« 愛知県武豊町男性殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) »

2015/08/14

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件

8月13日(木)23時35分ごろ、大阪府高槻市番田1丁目の運送会社「直販配送」の駐車場で人が死んでいる、と同社のトラック運転手の男性から110番通報する事件が起きている。

高槻署員が駆けつけたところ、後ろ手に縛られた女性が死亡していたとの事。
府警は死体遺棄事件として捜査。女性の腕や足に多数の傷があることから、女性が殺害された疑いもあるとみて身元確認を進めているとの事。

高槻署によると、女性は10代後半~30代前半くらい。
粘着テープのようなもので両手首を後ろ手に縛られ、駐車場を囲うフェンス際でうつぶせに倒れていた。十数から数十カ所に傷を負っており、腕や足に刃物のようなもので切られた傷、腹には擦り傷があった。致命傷とみられる傷は確認されていないとの事。

府警は遺体の状況などから数日以内に死亡したとみており、司法解剖して死因などを詳しく調べるとの事。

女性は黒髪で、黒のタンクトップの上に白いシャツを羽織り、デニムのショートパンツと黒のハイソックスをはいていた。靴は履いていなかったとの事。

周囲から女性の身元を示すものや所持品は見つかっていないとの事。
現場に争ったような形跡はないとの事。

現場は同社の事務所に隣接する約2千平方メートルの砂利敷きの駐車場。
女性が発見されたときには約20台の車が止まっていたとの事。

通報した男性は配送の仕事を終えて駐車した際、トラックの数メートル後方で遺体を発見。「昼過ぎに出かけた時は遺体はなかった。夜に戻ってきてトラックを止めて降りると、若い女性が倒れていた。」と話しているとの事。

現場は阪急京都線高槻市駅の南約3・4キロ。淀川の北岸から約500メートルで、周囲は田畑やJA全農青果センターがあり、民家が点在しているとの事。

運送会社の支店長らによると、駐車場には同社の約30台のトラックが24時間出入りし、主に冷凍食品をメーカーの工場に配送しているとの事。
従業員が朝から昼にかけてマイカーで駐車場に来て、トラックに乗り換えて出発。夜に戻ることが多い。夜間でも1時間に1台ほどは出入りしているとの事。

2カ所の入り口にはゲートがなく、警備員もいないため、だれでも自由に出入りできる状況だったとの事。
駐車場や事務所に防犯カメラはなく、外灯も少ないとの事。最近、関係者以外の車が駐車場に入ってきたとの報告はないとの事。

通報者と別の同社のトラック運転手の男性(42)は13日午後8時半ごろに駐車場に入ったが、不審な人物や車は見かけなかったとの事。

遺体の胴体を中心に計数十カ所のかすり傷や切り傷があったとの事。
中には刃物でつけられたとみられる傷もあった。遺体は女性で10~20代とみられるとの事。

全身の切り傷は刃物によるものとみられる。傷は上半身の前面に集中し、腹部付近の着衣が一部破れていた。致命傷となる傷は確認されておらず、府警は14日に司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

まずは時系列
8月13日(木)
20:30頃 別のトラックの運転手が駐車場に入るが、不審な人物や車は見かけなかった。
23:35頃 仕事を終えて戻った運転手が駐車場のフェンス際で遺体を発見。

遺体の状況
粘着テープのようなもので両手首を後ろ手に縛られ、駐車場を囲うフェンス際でうつぶせに倒れていた。

遺体の傷
十数から数十カ所に傷を負っており、腕や足に刃物のようなもので切られた傷、腹には擦り傷があった。致命傷とみられる傷は確認されていない。
全身の切り傷は刃物によるものとみられる。傷は上半身の前面に集中し、腹部付近の着衣が一部破れていた。

遺体の服装
女性は黒髪で、黒のタンクトップの上に白いシャツを羽織り、デニムのショートパンツと黒のハイソックスをはいていた。靴は履いていなかった。
周囲から女性の身元を示すものや所持品は見つかっていない。

こんな感じですね。
さてと、まずは、遺体遺棄の場所にこの駐車場を選んだ理由ですね。
遺体はシートや毛布などで隠されていたわけでは無いので、普通に発見される可能性は高いですね。

つまり、犯人は遺体が発見される事を想定した上でこの場所に遺棄していると私は考えています。

その結果、事件となり捜査される事も予想されている。
なので、犯人は遺体の身元から犯人にたどり着かないと考えているか、もしくは、遺体の身元が判明する事は無いと考えているかもしれませんね。
または、警察が犯人にたどり着いても、逮捕されない国外脱出の為の時間稼ぎというのも有りかもしれません。

ただ、この場所に遺棄する為には、遺体を運搬する事になり、運搬手段が必要です。
普通に考えれば車でしょうね。車以外でも、道路を通行するような乗り物なら、防犯カメラの映像が手がかりになるでしょう。

現場の駐車場にはカメラが無いようですが、それでも、移動経路全てにカメラが無いとは言えないでしょう。

次に遺体の状況ですが、遺体は後ろ手でテープのような物で縛られていた。
動かない遺体の腕を拘束する必要は無いでしょうから、これは生前に縛られた物でしょうね。

そして、服を着ていたが、靴は履いていなかった。
屋内や車内で靴を履かない状態で死亡したのかな、死亡した状態のまま、慌てて、遺体を遺棄したんでしょうね。

問題は遺体の傷ですね。刃物による傷が多数なんですが、ここが妙です。
一見して致命傷となる傷が無い。多分、出血もそう多く無いのでしょうね。

何の為の暴行なのか?
暴行する事自体が目的の場合、打撲痕があってもおかしくないんですよね。
普通は殴ったり、蹴ったりしますよね。

なので、暴行自体が目的と言うよりは、別の目的を達成する為の手段としての暴行なのではないか?と考えています。

例えば、DVで逃げ出した女性とよりを戻す為の脅迫、強要とか、あるいは、何かの情報を話せと脅迫、強要と言う感じだろうか?

被害者が日本人か、あるいは外国人でも長期間、日本に滞在していたのであれば、身元は歯形などで判明する可能性が高いですね。

そして、この遺体には犯人の致命的証拠が残されている可能性があります。
それはDNAでは無いですけど。

死因は、監禁中の熱中症の可能性もありますね。
傷だけ見ると、殺意は無かったかもしれません。
本格的に暴行する前に死亡してしまった可能性もあるかな。

まずは、遺体の身元の確認と周辺のビデオ映像の確認が最初かな。

亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

続報を待ちましょう。

2015/08/15 訂正
タイトルを大阪府高槻市番田駐車場女性遺体遺棄事件から
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件に変更しました。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順)

|

« 愛知県武豊町男性殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) »

コメント

粘着テープに犯人の指紋がついてる可能性がありますね。

投稿: でぃっく | 2015/08/14 22:10

DNA(液体や飛沫など)ではないけれど犯人固有の身体情報かな?

投稿: | 2015/08/14 22:43

被害者の推定年齢が変更されてます。

「8歳~15歳の少女とみられる」

と改めて発表があったようです。

投稿: ド忘れ | 2015/08/15 02:07

まぁ粘着テープについた指紋だよねぇ。

投稿: 大高忠敬 | 2015/08/18 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知県武豊町男性殺人未遂事件 | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) »