« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その4(女性?) »

2015/08/16

大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その3(続報)

まずは続報です。
1)警察によりますと、現場の駐車場には争ったような跡や血痕に広がりがなかったことから、何者かが別の場所で殺害し、運んできた可能性が高いとみて捜査を進めています。

2)警察の調べで、着ていた服の中にも切り傷がつけられていたことがわかった。
(服の上から切られたとみられるものもあった。)

3)遺体発見の約1時間前、現場付近の防犯カメラに車のものとみられるライトが映っていたとの事。

同センターの車は、この時刻の約1時間前から発見までの間は駐車場に出入りしていなかったといい、府警は、遺体が車で運ばれてきたとみて、不審車の割り出しを急ぐことにしている。

関係者によると、防犯カメラは現場から数十メートル離れた別会社の敷地内に設置され、物流センターの駐車場も映っていた。一帯は街灯もなく暗いが、13日午後10時半頃、遺棄現場周辺を移動する車のライトとみられる光が確認されたとの事。

4)両手首も後ろ手にされてテープで二重三重に縛られていた。両手首付近の皮膚は、ほかの部位に比べて青っぽく変色しているのが司法解剖の際に確認された。強く圧迫、固定された場合に起こる内出血の可能性があるとの事。

5)頭や顔には何かで殴られたような痕が複数あった。

6)女性は医師の所見で8~15歳ぐらいと推定された。府警は行方不明者届が出ている府内の高校生以下の少女らを照会したが特徴が似た人物は見つかっておらず、府外にも対象を広げる方針との事。

7)遺体にあった切り傷は長さや深さ、傷口の形状が異なるものが複数確認され、傷のつけられた方向もばらばらだったとの事。大阪府警高槻署捜査本部は、犯人が複数の刃物を使って生前の女性を執拗(しつよう)に切りつけた可能性もあるとみて、遺体の状況を詳しく調べているとの事。

8)防御創は無かった。

こんなところですね。
まずは、時系列の更新
8月13日(木)
19:00頃 死亡推定時刻(死因は窒息死)
20:30頃 別のトラックの運転手が駐車場に入るが、不審な人物や車は見かけなかった。
22:30頃 遺棄現場付近で持ち不審な車のライトが防犯カメラに映る。
23:35頃 仕事を終えて戻った運転手が駐車場のフェンス際で遺体を発見。

さて、個別に情報を見てみましょう。
1)今更な感じですが、他の場所で殺害、遺棄されたのだと思います。

2)「服の中にも切り傷」見えない場所を傷つけたのは、傷を隠す為の可能性がありますね。犯人としては、暴行当初は殺意は無かったのかもしれませんね。

3)「22:30頃に不審な車のライト」
いまのところ、不審な車の情報はこれしかないので、このタイミングで遺棄された可能性が高いでしょうね。

問題は死亡から遺棄までの時間です。
死亡推定時刻が19:00頃、遺棄が22:30だとするとその間、3時間半あります。
遺体から考えて、暴行中に死亡したか?、あるいは、殺意を持って窒息死させているわけで、被害者が死亡した時点で犯人はそれに、気付いたと思うわけです。

なので、この3時間半の時間は犯人が遺体の処分をどうするか?を考えた時間ですね。
もし、事件当初に殺意が無いのであれば、遺棄現場はこの3時間半の間に選定した事になります。

4)長時間の拘束と暴行
長時間と言っても1時間ぐらいかもしれませんが・・・
それでも、それだけの時間をかけて、妙な暴行をしている。
死んでもかまわないと言うような暴行ではなさそうです。

私は前回、ストーカーによるターゲット探しの拷問と考えてましたが・・・
もう一つ、仲間内の暴行の可能性も有りますね。
交際相手や仲間による暴行で、焼きを入れるつもりだったが、左腕の深い傷から傷害罪になる事を恐れて、解放できなくなり、殺害と言う可能性も有りかもしれません。

5)頭や顔へ複数の殴られた痕。
当然と言えば当然ですね。

6)8歳から15歳は医師の判断なので、合理的な根拠があっての事でしょうね。
外国人の可能性に触れていないので、9割方、日本人と考えて良いでしょうね。

ただ、この年齢で捜索願いが出されていないのが不思議です。
確かに、3時間半の時間があれば、越境して他県から運搬する事も可能でしょう。
ただ、遺棄場所の選定もこの3時間半の間に行われたのであれば、隣県に偶然、そんな都合の良い、遺棄場所の心当たりがある可能性ってあるかな?と少し疑問に思う所ではありますね。

7)複数の刃物、傷の方向もバラバラ
今回の続報で一番のポイントかもしれませんね。
単独犯説が揺らぐ情報です。
もちろん、単独犯で複数の刃物を用意している事もあるんですけど・・・

この事件の場合、致命傷を負わさないように暴行しているふしがあります。
なので、被害者にいろんな刃物で暴行する事で恐怖心を煽る効果を狙っている可能性があると思うのですが・・・
しかし、それも、被害者が見る事ができる場合の方が効果的だと思うわけで・・・
目隠ししている今回の場合、果たして、恐怖心を煽る効果があるのか?と言うのが疑問なわけです。

そう考えると、複数犯(2名ぐらいかな)の可能性が出てきますよね。
しかし、それでも、傷が体の左側に偏っているのが少し妙な点ではあります。
狭い空間で、交代で暴行したりしたのだろうか?

8)防御創がない。
両手を拘束された状態で暴行を受けたのでしょう。

とこんな感じですね。
もし、捜索願い出されていないとしたら、その理由が気になります。
可能性としては
A)児童虐待(普通なら遺体を隠したいところだけど、特殊な事例もあるかも)
B)普段から無断外泊の常習状態だった。
C)この数日はもともと、外泊の予定だった。

この3つぐらいかな?

ただ、逆転の可能性として、既に身元は判明しているが、2次被害やプライバシーを考慮して、発表していないだけの可能性もありますね。

とりあえず、今の段階で私が考えると動機は
あ)ストーカーのターゲット探しでの拷問、殺人
い)交際相手、仲間による暴行殺人(もしかすると傷害致死かも)

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順)
大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その4(女性?)

|

« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その4(女性?) »

コメント

死因は窒息死だが、首にも圧迫痕があり、司法解剖では窒息の原因ははっきりしていない。

 しかし、遺体の顔面は赤らんだりしておらず、絞殺の際の特徴がみられなかった。さらに、口を塞がれたために窒息状態になったと推測される唇の変色もあった。府警はこうした遺体の所見から、窒息死の原因は絞殺ではなく、粘着テープや手で口と鼻を塞がれたことによるものである疑いが強いとみて、詳しく調べている。

ちょっとタイミング悪く、記事本文に記載できませんでした。

となると、首の圧迫痕は拉致時の傷で、暴行後に殺害する為に顔にテープを巻いたと言う可能性が高そうです。

顔を見たくないからなのかな?
ナイフを持ちならが、ナイフを使わないのは、出血を嫌ったのかもしれないけど・・・

7)の見方が少し変わるかもしれません。
暴行中は目隠しされていなかったのであれば、恐怖心を煽る効果は有りですね。

投稿: ASKA | 2015/08/16 09:47

首の圧迫痕は、一度は首を絞めて殺そうと試みたけど諦めたのではないかと。人間の首を絞めるなんて簡単じゃありません。力が要るだけじゃなくて、相当に抵抗を感じる行為です。普通の人はニワトリの首もしめられないでしょう。
この犯人はナイフで何度も切りつけているのに、ナイフで頸動脈を切るという殺害方法は選ばなかった。確実に殺せるのに。怖いからか、自分とその場所が汚れるのが嫌だからか…。その場で出来るコトで一番汚れないし気持ち悪くならない方法が、ガムテープを巻くコトだった。
だから犯人は今まで人を絞殺したことも刺殺したこともない人間だとは言えそうです。
何がしたかったのかしら? "人を殺してみたかった "のではなく、" ナイフで刺して拷問してみたかった " のかな。最近よく聞くリンチ殺人みたいに複数人でリンチしているうちにエスカレートして殺害に至った可能性もありますね。
もし単独犯なら、猫の虐殺に飽きて人間をやってみようというコトになったけど、いざ始めてみたら思ってたより大変だ、人の首絞めるの気持ち悪い、血が大量に出るのも怖い…と思ってニュースで聞いたガムテープを巻く方法に変更したのかな。

投稿: まーぷる | 2015/08/16 12:07

死後に付けた傷もあるそうですが
広島臥龍山の事件が思い浮かびました。

投稿: アトミック | 2015/08/16 12:29

まーぷるさん、アトミックさん、こんにちは

まーぷるさんへ
これが、快楽殺人だったら、かなり嫌な事件になりそうです。
複数の刃物もそれだと、説明できますね。
ただ、この場合、「誰でも良いから殺してみたかった」と言う事なら、今頃、捜索願いは出ているはずなんですよね・・・
愛知県武豊の殺人未遂事件との関連を疑うのは時期尚早かな・・・

アトミックさんへ
絶歌の件もあり、模倣犯的な事件の可能性も有るかもしれませんね。最近は意味不明な事件が多いし・・・

投稿: ASKA | 2015/08/16 12:57

複数犯なら首だけではなく、手足にもいくつか圧迫痕が残るような気がします。単独犯でしょう。
複数の刃物を使ったのは、刃が被害者の左手の骨に当たった際に欠けたので別の刃物を使ったのではないかと推測します。

投稿: でぃっく | 2015/08/16 17:15

不審車が二台 防犯カメラで確認されたとのコトで、複数犯の可能性が高まったようです。また若者によるリンチ殺人なのか…。複数犯としても主犯はかなりサイコ的な人間ですね。この生前に出来た無数の刺し傷が酷い状況を物語っています。サイコが何人も揃っている等という事はあまり無いと思うので、他の人間は、怖いリーダーに逆らうことが出来ずにナイフで刺したりしたのかもしれません。ゾッとします。

投稿: まーぷる | 2015/08/16 20:26

被害者の捜索願いが出てない理由について想像してみました。極端に子どもを放ったらかしにしている親でなく、まともな親なのに子どもが行方不明になっている事に気付いていない場合があると思います。例えば、この被害者が身体つきは幼いが実は高校生で、夏休みに彼氏と旅行に行きたいので、友達に頼んで親にウソをついて貰った。仮に東京在住だとして、親は子供が友達と北海道に遊びに行ったと思っているが、実はこの子は彼氏と京都旅行に行った。が、この悪い男に大阪に連れて行かれて…。このような場合なら親はまだ気が付かないでしょう。ふだんから外出先からも頻繁に親に連絡を入れる子なら早めに異変に気付くかもしれませんが。
被害者のご両親がこれから直面することを想像すると辛くなります。

投稿: まーぷる | 2015/08/16 20:44

未成年、なぶり殺しの果ての絶命。この事件わたしは、コンクリート詰め事件を連想しました。しかし、遺棄の方法があまりにも雑、性急なのが大きな疑問です。

投稿: 空き地 | 2015/08/16 20:49

「捜索願い」というのは当然ながら「出してくれ人」がいて成り立つものですよね。

被害者の推定年齢を1歳上げて16歳だとして考えてみました。

被害者は今時は多くはないですが、まだ一定人数はいる中学を卒業して就職、独立して1人り暮しをしているような未成年者?ではないでしょうか。

家庭内の事情が思わしくなく、親や親族が嫌いで「早く家を出たい」「早く親元から離れたい」と、この春に中学卒業と同時に住込や僚完備などの会社に就職などをしてたなら、今は丁度お盆休みで会社も休みだった場合、「出社しないのでおかしい」と気付いてくれる上司や同僚もいないでしょう。当然、親と上手くいってなければ、お盆に被害者が帰省するようなこともないでしょうから。

こういった生活状態だったら、被害者が大阪府内および近隣在住者であっても、親しい友人もいなければ、誰からも捜索願いが未だに出されてなくとも不思議じゃない。

被害者の似顔絵でも出れば、もう少し情報も得られそうな気もするんですが、推定年齢と身長と服装の発表だけでは、もし衣服が着せ替えられてたり、拉致後に本人所有の衣服以外に着替えて(着替えさせられて)いたら身元の決めてにはならないですよね。服の下にも切り傷があったそうですから尚更、「着せ替え感」が高まります。

投稿: | 2015/08/16 21:04

物流関係の地域だから、もしかしたら被害者はそこのどこかで働いてた中国からの若い、いわゆる実習生の名目の外国人労働者の可能性もあるかもですね。正規のルートで入国してなければ身元は直ぐにはわからないだろう。

投稿: | 2015/08/16 23:31

思い出すのは、もう随分と前の事件。

テレクラの時代に公衆電話からテレクラを度々使用して個人的に客を取っていた(確か小学生の)女の子が、運悪く危ないSM嗜好のS側の客に当たってしまい、拉致・監禁・手錠・目隠し(暴行もあったかな?)などで拘束されたまま犯人の車で移動してる最中に、逃げようとして走行中の高速道路に車から飛び降りただったか、犯人に突き落とされたかだったかして死亡した事件を思い出します。

そう言えば、この事件の犯人は捕まっているのだろうか?記憶が欠落。事件は大阪か兵庫だったように思う。

既に捕まっていたとしても、世の中にはこういった嗜好の人々が何処かにはいるわけで、そして現実にその欲求を満たそうとする人々もいるわけです。この手の嗜好は矯正が難い。人は、酒や煙草、甘いものでさえなかなか止められないのだから。

高槻での事件が猟奇的なものかは判断つかないが、顔見知り顔見知りではない関係なく、日々、人と1対1、もしくは1対多の接触にはより注意が必要な社会になっているような気がしてならない。それでもつい油断してしまう。

己が実社会の人間関係やアプリやSNSのネットで対峙してる相手が危険人物かどうか、その本質がどうかなんてそうそうわかるわけがない。普段ぶっきらぼうな友人がネットでは別人のようだったりね。

投稿: ラザロ | 2015/08/17 00:34

衣服と一致してない傷があるのを考えるに、
・服を脱がしたか
・手(とナイフ)を服の中に突っ込んだか
・服をたくしあげたか
の、どれかなはずと思うんですよね。

すでに後ろでに縛ってあったはずなんで、
「服を脱がした」とは思いにくいです。
(脱がしたら、拘束も服もまた付け直さないとといけないですし)

服の中に「手(とナイフ)を突っ込む」のもナイフを扱うに
服に引っかかって不自由そうです。

だから、「たくしあげた」が一番ありそうな気がします。
例えば、被害者の背中ごし(もしくは正面)から
片手でシャツをたくしあげ、もう一方の手でナイフを振るうとか。
で、その結果、左半身に傷が集中したんじゃないかと。
(犯人が被害者の顔を見たくない場合なら、
服をたくしあげつつ、やや振り向かせる姿勢の感じで
後ろ側から襲いそうに思えます)

案外、複数の刃物を使用したんじゃなく、
ただやみくもにナイフを振るったせいで
傷の深さや向き、形状がバラバラになったのかも。

遺体の遺棄の段階はともかく、
殺害犯自身は非力な一人なんじゃないかと。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2015/08/19 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その2(手順) | トップページ | 大阪府高槻市番田駐車場女性殺人遺体遺棄事件その4(女性?) »