« 神奈川県川崎市中1少年殺人事件その14(家庭訪問) | トップページ | 北海道札幌市9歳長男殺人未遂事件 »

2015/07/01

新幹線のぞみ焼身自殺放火事件

6月30日(火)午前11時半ごろ、東京発新大阪行き「のぞみ225号」で新横浜―小田原間を走行中に一号車で男性が油をかぶり自ら火を付ける事件が起きている。

油をかぶり火を付けた男性は死亡、煙を吸い心肺停止だった女性が同日午後、搬送先の病院で死亡が確認され、死者は2人となった。

県警捜査1課は男について、殺人や現住建造物等放火の疑いで捜査している。1号車の実況見分を行うなどして詳しい経緯を調べているとの事。

国土交通省は新幹線で初の「列車火災事故」と認定。運輸安全委員会は同日、調査を開始したとの事。

県警捜査1課によると、死亡したのは、東京都杉並区西荻北、職業不詳男性容疑者(71)と、横浜市青葉区荏田町の整体師女性(52)と確認された。

乗客らは容疑者の不審な行為を繰り返し目撃していた。
容疑者は車両が新横浜駅を出発した際には、黒のベストに黒のズボン姿で1号車の通路を何度も行き来していたとの事。
容疑者は先頭1号車の1列目に座っていた60代女性に「拾ったからあげる」と千円札数枚を差し出したが、断られるとうろうろし始めた。

「たばこをどうだ」。そう声を掛けられた乗客がいらないと応じると、容疑者は「危ないから出て行け」と言った。

間もなく小型のポリタンクを1号車後方から持ち込み頭から油をかぶった。

容疑者は「やめなさい」と諭す女性に対し、「あなたも逃げなさい」と発言。女性がその場を離れ振り返ると、同容疑者から火の手が上がったとの事。
この女性は無事だった。別の乗客が、ライターで火を付ける同容疑者の様子を目撃していたとの事。

一方、死亡した女性は2号車寄りのデッキに倒れていた。逃げる途中で一酸化炭素中毒に陥ったとみられるとの事、目立った外傷は無かった。

火災は同日午前11時半ごろ、東京発新大阪行き「のぞみ225号」で新横浜―小田原間を走行中に発生。白煙が車内に充満し、1~3号車の乗客は後方車両に避難したが、死亡した2人以外に26人が重軽傷を負ったとの事。

のぞみ号は発生から約3時間後、緊急停止していた小田原市上町から非常運転を行い、小田原駅に到着。乗客約800人を降車させた。
JR東海によると、東京―新大阪間などで上下線43本が運休、最大4時間半の遅れが生じ約9万4000人に影響が出た。

県警捜査1課は捜索令状を請求するにあたり、現住建造物等放火容疑だけでなく、殺人容疑も加えた。同課は、第三者である女性が亡くなった点を重視。「未必の故意」による殺意の立証も視野に入れた上で捜査する方針を明確にしたとの事。

県警によると、容疑者の焼け残ったズボンのポケットから免許証のコピーが見つかり、身元の特定につながったとの事。
デッキ付近で発見された容疑者のリュックサックからは歯ブラシやたばこ、ティッシュなどの持ち物も見つかった。遺書は見つかっていないとの事。

自宅のアパート周辺でも異様な行動が目撃されていた。近くの50代男性は「半年前に(容疑者の)部屋の窓ガラスが割れていた。自分でガラスを割って室内に入ったようだ」と話したとの事。容疑者は1人暮らしだったとみられる。

県警は7月1日午前10時過ぎ、殺人と現住建造物等放火の疑いで、自殺した東京都杉並区西荻北、男性容疑者(71)の自宅の捜索を始めたとの事。

容疑者の自宅アパートには1日午前10時過ぎ、付近住民や報道陣が見守る中、神奈川県警の捜査員6人が捜索に入った。現場はJR西荻窪駅から北に約600メートル離れた閑静な住宅地で、捜査員は玄関口で室内をカメラで撮影するなどしていた。

県警や地元消防の発表によると、死亡した2人のほか、1~65歳の乗客26人(男性17人、女性9人)が救急搬送され、うち7人(男性4人、女性3人)が経過観察のため入院した。気道熱傷や一酸化炭素中毒の症状があるといい、大半が1号車の乗客だったとの事。

男の自宅周辺では、ポリタンクを持って、ガソリンスタンドへ行く姿が目撃されていた。
警察によると、容疑者は、リュックサックにポリタンクを入れていたほか、ズボンのポケットには乗車券が入っていたという。
一方、容疑者は、年金の受給額に不満を持ち、自殺をほのめかしていたほか、6月29日には、ポリタンクを持って、ガソリンスタンドに行く姿が目撃されていたとの事。

近所に住む人は「(2日前に)ポリタンク引いてきたから、『何するの』と聞いたら、この暑くなる中、『ガソリンスタンドに行く』と。年金基金の本部に行って、そこで首をつるとかいうことは言っていた。(容疑者は)流し(の歌手を)やってた」と話した。

県警は家宅捜索で、ガソリンを入れる缶やキャッシュカードを押収した。
缶の中には何も入っていなかったとの事。
家の中は、全体的に雑然としていて、生活エリア以外は、ほこりがかぶっているような状態だったとの事。
また、事件当時、容疑者(71)が持っていたリュックサックから1996年の古い手帳が見つかっていたことも分った。
この手帳に容疑者は年金に関するメモを残していました。また、付近の住民の情報から、容疑者は国民年金だけで生活していたとみられる。
その際、所持品からは、金は1円も見つからなかったということです。また、容疑者は、アパートの家賃を滞納することもあったとの事、周りの人の証言などから生活に困窮していた可能性もあるとの事。警察は、押収した資料から動機の解明を進める方針との事。

こんな事件ですね。まずは時系列
6月29日(月)容疑者がポリタンクを持ってガソリンスタンドに行く姿が目撃される。
6月30日(火)
10:20頃 自宅を出たと推測
11:00 のぞみ225号、始発東京駅を発車(乗車券から東京駅から乗り込んだと推測)
11:06 品川着
11:07 品川発
11:18 新横浜着
11:19 新横浜発
11:30ごろ、東京発新大阪行き「のぞみ225号」で油をかぶり焼身自殺を図る。
12:40 名古屋着(予定)
12:41 名古屋発(予定)
13:17 京都着(予定)
13:18 京都発(予定)
13:33 終点新大阪着(予定)

容疑者の住所は
東京都杉並区西荻北

容疑者が新幹線に乗るまでの経路
(新幹線の運賃は名古屋まで10、360円)
10:26発、西荻窪駅からJR中央線快速で26分 東京駅に10:55着
10:23発、西荻窪駅からJR中央線快速で26分 東京駅に10:50着

容疑者の所持品
A)ズボンのポケットに東京駅発乗車券
B)ズボンのポケットに免許証のコピー
C)小銭入れ(現金はなかった)
C)リュックサックにポリタンクを入れて運んだ。
D)デッキ付近で見つかったリュックサックには、ティッシュ、歯ブラシなどが入っていた。

犯行直前の行動
あ)容疑者は車両が新横浜駅を出発後に、1号車の通路を何度も行き来していた。
い)先頭1号車の1列目に座っていた60代女性に「拾ったからあげる」と千円札数枚を差し出したが、断られるとうろうろし始めた。
う)「たばこをどうだ」。そう声を掛けられた乗客がいらないと応じると、容疑者は「危ないから出て行け」と言った。
え)間もなく小型のポリタンクを1号車後方から持ち込み頭から油をかぶった。
お)容疑者は「やめなさい」と諭す女性に対し、「あなたも逃げなさい」と発言。女性がその場を離れ振り返ると、同容疑者から火の手が上がったとの事。

容疑者の生活状況と家宅捜索で押収された物
一)最近は仕事はしていなかった。
二)年金が少ないとこぼしていた。(国民年金のみで生活していたと思われる)
三)アパートの6月分の家賃が支払われてない。
四)キャッシュカードが自宅から押収
五)ポリタンクが自宅から押収

こんな感じですね。
どうも、事件に使用した燃料は前日に購入しているようです。
なので、計画的な犯行と思われます。
犯行が6月30日で月末だった事と三)のアパートの6月分の家賃を支払っていない事は関係しているのかもしれませんね。
経済的に困窮していて、この先、生活していく事ができないと絶望した結果なのかもしれません。

キャッシュカードが自宅にあったのも、この後、使う事が無いと言う事なんでしょうね。
逆に、所持品に歯ブラシがあった事が疑問ですけど・・・普通に朝、起きて歯磨きをしていれば、この後、自殺するまでに歯磨きをする事は無いので、歯ブラシは不要だと思います。
なので、使用したリュックは普段から使用している物で、いつも、歯ブラシはリュックに入れていたと言う事なのかもしれませんね。

所持品でもう一つの疑問は「免許証のコピー」です。
これがなければ、身元が判明するまで時間がかかったでしょうね。
素朴な疑問ですが、なぜコピーなのか?
免許証があれば、実物を持っているはずでは?
71歳だから、運転に不安があって返納している可能性もあるけど・・・それなら、身分証明書としては保険証になるのでは?
保険料が払えなくて、保険証を持っていなかったのかな?

それでも、コピーではなく、現物を持つはずだから、免許証自体は闇金にでも取り上げられていたりするのだろうか?
このあたりは、今後の捜査を待つしかありませんね。

実は年金も疑問のあるところです。
国民年金なんですよね。現在71歳なら若い時の高度成長期にばりばり働いて、厚生年金がありそうなんですが・・・
流しをやっていたそうなので、就職の機会を逃してしまったのかな?

それから、直前の行動ですね。
現金を拾ったからあげる、なんてのは不自然なので、自分の持っていたお金でしょう。
これから、自分に火を付けたら、使えなくなるから、近くのお年寄りにあげようと思ったのかな?
たばこも同じ理由かもしれません。
何度も通路を往復していたのは、迷いがあったのかもしれませんね

誰かを道連れに焼身自殺をしようとしたのであれば、わざわざ、周囲に逃げろとか言わないと思います。
(誰かを道連れに自殺する事を拡大自殺と言うらしいですね)

なので、どうしても新幹線で自殺をしたかったんでしょうね。
それも、焼身自殺にしなければならない、理由があったのでしょう。

新幹線を最後の場所に選んだのは、本人の好みなのですが、思い出の場所とか、あこがれの場所だったりするのか?
あるいは、田舎が関西で家に帰りたいと言う事だったのか?
これは、もう本人が話せないのでわかりませんね。

焼身自殺はかなり、勇気のいる自殺方法だと思います。
燃料をかぶって火をつければ、成功率の高い方法かもしれませんが、それこそ生きながら焼け死ぬので、かなりの苦痛である事は想像できます。

新幹線の車両の中でも、他人に迷惑を掛けない方法での自殺方法もあったと思いますが・・・
(実際にはどんな方法にせよ、誰かに迷惑を掛ける事になるので、乗り物の中での自殺など絶対に止めてください)
もしかすると、焼身自殺なら、全て燃えて骨になるとでも考えたのかもしれませんね。

通り魔事件もそうですが、結局、本人が事件を決意した段階で我々の負けです。
基本的に性善説を前提にした日本の社会では、犯行を阻止する事はできません。
新幹線にしても、まさか、悪意をもって燃料を撒いて放火するなんて事は想定していないでしょう。
他の沢山の人があつまるような場所でも同じだと思います。

なので、こんな事件を起こすような状況に追い込まない事が今のところ唯一の予防策と思います。

ただ、この事件、今、報道されているように、年金が少ない事、経済的な困窮が動機だとしたら・・・
人生の選択の誤りが最大の原因だったのかもしれませんね。

情報が少ないのですが、年金が少ないのは、国民年金だからでしょう。
年齢から言えば、日本の高度経済成長期に働き盛りだったはずで、就職していれば、年金が少ないなんて事はなかったと思います。

若い時に流しで生活していて、(逆に流しで生活できてしまったから)就職の機会を逃してしまい。
年をとってから就職できない状況になってしまったのかもしれませんね。
まー国民年金でも、老後に備えて、貯蓄でもしていれば、話は違ったでしょうけど・・・

そういえば、そんな事件が他にもありましたね。
2014年の東京都国立市古美術店強盗殺人事件も容疑者は
陶芸家として生活しようとしたけど、うまくいかず、経済的に困窮して、知り合いの古物商を殺して、現金や骨董品をうばった事件でした。

若い時は好きなことをやって、ぎりぎりの生活でも充実していたかもしれないけど、人生って長いから、終盤になってからだともうやり直しができませんからね。
人生ちゃんと考えて生きないと、いけないと言う事ですね。

学校の勉強がつまらなくても、ちゃんと卒業して、就職するとか、手に技術をつけて職人として生きるとか、とにかく安定した生活ができる事ってつまらなそうに見えるけど、大切な事なんだと思いますね。

今のところ、動機に繋がる情報はどれも、断片的な物なので、続報を待ちましょう。

最後に、事件に巻き込まれて亡くなった女性のご冥福をお祈りいたします。

参考リンク
新幹線のぞみ焼身自殺放火事件その2(続報)

|

« 神奈川県川崎市中1少年殺人事件その14(家庭訪問) | トップページ | 北海道札幌市9歳長男殺人未遂事件 »

コメント

まぁ、見た感じテロとかじゃないでしょうねthink

純粋に生活苦が原因の自殺だと考えていいと思います。

免許証じゃなく「免許証のコピー」を持ち歩いてたのが気になりますね。

>若い時は好きなことをやって、ぎりぎりの生活でも充実していたかもしれないけど、人生って長いから、終盤になってからだともうやり直しができませんからね。

昔はこんなん爺さんでも天寿全うできましたが今はこのタイプの人は大変ですよね。

>学校の勉強がつまらなくても、ちゃんと卒業して、就職するとか、手に技術をつけて職人として生きるとか、とにかく安定した生活ができる事ってつまらなそうに見えるけど、大切な事なんだと思いますね。

今は手に職があったり学歴があっても大変だと思いますよ・・・・・・一部の金持ちが金をため込んでますからね・・・・・・。

投稿: 大高忠敬 | 2015/07/07 01:15

加害者だけを悪にして、加害者を出さない社会、システムを作らない、そういった風潮が続く限りは犯罪は無くならないでしょうね。勿論、何の非もない被害者、その近しい人々も不憫ですが、ボクは加害者にも同情してしまいます。

投稿: ゆう | 2015/07/07 20:42

大高さん、ゆうさん、こんばんは

ゆうさんへ
時々、犯人に同情してしまう事件もありますね。
ただ、今回の場合は罪の無い人を巻き添えにしてしまっているので、その点で批判されるのは仕方がないかもしれません。

実際、この事件も事情が解明されてみないと、同情できる部分があるのか?は分からない部分がありますね。

月12万で生活できない理由が知りたいですね。

投稿: ASKA | 2015/07/08 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県川崎市中1少年殺人事件その14(家庭訪問) | トップページ | 北海道札幌市9歳長男殺人未遂事件 »