« 鳥取県倉吉市4ヶ月長女虐待死事件 | トップページ | 石川県金沢市野町子猫惨殺事件 »

2015/05/16

愛知県名古屋市77歳女性殺人事件その6(タリウム)

続報です。
1)宮城県の私立高校在学時、中学時代や高校での同級生の男女2人に劇薬「硫酸タリウム」を飲ませて殺そうとしたとして、殺人未遂容疑で再逮捕したとの事。
「タリウムを飲ませて症状を観察したかった。2人でなくてもよかった」などと容疑を認めているとの事。
名古屋地検は15日、殺人容疑で勾留していた女子学生を処分保留とした。殺人未遂の非行内容と併せて家庭裁判所に送致する方針。

2)再逮捕容疑は、2012年5月27日ごろ、宮城県のカラオケ店で、中学時代の同級生だった女性(19)のソフトドリンクに硫酸タリウムを混ぜて飲ませたとされる。また同28日~同6月上旬ごろ、通っていた高校の教室で、同じクラスの生徒だった男性(19)が持参したペットボトルに硫酸タリウムを混ぜて飲ませたとされる。

合同捜査本部によると、男性は、手足の痛みなどを伴う末梢(まっしょう)神経障害のほか、両目視力が急激に低下するなどして入院。
女性も当時、末梢神経障害のほか、腹痛や脱毛などの症状があり、治療を受けたとの事。
現在、女子生徒は会社員、男子生徒は大学生で、ともに19歳。

2人の体内に当時、タリウムがあったことや、女子学生が宮城県の隣県の薬局でタリウムを購入していたことが裏付けられたとの事。

女子学生は今年1月に殺人容疑で逮捕され、今月12日まで名古屋地検が鑑定留置していた。地検は刑事責任能力があるとみており、同級生への殺人未遂の非行内容と併せ、「刑事処分相当」の意見を付けて家裁送致することを検討しているとの事。

3)容疑者の父親が事件直前、宮城県内の警察署に「娘が親のクレジットカードで変な薬を買っている」などと相談していたとの事。この後、同級生は体調を崩し、別の警察署に被害届を出したが、両署で情報が共有されていなかった。

捜査関係者などによると、女子学生の父は2012年5月中旬、当時高校2年だった女子学生を連れて警察署を訪問。複数の薬びんを持参し、親のカードで勝手に薬を買っていることや非行についての相談をした。女子学生は署員に「調合して実験するため」などと説明。署員は危険な取り扱いをしないよう指導したとの事。

 被害届を受けた署は、高校の教員らに事情を聴いたり、校内の薬品を調べたりしたが、同じクラスにいた女子学生に事情聴取などはしなかった。一部の高校関係者は、女子学生の父が警察に相談していることを把握していたが、男性の薬物中毒と関連づけていなかったとの事。

捜査関係者によると、女子学生が親のカードで買ったとされる薬の中にタリウムは入っていなかった。ただ、女子学生が薬物に強い関心を示していたことが判明していたのに、関係者の間で情報は共有されなかったとの事。

宮城県警幹部は「当時の相談対応については保護者も納得し、娘への監督を約束していた。当時はできる限りの対応をした」と話しているとの事。

4)捜査関係者によると、犯行に使ったタリウムは宮城県の隣県の薬局で自ら購入したことが判明。タリウムは劇物指定され、18歳未満は購入できないため、両県警は女子学生が身分を偽って入手したとみている。名古屋市内の女子学生のアパートや宮城県内の実家からタリウムを押収したとの事。

[タリウム]化合物の硫酸タリウムはネズミを殺す薬として使われる。劇物指定されており、購入者は氏名や年齢を書いた譲受書を提出する。18歳未満は購入できない。似た化合物としてギ酸タリウムもあるとの事。

5)女子学生は「タリウムを飲ませて観察したかった」という供述もしており、愛知、宮城両県警は女子学生がタリウムの毒性を十分把握しながら、2人に摂取させたとみているとの事。

6)捜査関係者によると、女子学生は硫酸タリウムの入手について、「実家のある宮城県の隣県の薬局で、店頭の書類に18歳以上の年齢を記入して買った」と説明しているとの事。女子学生の実家の部屋と名古屋市内の自宅アパートからは硫酸タリウムが押収されている

こんなところですね。
まずは時系列
2012年5月中旬、容疑者の父親が当時高校2年だった女子学生を連れて警察署に相談。
2012年5月27日 同級生の女性に硫酸タリウムを飲ませた。
2012年5月28日~同6月上旬ごろ、通ってい高校の男子学生に硫酸タリウムを飲ませた。

高校の時、2012年、今から3年前、そんなに昔と言うわけでは無いですね。
この時二人の人間にタリウムを飲ませていた。
理由はタリウムを飲ませて、経過を観察する為。

タリウムも同じ時期に入手したんだろうけど、父親のカードで購入したわけでは無いので、父親は気づかなかったんでしょうね。
警察に相談してますから、相当心配したんでしょう。
しかし、その直後には犯行を実行してますから、父親の説教などは効果がなかったんでしょうね。

ターゲットは本人の供述の通り、誰でもよかったんでしょう。
それで、最初に女性に飲ませたけど、結局、同じ学校ではないから、詳しい情報が入らないので、同じ学校の同級生にも飲ませたんでしょう。

多分、致死量も当時知っていたでしょう。
だから、殺害するつもりなら、殺害できたんはずですが、そうならない程度に量を調整したんでしょうね。
つまりは、これも供述の通り、殺す為ではなく「症状を観察する為」だったんだろうね。

当時の容疑者が興味を持っていたのは、殺害行為ではなく、殺害する事のできる凶器や薬物の力それ自体だったのかもしれませんね。

しかし、一方でその3年後の今年1月に今度は人間を殺している。
気になったのは、あれほど、興味を持っていた、タリウムを使わなかった事です。
タリウムは手元にあったわけで、使おうと思えば使えたんですよね。

タリウム自体は前回の2件の犯行でも、逮捕されなかった成功体験があるわけで、もし、殺害する事が目的なら、方法として選択してもおかしく無いんですよね。

それに、タリウム事件から3年間、タリウムを他で使ってないようですね。
動物に対しても使ってないのであれば、タリウムには興味が無くなってしまったのかな?

つまり、今年1月の77歳女性殺人事件は、動物虐待などの積み重ねによって、殺人衝動がエスカレートした物では無いと言う事なんですよね。もっとも、表に出てないだけで、そこは断言できない部分ではありますね。

本人のネットの書き込みなどを見ると、殺人衝動は少しずつ膨らんでいたとは思います。

で、最終的な凶器が「手斧」なんだよね。
タリウムのような薬物では無く、より、実感の得られる凶器を選択したと言う事であれば、殺人行為自体に興味が移ったと言う事なのかな?

話が前後しますが、この容疑者がタリウムに興味を持ったのがいつ頃なのか?と言うのも気になります。
本人の書き込みにもあるので、元はあの2005年のタリウム女子高生がきっかけだと思うのですが、2005年当時は9歳で小学3年生頃?

ここは推測でしかないけど、もし、小3の時、9歳でタリウムに興味を持ったとしたら、その当時、容疑者がタリウムを使いたいと思うような、相手や事件があったと言う事なのだろうか?

殺人衝動の種は小学校低学年で芽生えていたのか?
容疑者の当時の生活環境が知りたいですね。

とりあえず、これまでの供述では「中学の頃から人を殺してみたかった」との話もあるから、やはり、小学校から中学にかけての時期になにかあるのではないか?と思いますね。

しかし、成長とともに、環境も変わり、タリウムを使いたい相手もいなくなり、取り残された殺人衝動だけが、その後も成長を続けて、最後に暴発してしまった事件なのだろうか?

続報を待ちましょう。

参考リンク
愛知県名古屋市77歳女性殺人事件その5(快楽殺人?)
愛知県名古屋市77歳女性殺人事件その7(放火)

|

« 鳥取県倉吉市4ヶ月長女虐待死事件 | トップページ | 石川県金沢市野町子猫惨殺事件 »

コメント

別に2005年の「タリウム事件」当時と同時に容疑者がタリウムに興味を持ったり事件を知ったのでなくとも、事件後〜現在までネット上にはあの事件の内容について様々な記事がアップされてる訳だから…同級生にタリウムをもる少し前にあのタリウム事件の記述を別口からいろんな薬物やそれに関連した事件について検索して調べてるうちに知って、その時に興味を持ち犯行に至った…とも、1つの例としては考えられるよ。

投稿: | 2015/05/17 01:18

名無しさん、おはようございます。
確かにそうですね。
殺人衝動が先にあって、方法は後からたどり着いたと考えた方が自然ですね。

あとは、やはり、殺人衝動の原因が何か?が気になりますね。
後天的な物なら、防ぐ事ができたかもしれません。

投稿: ASKA | 2015/05/17 08:15

動機は本当に何なんだろう。これからの供述で明らかになっていくのかな。

新たに「高校在学中に同級生の自宅に放火した」という事も話し始めているそうですね。実際にその頃、同級生宅で火事があったそうですが、死者が出るほどではなかったとのこと。

ここまで見てきて、動機は親などの気を引くためにグレて非行に走って悪さを続ける子供…という印象を私は受けます。それがエスカレートして最悪な事に殺人にまで発展したのかな…って。小さな嘘をついた人が次第に大きな嘘をついて取り返しがつかないところまで行く…そんな感じです。

実際の動機は何なんのか本人が素直に供述してくれたら、もしかしたらこういう事件を起こす人たちの気持ちや衝動を社会の人たちが大きな事件になる前に勘づき、被害者・加害者両方の未然の助けになることもあるかも…と甘っちょろい考えを持ちながらコメントさせてもらいました。

投稿: | 2015/05/18 14:43

この犯人は、親の気を引くためにグレて悪さを続ける子どものようなタイプでは全くないですね。
そういうタイプなら犯行を隠しません。
隠して実行したら親の気を引くことなどできませんから。
もっと見せびらかすように公然とやるはずです。

投稿: でぃっく | 2015/05/19 06:27

詳しいでぃっくさんがそう言うなら、違うのでしょうね。他者の出る幕なし。

投稿: | 2015/05/19 08:52

この犯人は、典型的な「快楽殺人」タイプだと思いますね。殺人そのもの、もしくは殺人にいたる過程に快楽を感じるタイプです。

投稿: でぃっく | 2015/05/19 18:50

みなさん、おはようございます。
まずは、こちらを一読願います。
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2008/10/aska-abe9.html
ASKAの事件簿へコメントされる方へのお願い

ここで書いている通り、私としてはこう考えています。

「それから、ブレインストーミングのルールと同じでコメントの内容を否定するコメントはやめましょう。見当違いなコメントもあるかもしれませんが、否定してしまうと、次のアイディアが出てこなくなってしまう事もあるので、「その場合はこんな疑問もありますね」といった程度が良いかと思います。」

で、ここには書いていませんが、最近の私のコメントについて補足説明をすると。

ASKAの事件簿では、犯人捜しをしません。これが前提です。
ですが、コメントにより特定の人物が強く疑われるような状況になる場合には、私はこれを否定するコメントを書きます。あるいは、コメントを公開しません。

投稿: ASKA | 2015/05/20 07:09

名無しさん、でぃっくさん、みなさん、おはようございます。

まー快楽殺人の可能性は誰もが認める所だと思いますが、快楽殺人だとしても、それだけでは説明できない部分もありますね。

特に逮捕される事に対して無頓着で、現在も自分の不利になる過去の事件まで話しています。

逮捕される事は、この後、快楽殺人を実行できなくなるので、本人としては避けたいはずです。同じ理由で自分に不利になる事をあえて供述するのも矛盾しますよね。

仮に快楽殺人だったとしても、快楽殺人犯にまでなりきれていない、その一歩前の段階なのではないか?と私は現在、考えています。

あとは、時間の経過で心境に変化があったのか?と言うあたりも気になるところですね。

殺人を実行するまでは、色々考えていたけど、実際やってみたら、それで気が済んでしまったのかもしれませんね。

いずれにせよ、そこに至るまでの原因が何なのか?
そこが知りたいですね。

投稿: ASKA | 2015/05/20 07:24

愛でしょ 加害者の人生に足りないのは。

ひょっとしたら性同一性障害も考えられますが、男勝りのぶちゃいく顔で虐めを越えた慰めの手段が殺害による快楽追求
というより生命維持に近いようですな。

投稿: ハテナ | 2015/05/21 00:28

被告人質問があったみたいですね。「人が死んでいく過程が見たかった」というようなことを話したようです。

投稿: ななし | 2017/01/19 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥取県倉吉市4ヶ月長女虐待死事件 | トップページ | 石川県金沢市野町子猫惨殺事件 »