が全て施錠されていた。
火元と見られる居間から、石油ストーブとポリタンクが見つかっている。
家の鍵は現場検証でも見つかっていない。
一方で、現金の入ったポーチが見つかっている。

*時系列
4月21日
5時頃:現場から出ていく人影を近くの防犯カメラに映っていた。死亡推定時刻も5時頃。
5時過:湯河原駅構内の防犯カメラに男の姿が映る。
6時頃:現場で出火、通報。
6時過:消防隊が現着

こんな感じですね。
疑問は色々ありますね。
1)用心深い被害者は多分、出入り口に施錠していたと思います。
犯人はどうやって、現場に侵入したのか?(この日だけ偶然、施錠を忘れたと言う可能性は否定できないけど)

2)なぜ犯人はドアを施錠したのか?
発見を遅らせる為の工作?でも出火すれば、必ず発見されるはず・・・
むしろ、出火してから被害者の発見を遅らせる為の工作と考えた方がよさそう。
つまり、遺体をできるだけ焼こうとする為の工作だった?
しかし、それなら、火元は居間ではなく、遺体のあった寝室になるはず?

3)人影が立ち去ってから、出火までに時差が1時間あるのはなぜか?
灯油をまいて、放火したなら、10分もかからず、炎や煙が出るでしょう?
1時間後に出火するには、なにか遅延させる工作があったと考えないと説明できないでしょうね。

4)執拗な攻撃はなぜか?
ただ、殺害するのが目的だったとしても、ちょっと、傷が多すぎると思う。
しかも、足が不自由な66歳の女性で多分、就寝中。
情報が不足してますが、凶器を複数用意していた可能性もありますね。
初めての犯行で加減が分からない?

5)顔に布団をかぶせている。
顔に布団がかぶっていたのは、ちょっと不自然な気もする。
最初は布団を掛けただけで、遺体を隠したと思ったけど、不十分でその後、放火する事を思いついたと言うところかな。

6)現場の石油ストーブは偶然?
経済的な面を考えれば、暖房器具は灯油と言う事になると思うけど・・・
しかし、足が不自由(確証はないけど、日常的に車椅子や杖を使ってい事から判断しています)なら、給油の心配の無い、エアコンを使う可能性もあるけど・・・
犯人が偶然、この家に侵入したのだとして、最初から放火を計画していたなら、放火する為の道具は持参しそうですけどね。

7)偶然?計画的?
犯人は徒歩で逃走しているようだし、電車で逃走しているようなのですが・・・
この場合、当然、時刻表が気になりますよね。
5時45分発の東京方面、宇都宮駅(栃木県)行き電車に乗った可能性が高い?

本当に電車で移動するなら、この時間は外せないわけです。
しかし、駅まで200mですよね。徒歩でも数分で到着します。
5時って時間は少し早すぎないかな?
死亡推定時刻が推定できなかった場合、6時の出火の時期に死亡したと誤判断する可能性があり、その時、電車に乗っていれば、それがアリバイになると言う計算なのかな?

もし、計画的な犯行だったとしても、電車を使う犯人にとっては不利な時間帯だと思うけどな。

偶然だとしたら、やはり、被害者が偶然、この日、玄関に施錠を忘れたのかな?
ただ、偶然だとしたら、この日、犯人は犯行が可能な家を物色していた事になり、玄関が施錠されてない家を複数、物色していたと考える方が自然ですよね。
まさか、最初の一件目で、これも偶然、被害者宅が施錠を忘れていたと言うのは、かなり奇跡的な偶然に思えますね。

8)5時間前の男性襲撃事件との関連は?
正直難しいですね。もし、同一犯だったとしたら、犯人は5時間も周辺をうろうろしていたと言う事になりますよね?
60cmの鉄パイプは近くの公園に捨てたれていたようですが・・・
では、女性を襲った時の鈍器はどうしたの?
って考えると、犯人はこの近くに家があって、一旦、家に戻り、別の鈍器や凶器を持参して、女性を襲撃したと言う事になる。

男性の方は深夜に物色していて、たまたま、目についた61歳の男性の後を付けて、襲撃した?
でも、玄関が施錠されているかいないか?は五分五分の確率ですよね?
それなら、路上で襲った方が確実ですが・・・
家に侵入したのはやはり、金品を狙った強盗の意図があったから?
殺意を装ったのも、脅す為の材料?
だけど、「金は取らない」ってのも意味不明ですね。

この時、指紋が残らないように、手に「靴下」をしていた、ってのは、計画的とは思えないけどね。
それに、これから殺す相手とは言え、余計な事を話し過ぎてる。

もし、二つの事件が同一人物の犯行なら、同じ日に2件の事件を起こしている事になる。
それだけ、追い詰められていると言う事なのかな?

9)動機は?
正直なところ、分かりません。
もし、男性襲撃と同一犯なら、強盗目的の可能性もあるかもしれません。
しかし、女性が就寝中なら、殺す必要は無かったはず・・・
女性の寝言や寝返りなどの動きに、気づかれたと勘違いして、咄嗟に殺害したと言うのも有りかもしれません。
意図せず、殺人を犯してしまい、焦った犯人が現金を盗まずに逃走したと言う事かな?

あるいは、あのISSの残虐な犯行に触発された人物による「殺人願望」の実践と言うのも有りかもしれません。

10)犯人像
これも、いま推測されるのは防犯カメラの映像の
「30代くらいで身長170センチ程度、グレーのウインドブレーカー姿」と言うあたりかな。

ただ、犯人が遠方から電車を使って遠征してきたとはちょっと思えないところもあります。
特に男性襲撃事件と同一人物だとしたら、凶器の60cmの鉄パイプを電車で持ち運ぶのは、ちょっと勇気が必要でしょう。
それに、二つ目の犯行時刻が、終電の後になっているのが解せません。
朝まで現場周辺をうろうろしていたと言うのも、ちょっとなさそうな気がします。

私としては、犯人は現場周辺に住む人物で、電車で逃亡したのは、犯人の住所をミスリードする為の工作の可能性も有りかと思いますね。

いずれにしても、女性宅を選択した理由、侵入した方法が犯人の手がかりになりそうな気がしますね。

そして犯行時刻が捜査に有利になると思います。
犯人逮捕に期待しましょう。

犯人は逮捕される前に自首した方が良いでしょうね。

参考リンク
神奈川県湯河原町女性殺人放火事件その2(公開映像)

|

« 東京都板橋区赤塚新町鳩斬首事件 | トップページ | 兵庫県西宮市津門住江町遺体遺棄事件その2(窃盗容疑で逮捕) »

コメント

女性を殺した人物は被害者と顔見知りだった可能性が高いですね。ふとんをかけたのは遺体の発見を遅らせるためというよりは自分が被害者を見たくなかったからでしょう。 
また、はじめて入った人物ならたぶん外側からカギをかけるなんてことはしないでしょう。
犯人がこの事件以前に何回か外側からカギをかけたことがあるのだと思います。

投稿: でぃっく | 2015/05/04 02:12

男性会社員(61)が言っていることに若干の不自然さを感じるんですが。。。

投稿: でぃっく | 2015/05/07 21:52

早朝の電車に乗ったなら各駅改札の切符とか,SUICAの記録をチェックすれば,できないのか?な~~ンかまどろっこしぃ!!

投稿: Masa | 2015/05/16 17:37

男性会社員襲撃犯は、最初は脅すつもりが被害者側の対応が巧かったのか身の上話になり、途中で興奮してしまい襲った・・というような流れでしょうか。
慣れていない強盗や何かはウェルカムな対応をされると戸惑い、何もせずに帰るなんてこともあると聞いた事があります。

投稿: つれづれ | 2015/05/24 15:00

初めまして、興味深い内容なのでしばらく読ませていあただいております。

そういえばこの事件実話〇ックル〇にも出てましたねぇ。

この犯人事件現場の近所の人の様な気がします。

近所の人でなきゃこんな朝早く事件起こす事できないと思いますもの。

電車に乗ったのはとりあえずどっかに逃げたいと思っただけなのかも。

これからもよろしくお願いしますね。

投稿: 大高忠敬 | 2015/06/03 00:22

みなさん、おはようございます。

事件から1ヶ月過ぎましたが、動きはありませんね。
まー、通常の事件でも逮捕まで3,4ヶ月かかるので、犯人の絞り込み、裏付け捜査の最中かもしれませんね。

犯人逮捕に期待しましょう。

投稿: ASKA | 2015/06/03 07:16

「なんらかの事情を知っていると思われる人物」の防犯カメラの映像が公開されましたね。一年も経ってから公開するんですね。。。。
それはさて置き、どなたかにお尋ねしたいんですが、この若い男性が持っているチェックの紙袋、(多分外側にビニールのカバーみたいな物が付いている) これ時々電車の中などで見かけますけど、どんな人がどんなシチュエーションで使うんでしょ?どこに売ってるのかしら?やっぱり駅ですか?
と言うのは、私もメインの鞄以外に紙袋ももち歩くことがありますが、それは大抵 自分が買い物したデパートやブティックなんかのか友達がウチに持って来た手土産の紙袋です。だから あの手の紙袋を使ったコトがありません。つまらないコトが気になってしまいました。

投稿: まーぷる | 2016/04/21 20:29

まーぷるさん

映像見ました。この手の袋は紙袋の外側にビニールが被せてある種類のものですね。コンビニなどで売られていると思いますよ。オタクっぽい人がよく持ってますが(決して犯人がオタクという訳ではなく)恐らく耐久性が高いというのが一番の理由ではないでしょうか。

紙袋だと重いものを入れるのには合わないし、かといってこの犯行の為にしっかりしたバッグを買うほどでもない。なので丈夫で処理しやすい袋をチョイスしたのではないでしょうか?

投稿: 裏銭 | 2016/04/22 13:12

裏銭さん、ありがとうございます。
そう言えば電車で見かけた人の中には他に鞄やリュックみたいな物は持たずにこの紙袋だけ持っている人もいました。あまり服や持ち物に興味が無さそうな男性。そういう人は普段から鞄代わりにこの手の紙袋を使っているんでしょうね。
この映像の人物もそのタイプにも見えます。
もちろん 計画的な犯行なら、ワザと普段は使わない紙袋を犯行のために用意して普段とは違う服装で出かけるというコトもあるかも。でも、やっぱり 私はなんとなく、この映像のイデタチが彼の普段の姿に近いんじゃないかという気がします。男性被害者の証言と相まってそんな人物像が浮かびます。(まぁこの人物が容疑者である可能性がどのくらいのレベルなのか知らないけど。)

投稿: まーぷる | 2016/04/22 20:22

・最初に襲われた男の人が犯人を見かけた道の先にはライオンズ
 マンションがありこちらの住人を狙っていた可能性。
・男性を襲った後、迷いなく駅の方に追いかけていった。。
・駅の近く細道で隠れるのに最適な障害者の家を選ぶ。
以上のことから土地勘はあると思われる。あと子供料金を使ったり
大きな紙袋を持っているなどから、生活貧困者ではないかと思われる。
しかし、着替えたり完璧に顔を隠しているのも引っ掛かる。被害者
との会話も以外とまともだし・・・。

投稿: n | 2016/04/25 22:44

nさん、こんばんは

男性を襲った犯人と同一人物だとすると、計画的では無いと思うのですが・・・生活貧困者(ホームレス)で徒歩で街から街へ移動している途中で起こした事件なのかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2016/04/27 19:50

男性を殺害しなかった理由、犯人が自己開示した訳をよく考えてください。また、駅の防犯カメラの犯人の動作を良く見てください。
犯人が、若い男性であるという根拠は、どこから
えられましたか?犯人は知能犯ですよ。

投稿: 六曜鬼 | 2016/05/04 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都板橋区赤塚新町鳩斬首事件 | トップページ | 兵庫県西宮市津門住江町遺体遺棄事件その2(窃盗容疑で逮捕) »