« 島根県松江市菅田町26歳女性行方不明事件その2(車発見) | トップページ | 愛知県名古屋市2歳児虐待事件 »

2015/08/12

長野県ギャング少年殺人遺体遺棄事件

8月6日夜、6年前に長野市の少年(当時19歳)が行方不明となり、少年の知人の説明に基づき捜索したところ、同市三才の北陸新幹線高架下の土中から、人骨が見つかる事件が起きている。

県警は、行方不明となっている少年とみて、DNA鑑定などで身元確認を進めるとともに、遺体は埋められたとみて調べているとの事。

捜査幹部によると、骨が見つかったのは、市中心部から7キロ離れた郊外にある新幹線高架の柱の根元で、金網で囲われた草地。周囲にはリンゴや桃などの畑が広がる。

少年の家族からは、捜索願が出されており、少年と、県警に説明した知人は当時、遊び仲間だったとの事。

行方不明の少年は地元で「青ギャング」と呼ばれる非行グループに所属していて、警察は当時、少年だった複数の人物が事情を知っているとみて捜査してるとの事。

長野県警は8日、同市と須坂市に住む会社員の男2人(いずれも23歳)を殺人容疑で逮捕した。殺害されたのはスポーツインストラクターの男性(長野市吉田4)で、容疑者2人は当時17歳だったとの事。

容疑は、2人は共謀して09年12月下旬、長野市内で被害者を刃物のようなもので数回突き刺し、殺害したとしている。捜査本部は2人の認否を明らかにしていない。

被害者の家族は同年末、被害者が行方不明になったと長野中央署に届け出た。家族は「以前、友人とトラブルがあったようだ」と説明していたとの事。
県警は今月に入り、同市三才(さんさい)の北陸新幹線高架下から白骨化した被害者の遺体の一部を発見。歯牙鑑定で身元が判明したとの事。

捜査幹部によると、県警には今年に入り、「被害者が埋められた」との情報が寄せられた。県警は、逮捕された2人を含む被害者の複数の知人から任意で事情を聞き、北陸新幹線の高架下に遺体を埋めたとの供述を得て現場を捜索したところ、今月6日に遺体を発見したとの事。

被害者の知人が「行方不明になる前、女性をめぐりトラブルになっていた」と証言しているとの事。

捜査関係者によると、逮捕された男2人は友人同士。被害者は行方不明になった当時、この2人のうち1人と女性をめぐってトラブルになっていたとの事。

殺人容疑で逮捕された知人の会社員の男2人(当時17歳)のうち1人が調べに「殺害後に別の場所に埋めたが、発覚を恐れて埋め直した」と供述しているとの事。
県警は白骨化した遺体に付着している土を鑑定し、供述の裏付けを進める。県警は9日、2人を長野地検に送検した。

捜査関係者によると、供述しているのは、09年ごろ被害者と女性をめぐってトラブルになっていた会社員の男(23)。同年12月下旬に被害者を殺害後、「遺体をいったん別の場所に隠した。(その後)母親に手伝ってもらって北陸新幹線高架下まで遺体を運び、地中に埋めた」と話しているとの事。

長野中央署捜査本部は男の家族からも事情を聴くなどして、経緯を調べる。死体遺棄罪は3年で公訴時効が成立する。

こんな事件ですね。
少年による殺人事件と言うのも、過去にも沢山起きてますね。
当時17歳で女性関係のトラブルで仲間だった人間を殺害ですか・・・
まー、少年と言う事で小さな自分の世界の中で完結してしまったのかもしれませんが・・・
殺さなきゃならないほどの事だったのかな?

そして、事件を知った母親が遺体の移動を手伝ったと・・・
やはり、子供を殺人犯にしたくなかったのかな?

だけど、「発覚を恐れて埋め直した」と言う事だから、事件直後から発覚する可能性は意識していたんだろうね。

逮捕されたのが2人だけど、直接殺人行為を行ったのはこの埋め直した1人なんだろうね。それで、共犯から事件が発覚する可能性を疑っていたのかな?

しかも、17歳で仲間意識もあってか、秘密意識が薄かったのかもしれないですね。
仲間内で、事件の話を複数にしていたのかもしれません。

これから、事件と向き合ってほしいと思います。

事件の行方に注目しましょう。

|

« 島根県松江市菅田町26歳女性行方不明事件その2(車発見) | トップページ | 愛知県名古屋市2歳児虐待事件 »

コメント

長野地検は8月29日、殺人容疑で逮捕された同市の会社員の男(当時17歳)を傷害致死罪で長野地裁に起訴した。

同地検は「証拠を総合的に考慮した結果、殺意は認めがたいと判断した」と説明した。

一方、同地検は、殺人容疑で逮捕された長野県須坂市の会社員の男(同)は処分保留で釈放した。男は「現場の近くにいたが、共謀も実行もしていない」と、容疑を否認していた。捜査は継続するという。

起訴状によると、長野市の男は09年12月27日頃、同市のスーパー駐車場で、被害者の右背部などを持参したサバイバルナイフ(刃渡り約27センチ)で数回突き刺し、転倒させた上で頭や顔に殴る蹴るなどの暴行を加え、死亡させたとされる。

刃渡り27センチのサバイバルナイフで背中を数回突き刺しても、殺意を認められないんだ・・・で、更にその後も殴る蹴るの暴行を加えたら死亡してしまったと・・・
それでも、殺意は認められないんですね・・・

まさか死ぬとは思わなかったってヤツなのか・・・

公判の行方に注目しましょう。

投稿: ASKA | 2015/08/30 10:29

長野市のスポーツインストラクター、男性=当時(19)=が殺害され、遺体が同市内に遺棄された事件で、県警は9月18日、被害者の遺体を埋めるなどしたとして、傷害致死罪で起訴された長野市の無職の男(23)ら4人を、死体遺棄の疑いで書類送検したとの事。

送検容疑は、平成21年12月27日、当時ともに17歳だった長野市の無職の男と、今年8月に殺人容疑で逮捕されたものの、処分保留で釈放された須坂市の会社員の男(23)が、被害者の遺体を市内の山林に埋めて遺棄。その後、22年2月に、2人が北安曇郡のパート従業員の女(51)と長野市の解体作業員の男(22)と4人で共謀し、寺沢さんの遺体を掘り返した上、同市三才の北陸新幹線の高架下に運んで遺棄した疑い。

捜査関係者によると、北安曇郡のパート従業員の女は長野市の男の母親で、解体作業員の男は2人の知人。県警は4人の認否を明らかにしていないが、弁護士によると、長野市と須坂市の男は被害者の遺体を遺棄したことは認めているという。

死体遺棄罪の公訴時効は3年であることから、4人は不起訴になる見通しとの事。

素朴な疑問だけど4人も必要なのかな?
1人分の遺体を移動するだけなので、普通に考えると、4人も必要ないと思うけど・・・
最後に追加された解体作業員は何か必要な機材やスキルを持っていたのかな?
例えば重機の操作ができるとか・・・

しかし、不起訴になると、このあたりの情報はもう出てこないかな。

投稿: ASKA | 2015/09/20 09:33

死体遺棄、大の男4人で行ったというのは恐怖の軽減と作業の分担を狙ってのことではないでしょうか。
分担というのは、1人は見張り、1人は運転手、掘り出したり埋めたりは実質2人・・とかです。
恐怖というのは、かつて顔見知りでありしかも自分たちが殺した遺体を深夜に再度目にし、手に触れ、移動させ、埋めるという一連の作業について回るだろうものです。死体愛好家などの特殊な嗜好でもない限り、顔見知りの遺体を目の当たりにしさらに触れるなど気分が悪いことでしょう。けれど罪すら共有している仲間がいれば、嫌悪感は多少和らぎますし目的意識を忘れずにすみます。

それにしても、17歳ならやり過ぎたか否か、やり過ぎたなら救急車を呼ぶくらいの判断はできて良い年頃でしょうに。
暴力沙汰をケジメと位置づけていたなら、仲裁し責任を持てる第三者がその場にいなければいけないでしょうに。話し合いだけの予定だったならその他大勢の人目のある所でもできるのだからわざわざ人目のない所で凶器を持って対峙しなくてもいいのに。
・・とか、無関係な立場から見ると思ってしまうのですが、当時の本人達は事件を当然のことと考えていたのでしょうね。
暴力をふるわないのが一番ですが、もしふるってしまったら?逆にふるわれたら?という対処法を、道徳の授業なりでやってみるのも良いかもしれませんね。謝罪からの仲直り、だけじゃなく、怪我をさせてしまったらとか、逃げるのも勇気とか・・。

投稿: つれづれ | 2015/09/20 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県松江市菅田町26歳女性行方不明事件その2(車発見) | トップページ | 愛知県名古屋市2歳児虐待事件 »